絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:

小林研一郎さん指揮の読売交響楽団 サマーフェスティバル コンサートに行って参りました!

久々にオーケストラ&ピアノコンチェルトのコンサートを純粋に楽しみました

今回は生で聞くのは初めての曲ばかり。


リスト:交響詩「前奏曲」

リスト:ピアノ協奏曲第一番

マーラー:巨人


なぜ、この組み合わせかと言いますと、

今年2011年は、リスト生誕200年。マーラー没後200年という記念年だからです


13曲ある交響詩の中でも、飛び抜けた人気の曲が「前奏曲」

ピアノ協奏曲は、頻繁に転調があり幻想曲のようなイメージですが、華麗さとロマンティックさと大胆さが一度に味わえる、凝った作曲技法により作られた曲です。

巨人は、約100名のオーケストラを要する大編成で演奏される曲です。
マーラーは交響曲を9曲完成させました。 
とても美しいメロディーがあったり、人間の不安や苦悩も感じさせる場面もあり、最後は激しさや勝利!といった凱旋行進曲のような、強さを感じます。

フルート・オーボエ・クラリネット・トランペット・ヴァイオリン・チェロ・打楽器etc.

それぞれのメロディーが交互に出てきたり、それぞれの存在感を出しながら、調和している・・・



久しぶりに、仕事とは関係なく音楽だけを純粋に楽しみました

鳥肌がたったり、オケだけでなく会場中の気のパワーを感じたり、音のシャワーがたくさん降り注いできて、体と心にまとわりついた悪いものが洗い流されたような、そんな感覚でした。

マーラー 巨人の最後のほうなんて、心臓にドコドコドンドン響いて爽快・快感・放出!
という感じで、本当に感動しました!

コバケンさん指揮は素晴らしい!

生の音楽というのは、本当にいいですね~


自分の職業が音楽なので、こういう純粋に音楽を楽しむ時間というのを忘れがちですが、こういう時間は大切

もっと、いろいろと聞きに行って、コンサート会場でしか味わえない雰囲気と活気と感動をたくさん経験したいと思います。

感性・感受性を豊かに生きていきたいので、こういう機会を大事にしようと思います。


いい機会を頂いて感謝です。


コンサートってあまりよく分からないという方、ご一緒しましょう~

音楽を浴びるっていいですよ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日は、介護、老後サポートのプロの団体の理事長さまにお会いし、現状や現場のお話をお伺いしました。
音楽の話以外のお話も聞けるのは、本当にありがたいです。

高齢者のことやその家族のこと、施設ではこういうことが起こっている。
という生のお話は、驚くものもあり安心するものもあり、逆なものもあり・・・


私がヘルパー2級取得のため、勉強したものですが、

介護とは、たとえ心身に障害があっても、その人らしい生活習慣を可能な限り尊重して自立できるように援助すること。

その人が自分でできないことを助けることが介護の基本。と思いがちですが、それは間違いです。

自立支援をするということが大切な心がけです。



先日、実家に帰った時に、両親と祖母とお墓参りに行きました。
杖をついた祖母の手をひき、ゆっくり歩いて、お墓まで。

92歳の祖母は私の手をしっかりと握り、私を支えに歩きます。

口は達者なので「昔はこうだった、ああだった。」
と、口は元気なのですが、体がなかなかついていきません。

手をつないでも、手を引っ張るのではなく、てこの原理の支点と作用点を考え、介助をします。

私は、その手の力を支えながら考えていました。
今、私のこの手は、祖母には唯一の頼り。

何が何でも離すまいというくらいの強い力でした。
私も、これを離してはいけない。と同じようにしわしわの手を握ります・・・


小さい頃、祖父祖母と遊びに行くと、必ず手をつないでいたことを思い出しました。

今は祖母は小さく、私が見おろすくらいの身長になってしまい、20数年前と逆転しました。

きっと、祖母も同じように 私が迷子にならないよう、怪我をしないよう手をつないで守ってくれていたのだと思います。


そんなことを思っていた最近、今日お会いした理事長さまより、この言葉が書かれた1枚の紙を頂きました。

名前と曲はなんとなく知っていましたが、しっかり聞いたことがなく、Youtubeで探し出し、初めて聞きました。


老いと向き合う、親から子へのメッセージの歌・・・


生まれてずっと、誰かに支えられて生きている。

私は誰かを支えて生きられているのか。

人としての原点というようなことを考えさせられたような、歌詞と曲との出会いでした。


下の歌詞とYoutube よかったらご覧ください。

ちなみに、これを聞いて 大号泣しました。
おばあちゃん、死んだ訳じゃないのに。。

(感受性が豊かなんだ。と言い聞かせています。)





手紙 ~親愛なる子供たちへ


年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても  靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話をする時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ
消え去っていくように見える 私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい


楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい


いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったなら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと 
私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらいことだけど

私を理解して支えてくれる心だけ持って欲しい

きっとそれだけで それだけで
私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私のこどもたちへ

愛するこどもたちへ




歌詞(歌:樋口了一)原作詞:不詳/訳詞:角 智織/作曲:樋口了一

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


パーソナリティーを務めておりますレインボータウンFM 「音女の部屋」

今回のゲストは、おもしろ楽器達です。

こういう場面でこんな楽器が使われている

 こういう奏法で音を出す

こ~んな音がする


等、意外なへ~


がたくさん詰まっております。


楽器を演奏してくれたのは、打楽器奏者・マリンバ奏者の京谷ひとみちゃんです。




おもしろ楽器とは、、、

簡単に言うと、どこかで聞いたことある効果音を奏でる楽器です


皆さん、知っている楽器は、おいくつありますか



・水笛

・ウィンドチャイム

・クラベス

・レインスティック

・オーシャンドラム

・スライドホイッスル

・スプリングドラム

・チャスチャス

・サイレンホイッスル


5つ以上、楽器と音がわかった方











すごいです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DSCN3592
認知症介護の研究会で

『認知症高齢者の自主性と意欲を引き出す音楽の効果について』

を研究発表し、なんと!

2位を獲得することができました



学会にエントリーするのは、初で、大変な思いをして作り上げましたが、なんと嬉しい
ご褒美でしょう


研究発表の内容は、
DSCN3593
目的:
認知症高齢者の社会性、コミュニケーション、自主性、意欲を、音楽コンサートにより引き出す支援を行い、効果を検証する。

対象:
参加者のべ105名
(男性3:女性7)

方法:
コンサート進行方法を4つの部類に分け、進行、選曲、方法の違いを算出する。

です。

DSCN3595
13分しか時間がありませんので、内心ドッキドキですが、落ち着いたフリをして、なんとか時間内(本当は12秒オーバーしました)に収め、にこやかに発表終了しました

音楽というのは、目に見えず、変化がわかりづらい。
具体的にどうなったか判断するのが困難。

という難しさがあります。

ですので、音楽により表れた効果を具体的に数値で表すことで、
いかに音楽が認知症高齢者に良いか。
社会性、コミュニケーション、自主性、意欲を引き出すのに、音楽の力がいかに働いたか。
を数値で証明しました。

(ここでは詳しくは書けませんので、ご興味があられる方は直接私にお聞きください


この学会のテーマは

「認知症介護の理論と実践の融合」

でした。

他のライバル会社さん達は

・良質な睡眠をとるための照度整備について
・転倒を防ぐアセスメント作成
・在宅介護におけるターミナルケア
・穏やかに変化する認知症病状に対応するために

etc.

介護の現場の具体的措置や、サービス、改善のあり方等の頭を垂れる素晴らしい発表の数々でした・・・

こういう内容には到底及ばないなぁ・・・すごいなぁ・・・と思っておりましたので、弊社受賞は心底の想定外でした。。。


70箇所以上に施設がある大手介護施設や、北海道、山形の施設。
皆さんすごかった。

たくさんの事例を聞き、発見や気付きをたくさんもらいました。

DSCN3619
ですので、まず、私達の音楽の話が選ばれるなんて、夢にも思わず、表彰式の時に名前が呼ばれた時には、数秒

「ぽか~ん」

という間がありました・・・


本当にビックリしまして


1位との差は2点だったとのことで、それもビックリです。

来年はもっとレベルアップした内容で挑戦したいと思います!!

療法的音楽コンサートをやっていることが間違いではない。という確信がまた持てました。
とても嬉しいです!!

賞状・トロフィー・賞金を頂きました

ありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はラジオのパーソナリティーの仕事です

レインボータウンFM 大江戸放送局の毎月第3水曜日『シンクロプラス』内の音楽コーナー。『音女の部屋』です。

今回のゲストは『おもしろ楽器達』

波の音がする楽器・お化け屋敷で聞こえるような音の楽器・妖精が出て来そうな音の楽器etc.

音楽を身近に感じて頂きたいというのがコンセプトです。

音楽のヒミツや、意外な「へ~」の話をお届けします


このラジオ番組の配信エリアはお台場、銀座、東京、江東区ですが、8月よりサイマルラジオという日本中どこのFMでもインターネットで簡単に聞けるというツールが登場しました。

こちらのサイトです。

サイマルラジオ レインボータウンFM


よろしければ、明日14時20分頃から、レインボータウンFMを覗いてくださいませ


ラジオですので音だけですが

銀座、江東区にお住まいの方がいらしたら、79.2MHzをお願いします。


出演してくれるのは、先月に引き続き、マリンバ・打楽器奏者の京谷ひとみちゃんです。


~・~・~・~


昨日(月曜日)から仕事開始いたしまして、ありがたいことに、お昼を食べる時間がないくらい忙しくしております

今日もお昼抜きでした・・・

今週は怒涛の仕事量です
これまでになかった大変大きな仕事を抱えております。その緊張と、初めてのことだらけでやること・考えることが多くて、、、

今日も仕事が終わったのが、さっき。

日付けが変わっていました。

今週は本当に嵐のような毎日ですが、頑張って乗り切るぞ~~~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


110813_1101~01

久しぶりに実家に帰ったら、畑が柑橘系の果樹園化してました

ビックリ。

柑橘系だけで、10種類くらいあるそう




これはポンカンです。














110813_1101~02デコポン。

 

















 






110813_1102~01
枇杷。

























110813_1102~02
金柑。

























110813_1104~01
せとか。

タンゴールの「清見」と「アンコール」を掛け合わせたものです。

タンゴールとはみかんとオレンジを掛け合わせたものです。

ものすごく甘くておいしいそうです。


















110813_1104~02
柿。

























110813_1106~01はるか。


甘夏と日向夏のかけあわせの新種です。
























110813_1106~02温州みかん。



























110813_1106~03ざぼん。



























110813_1107~01花ゆず。


























110813_1108~03桃。



























110813_1108~01
ゴーヤ




























実がなるのが楽しみです


写真撮影中、木からセミがいきなり飛んできたり、バッタがいるとは夢にも思わず、ゴーヤにカメラを近づけたらバッタがビックリして飛び跳ねて、バッタより私のほうがビックリして硬直したり、、、

巨大なアゲハ蝶のいきなりの出現に思わず恐怖を感じ、咄嗟にしゃがんだり、、、

小さいハチが現れると、自分なりの全力疾走で逃げてみたり、、、


自然と離れて十数年。

幼少時期から、ピアノの練習のため、スパルタ教育であまり友達遊べる時間がなく、練習練習の毎日だったので、
虫や昆虫は、私のお友達だったのですが、触れない怖い存在になるなんて
(昔は変わった子でした。・・・昔から?!)

東京では味わえない自然を満喫しています


空気がいいからか、仕事もはかどります

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BlogPaint音楽は、場所と条件を選びません

こちらの施設には、ちょっとしたキーボードがあったので、リハビリと脳の運動を兼ね、体を動かしたり歌ったりしました。

こちらの施設は、十数名の利用者さんがいらっしゃいます。

私は年に数回こちらに伺いますので、ほとんどの方の名前と顔が一致しているのですが、

皆さん認知症さん。

「あっら~!どこのお嬢さんじゃろか。初めまして~。

どっから来らしたと?」

と、何度お会いしても、「初めまして

なので、毎回新鮮で、毎回歓迎してくれます


BlogPaint
皆さん歌がとってもお好きで、職員さんが明るく盛り上げ上手なので、盛り上がる盛り上がる

歌声も手拍子も隣の人に負けんよ

という勢いで、一緒に音楽を楽しみました


私は職業柄、80,90歳の方々がお好きな曲を知っているので、リクエストがあれば、それを伴奏し一緒に歌います。

佐世保弁での療法的音楽コンサート。


とても楽しかったです

110811_1553~03
祖母です。

92歳。

超元気。

今が何月何日か分からないのと、昨日とさっきの記憶がすぐなくなってしまいますが、耳も聞こえるし目も見えるし、私が独身なことは一度も忘れず、

「あんたはいつまで独りでおるとね

という責めは絶対に忘れません・・・

そのこと忘れてくれればいいのに

祖母も一緒に歌ってくれ、
「うちの孫よ。」

と自慢していたので(相手も認知症さんなので、数分後にはそのこと忘れちゃいますけどね)、多少のおばあちゃん孝行になったでしょうか



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

BlogPaint春から本格的に介護の勉強をしておりまして、
先日、介護のヘルパー2級『合格通知』が届きました

介護施設での療法的音楽コンサートの際に役立つし、現場の実情を知ることが必要。
また、これから年老いていく家族のことを考えて、最短期間でがんばりました

しかし、思った以上に大変でした・・・

ヘルパー2級とは、正式名称は訪問介護員と言い、介護保険法第8条第2項において、介護行為を許された「その他政令(介護保険法施行令)で定める者」という風になっています。


何を学び、これから何ができるのか。
というと、

福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とホームヘルプサービスに関する知識、利用者の理解、介護に関する知識と方法、家事援助に関する知識と方法、相談援助とケア計画の方法、共感的理解と基本的態度の形成、基本介護技術、ケア計画の作成と記録・報告の技術等 

という、実際的な介護や介助を含む全般のことです

これからの社会は、超高齢社会となり、想像を絶するくらいの高齢者、認知症患者と共に共存していかなければいけません。


介護の現場・高齢者の方々に音楽を通して、心身の機能回復や緩和、リフレッシュや楽しい時間を提供し、音楽が役立つ場面をたくさん作っていきたいと思っております。

そのためにも、まずは知ることが大切だと思い、勉強しました。


教科書に載っていない現場のことや、現実問題、課題、気付きがたくさんありました。


すごく勉強になりました


これを生かして、これからも前進していきたいと思います!


これからの日本は、高齢者・認知症患者を抱え、本当に深刻で大変な時が訪れます。
その時になって騒いでもどうにもならないくらい深刻です。


約100万人いると言われる日本のニートの人達、おちおちニートをやってる場合じゃないですよ。

というくらい、これからの超高齢社会、考えていかないといけません。


震災や原発の問題もまだまだあります。

私達にできることは音楽を通してということだけです。
その音楽の力で、社会に人に役立てるような存在でありたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は、府中市の経営者モーニングセミナーに招いて頂き、「音楽が持つ効果」について講演をさせて頂きました。

私が講演をする時は、必ず音楽を使って脳の体操をして頂きます。

指を動かすということは、脳をとても使います。そして、音楽を同時に表情をつけて指の運動をすると、更に脳の活性化になりますので、難しいですが皆さんに挑戦して頂いています。

今回も、参加くださった全員が真剣に意気込んで脳の活性化!体操をして下さいました。

懇談会では、音楽にまつわるご自身のエピソードや、家族とのつながりのお話、音楽のボランティアをされているお話をたくさん聞かせて頂き、音楽というものが、人を繋ぐんだな。

と、いくつも共通したお話を聞き、思いました。

初めてお会いした方々ですが、共通の音楽の話があると、初対面というものを忘れてしまうくらいに話に花が咲きます。

そして、今回ビックリした出会いがありました。

私と同じ佐世保出身という方がいらっしゃり、「佐世保中学校でした。」と。

「んん?!
佐世保中学校? 佐世保には中学校は26校ありますが、総称?」

とハテナの顔をしてしまっていると、

「今は南高と言うそうです。」とのこと。


なるほど・・・


この方は82歳だったのですが、私が知らない歴史の深さがありました。

現在は佐世保南高という高校ですが、その前身は佐世保中学校だったそうです。

南高は伯父が卒業し、友人もいる高校。

ちょっと気になったので、佐世保の高校を調べてみたら、約100年前から佐世保中学校というのがあり、それが北高と南高に分かれたようです。

昔は現在の高校を中学校と言い、現在の大学を高等学校と呼んでいたのですね。


佐世保中学校に通われた、人生の大先輩に東京でお会いできて、とても新鮮で出会いに感謝です。

またお会いできたら、地元の昔のお話を伺いたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DSCN3565披露宴での演奏をさせて頂きました

約3時間の披露宴中、ほとんど生演奏という音楽空間を作らせて頂きました。

新郎新婦とも、音楽がお好きで、「参列してくださる方々に音楽を楽しんで頂きたい。」

という想いがおありで、今回 私共に依頼してくださいました


披露宴と言えば、クラシックの弦楽四重奏。というのが定番でとても多いですが、今回は、ジャズで

・ボーカル
・ヴァイオリン
・ピアノ
・コントラバス(ベース)

という4人でした。
DSCN3573ヴァイオリンの吉田篤貴くんは、クラシックからジャズまであらゆるジャンルの演奏ができ、
ずば抜けて素晴らしい音楽性の持ち主。


ピアノの山田メイさん(後ろ姿だけでごめんなさい)は、メンバーの呼吸を読めることや雰囲気作りが天下一品で、またお人柄もいい。
サポート能力がすごく高いピアニストです。

DSCN3574ヴォーカルのふるみまやさんは、優しいオーラと雰囲気がにじみ出る、透き通る歌声で、歌姫というのがピッタリ。
彼女の美しい歌声のシャワーは、聞く人を幸せにします。
また、とっても優しい方で、一緒にいるだけで自然と微笑んでしまうくらいです。


ベースの蛯子健太郎さん。
大きく力強く支えてくれるベースの音色は、安定していて落ち着いていて、縁の下の力持ち。
見えないところでも気遣いを絶やさず、あったかいリーダーシップでみんなを引っ張ってくれます。


という4人でお届けしました

何が言いたいかと申しますと・・・

時間、進行等、全く予想通りにいかない披露宴の演奏で、進行のタイミングを合わせて演奏でトータルプロデュースをするというのは、とても難しいことでございます。

例えば、新郎新婦ご入場の際、お姿が見えるところで演奏を始め、席に着き、着席されると同時に音楽をおさめる。

歩くスピード。写真撮影。お辞儀の秒数。etc.

何分、何十秒になるかわかりません。

それを、生の音楽で調整をするのですから、それはそれは大変です

すべてが見渡せるところにいる私からのジェスチャーで、演奏者さんとのアイコンタクトと合図を取り、瞬時に判断をして音楽をおさめてもらいます。

これには、音楽的な能力だけではなく、いろんな能力が必要です。。。

この4人は、息もピッタリで本当にいい瞬間をたくさん作ってくれました

何度も、「素晴らしい!!」と叫びたかったくらい。

音楽がメインになりすぎず、BGMになりすぎず。
絶妙な感覚がみなさん素晴らしかった。



BlogPaint新郎新婦さまも、とても喜んでくださったようで、感謝とたくさんの嬉しいお言葉をたくさん頂きました。


ありがとうございました。


一生の一度のお式で共に音楽の時間を作り、過ごさせて頂けるのは幸せです。

たくさんの笑顔を見れて、本当によかったです。



どうぞ、末長くお幸せに・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)