絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
火曜日は、テノール&ソプラノのコンサートでした

今回、初となるテノールのY君と癒やしの声の持ち主のYちゃん

曲目はカンツォーネからオペラ、デュエットまで。

・フニクリフニクラ
・O sole mio
・忘れな草
・Time to say goodbye
・メリーウィドーのワルツ(オペレッタ)
・乾杯~オペラ椿姫~より




今回のお客様は半分以上の方が初めての方で、

「初めてこんなに近くでオペラを聞いた感動したっ

と声を揃えておっしゃっていたのが印象的でした


「うちのパーティーでもこういう演奏して欲しい!」
と、何人もの方に言って頂き、音楽ファンが増えたことに感謝しております
演奏者にもお客様にも主催側にも。

やっぱり演奏者とお客様の距離が近いと、一体感があります。

ステージと席の距離と高さがある有名な○○ホールのコンサートとは違い、
狭いけれども、ブレスまで聞こえるような距離での場所は、まず、音楽(コンサート)の原点ではないかと思います。

なるべく演奏者にMCをしてもらい、曲のことや声や楽器のことを話してもらいます。

そのことにより、お客様の理解度と身近さが増え、楽しみ倍増です

初めの頃は緊張してカミカミだったY君とYちゃんですが、お客様のあったかさにより、最後あたりはかむことなくスラスラ話せていました。

テノールの人口は少ないのですが、今回、身近にテノールを感じていただけたようで、いいコンサートとなりました。

男性のお客様が多かったのですが、女性よりも男性のほうが、テノールの歌声に魅了されていらしたようでした。


また違うプログラムでのコンサートを企画しようと思います。
楽しみです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ec583b43.jpgで、今日は千葉に来ています。

お客様層は、ほとんどが、40代50代。

それなので、今回は懐かしい曲ばかりです。

・この広い野原いっぱい
・いい日旅立ち
・心の旅
・精霊流し
・エーデルワイス
・明日に架ける橋
・翼を下さい
・想い出がいっぱい
・今日の日はさようなら

他。

今日の私は何の仕事をしていましたかと言うと、、、



お客様リサーチです



おもしろいですよ~

曲により、


☆手拍子がたくさん。
☆体でリズムを取っている。
☆拍手のタイミングが違う
☆歌詞がないのに、ほぼフルコーラス口ずさんでいる。
(お客様の口の動きを見ています。)

等々。


このデータで、今後のコンサートの選曲に役立てます。



お帰りの際に、たくさんのお客様から、
「今日の曲は全部よかった!」

「すごく楽しかった!」

「いい思い出を思い出した!」

等、たくさんのお褒めの言葉を頂き、嬉しい限りでした☆

一番多かったお客様の言葉は、


今度はいつですか?また来ます!」

でした。

また来たい!
と思って下さるお客様の笑顔をたくさん見ることができて、今日は素晴らしいコンサートでした。

何より嬉しいです!

懐メロで、聞きたいという曲があったら、皆さん教えて下さい☆


今帰りの電車です。
成田に近いほうの千葉なので、帰りがなかなか遠いですが、頭の中をずっと流れている
「あ~すの日を~ゆ~め~み~て~希望の~道を~~」

のメロディと共に東京に帰ります♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、とってもとっても素敵な方とお会いしました!

音楽療法の専門家です。

子供や、知的障害を持った子、老人介護施設での音楽療法のお仕事をされている方で、本当に彼女の存在自体が癒しという感じの、素敵な方です。

弊社では、老人介護施設での音楽コンサートに力を入れており、まだまだ専門的な知識が足りないというのもあり、アドバイスを頂き、また、お話を聞かせて頂きたくて、ずいぶん前から、熱烈にお会いしたい!
というアピールをしており、やっと叶いました

偶然ですが、私の大学の大先輩であり、九州出身

なんともご縁を感じ、お話をたくさん聞かせて頂き、感激しました。

音楽の奥の深さと、音楽の難しさも感じるお話を聞かせて頂きましたが、共通なところは、音楽により、人が笑顔になったり幸せになったりすることに、努力を惜しまず妥協をしないという意識かもしれない。と思いました。

でも、まだまだ私は彼女のようにはなれません。。。

もっともっと勉強が必要です!

これから、いろいろと教えて頂けるということで、将来のやる気がまた出てきて、エネルギー満開です


ご紹介して下さった先輩にも、心から感謝いたします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
16ceee3c.jpg口ずさんでしまう 昔の曲!

日曜日にある、

『懐かしの名曲をヴァイオリンで♪』

のリハーサルを、今、レッスン室でやっています。

私は隣の隣の事務所でデスクワークをしているのですが、気になってしょうがない!

思わず歌ってしまうのです。

思わず、レッスン室にお邪魔してしまうのです。

そして、ヴァイオリンとピアノに合わせ歌い、なんとも贅沢な時間を過ごしました。

(演奏者の皆さん、ごめんなさいね!ありがとう!)

ヴァイオリンでハモるのってすごくいいんですよ~

ちなみに、私が乱入した曲は

・卒業写真
・あの素晴らしい愛をもう一度
・翼を下さい

でした。

本番が楽しみです☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ff025676.jpgお世話になっている音楽事務所の社長さんが企画されている、
『大きな樹の下のコンサート』

に先日行ってきました♪

野外での演奏は、湿気が多い日本ではあまり向かず、また、楽器が危険なので なかなか野外コンサートは滅多にありません。

勉強するためでもありましたが、楽しみに行きました。

すっごくよかったです!!!

写真は木管クインテット
フルート・クラリネット・オーボエ・ファゴット・ホルン
です。

何より演奏している人が楽しそうで、これぞ

『音楽』

でした。

4bd05e74.jpg
別の会場では、弦楽カルテット☆
この広場では、寝っころがって、青空を見ながら・・・
また、目を閉じてのリラックス空間・・・

秘書のあいちゃんも、そんなお客様の気持ちになって。
と、寝っ転がり体感しておりました。

堅くない音楽空間というものも、大事です。

いろんな角度から音楽を見つめ、表現できるような会社を作り上げていきたいと思います

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リヒテンシュタイン公国




どこにあるか、お分かりになられる方。



すごいです




リヒテンシュタイン関係の仕事があり、この国を調べていたら、


スイスのお隣にある国で、なんとビックリ

この国、空港がないのです

というかとても小さい国で、スイスとオーストリアに挟まれていまして、人口約3万5千人

そりゃぁ空港はいりませんね^^;

リヒテンシュタインに行く時は、スイス空港を使うそうで、日本にある大使館もスイス大使館が兼轄しています。


お隣スイスの国とはとても密接な関係の国です。


いろんな国がありますね


スイスの音楽ってどんなだろ~~~~~

リサーチ開始です
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
55b696ae.jpg小泉純一郎さん著者のこの本を今読んでいます。

おもしろいっ!!

なるほど~。

と、付箋をペタペタ貼っています。

音楽家ではない方々からの目線の情報は、何よりのヒントでもあり答えでもあります。

小泉さんは、本当に音楽がお好きなんだなぁ。
と、感じる本です♪

そして今日は、司法書士の先生に会社の法律的なことの相談に行き、その先生に、素晴らしい方を紹介して頂きました!

私が、「これは無理だろうなぁ~」
ということも、現実化して実行されている、音楽事務所の社長さん!

雑誌にもテレビにもバンバン出られている方で、知識もすごいし、カリスマ性があり、ピカピカ輝いていらっしゃいました。

とても親身に話を聞いて下さり、お力を貸して頂けるということで、とても心強い存在ができました☆

私も社長のような、人望と人徳の『あつい』人間になりたいです!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6人
今日は、豪華なキャストでのパーティー演奏でした。

ソプラノ・テノール・ピアノ・ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの6名です

とても豪華で、曲目も雰囲気も華やかで、参加された方々はとても楽しんでいらっしゃったようでした。

今日は、某会社の社長さんの誕生日でした

今回参加された方々は、演奏が始まると、お食事を召し上がる手を止められて、しっかりと聞いて下さり、あまりのお客様の質の高さに演奏者共々びっくりしておりました。

「司会の方が、皆さんどうぞお食事を取りながら演奏聞いて下さい。」
とアナウンスを入れられたほど。

しかし、たっくさんの
「感動した!」
「よかった!」
「素晴らしかった!」
「また聞きたい!」

というお声を頂き、嬉しい限りです

初めてのメンバーでの編成でしたが、とてもまとまっていて、特に歌はとっても優秀なお二人でしたので、感動を巻き起こしたのだと思います。

今日も、音楽を聞いて幸せになってくれる人がたくさんいて下さり、幸せに思います

今日の機会を下さったこと、いろんな巡り合わせを下さったことに感謝です

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
e0257ee6.jpg演奏の仕事の打ち合わせのため、赤坂にあるホテルニューオータニのフレンチトゥールダルジャンへ行ってきました。


ここは、異国でした。。。

素敵すぎるフランス料理店です


特別編成での演奏のお仕事のため、会場を回りながらホテルの方と打ち合わせをしました。


と・・・


打ち合わせしつつホテル内を歩いていましたら、何とも異様な雰囲気・・・

緊張感がこっちにまで移ってきそうなスーツを着た体格のいい男性が何十人もいて、ブツブツと小型マイクのようなもので話していました。



そうです。



中国の胡錦濤国家主席が、ここにお泊りだったのです



赤坂見附駅からの橋で、通行止め・検問をやっていました。



今、大変ですものね。


こっちまで緊張してしまいました。




そして、打ち合わせが終わり、次の仕事へとホテルを出ようとしたら、
イケメン&美マダムの白人の男女が話しかけてきました。

彼「新宿駅に行きたいから電車の駅に行きたいんだけど、どうやって行けばいいの?」
(もちろん英語です。)

私「Let's go together
(私の英語力、かなり乏しいです。)

彼「ありがとう!僕はアレクサンドロス。彼女はママの○○○。
今日から日本に来て二泊ここに泊まって、それから京都い行くんだ!そして中国に旅行に行くんだよ。
そこに泊まっているタクシーは高いの?あの左の高いビルは何?
何でこんなに警察官がいるの?
君はどんな仕事をしているの?どうしてニューオータニにいるの?」

一気に質問攻めでした。。。

私の大学の時のピアノの師匠はブルガリア人だったので、レッスンはすべて英語と少しイタリア語でした。

というと、英語が話せそうですが、違います

私はもともと英語は話せないし、何となくのニュアンスで感じ取っていたので、師匠が話す英語は何となく理解できていましたが、私はほとんどカタコトの英語で会話をしていたくらいの英語力です。

それが、卒業してほとんどまったく英語を使わなくなったら、もっともっと英語力が低下しており、後退してました


とりあえず、本当にカタコトで全部答えましたが、もっと情報を教えてあげたいのに、話せないもどかしさと憤り・・・

久々に悔しかったです

私もたまたま新宿の紀伊国屋に行く予定だったので、改札でキップの買い方を教え、カメラを買いに西口のビッグカメラに行くと言っていたので、行き方と、帰りの電車の種類と乗り方を教え、私は新宿三丁目で先に降りさよならしました。

彼はメキシコから旅行に来て、日本は初めてだけどとても好きな国だ。
と言っていました。
とてもお母さん思いで優しそうな27歳でした

「私も27歳!」

と言うと、

「wa----o

と、とても驚いていましたが、そんなに私は若く見えたのでしょうか

もしくは、

思いたくはないですが、

私が実年齢より上に見られるという現象は世界共通なのでしょうか。。。



20分くらいしか一緒にいませんでしたが、異国の人と触れ、日本は素晴らしいと言ってくれていた二人に会えてよかったです。

仕事の話で、何曜日が休みなの?
という質問に、最近は休みがほとんどない。と答えたら
目を丸くして、

「信じられない。メキシコじゃ月曜日から金曜日までで、土日は完全にお休みで仕事なんて一切しないよ。そんなに仕事して何が楽しいの?」

と呆れられた雰囲気でした。


そりゃそうですよね。。。

ちょっと、自分を見つめ直してみなきゃいけない。と思った、今日の奇跡の出会いでした


昔からそうなのですが、英語が話せないくせに、駅でキョロキョロしている外国人を見ると話しかけちゃう性格なんですよね。。。

もっと英語が話したいっ
話せるようになりたいっ





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
d21d0e68.jpg今日から、通常の仕事が始まりました。

東京に帰ると、やっぱりバッチリ仕事モードになりますね♪

今日からしっかり頑張るぞ~~~!!!




写真は、佐世保港の入り口です。

すっごくいいロケーションで、空気もおいしく、癒されました!

帰省では、仕事を兼ね、勉強に行ったり、いろんな経営者の方々のお話を聞いたりし、すごく充実した連休でした。


たっくさんのものを吸収して、それを表して、形(空間音楽)にする。

これが永遠のテーマです


百聞は一見にしかず。


その場でしか感じられない、感動できないことがこの世にたくさんあるということ。
知らずに生きているなんて、もったいないです!

人生を有意義に過ごすには、いろんなことを感じて、それを自分なりに応用しなければいけないなと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)