絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:

省略・・・

演奏会終了後、Aさんの呼吸に変化があり、翌朝5:27に永眠されました。
今回の演奏会を待っていたかのように、翌朝、穏やかな顔で安らかに息が止まりました。

本日、通夜があり、家族の方が再度、僕に言ってくれました。

『演奏会が始まり、ピアノ、歌声に合わせてリズムを取るように呼吸をしていました。

母にとって、体は動かなくても頭の中では、しっかりとリズムをとっていたんでしょうね。
体が動かない分、リズムに合わせて呼吸をしていたんだと思います。
今回の演奏会は、母にとっての大きなプレゼントになりました。
くれぐれも、3人の方によろしく伝えて下さい。ありがとうございました。』

堀口さんの言うように、僕も音楽には不思議な力があると思います。

音楽を通して、また、みんなで一体となり素敵な企画をみんなで一緒に築いていきたいです。

今後ともよろしくお願い致します。



〇〇〇〇施設   B様より


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
われわれは、その始まりから歌とともにある。赤ちゃんは胎内で、まず一つの音楽として、母や父の声を聴くらしい。後のさまざまな体験が内なるメロディーを豊かにし、心の座標軸となっていく▼その軸に深い傷を負った被災地のつっかい棒に、歌がなっている。人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の主題歌もそう。<そうだうれしいんだ生きるよろこび/たとえ胸の傷がいたんでも>▼<なんのために生まれてなにをして生きるのか/こたえられないなんてそんなのはいやだ!>。あるラジオ局が震災後に実施したアンケートで水、情報に次いで「必要なもの」が歌だった、と聞いた。歌の力を思い知る▼敗戦後の荒廃を「リンゴの唄」が潤し、坂本九さんの「上を向いて歩こう」は世界の人のハートにもしみた。2004年、台風23号に見舞われた舞鶴市でバスが水没、屋根で37人が一夜を耐えられたのも「上を-」で声を合わせたからだ。同じ歌が避難所の心をつなぐ▼<上を向いて歩こう/涙がこぼれないように>。耳になじんだ歌は「あの日」以前の日常も呼び起こす。どんなに上を向いてもいくらこぼれないようにと言われても、あふれてしまうに違いない▼それでも歌詞は<泣きながら歩く>と続く。<だから君はいくんだ/ほほえんで>とアンパンマンも力強い。そんな歌に勇気をもらい厳しい現実に立ち向かっている人々の姿に毎日、励まされてばかりいる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の地元 長崎県佐世保市にいらっしゃる佐世保出身の幸地愛子さん。「ふるさと佐世保の歌を歌う歌手」です!

本当に素敵な方で、帰省すると必ず幸地さんの元へ足を運んでしまうほど魅力と人柄に溢れた方です。

いつも遊びに行くと、「直ちゃん、ピアノ弾いて」とリクエストくださり、私が弾き、幸地さんが歌う。という場面になります。

幸地さんの曲の中で、こないだ私の心にぎゅ~んと響いた曲がありました。
出だしの歌詞から、心を掴まれました。

途中からは目に熱いものが・・・

とても感動した曲。


どうしても、私の周りの方々にこの曲を聴いてほしい。と思い、今は非買の貴重なCDをお願いして買わせて頂き、Youtubeを作成しました。

ぜひ、4分ちょっとのこの時間。
ちょっと一息入れて頂き、ぜひ聞いてほしいです。

あたたかい何かがお腹の奥のほうからジワジワと広がってくる感じです。

ぜひ!




「がんばれ!!」

歌:幸地 愛子さん


どんなに悲しい出来事も
あなただけではないはず

目を閉じるより今は
立ち向かう 勇気を

叫びは きっと 風になり
心の水面を 揺らすでしょう
 
がんばれ!! がんばれ!!
愛する人のために…
それだけをただ 伝えたくて

どんなに冷たい雨も
いつかは青空に変わる

過ぎ去りし 人も 夢も
めぐり逢えるほのかな 希望(のぞみ)

涙は きっと 星になり
あなたの心を照らすでしょう

がんばれ!!がんばれ!!
夜明けを信じて…
それだけをただ 忘れないで

どんなにせつない日々も
乗り越えていけるはず

支え合う 人たちの
真実(まこと)の愛が 道標

笑顔は きっと 花になり
心の 荒野に 咲きほこる

がんばれ!!がんばれ!!
未来のあなたに…
それだけをただ 伝えたくて

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DSCN2603ミュージカル『アニー』/を観に行ってきました!

今回は本番ではなく、前日のGP(公開リハーサル)の観劇のお誘いを頂き、特別招待してくださいました。

実は私は『アニー』を観たのは初めてです・・・


有名な ♪トゥモロー トゥモロー アイラヴヤー トゥモロー~♪

の曲はもちろん知っており、毎年子役オーディションがあり、涙のドキュメンタリー番組も何度も見ましたが、本物のミュージカルは初めてでした。


何となく、ストーリーは知っておりましたので、どんなに楽しめるだろう


とわくわく観ておりましたら、途中から、楽しむどころではありません・・・・


ハラハラするし、ほかほかした気分になるし、悪役に腹立つし、歌唱力と演技力に感心するし、音楽の良さに魅了されるし、最後なんて、感動して涙がボタボタ落ちるし。。。

こんなに素晴らしいミュージカルだったなんて、今まで何で観なかったんだろう

と、後悔しそうになるくらい、とても感動しました。

DSCN2604


『アニー』の原作は、1924年に発表された「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さな孤児アニー)」という人気コミック。

逆境にあっても前向きで、周囲の人まで変えてしまう彼女の魅力的なキャラクターは、時を経ても色あせず、約50年後の1977年、ミュージカル『アニー』が誕生しました。そして 本場ブロードウェイで6年間、2,377回ものロングラン公演を続け、人々に深い感動を与え続けました。

日本版『アニー』は、1986年4月に東京・青山劇場で初めて上演され、2011年、日本初演から26年目を迎えたそうです。



キャストも素晴らしく、珍しいところでは お笑い芸人の友近さんが初ミュージカルで、孤児院の院長役。
ウォーバックス役:目黒祐樹さん
グレース役:元宝塚トップスターの香寿たつきさん

素晴らしかったです!

アニー
ご招待くださった方が、目黒祐樹さんと親しくされていらっしゃる方で 、少しお話ができ 一緒に写真を撮って頂きました。

目黒さんは、とっても優しく、紳士でした。
腰が低く、すごく周りに気を遣われる方。

素敵な男性だな~。と、舞台上ではない目黒さんともお会いし、更に感じました。





いいものは、自分の目で見て、肌で感じないと、感動も感激も得られないですね。

また来年も観たい!!

と思いました。

キャストの子役達が違うアニーを、来年も楽しみにしています。

GWで東京公演は終わってしまいますが、8月からは大阪・名古屋公演があるそうです。

たくさんの人に感動を与えられるアニー。音楽。

ずっと続けて欲しいと思います。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レインボータウンFM 大江戸放送局の毎月第3水曜日『シンクロプラス』内の音楽コーナーのパーソナリティーを務めることになりました。

実は去年の6月にゲストとしてこちらに出演させて頂いたのですが、それがご縁で、パーソナリティーになりませんか?
とお声をおかけ頂き、ありがたくお引き受けさせて頂きました。


パーソナリティー名はNAOです。


なんだかちょっとこそばゆいです。。。

(こそばゆいってもしかして九州の方言でしょうか。くすぐったいというようなニュアンスの言葉です。)


テーマは、『音楽をもっと身近に!楽しんで頂きたい』 

です。


「へ~」

「そうなってるんだ。知らなかった~」

「そんな裏側の話、おもしろい。」

etc.


「へ~~~」


という話をしていきたいと思っております。


4月から『音女の部屋』としてスタートいたします。


このFMですが、他にない特徴として、ラジオ収録風景がYoutubeにあがり、動画で見ることができる。

という新しい発想のラジオ番組です。


放送地域は、お台場・銀座・東京・スカイツリーあたりまでの地域の、

江東区、中央区、台東区、江東区、千代田区、墨田区、江戸川区、品川区、

です。

130万人世帯の方に発信されます。

レインボータウンFM 大江戸放送局http://www.792fm.com/


どうぞ、これからよろしくお願い申し上げます。


3月のゲストは、オペラの演出家の恵川智美さんをお招きしました。

・オペラの演出家とはどういう仕事をするのか。
・具体的に、どういう指導をされるのか。

等、お聞きしました。


6月23日、24日にあるマスカーニ作曲のオペラ『ザネット』の演出をされている恵川さん。

その素晴らしいオペラの宣伝と聴きどころを教えて頂き、実際のザネットの曲を聴いて頂きました。

ぜひ、ご覧くださいませ。


4月は、ゲストは『フルート』さん。

フルートの秘密やフルートという楽器の良さや裏話を聞きました。


また近々Youtubeアップいたします!


それでは、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

老若男女 小さいお子さんから大人の方まで、楽しませてほしい。元気を与えてほしい。
という要望や、

社員や役員達の元気がないから、音楽の力でその元気を取り戻してほしい。

等々のご要望があり、今、どんなコンサートが喜んでもらえるのか、社内会議をしているところです



大震災で、自粛や節電のために、音楽の場のキャンセルが相次ぎ、演奏を聞く空間がとっても減ってしまっているのが現状です。

被災地の方々もとても辛く大変な思いをされていらっしゃいますが、たくさんの演奏家達も、自分に何かできないか。何もできないのか。何ができるのか。

とても苦しい思いをしています。


音楽を通して心に伝えられる元気や癒しやエネルギー。


演奏家にできることは、きっとそれを伝えること。


その演奏家達と共に、一生懸命 復興の一助となれるように力を尽くしたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月始めに、ある経営者のセミナーに招かれ、講演をさせて頂きました。私の父母より年上の先人の方々ばかりで、私のような若輩者がお話なんてさせて頂いていいものか、緊張の中、音楽のチカラの話をさせて頂きました。まずは被災地で歌われている、坂本九さんの曲の話から。『上を向いて歩こう』 
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
思い出す春の日 一人ぼっちの夜




上を向いて歩こう にじんだ星を数えて
思い出す夏の日 一人ぼっちの夜


幸せは雲の上に 幸せは空の上に

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
 
泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

思い出す秋の日 一人ぼっちの夜
 

悲しみは星の影に 悲しみは月の影に
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
 
泣きながら歩く 一人ぼっちの夜
一人ぼっちの夜




 

『見上げてごらん夜の星を』

 見上げてごらん 夜の星を
 小さな星の 小さな光りが
 

 ささやかな幸せを うたってる

 見上げてごらん 夜の星を
 
 ぼくらのように 名もない星が
 ささやかな幸せを 祈ってる

 
 手をつなごう ぼくと
 追いかけよう 夢を
 二人なら 苦しくなんかないさ





 

『涙くんさようなら』






涙くんさよなら さよなら涙くん
また会う日まで
 
君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ
君なしではとても 生きて行けそうもない
 
だけど僕は恋をした 素晴らしい恋なんだ
 

だからしばらくは君と 会わずに暮らせるだろう
 
涙くんさよなら さよなら涙くん
また会う日まで

 
 
 


現地では、老若男女問わず みんな一緒に体育館や施設でこういう曲を歌われている、と現地の方から聞きました。前向きな歌詞で、歌っている時は笑顔。それで元気になる。と。 音楽は、目に見えて治療をするというのはありませんが、明らかに音楽のチカラで変化することがある。





薬や治療や手術は、患者さんの顔色を良くしたり笑顔にすることができないけれど、音楽にはそれができる。
音楽の不思議を、実際にご自分で実験してもらったり、脳の地図を見てもらいながら話をさせて頂きました。
皆さん何度も何度も頷き、メモを取りながら私の話を聞いてくださいました。
若輩者の私の話を、「ためになった。勉強になった。よくわかった。」
と、わざわざ名刺交換に来て頂き、握手をして頂き・・・
 
私のほうが、大先輩の経営者が他の話を伺いたかったです。
 
ありがとうございました!
 
そして、この話をもう一度してほしい。と、別のセミナーで講演を依頼して頂きました!
本当に嬉しいです

また一生懸命話させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。
 
皆さんとのご縁に心より感謝申し上げます。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人生訓として。

人間力を高めるための訓示として。


気持が平静でいられらなくなりそうな時、この言葉をいつも思い浮かべようと思います。

『あ・お・い・く・ま』


旧住友銀行の頭取を長く務められた、故 堀田庄三氏が説き続けられたという言葉です。



あせるな

おこるな

いばるな

くさるな

まけるな



頭文字を並べると、あおいくま

です。



この言葉は人間の弱さを克服するための教訓のようであり、人間関係や社会において、とても重要なことです。


この気持を忘れずに、客観的に自分を見つめ、自分を戒める感覚を持っていたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のコンサートでは、アンコールが2曲ありました。

最後の曲が、『さくら横ちょう』

「さすが陶子!!センスがいい!!」

と、心で拍手


雰囲気も声もとてもマッチしていて、素敵なさくら横ちょうでした。


『さくらさくら』 ほど、有名ではありませんが、とても優美な曲です。


桜が咲く季節に聞く、この曲・・・

会場の近くは桜のトンネルでした。

聞いたあとすぐにさくらを見て、肌で感じて、歌いながら歩きました



なんて贅沢。



この曲は、ひとつの歌詞に、二人の作曲家がメロディーをつけています。
それぞれよさがあります。

ちなみに私は、Aの中田喜直さん作曲のさくら横ちょうが好きです。



お時間があられたら、歌詞をお読みになって、聴き比べをして頂くと 楽しめるかもしれません。



さくら横ちょう

作詞:加藤周一 作曲:中田喜直   作曲:別宮貞雄


春の宵 さくらが咲くと

 
花ばかり さくら横ちょう


想い出す 恋の昨日


君はもうここにゐないと


あぁ いつも 花の女王


ほほえんだ夢のふるさと


春の宵 さくらが咲くと


花ばかり さくら横ちょう


会い見るの時はなかろう


「その後どう」 「しばらくねぇ」と


言ったってはじまらないと


心得て 花でも見よう


春の宵 さくらが咲くと


花ばかり さくら横ちょう





 A 中田喜直さん作曲




B 別宮貞雄さん作曲




皆さんはどちらがお好きですか

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)