絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
先日、キャリアアップセミナーに行ってきました。

講師の先生は上場会社の副社長でありながら、日本5大学の某大学の教授でいらして、神奈川の教育委員をされていらっしゃる素敵な女性

女性が社会で働くこと。それが簡単ではないこと。
どういうものが自分を支え、何が揺るがない実力に結びつくのか。

いろんな業種の方が仲間にいますが、私なりにどう進むべきか、何を大事にしていけばいいのか、とっても納得がいく実践したい!
と思えるような素晴らしいヒントをご自分の経験から頂き、とてもありがたいお言葉でした。

上に向かおうとするのか、優先順位を自分でつけられているのか。

プロフェッショナルにならなければ、ただの替えがきく日雇いアルバイトと同じです。

自分がすることで、社会に貢献できたり人の役に立てたり、後に残るような仕事ができると、幸せですよね。

そういう風になりたいと、改めて思った勉強会でした
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
cb0cb5d0.jpg昨日はオペラを見に行ってきました♪

荒川静さんがトリノオリンピックで滑った「誰も寝てはならぬ」
で有名な プッチーニ作曲のトゥーランドット。

数年前にこのオペラを見て、まだ若かったせいか、良さがわからず、二幕で寝ていた過去があるのですが(全三幕オペラ)、
昨日改めて見たら、眠くなるどころか演出の濃さと、臨場感あるオーケストラに素晴らしい歌い手に圧倒され、感動でした・・・

私がこの世で一番大好きな曲が この

「誰も寝てはならぬ」

どれくらい好きかというと、数日間毎日リピートでCDを流しても、全く飽きない。
くらいです。

生のホンモノは 何にも負けません。

やっぱり生演奏。

呼吸が感じられるって感動を呼びます!

こういう時間を大切にしたいですね。

自分の感受性のためにも♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、私が学生の時からの付き合いの歌い手さんから、録音したいから伴奏して欲しい。と頼まれましたので、うちのレッスン室で、
「小さいコンサート」
を開きました。

九州にいる、余命わずかな自分のおばあちゃんのために、自分の歌を届けたい。と。

おばあちゃんが好きで、
「聞きたいねぇ♪」
とおっしゃっていたという曲を、数曲録音しました。

たまたま近くのコンサートで歌う曲だったので、歌い込んでいたのもあり、二人で 緊張しながらレコーディングでした。

お客さんがいない本番なのに、普段のコンサートよりすっごく緊張しました・・・

会ったことはない彼女のおばあちゃんですが、きっとこういうお顔かなぁ・・・
今はベッドの上かなぁ・・・
この曲聴く時はどんな気持ちなのかなぁ・・・

といろいろ考えながらの演奏。

聴く人がその場にいないけど、とても思いが入ったミニコンサート。

レコーディング終わった音源を、彼女はその足で郵便局に持って行きました。
少しでも早く届けたい。という願いと共に。

きっと早足だったでしょう

とっても優しい孫娘が歌った、おばあちゃんの大好きな曲、間に合うといいな・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
fcec3f00.jpg今からディナークルーズでの演奏です。
天王洲アイルから出ているクリスタルヨットクラブ

素敵な航海になるよう、演奏で雰囲気を盛り上げ、いい空間を作ります☆

私もなんだかワクワクo(^o^)o

リハーサル中、デッキに出て優雅な気分を楽しんでます。


また投稿します♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
359640c3.jpg
週末に、羅漢寺に行ってきました。

目黒にある五百羅漢寺。


元禄時代に松雲元慶禅師が、江戸の町を托鉢して集めた浄財をもとに、十数年の歳月をかけて作りあげたものだそうです。五百体以上の群像が完成してからもう三百年の星霜を重ね、現在は東京都重要文化財に指定されています。(現存三百五体)

天恩山五百羅漢寺はもともと本所五ツ目(現在の江東区大島)に創建され、五代将軍綱吉さらに八代将軍吉宗の援助を得て繁栄を誇り、「本所のらかんさん」として人びとの人気を集めていたお寺です。

その羅漢さん。

入ってすぐに145体の座右の銘を携えた羅漢さんがいます。

らかんさんはお釈迦さまのお弟子さまだった人たちです。歴史上に実在していた人です。修行を積んでとうとう聖者の位に登りつめたひとです。だから、らかんさは、ひとり山の奥にこもって禅をくんでいる仙人ように気難しい、とっつきにくいイメージがもともとあったのです。しかし江戸時代にはいって五百羅漢さんが登場するようになって、イメージががらりとかわりました。

羅漢さん
ひとりひとり顔のちがったらかんさんがならんでいるなかに、お参りの人びとは亡き人の面影によく似たらかんさんを見つけだして、久し振りに再会したような感激をおぼえたのです。写真のなかった当時、羅漢堂は懐かしい人の面影を偲ぶことができる有難い場所になったのです。瞼の父に会いにきて、小さな手をあわせて一生懸命に祈っていた幼な児もいたはずです。

 そんなところが人気を呼んで全国各所に五百羅漢像が造立されました。羅漢堂にいならぶ五百羅漢さんは、人びとにとって懐かしい自分の肉親の姿であり、恋人の姿だったのです。

その145種類の言葉を、ひとつひとつ全部見ていきました。

「自分がまず笑顔になりましょう。」
「縁を大切に。」

等、たっくさんの素晴らしい言葉がありました。

私が一番心に響いたらかんさんの言葉は、

「頭は低く 目は高く 心は広く」

でした。


偶然このお寺に出会ったとはいえ、何か私に必要なことを教えてくれたような気がします。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1e6c5ee8.jpg

今日は、敬老の日です。

老人ホームでの敬老の日コンサートが二か所でありました。

今回は、コントラバスとメゾソプラノとピアノの3人です

14時からの場所では、一緒に歌える曲目をたくさん用意したり、昔の曲(童謡)ではなく、きっとお若い頃であったちょっとおしゃれな曲も演奏し、とても喜んで頂いたようです。

その証拠に、ビデオと写真撮影をしていたのですが、初の試みだった
長崎の鐘
胸の振り子。

長崎の鐘は、赤とんぼよりも声に出して歌われていた方がたくさん

それだけではなく、涙を流されていた方もたくさん

音楽の思い出って本当に心に残るんですね。



bdf5141d.jpgそして16時からの別の老人ホームでのコンサートは、とてもたくさん参加して頂き、ご家族も一緒に楽しめるコンサートになりました。

あるおじいちゃんのところには、娘さん・お孫さん・ひ孫さんがいらっしゃっていて、ご家族で同じ音楽を楽しんで頂けて、終始笑顔だったおじいちゃんの姿がいつもよりもとても嬉しそうで、こちらまで幸せな気分になりました。

おじいちゃん、おばあちゃんの長寿を祝って、音楽のプレゼントができてよかったです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
bed9a54f.jpg
昨日の緊急対応の仕事というのは、音楽葬でした。

と~~っても大事なお客様が亡くなったという取引先の葬儀社からの急きょの依頼で、無理難題と言っても過言ではない注文が来て、大変でした。

でも、ご遺族や故人にとっては最後の思い出の時。

全力を尽くそうと思い、必死で動き、母校の大学の全面協力もあり、ご要望にすべてお応えすることができました。

昨日は、朝から一日かかるはずの税理の打ち合わせを半日で済ませ、お通夜でした。

故人は大病院のお医者様で、モーツァルトがとてもお好きでした。
なので、曲のリクエストはモーツァルトと賛美歌。

それも曲が指定されていまして、また楽器編成も指定

7cef3662.jpg一番楽器の中で、移動や把握が難しいハープ。そしてフルートとピアノ。
というご希望。

まず、前の日にハープという楽器を保持するのは、困難。。。

なぜなら

ハープはほとんど業者にレンタルを申し込み、そして業者に搬入搬出をお願いするのです。

前の日に動くハープ業者はなかなかいません。

でも、運がよく二日間時間もぴったりでつかまりました。

そして、お通夜が始まり、故人への献奏ということで式が始まってすぐにリクエストの曲。

そして献花の時に、故人が一番お好きだった奥様との思い出の曲
「モーツァルトのハープとフルートのための協奏曲第8番の2楽章」

とても難しい曲なのですが、たまたまハーピストが、数日前にこの曲をコンサートで弾いたんです!

という偶然が重なり、とてもいい演奏ができました。

モーツァルトがお好きだったということで、リクエスト以外にもモーツァルトの曲をたくさんご用意し演奏したら、遺族や親族の方から、きっと本当に心から、涙を流しながら感謝をされ、音楽で逝く人や送る人の心を少しでも癒せたり、思い出のお手伝いができたんだな。

と、とても感慨深い音楽葬でした。

音楽葬は、とても難しいです。
まず予定が立ちませんし、進行が予定通りにいきません

献奏、故人のプロフィール紹介、弔電、献花、出棺。

一曲を丸々演奏するというのではなく、献花が終わりそうな頃、同時に音楽も自然にフェイドアウトさせなければなりませんし、弔電の時にガンガン弾くのはおかしいです。


「出棺です。」


のタイミングでちょっとでもズレると、雰囲気がおかしくなりますし、その前に見送る方々の気持ちと同じ気持ちでこちらも音楽でお送りするので、神経を使います。


演奏している間、息を使う楽器奏者は大変です。

今回のフルートの子は、とても優しく感受性豊かだったので、悲しみと家族の温かさが伝わったようで嗚咽をこらえながらの演奏でした。

私も、二日間も一緒の空間にいて、遺族のお話や故人のお話を聞いていると、他人とは思えないような感情になって、最後はなぜかありがとうございました。
と、心で思っているくらいになっています。

音楽葬は、音楽会社にも演奏者にとってもとても大変な仕事です。

でも、最期の時に、残された方々のために音楽を通して何かお役に立てるということは、とても有難く幸せなことだと思っています。

感情に触れられる仕事は、人間を成長させ、あるべき心を教えられます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1日の時間が40時間くらい欲しい。。。

と願い続けた日です。

緊急の仕事の電話が入り、昼からその対応でかかりっきりで、今日やるべき仕事が夜12時までストップ

明日は税理の先生がいらっしゃるので、それまでに11か月分の会計ソフトを仕上げておかなければならず、今日、最後の仕上げをするつもりだったのですが、今からやっと手をつけます

さて。。。何時に終わるのやら。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は全日本教職員連盟 委員長の植田宏和先生の講演を聞きに行きました。

現在の教育現場の実態。
教員免許更新制度の背景や問題点について。
モンスターペアレンツや教員委員会からの方針と現場のズレによる教員の精神状態。

たくさんのお話を聞き、大変な公務員のお仕事だなぁ!
と、お話を聞いて改めて思いました。

私が昔お世話になった先生や、先生をしている友人がたくさんいるので、現場の話を聞く機会は多く毎回驚くことばかりですが、その先生達を何万人も束ねていらっしゃる方のお話は、現場だけではなく、今後の懸念や課題の話を聞け、子供達にも音楽は大事だという必要性のお話も聞かせて頂きました。

講演後の親睦会で、運がいいことに、私は先生の前の席に座ることができ、たくさん会話させて頂き 貴重な時間でした!

やっぱり運がいい☆

というか、やっぱり厚かましいのでしょうね。。。

先生と話したいので、先生の席の前を目指して行きました(笑)

音楽は本当に人間の未来につながる要素を持っていて、可能性をたくさん秘めているんだと、教育を通して教えて頂き、また新しい何かを生み出そうとしているところです☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)