絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
先日、「前向きに人生をenjoyされている女性」をテーマにスポットを当てているCoccoto様の『Power Women』から取材(動画撮影)を受け、サイトが完成いたしました!!

horiguchi(実はだいぶ前にサイトオープンしておりましたが、ブログ更新率が悪く、ご報告遅くなりすみません)


以前にあったラジオ出演でもそうですが、やっぱり緊張します。。。

緊張すると、何が起こるかって、まず日本語が変になります(笑)


ピアノ弾くよりしゃべることのほうが本当に緊張します。


今回なんて、寝言で言うくらいいつも「貼ってはがせる五楽線!!!」

と言いまくっているのに、撮影の時は、なぜか「貼ってはがして・・・」

とか言ってしまっております

そんな恥ずかしいところがたくさんの動画ですが、私の思い。信じること。どうしたいか。今の私の何がきっかけが何だったか。etc.

こういうことを話しております。


お時間があられる時、お暇な時に、よろしければご覧下さいませ。


~前向きに人生をenjoyしている女性~
    「彼女たちが輝く理由」

Power Women Specialに取り上げて頂き、大変光栄に思っております。

心より感謝いたします。

Coccotoの宮本社長さま、ありがとうございました。


Power Womenサイト
  コチラです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音楽を楽しく学んで頂き、学ぶだけでなく身近に音楽を感じて楽しんで頂きたい。
というコンセプトの音がく会。

今回で10回目を迎えました。

DSCN1029ゴージャスで迫力満載の金管五重奏のコンサート!

曲目は、子供から大人まで楽しめる選曲で、楽しんで頂けたようです。

・ドラゴンクエストより 序曲のマーチ
・となりのトトロメドレー
・聖者の行進

・ウェスト・サイド・ストーリー セレクション
・ロメオとジュリエットより (ソフトバンクCMで有名なあの曲です)
・A列車で行こう
・シング・シング・シング


でした。


親子で何組もお越し頂き、終わってから演奏者との交流で、どうやったらうまくなるか、楽器の不思議。等の質問がたくさん飛んでいて、コミュニケーションが取れて、演奏者もお客様も コンサート後も楽しく過ごして頂いたようです。

ありがとうございました。

コンサート途中の、楽器説明では、

なんと、

ホラガイ登場

9 ホラガイそうです。

ホラガイと言えば、金管楽器のご先祖様です。


メンバーがひそかに練習をしておいてくれ、初披露です!

普通に吹いたり、マウスピースをホラガイにつけて吹いたり。


「ほぉ~~~~~~

と、私も驚いたくらいにいい音を出してくれました。


昔はもちろん、金管ではなく、原始的な楽器なのですから当たり前なのかもしれませんが、お客様も身を乗り出して、そのホラガイをご覧になっていて、(私もです)とても感心されていらしたのが印象的でした。

終わってから、また聞きたい。楽しかった。エネルギーを注入されたようだった!

というお声をたくさん頂きました。

ご来場くださった皆様、応援をして下さった方々、本当にありがとうございました。

また来月は違う形の音がく会をお届けしたいと思っております。

どうぞ、お楽しみに!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
音育コンサートにいらして頂いた方から、全ての疲れが吹っ飛ぶような
お便りを頂きました。

宝物箱行き決定のお便りです。

とても嬉しかったので、載せさせて頂きます

◇◆◇◆◇


「親子の音育クラシックコンサート」
とても素敵なひと時でした。ありがとうございました。

幸いにも、最前列で鑑賞することが出来ましたので、
子供達もさることながら、そのパパとママも演奏者との距離が
こんなに近い生コンサートは初めてだと大感激でした。
私自身もとても素敵なひと時を過ごすことができ感謝しています。
ありがとうございました。

3歳の孫娘は、緞帳が開いたとたんお姉様達のドレス姿にうっとりと見とれ、
「可愛いね~」を連発。

もちろんピアノを弾いているお姉さんは、知り合いだと言って
自慢しておきました。

そして、コンサートが始まったら手拍子をしてとても楽しそうでした。
男の子の方はのりが悪かったようですが、本人は充分楽しんだようでした。
(若干シャイなので、最前列で勝手に照れていました)

帰る道々、5歳の子はバイオリンを、3歳の娘はピアノを習いたいと
口々に両親に訴えておりました。

本当に素敵なコンサートにお誘い頂き、親子3代、楽しいひと時を
過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。


◇◆◇◆◇


Y様より頂いた、宝物お便りでした。

ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先月行われました『親子の音育クラシックコンサート』ですが、たくさんの親子、兄弟、家族が来てくださいました。

ありがとうございました。

プログラムは盛りだくさんな内容でした


音育6この時の演奏は、のだめカンタービレでお馴染みの
ベートーヴェンの「交響曲第七番」
通称”ベトシチ”です。

左から、
・ピアノ連弾
・ヴァイオリン
・フルート
・オーボエ
・チェロ
の6人編成。

有名なフレーズに入ると、「わぁぁっ

という歓声が聞こえてきました。


そうです!

ピアノの右側は私です(笑)

久しぶりの本番。一生懸命練習しました


次は、運動会でよく耳にする【天国と地獄】、【フィドル・ファドル】


そして、参加型コーナー。

音育3
リズム遊び。歌う。考える。

ただ単にリズムを打って歌えばいい。という訳ではありません。

ちょっと高度なテクニックが必要なものもご用意し、全員で参加してくれ、多いに盛り上がりました!

この時は、大人の方向けに難しいリズムコーナーの時!

お父さん、お母さん、おじいちゃんおばあちゃんも一生懸命に真剣なまなざしで参加してくださいました。

皆さん、親子や夫婦で顔を見合わせ、本当に楽しそうで、笑顔が溢れていました


音育4そして次は、弊社 企画・MCを務めた野口が進行をいたしましたプロコフィエフ作曲の
”ピーターと狼”
のナレーション付。

子供のための音楽作品です。

とても分かりやすく、かつ音楽的にもよくできていることもあり、世界中の子供達に愛好されている楽曲です。

物語の内容は、少年のピーターと小鳥が、狼をどうやって生け捕りするか。という内容です。

物語の登場人物は、それぞれが特定の楽器で分担されております。

(※本来の編成)
・ピーター=弦楽器
・おじいさん=ファゴット
・小鳥=フルート
・アヒル=オーボエ
・猫=クラリネット
・狼=ホルン
・ナレーター

というように編成されています。

20分~25分の短い物語ですが、子供だけでなく、親ごさん達も楽しんで頂けたようです!


1時間半の親子の音育クラシックコンサート、ご来場頂いたみなさま、ありがとうございました。

お見送りでロビーに出ておりましたら、「楽しかった!」「またコンサートしてね~」「初めて2歳のこの子とクラシックを聞きました。一生の初体験でした。」
etc.たくさんの嬉しいお声を頂きました。

音楽は、人を笑顔に変えられる力がある。

また、この瞬間に出会うことができました。

ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)