Moose Nose ~スウェーデン生活~

ヘラジカのような鼻を持つ彼と、怒りあり、涙あり、そして笑いありのスウェーデン生活を綴ったブログです。


テーマ:

当初、私は2年のお試し期間のつもりで移住していた。
なぜ2年か。
それはサンボビザの期限が2年間だったからである。
移住前にスウェーデンでやってけるかわからなかった私は、
母からのアドバイスもあり、
とりあえず2年間、お試し期間で行ってみようということになった。
ダメだったら日本に帰ってくればいい。
そう思うことで、一生スウェーデンに暮らす必要はない、と思え、
気持ちを楽にさせていたのだった。

最初の1年間はもう本当に苦しくて、毎日のようにボーと喧嘩し、毎日のように日本に帰りたいと泣き続けていた。
1年が過ぎると、私もボーも少し余裕が出てきたのか、
お互いを思いやる気もちが徐々に出てきた。
私は相変わらず心が不安定ではあったものの、
ボーに支えられてきた日々を過ごしていくうちに、
この人以外に結婚は考えられないな、
と思うようになってきた。
そして少しずつ結婚の話もし始めた私達。

スウェーデンでは事実婚は珍しいことではなく、

ボーは結婚してもしなくてもどっちでも良いと言う考えであった。

しかし私は、

けじめをつけたい、そしていつか子供を持つならやはり結婚してからじゃないと、

という考えなので、そういうことを話すようになってきた。

でも、結婚したいけどしたくない、という複雑な気持ちもあって、
あまり深くは話せないでいた。
本当に一生ここに住むことができるのか…。
逃げ場がなくなるようで、先に進むのが怖かったのである。

2013年、10月末のこと。
この日初めて私達主催の食事会を開くこととなった。
ボー家族を招待して、日本食をふるまったのである。
朝から準備し、休むことなくボー家族をおもてなしした私はもうフラフラであった。
頑張ってスウェ語も聴いていたし、片言ながら話す努力もしたので、
食事会が終った後はグッタリ。
ボーも疲れていたが、
「洗い物は僕がやるから、ろびまろは休んでていいよ。」
と大量の食器洗いを引き受けてくれた。
私はそんなボーの言葉に甘え、しばしのユーチューブタイム。
スウェ語で疲れた脳みそを癒すべく、日本のバラエティーを観ていた。
image

しばらくすると、
「ろびまろちゃん。」
と呼ぶボーの声が。
ボーは私の隣にひざまづいていた。
「今日はどうだった?僕の家族と一緒にいるのはまだ緊張する?」
というボーに、
「まぁ、緊張はするけど、

スウェ語もちょっとずつわかってきて、

今日も少し皆と話せて、

うん、まぁ楽しかったよ。」
と私。
するとボーは言った。
image
ボーちゃん、まさかのプロポーズプロポーズキラキラ
しかし、私はというと、
image

image

これがプロポーズだと気づかなかった笑い泣き

だって指輪もないし指輪・R(H)

ロマンチックな雰囲気も何もない、目にクマもできてこんな疲れ果てた姿だったし…。

それに私の中では、

「Will you marry me?」

がプロポーズの決まり文句だとばかり思っていて、

ボーちゃんは、

「Do you want to marry me?」

と聞いてきたので、

軽く結婚話をした時にも、私への意思確認でこういう風に聞いてきたこともあり、

てっきりいつもの結婚話の延長だと思ったのである。

 

何を今更…と思いボーを見つめていた私であるが、

ボーの少し困ったような顔を見てハッとした。

そしてボーに尋ねた。

image

 

ボーは少し間をあけて、そして一言。

image

多分って何よ、多分って…Queenlyaya

まぁ、そう言わせてしまった私にも責任があるんだけど…。

一世一代のプロポーズを、あんなマヌケな顔で「なんで顔「あーあ」?」なんて言われたら誰だって困惑するわな…汗

 

「プロポーズでしょ?」

ともう一度聞くと、

「うん。」

とボー。

そして再度トライプロポーズびっくり!!

image

image

image

image

「イエス」

と答えた瞬間に、複雑な感情が押し寄せてきて、私は涙した。

そんな私を見て、嬉し涙だと思ったボーは、

image

と笑顔で聞いてきた。

それに対して私は彼が予期せぬ答えを返した。

 

「いや、プロポーズしてくれて嬉しいよ。

嬉しいし、ボーちゃんと結婚したいって気持ちも本当なんだよ。

でも、日本の家族のことを想うと寂しくて、悲しくてね…。

若い頃は、結婚って幸せなことだと思ってたけど、

でも、結婚てこんなにも悲しいことなんだなぁと思って。

なんだかすごく複雑で…泣き2

 

なんちゅ~酷い女滝汗

 

てっきり嬉し涙だと思っていたボーから笑顔は消え、

image

としか言えなかったのであった。

 

=================

 

ボーと結婚したいという気持ちは本当にあったのですが、

いざ婚約すると、一気に現実に引き戻されたような気がしました。

今までは、ダメだったら日本に戻ろう、という逃げ道がありましたが、

それが一気に閉ざされたような気持ちになりました。

それと同時に、日本が、家族が遠くなっていくような感覚になり、

寂しさと悲しさで涙してしまったという…滝汗

結婚=スウェーデンに一生住む

ということが受け入れられなかったのでしょうね。

でも、このまま結婚しないでズルズルといくわけにもいかない、

いつかはけじめをつけなければ…というのも頭にはありました。

 

幼い頃に思い描いていた、

結婚=幸せ

というイメージが、現実では、

結婚=複雑

でしたショック汗

ただ、どんなに不安に思っても、

結婚するならボーちゃんと…、

という想いは強かったので、その自分の想いを信じてプロポーズを承諾しました。

 

ちなみになぜにあのタイミングでプロポーズしたのか、後々ボーに聞いてみると、

「ろびまろが笑ってて、家族が笑ってて、

なんだかとっても楽しかったんだ嬉

ろびまろが家族とコミュニケーションを取っているのを見て、

これなら大丈夫そうかなって思ってさ!」

とのこと。

まぁ理由はわかったけどさ、

でもなんであのタイミング?

顔も疲れ切ってたし、頭ボッサボサだったし、

後日言ってくれればいいものを…。

「そう思ったら言わずにはいられなくて外人えへ

…そっか、なら仕方ないね苦笑い汗

 

さて、その後マリッジブルーも影響してか、

また、スウェーデンに一生住まなければ、というモヤモヤも出てきて、

結構気持ちが不安定な時期が続きましたが、

2015年にスウェーデンと日本の両方で無事に結婚。

その時も、幸せというよりも、やはり複雑な気持ちの方が強く、

左手薬指の指輪がなんだか重く感じたのを覚えています。

もう本当に逃れられない、見えない鎖がついているような感じ。

国際結婚の重みをすごく感じました。

image

 

でも、ボーと結婚したことは後悔していません。

今は、この人と一緒になって良かったな、と心から思います。

スウェーデンに一生住む、ということも極力考えないようにしています。

ま、とりあえず、頭の片隅に置いとくくらいで良いでしょうOKOK

人生何があるかわからないですしね!嬉

もしかしたら日本に移住するかもしれないし!(そんな話は出てませんが笑)

 

================

 

昨日は23度ととっても暑かったのですが、風もものすごく強かった日でした。

鴨の親子を見に行こうと公園まで散歩しに行ったのですが、

風が強いためか湖にはおらず。

今日は見れないかな~なんて思っていたら、最後の最後で見ることができました。

image

携帯で撮ったので画質が悪いのと、ちょっと草と同化してわかりにくいですが、

みんなでかたまってお昼寝中。

1匹だけママのそばにいますねマガモ

あ~、可愛い、癒される~ハート

数を数えると、9羽ちゃんといました嬉ため息

 

そして今日ボーちゃんは友達との飲み会で夜はいません。

ここ1週間、お腹の調子が今一つだったボーちゃんの為にスープ生活が続いていたので、

今日はホットドッグとフライドポテトを食べる予定ピース

そしてデザートは、

image

ハーゲンダッツのアイスクリームshokoponキラキラ

内緒で買っちゃった~しーヒミツ

今月は家族や友人とのイベントが目白押しで沢山楽しんでいるボーちゃん。

私だってちょっとは贅沢&楽しみたいもの嬉キラキラ

これくらいいいよねうまうまハート

 

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ろびまろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。