絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:

300f2c56.jpg
販売始めました!



約1年かけて、試行錯誤を繰り返してきた五線テープがついに出来上がり、販売開始となりました!


その名も


『五楽線』 ごらくせんと読みます。



五線が楽に。楽しく書ける


貼ってはがせる、超便利なこの五線テープは、本当に優れものなんです。


・好きな流さんに簡単に切って使えます。

・楽譜の上にそのまま貼れるので部分的に修正できます。

・バリエーションやアレンジが書けます。

・楽譜の余白に好きな長さを書き足せます。

・譜めくり時の、次のページ数小節を、下に書き写せます。

・ノートや手帳にメロディーのメモができます。

・市販のテープカッターにきれいにハマるので、使いやすいです。



という、利点を持った五楽線です


これまで五線って書くのも貼るのも「不便だな~。めんどくさいな~。」と音楽に携わるみんなが思っていて、何とかそれを解消したい!何とかしたい!

その一心の思いで作りました。


周りの音大生を見ていても本当に不便そうで・・・


私も武蔵野音大ピアノ科卒で、特に声楽の伴奏をしていまして、歌い手さんのカデンツァやアレンジが個々に違うのをどうにか短縮したい。

と身を持って不便さを感じていました。


それを、この五楽線が全部解決できました!!

今までは、五線紙を必要な長さに切ってノリでペタペタ貼って、ずれたら
「あ~~!」
となっていた煩わしさを解消しました。

まっすぐな線くらい書けるさ!
と、五線を手書きしていて、いつの間にか隣の線とぶつかってしまって、
「あ~~!ラとシの間が1mmしかない!」
と、後悔していたことも解消しました。


音楽の演奏の時だけでなく、ちょっと譜例を書きたい時や、授業でノートに五線を書きたい時、手帳に音をメモしたい時。


本当に便利です!



この商品は実用新案登録済です。


企画や製造に協力して下さっているトッパン・フォームズ株式会社さんとの共同の開発です。


ここまでくるのが本当に大変でした


苦労しました・・・


なので、この商品が手に乗った時はなんとも言えない嬉しさというか、ジ~ンとした感情で、自分の子供同然の感覚かもしれません


この五楽線が誕生するまでに、たっくさんの方に協力して頂き、応援して下さり、力を貸して下さいました。


つくづく、仕事というものも、人間というものも、一人では何もできない。
誰かの力と思いによって、前に進み成長していくんだと心から感じました。

私の周りの皆さんに、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。


まだまだ今始まったばかりですが、と~っても自信があるこの商品。

もっと普及して、音楽家達の役に立てたらな~と思います。


がんばって営業に力を注いでいきます



現在、すでに、銀座ヤマハ店、山野楽器、渋谷ヤマハ店、武蔵野音楽大学ヤマハミニショップ、桐朋音楽大学ヤマハミニショップ、東邦音楽大学ヤマハミニショップ、各店舗に置いて頂ける事が決まっております。

銀座ヤマハ店 五楽線紹介


インターネットで購入できます
アリア ミュージックオフィス 五楽線 ネット販売中


どうぞ、今後とも五楽線と、株式会社アリア ミュージックオフィスをどうぞ
よろしくお願い申し上げます。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
音楽葬 2人

先日あった音楽葬の写真です。


広いところでしたので、ピアノを真ん中に置き、その周りにお花と個人のご趣味だった水墨画を並べ、個展のような雰囲気の中、ピアノとメゾソプラノによる演奏をいたしました。

終わって数日してから、喪主の方が

「珍しいというか、初めて言われたけど、わざわざ次の日に式がとてもよかったよ。心に残った。という電話をいくつももらったんだよ。」

と話して下さいました。



「いいお葬式だった」


こうおっしゃって頂けるのは、本当にありがたいです。


この日の音楽葬は、とても穏やかで涙の中には悲しみだけではない、たくさんの思いが詰まったものでした。

演奏をしている私達にも、それが伝わってきて、あたたかい気持ちで演奏することができました。



故人だけでなく、ご遺族やご親族の心にも音楽はあたたかく響くのだと思います。
故人との音楽の思い出を大事にするお手伝いを、これからも続けていきたいと思います。


音楽葬は東京だけに限っておりません、横浜、神奈川、千葉、埼玉でも承っております。

もし、こういう音楽葬をやりたい。

という方がいらっしゃいましたら、お声をおかけ下さいませ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BlogPaint
日曜日は父の日でした。

いつも演奏に伺っている今月の老人ホームコンサートは、ちょうどこの父の日でしたので、今日はちょっと特別バージョンでハンドベル奏者2名とソプラノ、ピアノのコラボレーションです。


特別バージョンというのは、もう一つ意味があり、こちらでの演奏がちょうど二周年になる日でしたので、工夫を凝らした楽しいコンサートでし


まず、中央のハンドベルのこのお二人Belly Loveさん


とっても息が合い、何より表情がよくて、

「音楽、楽しんでます!!!!!!

という熱気が溢れた演奏をしてくれます。


皆さん楽しそうに、また、食い入るように見たり驚いたりされていらっしゃいました。

BlogPaint
そして、ソプラノの山田真希は、一番初めのコンサートで歌ってくれたとても縁が深い歌手です。

伸びやかで、うっとりする歌声でした。


この写真は、発声練習と準備体操をして頂いている時のものです。

ただ、演奏者が演奏するだけではなく、みなさんにも参加してもらい、一緒に歌って一緒に動いて一緒に作るコーナーを大事にしたいと思っています。

コミュニケーションをとることが簡単ではない入居者さんや、普通の話し言葉が理解ができないという症状をお持ちの方も、一緒に手を動かし、体を動かし、発声練習の

あ~~~~~~~~~

もやって下さいました。


その後の皆さんの歌唱力と生き生きした表情!

とても楽しそうにしていらっしゃいました。


最後は私のお父さんという曲で締めくくりました。
演奏者がお父さん(おじいちゃん)達に黄色いバラの花をお配りし、うれしそうに照れながら受け取る方や、普段はいつもしかめっ面で表情があまり出ない方が、ニッコリとされたり。と、うれしい場面がたくさんありました。

またたくさんのいいものを頂きました。


ありがとうございました

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12bf77e6.jpg

晴れていて気持ちいい日でしたね


今日は高幡不動尊に行ってきました。



とてもお世話になっており、弊社をいつも応援して下さっている方が、仏像版画の高幡不動尊内で個展を開かれたので


こんなに大きく、参拝者が多いお寺だったとは、行ってビックリしました。


空海(弘法大師)により9世紀初頭に開かれた真言宗のお寺です。


また、新撰組の土方歳三の菩提寺でもあり、国の重要指定文化財になっている像がたくさんありました。




9b83b0a5.jpg

個展を開かれた北村光一さんは、高校時代から仏像に魅せられ奈良などを巡られ、独学で仏像木版画作りを続けられていらっしゃいます。


この仏像は、偶然にも、私が今月行った阿修羅像の版画です。


そして、右側は純金の阿修羅版画

21万円


素晴らしい画の数々でした。


なんとも心がすやすやとなり、穏やか~~~な気持ちになりました。



北村さんはとても優しい方で、とても親身になり相談に乗って下さり力を貸して下さいます。

温和で人間も素晴らしい方が作る芸術というのは、心に響きます。




4e69a55e.jpg

そして、ちょうどアジサイ祭をやっていましたので、のんびりとアジサイを見て、グルっとアジサイのいろんな色を楽しんできました。

お寺って不思議ですね。


もともとお寺の場所は、適当に土地が割り当てられたわけではなく、神聖な土地に建てられているということですので、空気が違うのでしょうか。

とてもホっとします。


明日もコンサートで、朝から大変です!


最近の多忙さで、体が休まっていないし、緊張感があり、体も頭もガチガチな感じでしたが、今日で、す~っと何かが抜けたような気がします。


いい日を過ごさせてもらいました。

北村さん、ありがとうございました
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
d5995932.jpg今日はソプラノコンサートでした。

写真を見るとお分かりかと思いますが、入居者さんの動きとピンクのドレスの歌手の動きが同じなのにお気づきでしょうか☆

8割の方が、

『リハビリ、脳の活性化、音楽を体全体で楽しむ』

の要素を持った曲のレクレーションに参加して下さいました。

本当に一生懸命に取り組んで下さり、いつもとは違うという、いい方向の行動が出たり、生き生きした表情にどんどん変わってきて下さったり、と、こちら側も心底楽しめたコンサートになりました。

ソプラノの山田真希が、とっても上手で 歌だけでなく、トークと音楽の乗せ方が素晴らしく、いつも感心して感動しています。

というか、感心してる場合じゃなく、勉強しなきゃいけないですね!


たくさんの演奏者さん達に 本当にいろんなことを教わります。

気付かされる と言ったほうが正解かな。

私がこういう活動ができるよう応援して指導して下さる方々だけでなく、コンサートの場を提供して下さる方々、コンサートに出演してくれる演奏者の皆さん、心から感謝します。


皆さんのおかげで 得るものがたくさんです。

ありがとうございます。
いつかお返しできるよう、私自身をもっと磨きたいと思います!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、老年期認知症について勉強を始めました。

今までは、なんとなくちょっと知っている。
というくらいの感覚ですが、認知症についての勉強会にも毎月定期的に通うことにしまして、現場のプロから学んでいます。

勉強していくと、おもしろいように、なるほど~~~!!と思うことがたくさんで
私の祖母も初期の認知症ですので、そのためにもこれから頑張って勉強していこうと思っています。

認知症の勉強と同時に、脳の勉強も始めました。

「音楽と脳」

このテーマが私の最近の趣味になりつつあることです。

なぜ、音楽を聞いて意識がない人の手足が動くのか。
なぜ、音楽を聞くと、表情が穏やかになるのか。
なぜ、病気のせいで手が固まり動かないのに、音楽のリズムには手が動くのか。
なぜ、会話能力がないのに、歌の歌詞は間違わずに歌えるのか。

なぜ、なぜ、なぜ、・・・

知りたいことがたくさんです!


まずはしっかりと基礎を頭に入れないといけません。

認知症は脳の病気と言っていいほどの、知的機能障害のひとつです。

昔は、痴呆、ボケ、アルツハイマー。
という言い方をしていたようですが、現在は認知症。という言葉に統一されています。

その出現率ですが、年を重ねるにつれて、増えていきます。

65~69歳=1.5%
70~74歳=3.6%
75~79歳=7.1%
80~84歳=14.6%
85歳以上 =27.3%

という数字が出ています。

きれいに倍・倍に近い数字ですね。
85歳以上は4人に一人は認知症ということになります。


記憶と認知機能の低下が、普通の生活を送ることを難しくさせ、不安・抑うつ・もの忘れ。が特徴となってきます。


認知症の特性である脳の萎縮が進むと

運動・感覚・情動・知能の低下がおきます。


これが、いわゆる「おじいちゃん、ボケてきたんじゃない?」

ということの始まりです。



この認知症という病気に、音楽がどこまで役立つか。

もっと勉強して、未来につなげたいと思っています!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、音楽葬でした。

とてもお世話になっている会社の代表のお父様がなくなったということで、ピアノと声楽で音楽葬をしてきました。

思い出の曲がおありということだったので、その会社のテーマ曲と、お好きだった「川の流れのように」と、クラシックの穏やかな曲を。

亡くなったお父様に、心を込めて音楽を送りました。

とても神聖な空間で厳かにとり行われました。

参列された方もとてもたくさんいらっしゃり、皆さん同じ思いで最後のお別れをされたと思います。

遺族の方にもとても感謝され、最期の想い出のお手伝いができたことにこちらも感謝し、音楽の素晴らしさをまた体感できた日でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BlogPaint
週末は、定期的にコンサートを行っている老人ホームでのコンサートでした。

今回はリズムをテーマにし、体が自然と動くような元気いっぱいのノリノリの曲をたくさん用意し、入居者さんに楽しんで一緒に音楽して頂くコンサートでした。

ただ好きな時に好きなリズムを打つということではなく、簡単でもなく、難しすぎないものを参加して頂きます。

今日の奇跡はとても嬉しいものでした。

プログラム最後のほうで、あるおじいちゃんがハーモニカを吹きだして下さったのです。

伴奏のピアノの音量を最小にして、おじいちゃんの音色にそこにいた全員が耳を澄ませると、ピアノとバッチリハモっていて、本当にお上手でした。

実はこのおじいちゃん、いつもハーモニカを持ち歩いていらっしゃるそうですが、なかなか吹いて下さらないそうです。

「1年はハーモニカを聞いてないですね~。」 と職員さん。

それが、この日はなぜか、自分から吹いて下さり、職員さんもとても嬉しそうでした


リズムにノッたことがきっかけだったのか、お好きな曲だからだったのか、いろんな要因があってのことだったと思いますが、音楽がきっかけを作り、ご本人だけではなく周りの人にもとてもいい伝染になり、本当によかったと思います。


演奏者も私たちも、何より嬉しい瞬間でした
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
abcd3795.jpg
この曲を、近いイベントで演奏することになり、(しかもサックスカルテットで!)


橋幸夫さんの、このメキシカンロック。

サックスカルテット用の楽譜があるわけではないので、特別編曲です。


音源はYouTubeから拾い、前奏・メロディー・間奏・後奏を聞き取り、コードも書きます。


これまた書き取り辛いDes-dur。変二長調。
♭5つです・・・

しかも半音がよく出てくる曲で、♭♭(ダブルフラット)が出てきます・・・

♭♭はどうも楽譜のバランスが悪くなるので好きではないのです。

一つ下がればC-dur ハ長調なので大変書きやすいのですが、絶対音感の耳は、そんな便利なことは組み込まれていないので、完璧に仕上げるしかありません。

正確さはあると思うので、力を発揮するのみです!

集中すれば、清書まで40分でできるかな。

頑張ろう♪

今日も朝からぎっしり仕事でした。

明日も頑張ろう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)