松原照子さんの「幸福への近道」より
今年も油断できない地震

<世見>2017.1.23

小笠原諸島の火山フロントと言われるラインは今日も元気だなぁ~と思います。

このままこのエネルギーが上昇すると、神津島、三宅島、新島、伊豆大島も影響を受けるかもしれません。

西表島辺りの海底も動き出しそうにも思います。

口永良部島の新岳が大噴火したのを思い出し地図を触ってみても、沈静化したようにも思えないのです。

「三瓶」 こんな字が見えました。

口永良部島と関係があるのかないのかわかりませんが、少し気になりました。

火山の地熱のおかげで、温泉といった場所を地球は与えてくれています。

でも、ひとつ間違えば噴火によって被害も受けてしまいます。

今年も、火山性地震がいつどこで起きるかわかりません。

日本列島は、今地図を触る限り元気です。

3.11の余震にはまだまだ要注意です。

スマトラ沖で発生した大地震。

この発生後7年目に大きな余震が起き、昨年の12月に又大きく揺れました。

スマトラ沖大地震から今年で13年目。
未だ地球はこの辺り一帯を鎮める気がないようです。

マグニチュード9.0を体験した私達。

福島浜通り・福島中通りは、太平洋側が揺れると揺れやすいのは何故なのでしょう。これからも気を付けて欲しいと思います。

山梨県東部と書いてしまいましたが、富士五湖とは関係ありますか。

これからの三年間、「富士五湖の変化に注意」と書きたくなりました。

「伊予も5以上は起きやすい」

こんな声も聞こえましたが、伊予ってどこ?と思いながら書いてしまいました。

今年も油断出来ません。

<転載終わり>

「三瓶」。。

サンペイさんが見えたんじゃないよね?
photo:01


三瓶山(サンベサン)という山が島根県にありますので、この辺りの事かな?
photo:02


口永良部島からの延長線上にあるのが氣になります。
photo:03


「伊予」伊方原発がある地域です。
photo:04


起こって欲しくはないけど、もし地震が起きても震度5くらいまでにして、溜まっている歪みを解消する程度にしておいて欲しいと思います。

<追記>

記事をアップしてから早くも3人の方からコメントを頂きました。

愛媛県西予市三瓶(みかめ)町という場所があるそうなのです。

photo:06


この辺りは特に歪みが溜まっており、以前から地震の要注意場所とされている地域であり、中央構造線にも伊方原発にも近い場所なので本当に氣になります。

知らない所なのに、この名前が出てくるとは照子さん恐るべしです。

何事もない事を祈ります。

<追記終わり>

今年の諏訪大社の筒粥神事の占いは、昨年と同じだったので、関東大震災のような巨大地震はおそらく来ないと思われますが、用心だけはいつも怠らないようにしていて下さいね。

私は、昨年末にアカシックリーディングを受けた時、「リニア新幹線を止めるには、今後どのように働きかけると良いか」をお聞きしてみたのです。

そしたら、女性の政治家の方と接触すると良いと言われたのですが、その後、驚くべき言葉が続いたのです。

「でも、いやでもそのうち止まりますよ。自然の力によって。」

「え、地球さんが止めてくれるんですか?」

「いえ、意思とか関係なく自然の力によってです。」

と、いう事は。。。

大震災などによって、リニア着工は断念せざるを得ない状況になるのではないか。

だけど、例え数年後にリニア着工が止まったとしても、それまでの間に失うものがないように、私たちはリニア工事を止めるよう働きかけていきたいと思います。


★ それから、2月10日〜の「長崎あんでるせんツアー」ですが、あんでるせん貸切まであと8名さまだという事です。

「あんでるせん」のみの日帰り参加もオッケーです。

目指せ!貸し切り!!

貸し切りになると、お食事が出てくるまでの時間に自己紹介などが出来るので、待ち時間を有意義に過ごせます。

さらに何かが起こるかも?!

是非、私たちとご一緒しませんか?

皆さまとお会いするのを楽しみにしております。

お申し込みはこちらまで↓
みんなの広場


★ さらに、2月26日に小渕沢で行なわれる浅川嘉富さんのミニ講演会の「午後の部」にも私は参加する予定です。

photo:05


浅川さんの講演会は、とっても久しぶりなのでホント楽しみです。

こちらもみんなの広場のせつこさん主催です。

お申し込みはこちら↓
みんなの広場

(他に「午前の部」「夜の部」もあります。)

今年はせつこさんと色々なご縁がありそうです。

よろしくお願いいたします。
AD
松原照子さんの「幸福への近道」より
ソ連の崩壊とアメリカの野望

<世見>2017.1.21

人類は何故これほどまでに戦争を好むのだろうか?

「ソ連」こんな名前の国があったことも、50年も待たずして多くの人々の記憶から消えて行く気もします。

「東西冷戦」「ソ連消滅」

何を書こうとしているのかわからないのですが、米ソの核軍拡競争なるものがあったことも、歴史を学ぶ学生さん以外は思い出すことも少ないと思います。

「チェルノブイリ原発事故」は本当に事故だったのかと疑いたくなるものが私には芽生え始めているのです。

あの事故がなければ、あれほどの勢いでソ連は崩壊しなかったかもしれません。

共産党独裁政権が相次いで倒れ、民主化が進んだ。ドイツが統一する名場面はベルリンの壁を壊す人々の姿だった。

超大国といわれ、鉄のカーテンとも言われたソ連が崩壊したのですから、中国もいつ我身に襲いかかる日が来るのかくらいは考えていないと、歴史の波に押し潰されるだろう。

アメリカの大きな野望の下で、私達が今まさにその想いに嵌っているのがインターネットの世界だと思っているのです。

私はパソコンもメール送信も出来ませんが、軍事目的に開発したアメリカが何の理由もなく民間に使用させるとは思えないのです。

ネット社会にドップリ浸かりきっている私達。暗の世界の帝王は笑いが抑えられないかもしれません。

アメリカ同時多発テロの真の目的は、もしかすると、あの貿易センタービル内にある秘密基地なる存在だったかもしれません。

いったいあの貿易センタービルビルには何があったのでしょう。

私は一昨年、3000以上の御霊に手を合わせに貿易センタービルに行って来ましたが、胸が熱く涙しか出ませんでした。


トランプ大統領・誕生の日

<世見>2017.1.20

私達は今日歴史の証人になります。

アメリカ合衆国大統領が新しく誕生します。

歴代の大統領とはかなり毛色が違うスタートになりそうに思うのです。

ロシアが目指す帝国を新大統領はどのように調理するのだろうか。

プーチン大統領は今年で65歳。

この齢と云うのが今後大きなポイントになると思うのです。

プーチン大統領の野望は果てしない。

彼が描く天然ガスと石油のパイプライン構想は凄い。

地中海を手にする計画、アフリカまで我手に収めロシア帝国を築こうとしていると思われるのです。

我国も北方領土問題を上手く利用される気配ムンムンに思えるのです。

ドーピング問題でリオのオリンピックからロシア選手は姿を見せず私には淋しくリオオリンピックが映ったのはロシアの有名選手が言った一言。

「金メダルは本物ではない」

確かにロシア勢が参加しないのですからわかるものもありますが、ソチオリンピックはもしかしたら影のビジネスが大きく動いたのかもしれません。

トランプ大統領とプーチン大統領の違いを感じ取って見たら野望の違いだったと思えるのです。

KGBなる世界の生活が染み込んだプーチン大統領。方や倒産経験はあるものの生活苦など微塵もないトランプ大統領。

生きて来た感性が違い過ぎる。命の重さの感覚も違い過ぎる。

もしかするとトランプ大統領の弱点は死の決断かもしれません。

歴史の証人の一人としてこの一年、歴史が大きく変化するのを見ていようと思うのです。

ヨーロッパも変化が多い一年になりそうですし!


オバマからトランプへ

<世見>2017.1.18

20日は目の前。

次期アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏の次期がとれる時が来ます。

ドナルド(ダック)とゲーム紙のトランプとがいい意味で混ざった名前だけに私には覚えやすいです。

オバマ(今日は)大統領のバラク・フセインは思い出そうとしても少し時間を掛けないと私などは出て来ません。

いよいよ、私達は歴史の証人になる日がやって来ます。

ニューヨークの金融財界が何故かビクビクしているように思っているのです。

オバマ大統領が「悩んだ」理不尽を通さなければならなかったあの時とはどうやら違う気がするのです。

このようなことを書いているのは私なのですが、こうしてどこかで理解が出来て書けている自分を冷静に感じながら理解出来ていない文章を書く私は実に愉快です。

大統領就任の日 オバマ大統領夫妻は手を振り歩きながらパレードした日を今オバマ大統領はどのように思い出しているのでしょう。

「改革」を本気ではやれないことをオバマ大統領は学んだ。こんな思いが広がります。

トランプ大統領にはこうした思いはない。

ただ、「命」に関わる脅しが起きた時、彼の心は変わるかもしれませんがヒラリー女史のバックは今力を弱めてもいます。

「トヨタ自動車」何もなければいいのですが。

突然こんなことも書きたくなりました。

ロックフェラー家とトヨタの関係をトランプ氏が大統領になると嫌だなぁ~と言いそうに思うのです。

税の問題なのか何があるのか今気になります。

日本と中国と日本の大学院を卒業した人物との関係も崩れそうです。

<転載終わり>

飛鳥さんもトヨタが危ないと言ってました。照子さんの読みはさすがです。

さて、これからはプレゼントの発表に入らせて頂きたいと思います。

では、さっそく。

① 火と水の水晶守りの当選者さまは。。
photo:01

69.花鳥風月さま


② 合格守りの当選者さまは。。
photo:02

59.りりりん♪さま


③ 学業成就守りの当選者さまは。。
photo:03

50.eeeeemiさま


④ 厄除開運交通安全守りの当選者さまは。。
photo:04

13.ゆらりんさま


⑤ 夢叶う守りの当選者さまは。。
photo:05

48.☆みゆき☆さま


⑥ 太刀守りの当選者さまは。。
photo:06

39.s260gtsさま
53.あびさま

(* あびさま、メッセージが送れませんでした。受信できるよう設定の変更をお願いいたします。)


⑦ 鬱金桜守りの当選者さまは。。
photo:07

82.lierさま


⑧ 小槌守りの当選者さまは。。
photo:08

74.ぽよぽよさま


⑨ 交通安全水晶守りの当選者さまは。。
photo:09

76.ティアレさま

以上、10名さまに決定いたしました!

ご当選の皆さま、おめでとうございます。

後ほど、メッセージさせていただきますので楽しみお待ち下さいませ。

1番倍率の高かった水晶守りに見事当選された「花鳥風月さん」のコメントには私がウケるツボがあったのです↓

★★★

『この狼の護符、アザラシにしか見えないんですが…

って、クイズの回答時からしつこくこだわっています(笑)
前回、金櫻神社のクイズを楽しませていただきました。
神社の名前をを調べている時、鬱金の桜が植えられていると知りました。
私は地域の民間団体の一員で、近所の小さな神社に、緑の桜「御衣黄」を植えて育てています。
鬱金の桜と御衣黄はやや似ていますが、鬱金より黄緑っぽく、徐々にピンクがかっていく様が大変美しい桜です。
植樹から4年になりますが、神社のお世話をする方々から、参拝者が増えたと喜んでもらえています。
金櫻神社のように有名ではありませんが、地元の人に愛され、誇りにしてもらえる場所になって欲しいと思っています。
※希望は①です。』

★★★

ずっと鬱金桜の事が書いてあったので、てっきり⑦番の「鬱金桜守り」をご所望かと思いきや

①番の「水晶守り」かいっ!!

。。この意外性で決めました(笑)

ご当選おめでとうございます。

今回、当選されなかった方も、次回をお楽しみにされていて下さいね。

お守りは、まだあります。早く書かねば。。(汗)
AD

「世見」天皇の存在

テーマ:
松原照子さんの「幸福への近道」より
天皇の存在

「天皇」は、今上天皇まで125代続いた祭祀王のことです。

大昔は世界中に祭祀王が存在していましたが、今は我国だけが祭祀王のもとで暮らしています。

神話時代があり、今上天皇までの道のりは永く、125代と云う他国には類を見ないのが我国です。

現代人は天皇のことをどのように思われておられるのでしょうか。

子供の頃、昭和天皇の写真が床の間の横に大切に置かれていました。

859年ぶりに天皇になられたのが明正天皇です。

天皇家の血の中には徳川の血も流れているのを、不思議な世界の方に教えていただき驚いたのですが、明正天皇は生涯独身を不文律通り守られた、春日の局なる女性の野望が天皇家を動かした、とも話されるのです。

天皇家にも謎は多く、後光明天皇は急死したとも言われますが、死因に「?」が付くと書きたくなりました。

昭和に入り、皇室典範第一条に「男系の男子が継承する」となったようです。

「愛子様が後の天皇にはおつきにはならないのでは」とフッと思ってしまいましたが、今上天皇様の想いが現実になられることを望んでしまいたくなるほど、公務と祭儀の伝統を守られる多忙な年中行事には頭が下がります。

日本の良き文化が受け継がれているのは、もしかすると天皇の存在があってのことのように思います。

御神楽を見る機会がなくなってしまった気がする日本。

神霊をなごめる祭典は、天皇家だけが今後も綿々と継いでくださるのでしょう。

今日は、日本人の心の中にある「神の存在」を少しお考えいただきたいのです。

<転載終わり>

明正天皇
photo:01

古代より「天皇となった女性は即位後、終生独身を通さなければならない。」という不文律があったそうです。

後光明天皇
photo:02

義理のお姉さんである明正天皇は長生きしたのに対し、後光明天皇は満10歳で元服・即位して満21歳で亡くなっています。

痘瘡による突然の崩御のため、後年には幕府による毒殺説も出ています。

★★★★★

昨日は、「お正月ジョイント講演会」に行って来ました。

photo:03

photo:04


会場に到着してすぐに、キムタクママの木村悠方子(まさこ)さんとばったり!!

一緒に写真を撮って頂きました。

photo:05


本当にいつもお美しい悠方子さんですが、越智啓子さん上江洲義秀さんとの対談では、見事なドレス姿をご披露下さいました。

本当にまるで王妃さまのようでした。うっとり。

越智啓子さんのトークは、いつもとっても楽しくて、皆さん笑いが止まりません。

今回は、カニさんやイルカさんの衣装ではなく、お姫様スタイルでした。

photo:06

photo:07


啓子さんがお話されているのは、ライアー奏者池末みゆきさんです。

今回の講演会でも、啓子さんのボイスヒーリングに合わせてライアーを演奏して下さいました。

みゆきさんは熊本の方からお越し下さったのですが、私たちが年末に訪れたばかりの幣立神宮のお話をして下さいました。

photo:08


幣立神宮には三体の白龍がいるそうです。

ある日ライアーの演奏を幣立神宮で行なった時に、写真家の方がみゆきさんの演奏する姿を撮影して下さったそうなんです。

この写真家の方は、普通の写真家の方でこれまで不思議な写真とかは撮った事がなかったようです。

それが、後日「何だか分からないものが写ってる!」と連絡が来たんだそうです。

幣立神宮の白龍さんが写り込んだんでは?と、他の方からの勧めもありそれを名刺にしたそうです。

どんな写真なんだろう。。と興味を持っていたら、席が近かった事もあり見せて下さいました。ラッキー!

photo:09

photo:10


この白い模様、本当に不思議なものが写っていました。

それから、上江洲義秀さんという方は私は初めてお会いしたのですが、まさこさんや啓子さんがとても信頼されている方のようでした。

対談の時に、周りの皆さんのコスプレに圧倒されたのか、歌を歌って下さったのですが、それは滅多にない事のようで上江洲さんの事を以前からよく知る方々は皆、非常に驚いていらっしゃいました。

そのレアさを知らない私たちは、ポッカ〜ンでしたが。。

新年早々、悠方子さんにお会い出来た私はとっても幸せで、楽しい1日となりました。
AD