絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
嬉しいお便りを頂きました。

自然と涙が頬を伝い落ちた手紙でした・・・

施設の方からです。



「本日は、楽しい演奏会をありがとうございました。
聴くだけではなく、皆を交えて1つの企画に取り組む事で、とても一体感があったと感じます。

あっという間の1時間でしたが、入居者方をはじめ家族にとって多くの変化が見られました。

最近、表情に乏しかったAさんや自発的な動きが低下していたBさん、又、始終笑顔を絶やさなかったCさん。

音楽という不思議な力がこんなにも普段と違う表情や行動を生み出す活力になるんだという学びになりました。

山田さんの最後の歌が終わると同時に一番にAさんが満面の笑みで大きな拍手をされ立ち上がった様子がとても印象深く残りました。」


Dさん(ベッドのおばあちゃん)の家族より:

「本当にありがとうございました。母は若い頃から、いつも近くにピアノがある環境で育ち、母にとって今日の演奏会は心に響いたものになったと感じます。

母の為に、一曲増やしていただいた配慮に深くお礼を言いたい」とおっしゃっていました。


また、是非一緒にやりましょう!!

本日はありがとうございました。
今後共、何卒よろしくお願い致します。」



~後日~



「演奏会終了後、D氏の呼吸に変化があり、翌朝永眠されました。

今回の演奏会を待っていたかのように、翌朝、穏やかな顔で安らかに息が止まりました。


本日、通夜があり、家族の方が再度、僕に言ってくれました。

『演奏会が始まり、ピアノ、歌声に合わせてリズムを取るように呼吸をしていました。

母にとって、体は動かなくても頭の中では、しっかりとリズムをとっていたんでしょうね。
体が動かない分、リズムに合わせて呼吸をしていたんだと思います。

今回の演奏会は、母にとっての大きなプレゼントになりました。
くれぐれも、3人の方によろしく伝えて下さい。ありがとうございました。』


堀口社長の言うように、僕も音楽には不思議な力があると思います。

音楽を通して、また、皆で一体となり素敵な企画を皆で一緒に築いていきたいです。

今後ともよろしくお願い致します。」



というお便りでした。


このようなコンサートを企画し実行することは、簡単なことではありません。

しかし、私達の思いと方向性をしっかり持って続けていこうと思います。


有形のものではないもの、音楽というスゴイ力を持ったものが、人の役立ちになったり、未来や進歩につながるという少しずつの確証が積み重なっています。

まだまだ勉強が足りません。

もっと知識を増やし、思いやりある心で社員 演奏者共々、尽くすコンサートをお届けしたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
休みがない。。。という日々が始まってしまいましたこの季節。


体は一つしかなく、一日24時間しかないのでそんな状態が続けば確実に体は疲れるのですが、
その疲れさえふっ飛ばしてくれるのが、聞いて下さる方々の姿や笑顔や変化や感謝を受け取った時です。

昨日の日曜日は、私にとっても社員や演奏者にとっても、心に響いたコンサートでした。


83a93261.jpg
定期で行かせて頂いているある老人ホームでの演奏。


今回は半分以上を参加型の内容にしました

大きい文字で書いた模造紙の歌詞カードはいつもの通り使い、ハンドベルを使い、振り付けを考え一緒に踊ったり、施設の介護士さん達にも一緒に参加して頂くコンサートです。

その場にいる人全員の一体感を目指しました


すると


たくさんの小さい奇跡が起こりました





私もですが、演奏者も涙が止まらず大変だった一つのある話を。。。




このコンサートの二日前に、施設の方からご連絡がありました。

「昔ピアノの先生をされていた*ターミナルのおばあちゃんがいらっしゃいます。
ベッドを運んでそのままコンサートを聞いてもらうことにしました。どうぞよろしくお願いします。」

と。

*(ターミナルケア(Terminal Care)とは、末期がんなどに罹患した患者に対する看護のこと。ターミナル(Terminal)は終末という意味です。




それを聞いて、急遽、ピアノの先生なら何百回も教えるであろうバッハのメヌエット
を組み込みました。

そのことを、当日お伝えすると、
「何曲目でしょうか?このコンサートの最後まで持たないかもしれません・・・」
とのことでしたので、最後に予定していたプログラム変更し、2曲目に入れました


途中でそのおばあちゃんのことが気になるので、見ていたのですが、穏やかに呼吸をされていて、コンサート最後まで何事もなく聞いて下さったのです

コンサート中のそのおばあちゃんのご家族は、ベッドの周りでおばあちゃんの手をさすったり、リズムに合わせ優しく体を撫でていらっしゃったり、あたたかく見守っていらっしゃったり。

その優しいご家族の光景を見ていて、歌手がグっときたようで終わった途端大号泣で大変でした
途中でも涙を止めるので必死だったようです。


実は、コンサートまでもたないかもしれないという状態だったそうなのですが、コンサートまでもってくれて本当によかった。


そして、そのおばあちゃんはもう意識もない状態で体も自由も全くきかない状態だったようなのですが、一定の呼吸ではなく、歌に合わせて呼吸をされていたように、体が動いていました


音楽がお好きだったからでしょうか、きっと絶対聞こえていたのでしょう。


音楽の原点である「心」に響いたのかもしれません。


終わってから、ご家族にとても感謝されました。
私たちは、私たちにできる精一杯のことをしただけですが、嬉しい気持ちと複雑な思いです。



そんな音楽の仕事をできることを、本当に誇りに思っています。
そして、周りの方々のご協力があってこそ、この仕事が成り立ちます。

理解をされないこともありますが、私は、自分が演奏を今までしてきたことによって、こういう仕事と巡り合い、不思議なチカラを持つ音楽を広げたいというエネルギーを頂いています。

私じゃなくてもできる仕事。私じゃなきゃできない仕事。
何のために仕事をしているのか。


これからも、何が大事か。自分ができる社会貢献は何か。
きちんと自分を見つめながら、社員と演奏者とで、たくさんの人と音楽を通して接していきたいと思っています。

理解をして頂き、応援して下さり、お力を貸して頂ける周りの方々に、心から感謝しております。

改めてこのように思えたのも、このコンサートのおかげです。
ありがとうございます。


皆様、本当にいつもありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『辛いことが多いのは 感謝を知らないから


苦しいことが多いのは 自分に甘えがあるから


悲しいことが多いのは 自分のことしか分からないから


心配ごとが多いのは 今を懸命に生きていないから


行きづまりが多いのは 自分が裸になれないから』






あるところの壁にかけてあったものです。



思わず、メモしてしまいました





なるほど。  そうです!  そうなんです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
83d13bc3.jpg昨日は厚生労働省主宰の日本保育協会パーティーでの演奏でした。


木管カルテットです。


皆さん、何の楽器かおわかりになりますか?(^O^)






クラシックやっていらっしゃらなくて全部わかる方☆



なかなかすごいです!





正解は




左から、フルート  オーボエ  ファゴット  クラリネット



です。




一般的にはあまり知られていない。というか、一般的な編成ではないこの木管四重奏(カルテット)ですが、本当は、木管五重奏が主流です。

これにホルンが入ります。


今回はちょっと特別な形でのコンサートでした。



cd89fd92.jpg
今回のパーティーでは、表彰式のオープニングの演奏で、1200名のお客様がいらっしゃり、じっくりと聴いていて下さり、演奏者たちにとっても、なかなか演奏する機会がないほどの多さだったと思います。

本当は、開場30分の間のBGM的なオープニング演奏だったのですが、皆さんすでにお揃い。

一曲一曲拍手を下さり、とてもいい雰囲気で演奏することができました。


いろんなサポートをするこちら側は、お客様が多いとなかなか大変です。

まず、音響について。


マイクの確認や、マイクの性質と、楽器をどの位置から音を拾うようにするのか、バランス。等々。


リハーサルの段階と、お客様が入った後では響き方がまったく違うので、リハーサル通りにはいきません。

その他会場の材質や床、響きの構造、空調も左右するので、チェックが必要です。


とても神経を使うのですが、本番でいい音で仕上がると、ハァ~~
  
と、大きい安堵感と感動に包まれます。



いろんな対応。臨機応変さ。


どの仕事にも重要なポイントですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2ba5d4f9.jpg今 仕事で高崎に来ています。

朝の新幹線って混むんですね!
知らなかった・・・

立って新幹線乗ったのは初めてです。

今日は、朝から運がいい日です(^_^)v


今日は早朝から高崎行きのため、西武池袋線の桜台駅へ。

すると、

やたら人、人、人で電車がやってきません。

人身事故のせいで、電車がストップしていました。

さーて困りました!

代わりになりそうな有楽町線は、西武線乗り入れのため、やはりストップ。

別ルートしかありません。

悩んでる間はなく、タクシーで最寄り別駅まで行き、別ルートからの電車を選択しましたが、同じことを考えるのは数人どころではありません・・・

来るタクシー来るタクシー、誰か乗っていて、空車の気配なし・・・

そりゃそうか(T_T)

と思った時、

回送 のタクシーが止まってくれました☆

それでベストな最短時間で高崎に着けました。


ほんとに私、運がいいです(^o^)


私が見える範囲で、何十人が道路に出ていたか。。。

タクシーの運転手さんも、

「お嬢さん、運がいいね!」

と。

ほんとにそうだと思います!


今日の仕事、うまくいくような気がします♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
206608c2.jpg土曜日は、老人ホームでの定期コンサートでした。

今回は、コンセプトが
ある方に元気になって欲しいというこで、いろんな工夫を凝らしました。

その方は、昔 歌を歌われていた方だったので、またマイクを持って歌って頂けたら・・・

そんな思いで始まったコンサートですが、

一曲目、

その方のゆかりの曲が始まると、いつもは 背もたれがついているソファーにゆったりお座りなのですが、前のめりで、キラキラした表情で歌詞なしなのに、バッチリ歌われていました!!

その後、その方のゆかりの曲が数曲続き、やはり同じように歌って下さり、一番お好きだという、その方の歌人生での代名詞と言っても過言ではない歌の時には、ステージに、介護士さんの介助があり手をひかれていらしてくれました!

そして、フルコーラス素敵なお声で歌って下さいました☆

終わると、大喝采のアンコールで、

「じゃぁ、もう一回一番だけ」

と、アンコールにも応えて下さり(^o^)

歌の力と、その方の潜在的な何かからでしょうか、

なんと、

帰りは

介護士さんの手を借りずに,ご自分一人で歩いて席まで帰られました!

小さい奇跡です!

ご家族がたくさん見えていましたが、涙が止まらず、何度も目頭を押さえていらっしゃいました。

終わったあと、その方のご家族に、
「ありがとうございました」

「ありがとうございました」

と何度も言って頂き、私も、涙が出そうになるのをこらえながら、
「こちらこそ、ありがとうございました」
というのが精一杯でした。


音楽の力が、ご本人とご家族、また他の入居者さんに、小さな奇跡を起こしたようです☆

娘さん、お孫さん、曾孫さんもいらした4代に渡るコンサートができ、幸せを分けて頂きました。

これからも、一人一人を大事にした心に残るコンサートを続けていきたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
e8e378d3.jpg

世の「おじさま」に当てはまるおじさま!


ご自分の趣味をお持ちで、没頭できる何かがあるってとっても素敵ですね

会社と家の往復で、退職後はどうしよう。何をしていいかわからない。
というおじさまの声をたまに聞きますが、そういうおじさま、ぜひ、ご自分のご趣味を持つことをお勧めします


おじさまが、仕事以外の何かで輝くって本当に素敵です。

cf3fcee3.jpg

この動物達をお作りなったのは、某飲料会社の広告部長さんの島崎紘而さん


私が会社を設立する前から、デザインや広告に関することでとても力になって下さり、それからずっといろんなことを教えて頂いている、とても素敵なおじさまです。

お忙しいお仕事の合間に、作品を作り続け、個展を開かれました

すごく奥深い動物達ばかりがいるんです。

手前はイグアナで、絶滅危惧のある動物達を再生。

6b217186.jpg

動物園に行き、写真を撮ったりし、作られたそうです。

資源を有効に活用ということで、会社で余っているものをと見渡したら、ダンボールとプチプチと新聞と発泡スチロール。

これだ!!

と、それらだけで作品を作られました!

すごいです

ad20c0bd.jpgこれは、飾るだけ鑑賞用ではなく、全部帽子なんです。


このカメレオンをかぶらせて頂きました。


あと一週間この個展開かれています。


素敵なおじさまの生き方だと思います。

自分の楽しみ、個人としての人生。

さびしいおじさまにならないよう、趣味がない。とおっしゃっているおじさまの皆さん、どうぞ、会社と家の往復だけではなく、何か見つけて、輝いて下さい!


db5e0b5d.jpg

その素敵なおじさま、島崎さんです。

いつもキラキラされていらっしゃるのですが、今日はさらにキラキラ輝いていらっしゃいました。

もし、六本木お近くに行かれる機会があれば、ぜひ行かれてみて下さい


六本木駅から徒歩7分ほどです。

アニマルハット展ショートリンクサーキット


私も、刺激を頂いた個展でした。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3a42202d.jpg
金木犀の匂いが、とても好きです


秋を感じる匂いですね。


しかし


記憶というのは、スゴイと思いました。。。


今日、金木犀のこの匂いをス~~っと感じて、


「ハッ




二つの情景の記憶が数年ぶりに甦りました。


一つ目

(ローカルな話ですみません)

実家近くの通学路途中の歩道橋の下の同級生の蓮見君の家



サッカー部の蓮見君、、、何年も頭によぎることはなかったのですが、今年の金木犀でなぜか思い出しました。。。


あの金木犀はまだ健在でしょうか。




そして


二つ目



私が通っていた大宮幼稚園のねんどの時間。


こーれーはー


20年は思い出していません


金木犀と何かが合わさった匂いが、私の記憶を呼び起したのかもしれませんが
4,5歳の頃に体操服を着て教室の床に座り、白っぽい紙ねんどで何かを作っている風景が、甦りました


どうしたんでしょう。


その幼稚園は、今はマンションになっていて確認することはできませんが、何か
ほわっと懐かしい気持ちになりました。


人間の記憶ってすごいですね。


私は普段、耳からの音楽で記憶が甦る仕事をしているので、自分がこういうものを体感すると、新鮮で、ビビりました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4ebac550.jpg

週末に、電話が鳴りました



大好きな先輩から



「もしもし、久しぶり~~ ちょっとある方と代わるね


と。



「もしもし



渋い、いい声で出られたのは、母校の声楽の大教授先生。




門下生とされていて、私を思い出し、お電話を下さったようです。


「今、江古田にいるからよかったらいらっしゃい。」

とお声をかけて頂いたので、行ってきました。


未来の超有望オペラ歌手の卵さん達も一緒に、とても勉強になるお話を聞かせて頂き、とても楽しい時間でした。



卒業して5年以上も経つのに、私の師匠ではない先生からお誘い頂くなんて、本当に本当に光栄で、私は幸せものです。



先生とみなさん、ありがとうございました

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週は、一流の方々とたくさんお会いするという、とても貴重な週でした。


第3期目を迎え、一日目、

私の心にガツンと響いたことがありました。
響いたというより、刺さったと言った方が正解かもしれません。


今まで間違えていたことを、教えて頂きました。


これもきっと、神様、いえ、周りの方々からの特別授業だったのだと思います。


「私がこの場に参加してもいいのしょうか・・・?」


という位の立場が違いすぎる方々との会食



社員1000名以上の大手製薬会社社長さんや、一度も裁判で負けたことのない、弁護士さんなら知らない人はいない。というくらいの敏腕弁護士の先生ご夫妻や他にも。。。


今まで、自分の感覚が間違っていたことに気付かされました。

それも、きっと怒ってもよかったことを、優しく教えて下さいました。

教えて下さったというより、自分はこう思った。
というように、あなたが自分の力で気づきなさい。

というヒントというか、導いて頂いて。


自分が軽く思っていたことが、何より大事なことで、人として、社会人として、当たり前のこととして身に付くようにならなければいけない。


初めて会ったぺーぺーの私に、雲の上にいらっしゃるような方々が、気さくに話して下さり、財産であるはずの自分の経験からのお話をアドバイスとしてお言葉を頂き、後半から、おしゃべりははずの私の口が動かなくなってしまいました・・・


自分が思ってきたことが間違っていたと気づき、後悔というか恥ずかしさが心に渦巻いていました。



とても温和で決して口数が多くない弁護士先生ですが、一言一言がとても重く感じました。

余計なことは言わず、人を惑わせず、心が広くあったかい。

この日にいらした方々全員が、大きく包み込んで下さる心と雰囲気をお持ちでした。



皆さんがあまりにVIPのため、初めて連れて行って頂いた築地の料亭でしたが、初体験ばかりで緊張して、たくさんおいしいお酒を頂いたのですが、全く酔えず、最後まで緊張の連続でした。
NHKのテレビにもよく出られている調理長も、歴代おかみさんも勢ぞろいで、これは現実なのか?
と、不安に思ったほどでした。


第3期目始まった途端に、こんなにいい特別授業をして頂き、心を入れ替えよう。
と誓った日でした。


一番心に残っているのは、

「礼に始まり、礼に終わる。」


どんなに近くにいても、家族でも親友でも慣れ合った人間でも、礼を忘れてはいけません。

感謝する気持ちと、それを相手に伝える大事さ。

これを、一生忘れずに生きていきたいと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)