以前、ネパールの「黄色い布」が当選されたようこさんのポストカードは、当ブログでも度々登場し、みなさまにもお馴染みになっている事と思います。

そのようこさんが作るLINEスタンプのひとつが凄いことになっています!

34万個もある全スタンプの中で、昨日昼間には「5位」にまで登り詰めました!

photo:01

夜には7位になってしまいましたが。。

ようこさんとえりごんさんとは、その後、東国三社や高千穂に行ったりしてご縁が続いておりますが、黄色い布も、次々「幸せの連鎖」を生んでいるようで嬉しい限りです。

ようこさんのブログ

そのようこさん、只今色々と手放す時期のようで、大変なこともあるでしょうが、そっと見守っていたいと思います。

なので、私はようこさんのLINEスタンプを応援します!!

前にも他のスタンプが5位まで行ったようですが、今回は何としても1位を目指したいじゃないですかっ!!!

良かったらみなさまも応援して下さいね!

★大人かわいい日常スタンプ★
photo:02

photo:03

photo:04

photo:05

photo:06

photo:07

photo:08

photo:09


ほらね、↑こんなにかわいいのばっかです。(120円)

私が有料で購入しているスタンプは、ようこさんのだけです。今後も浮氣はしないつもりです←キッパリ!

良かったら、ご協力お願いしますっ!

ようこさんのLINEスタンプ一覧

それから、もし「こんなスタンプがあったらいいな」ってのがありましたら、こちらにコメント下さい。

今後の参考にしてもらいます。

ちなみに私は「にしし」をリクエストしたら、作って下さいました。
photo:10

このイタズラっぽい笑い。。使えます。

それから、葛藤中のようこさんのブログに貼り付けてあるのは、さだまさしさんの歌じゃ〜ないですか。



アニメーションとさださんの歌「いのちの理由」が最高にマッチしています。

この動画を観ると、映画「かみさまとのやくそく」を思い出します。

ちょうど、監督の荻久保則男さんからメッセージいただいていました。

昨年「かみさまとのやくそく」をリニューアルしたそうで、たいわ士の南山みどり先生関連のシーンをカットし、新たに新キャラクターの8歳の女の子、羽生すみれちゃんのシーンを入れたそうです。

羽生すみれちゃんは、赤ちゃん、動物、石、植物、お買い物バッグともおはなしできるすごい女の子のようです。

すみれちゃんのブログ

これは、また観に行かなくちゃ。

◆以前の紹介記事
◆何の為に生まれて来たのか

「自分自身を大切にして、自分の人生を生きること。人生に起こる全ての経験を楽しんで生きること。」

「天使の着ぐるみ」という冊子の事も思い出しました。

ずいぶん昔の記事

最近、「覚醒映画」やら、「生まれて来た理由」とかが目の前にやって来て、よっぽど私も目覚めないといけない時期に来ているようです。

何を思い出したらよいのやら。。

世の中の人々を幸せにする「魔法」、だったらいいな。
AD

世界一の酵素づくり

テーマ:
昨日は、また酵素作りに参加して来ました。

photo:01


これからまた2週間にわたり、毎日素手でかき混ぜる作業が始まるかと思うと、嬉しくてたまりません。

もう可愛くて可愛くて。

微生物ちゃんたちが、この中で生きているのです。

ちゃんと発酵してくれるかは、育て方にかかっているのですから、音叉の音を聴かせたり、ありがとうと声をかけたりと、それはそれはデリケートな微生物ちゃんたちのお世話なのですが、それが楽しいのです。

発酵して毎日の混ぜる作業が終わってしまうと、何だか淋しくなるのですが、出来た酵素液がこれまた美味しいし、お肌の調子も良くなるので、違う楽しみに変わります。

一般に売られている酵素サプリは、加熱殺菌しないと販売する事が出来ないという法律がある為、熱に弱い酵素はほとんど死んでしまっているのです。

だから手作りにこだわるのです。

私たちが教わった酵素作りは、どこにも真似が出来ないやり方をします。

パイナップルも皮ごと使うので、完全に農薬を取る必要があります。農薬がついているとちゃんと発酵してくれないからです。

この農薬除去作業がマル秘であり完璧なのです。

さらに、21種類もの野菜と果物の中に、ある物も入れたりするので、私が「世界一の酵素作り」だと思う理由はここにあるのです。

この酵素作りをマスターしたあかつきには、「無料の酵素作り教室」を開きたいなぁと画策しております。

みんなでワイワイ作れば、きっと楽しいに違いないし。。

ついでに「カッピング」もやっちゃう?

それで皆さんが「美と健康」を手に入れて下されば、なおさら嬉しいです。

第一弾は、まずは地元開催かな?

青パパイアを探さなきゃ。

★★★

さて、お待たせいたしました。

昨日お約束した「金櫻神社」のお守りプレゼント、さっそく始めさせて頂きたいと思います。

今回はたくさんあります。

① 火と水の水晶守りー金運・厄難解除
photo:02


② 合格守り
photo:03


③ 学業成就守り
photo:04


④ 厄除開運交通安全守り
photo:05


⑤ 夢叶う守り
photo:06


⑥ 太刀守りー厄除け☆☆2名さま
photo:07


⑦ 鬱金桜守り
photo:08


⑧ 小槌守り
photo:09


⑨ 交通安全水晶守り
photo:10



以上、10名の方々にお守りをプレゼントいたします。

いつも、スタンプ作家のようこさんのポストカードにメッセージを書いてお送りしております。(どのカードになるかはお任せ下さい。)

今回は、これまでの抽選のやり方を変え、コメントの内容重視で選ばせて頂こうかと思います。

どんな事でもいいですので、私がビビビと来るようなコメントをお待ちしております。

ご希望のお守りの番号もお忘れなく。

しょーもないオヤジギャグでもいいですよ(笑)

どんなコメントが寄せられるかな?

楽しみにしております。

ご応募の〆切は20日の24時とさせて頂きます。
AD

山梨の「金櫻神社」

テーマ:
前にクイズを出したっきり、「金櫻神社」のご報告が出来ていませんでしたね。

photo:01

photo:02


7日に「格安日帰りバスツアー」で富士山の反対側、山梨県に行って来ました。

photo:03


「金櫻(かなざくら)神社」は、甲府の↑昇仙峡を登りつめた地に鎮座する金峰山を御神体とした神社です。

photo:04


金峰山山頂の奥宮には、御祭神である少彦名命を祀っています。

photo:11


「金櫻神社」の名前の由来でもある御神木の「鬱金(うこん)の櫻」は古くから民謡に唄われている「金の成る木の金櫻」として崇められているそうです。

花が咲くとこんな感じ
photo:12


4月下旬から5月上旬にかけて淡い黄金味を帯びた花が満開となり、この季節にこの櫻を拝み、水晶のお守りをうけると一生涯金運に恵まれ、厄難解除のご神徳をうけられるのだそうです。

photo:13

「鬱金の櫻」の奥に本殿があります。

その本殿の柱には、まるで生きているかのように躍動感あふれる龍の彫物が巻き付いています。

昇龍
photo:06

降龍
photo:07


これを作ったのは、日光東照宮の眠り猫などで有名な彫刻職人・左甚五郎で、この龍はどちらも尾に水晶を抱いているのがここの神社ならではの特徴です。

photo:08


↑御神宝はこの地で発掘された水晶「火の玉・水の玉」で、火の玉は八幡鉱山産で、水の玉は乙女鉱山産なのだそうです。

コバさんのブログ

私は、コバさんから「火&水の水晶」のペンダントを作って頂き、熊本出身の火の女・でんでんさんとペアで持っています。

私の乙女鉱山産・水の水晶
photo:09


この水晶を持ってから「金櫻神社」には是非訪れたいと思っていたので、念願が叶って嬉しいです。

photo:14


階段の下にも「昇龍・降龍」の像がありました。

photo:15

photo:16

photo:17

photo:18

photo:19


富士山遥拝所
photo:20

photo:21


招福大黒天
photo:22

photo:23


大黒様は、昭和30年の大火で焼けた、樹齢2千年の杉で彫られているそうです。

江戸時代までは、こちらは神仏習合の聖地で、蔵王権現様がお祀りされていたというのは初耳でした。
photo:29


また、「三峯神社」「武蔵御嶽神社」と同じく、「金櫻神社」は日本武尊の眷属・狼信仰の神社でもあるのでした。

photo:30


くどいですが、↑アザラシではありません(笑)

photo:24

甘酒飲んでごきげんになる我ら。

photo:25


ツアーなので、あちこち寄りましたが、「金櫻神社」と「温泉」が良かったです。

photo:26

photo:28


うっとり夕陽を見ていたら、突如現れた「リニア山梨実験線」!

photo:31


お分かりになりますか?向こうに見える横に延びる白い線です。

photo:32


笛吹市のあたり
photo:33


「山梨実験線」は、2027年開業予定のリニア中央新幹線の一部として利用される予定です。

ウトウトしかけていた私は、いっぺんで目が覚めました。

今回のツアー、これを見る為に参加したのかと思えるほどです。

今年は、ホントに力を入れて頑張らないと、このままリニアはどんどん進められてしまいます。

身が引き締まる思いでした。

★★★

さて、今回も「金櫻神社」でたんまりとお守りを買って来ております。

チラ見せ↓(笑)
photo:34


が、長くなりまして、スペースがなくなりましたので、次回にさせて頂こうと思います。

お楽しみに〜〜!
AD