続きです。

人類に古代の神殿やピラミッドを建設させたのが異星人だとすれば、その者たちは物理学や天文学、数学といった高度な知識も残していったと考えられる。

その証拠は、現存する数々のオーパーツに見ることが出来る。

古代のコンピュータ?「アンティキテラの機械」

古代ギリシャ人は、太陽や月、水星、金星、火星といった惑星が、いつどの位置にくるのかを示すコンピュータを持っていたようだ。

photo:02


この精密機械は、1900年にエーゲ海にあるアンティキテラ島の沖合いで、潜水夫たちによって発見された。

photo:01


2000年も前に沈んだと見られる一隻の商船の中から発見されたのは、腐食が進んだブロンズ片が入っている木箱だった。

発見から50年も経ってからX線を使った分析が行われた結果、箱の中には歯車がいくつも組み合わされており、それはまるでコンピュータのように精巧に作られている事が分かった。

1973年、イギリスの大学教授が、この精密機械の復元に成功したのだが、この機械は惑星の運行を算出するものだと判明した。

アンティキテラの機械は、古代のナビ、または星占いの為の装置だったのだ。

現在、この機械はアテネ国立考古学博物館に展示されているが、この機械が入っていた木箱には、装置の動かし方や目盛りの読み取り方などが、びっしりと書かれていたという。

古代の照明?「ハトホル神殿のレリーフ」

エジプトのルクソールからほど近いデンデラという所にハトホル神殿がある。

photo:03


このピラミッドには、秘密にされ続けてきた地下室があるが、ここに古代の電球と思われるレリーフがあるのだ。

壁画には、神官と見られる人物が大きな物体をかかえている。

photo:04


現代のアカデミズムでは、これをハスの花だと解釈しているが、どう見ても電球である。

ピラミッド内部には松明のススの跡もない。第一、ピラミッドの奥深くでは酸素が十分にない為に、ライターの火もつかないのだ。

エジソンが電球を発明するより遥か昔に、照明技術があったと仮定するのは荒唐無稽な話だろうか。

古代の電池?「バクダッドの壺型電池」

1937年に、イラクのバクダッド郊外で、2000年前の遺跡から高さ15センチほどの粘土製の壺が発掘された。

photo:05


壺の中側には、銅製の筒や腐食した鉄の棒、アスファルトの詰め物が入っていた。

photo:06


第二次世界大戦後に、ある研究者がこの壺の複製を作り、酸性の水分を入れた所、1.5~2ボルトほどの電力が生じる事が証明された。

金メッキの為の道具ともみられているが、古代の人々は電気を得る方法を、ボルタが18世紀後半に電池を発明するより前に知っていた事になる。

太陽系の惑星軌道を知っていた?「テオテワカン遺跡」

photo:17


メキシコのテオテワカンの都市遺跡には、地球近くの惑星について驚くほど正確に理解していたと思われる証拠がある。

photo:08


ここに建てられたピラミッドの数と配置が、太陽系モデルと完全に一致するのだ。

photo:09


遺跡の位置関係は、太陽系の惑星の軌道と全く同じである。

太陽のピラミッドが、テオテワカン遺跡の中心に据えられているが、太陽系の中心に太陽があるという事を、古代の人々は知っていたのだろうか。

西洋科学がそれを知ったのは、ずっと後の事である。

太陽系を表す?「ストーンヘンジ」

photo:18


テオテワカン遺跡よりも古く、メキシコの地球の裏側 イギリスには、同心円状に並べられた不思議な巨石がある。

photo:10


同心円のそれぞれの円は、太陽系の惑星の公転軌道と完全に一致している事が判明している。

photo:11

photo:12


地球上のふたつの場所に、太陽系を表す同じものが存在しているのは、はたして偶然なのだろうか。

photo:22


プレアデスと関係がある?「ティカル神殿」

photo:19


グァテマラの熱帯雨林にあるティカル遺跡には、何千もの構造物がジャングルの下に眠っていた。

photo:07

photo:20

(Google earthでも鮮明に遺跡を見る事が出来ます)

それぞれの構造物の最高点を結ぶと、一年のうちで最も重要な日である春分・秋分の日を知る事が出来る。

また、ティカルのピラミッドの配置は、牡牛座のプレアデス星団付近の星の配置と驚くほど一致している。

photo:13

photo:14

photo:15


実はこれと、全く同じ配置をもつものが火星にもあるのだ。

photo:16


ティカルの伝説には、実際に神=異星人と交流があったことが語られていると言う。

photo:21


★★★

世界中に存在する異なる古代文明の遺跡から、数限りない不可解な証拠が発見され、数限りない神話や伝説にとして記されているこの事実。

全ての断片をつなぎ合わせると、導き出される結論はただひとつ、「宇宙人は地球に来ていた」という事になる。

<古代文明の謎 まとめ終わり>

この番組をまとめるのは、かなり大変だと分かりました。

でも、重要な事柄を文字に残すためにも、まだまだ頑張りたいと思います。

これからも、興味深い内容は続きます。

お楽しみにしていて下さいね。

ペタしてね

AD

コメント(2)