絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
衆議院議員木内たかたね先生のパーティーにお招き頂きました。

ずいぶん前からお世話になっており、日々助けていただき人間的に大事なことをいつも教えて下さる木内先生。

{DAD35DBD-43AE-4FAB-9359-0EC578E7B1E5}



木内先生は、岩崎弥太郎の玄孫であり、福沢諭吉、渋沢栄一の縁戚のある歴史的なお方です。

{45C0FEC2-3D43-4E8E-B088-AB26D5649F68}



今日は私もたくさんの議員の先生方に、日本の高齢者問題、認知症予防のリーダー育成の必要性を熱くお伝えしてまいりました!

たくさんの先生方が共感してくださいました。ぜひ議員会館に来て詳しく話しを聞かせて。とお声掛け頂いたり、紹介したい専門部署を明日連絡すると言って頂いたり、木内先生のおかげで加速しそうです。

先生、今日もありがとうございました。500名以上が駆け付けていらっしゃいました。

{65F3F53A-B2F0-4F0C-AFFE-A75F45C9614F}

{58375CA2-321E-4266-9D7A-15ADF98F1481}

{0056ADCC-469E-46D0-925A-745E10F2CF1D}

{B6F0C216-2A89-4A2C-B13E-6CA45010AEBF}

{8F4E9BFB-B434-45F0-B682-EA452839FF53}

{E38E930F-D5FE-455E-ADC0-164194CE412D}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもお世話になっている、衆議院議員 維新の党 木内たかたね先生の忘年会!




{9BDAB831-65EA-4FCB-B462-300DBDE166DB:01}

認知症予防・介護予防の音楽レクリエーションの重要性と急務であることを伝えてきました


先生も「日本の超高齢問題には大切なことです!音楽と共に変えて行きましょう!」と言って頂きました。


とても心強いお言葉を頂き、ありがたく嬉しいです。



{252AE716-4F96-455B-872A-70B804FF7078:01}


こちらは、徳川宗家19代目 当主の徳川家広さん。

とてもお優しく紳士的なお方でした。


{DD61B842-4F7C-45A9-996A-39A17F4B2DAE:01}




たくさんの区議や都議の先生ともお話ができ、「応援します!」と言って頂き、今日もパワーアップしました!

このようなありがたい応援のお言葉を頂けると、頑張れます!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小学校5.6年生の時の担任の恩師とディナーでした音譜

女性としても、人間としても、働き人としても尊敬しており、いつもいろんな相談に乗ってもらっている、長~い私の先生です。

今回はたまたま、母が上京する日で、では一緒に!
と3人でビール





{CCEB57F1-8E70-4101-A20C-E0D076417E54:01}

よく考えると、不思議ですねニコニコ

私は東京ですが、母は佐世保在住でたまーにしか東京に来ません。
先生も、一年間に1.2回の東京出張で普段ら佐世保で校長先生。

その二人がたまたま同じ日に東京にいる!?

生徒とその保護者と、めちゃくちゃ楽しく、今だから言えるあの頃の話しなどをして、盛り上がりました音譜

ピアノをやっていたころの事件も初めて知ることがあったり、先生の教育の理念や人を育てるには何が大事かということを教えてもらいました!!

本当に勉強になるm(__)m

あまりない組み合わせかと思いますが、ありがたい時間を過ごさせて頂き、22年経った今でも変わらず、応援とご指導を頂けるのは、本当に私は恵まれていると思います合格

幸せものですラブラブ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
松下電器の創業者 松下幸之助の言葉に、
『「百聞は一見にしかず」というが、
「百聞百見は一験にしかず」とも言える。
知っていても実行しなければ知らないことと同じ。いかに的確な判断をしても、 それを為し遂げる勇気と実行力がないと、その判断は何の意味も持たない。』

というものがあります。


塩の辛さは、聞いて知ることができ、見て白いものだとはわかるが、どういう辛さか、どれくらいの分量だとおいしく感じるのかは、経験がないとわからないもの。

料理ひとつでも、料理本に書いてあるグラム数を入れれば必ずおいしいと言うわけではなく、素材や体調により微妙に調整が必要です。


経験したから判断ができ、それを実行しないと意味がない。
そして一番はその上で結果を出すことです。


私は小さいとき(4歳)からピアノをずっとやってきました。
いくら練習や先生のレッスンでうまくいっても、コンクールや発表会という、たった一回の本番で失敗をして点数や評価が悪ければ何の意味もない。

小学6年生の時のコンクールで予選落ちした時に痛いほどわかりました。

あの時の悔しさは今でも覚えています。

本選行きに私の名前が読みあげられない結果を聞いて、ショックを受けた時に座っていた席の位置も。

だからあの悔しさは味わいたくなくて、人より練習をして、人より我慢して、たった一回の本番で全力を出し切るように努力しました。

10歳の頃からコンクールやオーディションに毎年何度も出ていたので、自分の力だけの責任で勝負する機会がたくさんありました。

それが大切な経験となり、今に至るのだと思っています。


今日は尊敬、信頼する方とお話しをしました。

物事、仕事、人間の道理。
見極めを誤ったらズレが生じ、少しのズレが歯車を狂わせる。

本質の何が大事で、それに気付くか、それを判断できるか。


いつも道標のようなご助言と、私のいろんな変化を的確に指摘して頂き、導いてくださいます。

これまでの様々なご職業と経験を経て、惜しむことなく教えてくださり、私は財産を頂いているようなものです。

お疲れのところ夜遅くまで相手して頂き、今日もまた勉強になり気付かされました。
 
感謝の気持ちでいっぱいです。

ちゃんと実に出来るよう、頭と心を使って革新していこうと思います!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)