絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
人生初の、堀口直子ソロコンサート、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
有名どころの
モーツァルト:トルコ行進曲
ショパン:ノクターン
ショパン:別れの曲
ベートーヴェン:ピアノソナタ「月光全楽章」
などなど。
 


曲間には、作曲家の歴史や曲が生まれた背景など、また、どんな気持ちで弾いているのか。
という、ピアニストの脳内も大放出しました。

みなさん、

「へ~~~~~

「そんなこと考えながら弾いてるんだ~~。」


という感じで、ちょっと面白がって頂いたご様子でした。


 

基本的にクラシックを演奏する時は、楽譜を見ません。
必ず暗譜というもの(音を全部覚える)し、頭の中の楽譜で演奏します

たま~に、同じページのところを何回も何回も弾いてしまい、エンドレスになり終われなくなってしまう・・・
という事件も勃発します。。。
(私はコンサートではまだ経験がありませんが)


 

衣装チェンジです

皆さん、衣装チェンジがあるとは思われなかったようで、驚きの声があがっていました



今回の音がく会、趣向を凝らして構成しました。
プログラムの半分をリクエストの曲で構成。

これはきっと、

「何かリクエストはありますか?」

と言っているところだと思います。


ドキドキでしたが、皆様から4曲ほどリクエストを頂き、その場でお応えし弾きました!

これは何の曲を弾いているんだろう・・・

両手が宙に浮いてる・・・


手だけみると、幽霊ですね



 


次のショットは・・・・


 

笑ってます(笑)


きっと、頭に音符を巡らせていて、脳が働きすぎてちょっとおかしくなってるのかもしれません。


リクエスト曲は

・亡き王女のためのパヴァーヌ

・エンターテイナー

・ドラマ「仁」のテーマ

・リスト「愛の夢」

・弾き語り・・・

でした。


偶然、その場で頂いたリクエストは全部弾くことができたので、本当にホッと胸を撫で下ろしました。。

ソロコンサートは体力も時間も必要なので、とても大変でしたが、またぜひやりたいと思います


 

お花もたくさん頂き、何より、たくさんの方にお越しいただいたことが嬉しかったです
皆様のおかげで迎えられ、成功と幕を閉じた堀口直子ピアノソロコンサート~感謝祭~

本当にありがとうございました。
お忙しい中、お時間を使いいらしてくださり、心から感謝申し上げます。

 

最後に、会場をお貸しくださった株式会社リブランのミュージションの皆様。
お手伝いも頂き、感謝申し上げます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
モーツァルトの名言です。

「音楽は、決して不快感を与えてはなりません。
楽しみを与える、つまり常に“音楽”でなくてはなりません。」


なるほど~!


モーツァルトらしい言葉です。


音楽家はほとんどの時間、苦悩や憤怒や我慢というような時間を過ごし、音楽を感性ささせます。
気持ちのいい時間は少しで、大半はそういう時間です。


来る日も来る日も練習を重ね、いい音楽を奏でられた時に至福のひと時を得られる。
その努力の甲斐があってこそ、音楽が完成する。
そしてその至福の時間は、何にも代え難いものです。

モーツァルトの言う、「楽しみ」とは、聞いている方にとってはもちろんですが、音楽家にとっても「楽しみ」であって欲しいという意味が込められているように思います。

音を楽しむ。

もちろん、音楽家にしかわからない、音楽をやる楽しみという特殊な感情を持てるのは特権だと思います☆


音で楽しませる音楽会社。
これからも、音楽の原点を忘れずに楽しんでいきたいと思います
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『宿命に生まれ、運命に挑み、使命に燃える』


故小渕恵三首相の言葉です。


この言葉を聞き、う~ん。
深いなぁ~。

としばらく考え込みました。

この三つの命を自分なりに認識するかしないかで、人生は変わるんだろうなと思います。


宿命とは、前世から決まっていて自分の力では変えることのできない天命。

運命とは、人間の意志を超越して、人の上に訪れるめぐりあわせ。


使命とは、与えられた重大な任務。



と、あります。


この中で変えられるものは運命。


変わるかもしれない、成長し変化していくのは使命。


変えられないものは宿命。



でしょうか。



すべてが命 いのち という字が入っています。


どう感じながら生きるのか。


私の命はなんだろう。


自問自答して、いつも問いかけて確認しながら生きていきたいと思います。


今の自分の中での答えは出ているので、あとは日々成長のみ!!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月号のメルマガにも書きました童謡・唱歌ランキング。
私のランキングも載せました


少し前に朝日新聞に掲載されていた「歌い継いでいきたい童謡・唱歌ランキング」
トップ10をご紹介します。
 
皆さま、何曲口ずさめますか?
 

1 赤とんぼ         三木露風作詞・山田耕筰作曲、1927年。
2 ちいさい秋みつけた サトウハチロー作詞、中田喜直作曲、1955年
3 仰げば尊し      1884年に小学校唱歌に。

4 荒城の月       土井晩翠作詞・滝廉太郎作曲、1901年。
5 夕焼小焼       中村雨紅作詞・草川信作曲、1923年。
6 早春賦         吉丸一昌作詞、中田章作曲、1913年。

7 大きな古時計    米国の曲。1962年にNHKみんなのうたで紹介
8 里の秋          斉藤信夫作詞、海沼実作曲。終戦の年末発表。
9 かあさんの歌    窪田聡作詞、作曲、1956年。
10 故郷          高野辰之助作詞、岡野貞一作曲、1914年。
 


1位、2位、8位は秋の曲ですね。秋は名曲がたくさん。


秋の匂いを感じながら、口ずさんでみるのもいいかもしれません

懐かしい曲は、心に優しさと癒しをくれます。
 


ちなみに、私は日本の曲でのTop3は

1位 落葉松

2位 早春賦

3位 花  (滝廉太郎)


皆さまのTop3はいかがでしょうか?


春の曲も、名曲ばかりですが、秋の曲のほうが切ない曲が多いですね。

秋のコンサートで、秋の曲を選曲する時は、結構大変です。

そう。。。

切なく、物悲しい仕上がりになってしまうのです


なので、素晴しい名曲の組み合わせを考え、秋らしさを入れ、いろんな技を取り入れ、プログラムを完成させます。


来週は、コンサートラッシュです

たくさんの方に音楽をお届けしてきます
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月10日は、私、堀口直子 人生初のソロコンサートでございます

音楽をもっと身近に!楽しく学べる音がく会は、今月で3周年を迎えます。

そして、10月はアリアが第7期を迎えられ、皆様に感謝の気持ちを込めまして、

演奏をさせて頂きたいと思っております。

プログラムは、半分が皆様からのリクエストにお応えするという、初めての試みです!

聞きたい曲がございましたら、ぜひメールくださいませ

本日の夜12まで、受け付けます!!!

(全部の曲のリクエストは大変困難なため、選ばせて頂きます。どうぞご了承くださいませ。)


◆音がく会Vol.24◆

♪音がく会3周年特別企画 シークレットコンサート♪
~ 堀口直子 ピアノ感謝祭~

・別れの曲(ショパン)
・ノクターン第20番遺作(ショパン・風のガーデン)
・月光ソナタ全楽章(ベートーヴェン)
・トルコ行進曲 

・リクエスト曲
  皆様のリクエストにお応えいたします♪

会場:ミュージション新江古田「音楽ホール」(西武池袋線 桜台駅)
2012年11月10日(土)14:00開演

出演:堀口直子/ピアノ




11月10日音がく会詳細

ぜひ、お待ちしております
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)