絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
e4579b35.jpg今日のコンサートのテーマはこれでした。


プログラムは、ほんっとに盛りだくさんな有名どころのオペラの名曲ばかり☆


中華料理屋さんでの予約制コンサートでしたが、お客様が溢れたため二部制になったほど予約たくさんで、お断りした方も数組出たそうで、オペラファンが意外と多いことに、嬉しいびっくりでした。

アットホームな雰囲気で、演奏者とお客様との間に壁がない、という印象のコンサートでした。

最後は皆さんにアンケートを書いて頂き、お世辞ではないと伝わる、

「楽しかった!また来たい!」

という、たくさんのメッセージを頂き、第二段をどうしようかな♪

と悩ましいところです!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
b1043f63.jpg最近、忙しくしてました・・・!

今回から新しく仲間入りをしてくれたハンドベルユニット

『Belly Love』の二人です。


と~っても華やかで、演奏している時の姿が、キラキラキラキラして楽しんでる!!という気持ちが伝わってくる素晴らしい演奏者さん!

天国と地獄~アベマリア~からルパン三世~川の流れのように~

までレパートリー豊富で、ハンドベルだけでなくいろんな効果音楽器を駆使し、聞き手を一瞬で引き込みます。

今回いろんな工夫を凝らし、お客様にも参加して頂き、お客様と一緒に一つの曲を作るというコーナーを設け、本当に皆さん楽しそうで、その日のコンサートのアンケートには、
「みんなと一緒に一つのことを完成させて、本当に楽しかった!」

等、普段少人数ではできないことを共鳴・共有したことが、一番心に残られたようで、いいコンサートがまた生まれました☆

毎回のコンサートで感じることがあり、今度はあれを取り入れてみよう!

あれをまたやってみよう!

と、案がたくさん浮かび、実行するまでの準備は大変ですが、いいものをたくさん作っていきたいので、もっともっと感性を磨こうと思います。


ワクワクしますね☆

何かを作り出すというのは。

皆さんのお力を借りて、これからも精進していきたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週は、二日連続でコンサートでした

一日目は、バリトンのソロのコンサート。今年からうちでやってくれている別府真也くんとピアニストの岩本文さんです。

ピアニストさんもですが、人間味があるあったかい雰囲気を別府くんも持っているので、コンサート自体がやっぱりそういう雰囲気になります。

コンサートの途中、目に涙をいっぱい溜めて聞いていらっしゃる方がいました。

わざわざ、終わってから「素晴らしかった!」と話かけて下さり、お話を聞くことができました。



「ある一曲がとても思い出がある曲で、その曲がとても懐かしく涙が自然と溢れてきた。
その後の曲も、思い出があるという特別な曲ではなかったが、彼に惹きこまれて、音楽すべてに感動した。」

と、おっしゃっていました。



もう数え切れないほどのコンサートを今までやってきましたが、共通して間違いない。と思えることは、演奏者の心。というか、演奏者の思いでコンサートの色が決まります。

音を間違わず、進行通りに進め、完璧に演奏することだけがいいコンサートではない。と私は思います。



私の好きな言葉の中に

『間違えたっていいじゃない。機械じゃないんだから。』by フジコ・ヘミング(ピアニスト)

があります。


これは、彼女がピアニストだから、ピアノのことだけを指しているかというと、違うんです。きっと。


一番大事だと思うのは、自分の今の音楽を一生懸命に伝えようと思い、全力を尽くすこと。

そう思えると、また違うものが生まれてきます。

いかに楽しんでもらい、いかにいい空気にすればいいかを、自ずと考えだします。
そして、全力を尽くしているからこそ、自分への自信にもつながり、達成感となり、その最高の気持ちになれたことを、聞いて下さった方への感謝します。


好きなことを仕事にする。

とても幸せなことです。


諦めずに、自分が納得がいくまで続けることに、人生を有意義に生きていく意味があると思います。

私も、まだまだ。まだまだ。と思いながら、しつこく進んでいこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週は、セミナー・勉強会に二つ参加してきました。
定期的にあるこういう勉強会では、いろんな発見や気付きはもちろん、そこに参加していらっしゃる方との交流の話も貴重な財産になっています。

まず一つ目は、私が事務局補佐をしている女性限定のキャリアアップのためのセミナー。

ゲストの先生は、NECの上席統括マネージャーで、女性では数少ないというすべての部長を統括されている女性。

お子さんもいらっしゃりながら、仕事と家庭の両立をされているそのコツと背景をお話下さいました。

女性が社会でバリバリ仕事をしながら生きていくというのはとても難しい問題です。
出産や育児を、どう社会と会社が理解をして、その人の価値を高めながら共存していくか。

音楽家は女性が多いので、音楽というこれまた難しい職業とうまく組み合わせるにはどうしたらいいか。
と、これからの課題です。

交流の時に、さまざまな業種の方々のお話を聞くことができ、とても新鮮でした!


もう一つは、経営学だけでなく人間学も勉強するセミナーです。
月に一回通っています。

・性善説の論語
・性悪説の韓非子。

同じ儒教から生まれたこの対極ともいえる韓非子の本を勉強することは、必要なことだと感じます。

企業や社会においても、性善説だけでなく韓非子が残したこの言葉を取り入れ、両面から見た、バランスのよいやり方が大事で、また、社会でけでなく、生活や人間関係にもこれが生かせるのではないか。と思います。

どんな状況でも、やはり、両面からの思考を持って人生を進めていきたいと思います。

この勉強会でも、とても素晴らしい方々がたくさんいらっしゃいます
普段仕事しているだけでは簡単に会えないものすごく偉い方から、社外での交流だからこそ、いろんな砕けた話をして下さったり。
本音で話せるという場があり、本当に毎月、私の知恵の財産が増えていているような気がします。


やはり、自分が持っていないものを持っている人と関わると、勉強にも発見にも刺激にも、たっくさん得られるものがあります。

このような恵まれたありがたい環境と、周りの方々に感謝します。

自分だけでは、新しい人に知り合うことはできません。

本当に、私は運と縁がいいなぁ~~~~と、心から思います。
ありがとうございます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
a8f03986.jpg
桜がきれいな季節です。

週末は、花見に行き桜を楽しんできました


千鳥ヶ淵に行って、桜のアーチの歩道を散歩し、仕上げには靖国神社の中の屋台で桜の真下でビール飲み、心が落ち着いた時間でした。


親戚のお姉ちゃんが花見がてら遊びに来ない?と誘ってくれたましたのでお言葉に甘え、大好きなおじちゃんとお姉ちゃんのところに行ってきました。

目黒川沿いのマンションからは、川沿いの桜が本当に綺麗でした


母方の親戚が関東に数家族います。
伯母夫婦や、亡くなった祖母のご兄弟がいつもかわいがってくれ、第二、第三・・・の実家がたくさんあります。

しばらくご無沙汰すると、電話がかかってきます。

「たまには顔見せなさい ご飯食べにおいで。」

と。

東京に来て10年になりますが、変わらずにいつもかわいがってくれます。

本当にあたたかく歓迎してくれ、いつも親身に話を聞いてくれます。何かあると自分のことのうように悩んでくれたり、喜んでくれます。

身内のあたたかさは、身に沁みます・・・


関東にはいない親戚にも思うことですが、いつも してもらうばかりでまだ何も返せませんが、出世払いでご恩返しをしたいと思っています!!!


優しい存在に感謝します。

私がそういう年になったら、同じように、あたたかい家から若い親戚に

「ご飯食べにおいで。」

と、電話をかけ何があっても味方でいてあげたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
090401
おととい4月1日は、入社式スプリングコンサートでした☆

いつもお世話になっているこの会社には、30名以上の新入社員がいらっしゃるということで、フレッシュな顔がたくさん !!

こちらの会社のテーマ曲を特別編曲で演奏したり、サプライズな進行で、みなさんに楽しんで頂いたりと、新しい雰囲気が満載のコンサートでした。

こちらも新しい演奏者二人が加わり、新鮮で華やかでした。
ソプラノの清水理恵さん、フルートの大洞佳子さん☆

初登場です。

二人の心の良さが音楽に表れ、聞き手に伝わり、とってもいいあったかいコンサートでした☆

私も仕事を忘れ 聞き惚れてしまったくらいにいいコンサートでした。

ピアニストはお馴染み 大学同期の野口幸太。

彼の感性には相変わらず脱帽で、会場を虜にしていました!
毎回 一緒のステージを作っていくのが本当に楽しみです。


春のいいスタートを切れた、素敵なコンサートの成功には、周りの方々のお力と支えのおかげです。

ありがとうございます。
感謝します。


これからも いいコンサートを作っていけるよう、力をあわせていきたいと思います☆


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)