絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
幼稚園からずっと小、中学校と一緒だった同級生と、今日6年ぶりに会いました☆

20数年前は、ピーピー泣きながら一緒に幼稚園で遊んたのに、それが今はお酒飲みながら、その昔話をしている・・・

縁って不思議で、ありがたいものです

現在、中学校で体育教師をしている彼と、子供の教育に関する話やいじめの話や指導法の話を熱く語りあっちゃいました

こんなに真面目に楽しくディスカッションができるなんて・・・!

いや~~~楽しい時間でした。


しかし、東京の真ん中で九州弁丸出し

地元の人間と会うと、標準語を忘れてしまいます・・・


長いこと会っていなくても、「なんか、分かる。」
という、ホントに不思議な感覚

縁と繋がりに本当に感謝です





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アスクル。

最近、事務用品を使う頻度が増えて、その都度足を運ぶことができず不便だと感じていたころ、たまたまアスクルの広告を見つけました。

よく行く文房具屋さんよりも安いし、なんと、午前中に注文すれば夕方に届くのです!

アスクル・・・明日来る・・・今日来る!

何て素晴らしいシステムかと、いまさらながら初めてアスクルを利用するようになり、私の仕事の味方ができた

と、喜んでおります。

このスピードってすごいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
fd43fad8.jpg連日で千葉に出張で来ています。
今日は、いろんなアンサンブルがあったコンサートでした。

他の団体で木管5重奏というチームが来ていまして、聞いていると、なかなかよかった☆

今度、組み合わせを考えてみようと思います。
新たな閃きをもらいました!

自分の頭のてっぺんに、意識してアンテナをつけおくと、キョロキョロするだけで、何かの情報がキャッチできます。

どんな人も、一日24時間。

自分次第で、得られるモノの数が変わってきます。

アンテナを出さずに下を向いて歩くより、顔を上げてアンテナを張り巡らす。

意識の違いで、発見するものが絶対違う!



特急しおさい号で、小旅行しながら思った出来事でした
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
~忘れてならないことと、忘れなければならないこと~



我、人に功有るも、念うべからず。


而るに、 過たば則ち念わざるえからず。


人、我に恩有らば、忘れるべからず。


而るに、怨みは則ち忘れざるべからず。




~訳文~

自分が他人に何かをしてあげたとしても、そのことを心に留めておいてはいけない。
しかし、他人に迷惑をかけたならば、そのことを忘れてはいけない。

また、他の人が自分に対して恩義を与えてくれたなら、そのことを忘れてはいけない。
しかし、他人に対する怨みは、いつまでも覚えておかずに、忘れ去るようにしなければいけない。




菜根譚(さいこんたん)
著書 洪自誠

洪自誠とは、中国明代末期に四川省で生まれたとされています。
由来は菜根のような粗食に甘んじて困難や苦労に耐えることができるならば、何事でも成し遂げられないことはない。
ということです。

孔子や孟子などに比べると知名度はない人物ですが、この菜根譚は非常に有名です。

最近、菜根譚を読み始めました。

なかなか上記のようには思えません・・・でも、こういう人間でありたいと、改めて考えさせられました。


人生の知恵や、人間のあり方、心の修養について、学びたいと思っています。
心に響いた節を、載せていきたいと思います☆


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5e36db81.jpg今日は、某大手会社の社内表彰式パーティーでの演奏でした。

昨日は、オフィスパーティーでの演奏でした♪
嬉しいかった出来事がありました。
また次回に書きます☆

今日はヴァイオリン二本です。

なんと今回は 幹事様しか演奏のことを知らないという、サプライイズの 表彰者の方へのプレゼント☆

すごくいい雰囲気で、みなさん演奏中、体ごと傾けて頂き、ステージ上の演奏者達も いつにも増して真剣表情でした。
聞いて下さる方のレベルの高さが、演奏する人間(その場にいる私も含め)の心と志を変えることがあるんだなぁ。

と新たな発見を頂いた、素晴らしい、ありがたい機会でした♪

お声をかけて頂いてありがとうございました!

演奏者達が誇らしく思え、自分の幸せを噛み締めながら、聞いていました☆


音楽ってやっぱり素晴らしいっ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社の社長であった吉越浩一郎氏の講演を聞いてきました。

平成の名経営者100人に選出されていらっしゃる方。
女性でしたらご存知だと思いますが「天使のブラ」の会社です。

社員を増やさず18年間増収増益というこの会社に前から興味がありました

心に残る言葉というのがたくさんありました。
まず、ワークライフバランスという言葉。

仕事と私生活とのバランスが、きちんと取れていないと、立派なビジネスマンではないということ。

「何のために仕事をしているんですか?」

という社長の問いかけに、私は何と答えられるかな・・・と、ちょっと悩んでしまいました。

仕事仕事に追われて、心に余裕のある日々を今、送っていません。
とても考えさせられました。
仕事をする人間としての生き方を練り直す、とてもいい機会でした。


仕事内容の話では、即断即決。仕事にはスピードをつける。
私の今年の目標にスピードをつける。と掲げましたが、その明確な理由と、それがもたらす効果というのを社長の体験や実績のお話で、しっくりきました。

頭で考えていても、行動しなければ何の意味もない。
まず、「いい!」と思ったことは「やる!」こと。

長時間の迷いは、無駄なのです

とてもいいヒントを頂きました。

それと、最後におっしゃった言葉で勇気をもらいました。



『成功するためには』



「成功するまで、諦めずにやれば、必ず成功する!」


自分の中での意識改革ができた吉越社長のお話でした
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
品川駅のトイレでの出来事。

ジェットタオルで手を乾かしている時です。

10個ほど並んだ、鍵がかかったトイレ個室の一つから(床)、見えるはずがないものが見えました。


手が・・・


どんな状況でも、あそこから手が見えるはずがありません。

ビクともしない手です。

「あ。倒れてるんだな。」
と思い、外に走りました。

巡回してる駅員さんは見当たらず、ちょっと遠い改札口まで走りました。
事情を説明し駅員さんを誘導して、トイレに戻り・・・
ドアの下の隙間から手を触り声をかけると、うめき声と共にドアが開きました・・・

明らかにベロベロに酔って倒れていたOLさん風の女性。
車椅子が来て、彼女は運ばれて行きました。

まぁ、お酒にはいろんな事情があります・・・
飲みたくないのに飲まなきゃいけないこともあるでしょう。
体調によって お酒の回りかたが違うこともあります。
酔ってしまったのはしょうがありません。
自分で学習していけばいいことです。


問題なのは、その女性ではなく、手が見えていたことに気付いていた人が数人いたのに、見て見ぬふりをして、その場を去った人がたくさんいたこと・・・

なぜ素通りができるのでしょう?

いつから彼女が倒れていたのかわかりませんが、
誰も、助けを呼びに行った姿はありませんでした・・・

困っていたら手を貸す。傷ついていたら助ける。

こんなに簡単な単純なことありません。

熱心にお化粧直しをする時間があるんなら、倒れた人を思いやる心を持ってほしいです。

人を思いやれる女性が増えることを心から願っています。

ちょっとショックな出来事でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 忘れてはいけない日。

12年前の今日、5時46分 阪神・淡路大震災が起きました。
死者6000人以上、負傷者4万人以上、住宅被害50万世帯以上。

今もなお、身体共に傷つき、苦しい思いをしておられる方がたくさんいらっしゃいます。

私は、震災の時には長崎におり、学生でした。
募金の箱を持って、震災のための募金活動をした記憶があります。

先日、お芝居を見に行きました。
仕事関係でお世話になっている方のお嬢さんの劇団Peaple Purpleのお芝居です。

一度、Peaple Purpleのお芝居を見て、すっごく感動しました

それからファンになってしまい、毎回見に行っています。


今回は阪神・淡路大震災をテーマにした
「ORANGE」 
レスキュー隊の話です。
実際に、脚本家の方がレスキュー隊の取材をし、話を聞いて、自分が体験したことも織り交ぜながらのstory。

感想は・・・


こんなに感動して、胸に突き刺さり、心の奥に響いた、実体験は初めてでした

溢れて止まらない涙を拭ったハンカチは、絞ったらポタポタ落ちそうなくらい。

悲しい、かわいそう、ショック。
そういう涙だけではありません。


---------------


舞台は、神戸の「湊山消防署」。
ここには日々命の最前線で闘う者たちが居た。

湊山消防署の小日向や石丸は普段はふざけあったり、鍛錬しあったり、談笑しあったり、何気ない時間を過ごしていてもいざ指令が入れば自分の命をかけてでも要救助者のために災害現場に突入する。
固い絆で結ばれ共に闘う彼らの中には、10年前の阪神・淡路大震災で心に傷を持つ者も居た。

早朝に起きた地震により、レスキュー隊の出動が始まる。
無線も電気も何も使えなくなってしまっている状態で、倒壊した家屋にいる人々を救助に駆けつけ、必死で助けるが、人員が足りなさすぎる・・・

そんな時、本部からの指示があり、倒壊した家屋の中にいる人に呼びかけ、
返事が返って来た場合のみ助け、返事がないと、速やかに次に行け。と。

泣く泣く、助けを待っている家族を振り切り、その家族に責められ、なじられ、殴られながら、申し訳ありません・・・
と、次の救出に向かう。

見殺しにしてしまった・・・あの時助けられたかもしれないのに・・・

そういう思いがレスキュー隊員全員の胸に重くのしかかり、過去の記憶と、今現在もまだ戦っている。

家族の死を知らされたレスキュー隊員もいたが、自分の仕事は人の命を助けること。
と、遺体を確認しに行ったのは5日後・・・

仲間の思いやりや励ましのおかげで、お互いが助け合い助かり合い、自分の周りにいてくれる人々の大事さに改めて気付き、感謝をする・・・



-----------------



助かる人を多くするため。そのスピードのおかげで助かった命はたくさんあったと思います。
しかし、目の前の傷ついた人を放置してしまったという、自責の念は消えないのでしょうね。


残酷な部分もあり、胸が痛み、悲しいところと、人として間違ったことをしていないのに、結果として間違っていたと自分を責め、後悔をしたり・・・

仲間や家族の愛や思いやりに触れ、励まし合い支えあって生きる。

明日、何が起きるかわからない。
1日1日を大切に、1日1日充実した日を過ごしていって下さい。
仲間、友達、家族、恋人をいつも大事に。いつも楽しく笑顔で生きていられるように・・・


そういうメッセージがこめられた作品でした。




とは。


今日とは。


人間の繋がりとは。





そういうことを改めて考えさせられた、本当に素晴らしいお芝居でした。

傷ついた人には、何が何でも手を差し出し助ける。
仲間には、励まし、自分の力で立ち上がれるように、あたたかく背中を押す・・・


もっともっとたくさんの人にこの「ORANGE」を見て欲しい!
と心から思います。

この脚本を書かれた、役者さんでもある宇田学さん。
凄い方です。尊敬します。

忘れたい過去だけれど、忘れてはいけない。生きている自分達がこのことを忘れず伝えていかなければならない。
という思いで、公演を続けられているそうです。


今度、「ORANGE」公演が決まったら、必ずお知らせします。

ぜひご興味があられる方は行っていただきたいです。


あまり詳しく震災について知らなかったのですが、このきっかけで、知ることができました。

私自身もたくさんのことを考えさせられた本当にいい機会でした。

ご案内を頂いたKさん、本当にありがとうございました。


そして、12年前の今日、傷つかれ、亡くなられた方々へ・・・
ご冥福をお祈り申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふと先日、盲目のソプラノ歌手の理絵姉さんといて疑問に思いました。(理絵姉さんとは・・・

お財布からお札を出す時に、間違いなく、出したいお札を出されるのです。
聞いてみました。
どうして、迷わずそれが出せるのか?と。

教えてくれました!

皆さん、ご存知でしたか? 
お札に優しい秘密があったこと





e8782c57.jpg

千円札。
左下端に、横棒の『ー』のような濃い文字があります。
わかりますか?

指で触って識別できるように、ザラザラ感のある、インクを厚く塗って盛り上げる深凹版印刷による方法を用いられているそうです。




2670a11d.jpg

二千円は点字の「に」を意味する点みっつの表示。








53e8a24a.jpg

五千円は、八角形。








4bdd3701.jpg

一万円札は、「L」のような鍵型。








平成16(2003)年11月1日に発行されたE券3種及び平成12(2000)年7月19日に発行されたD二千円券には、目の不自由な方がより識別しやすいように、それまで用いていた「すかし」に変えて、「深凹版印刷」を用いた識別マークが施されています。


視覚障害を持った方は、ここを触って判断されていたんですね~

納得できました

視覚障害者の方の声では
使いやすいという部分と、古くなってシワになってしまうと判別し辛くなるという面も持っている、凹凸の点字とは違うこの印刷技術のようですが、
こういう、人に優しい印刷がどんどん増えていったらいいなぁ

と思います。

国立印刷局の方々ってスゴいです

実はこちらの会社、演奏派遣の仕事でお世話になっており、印刷局の方々を存じ上げております。
皆さん、とってもあったかく仕事熱心で、信頼関係によるチームワークのよさが伝わってきます。

会社や商品を作るにあたって、やはり大事なのは動かしている人間の質なんですね。

いろんな会社に伺うことが多いのですが、やっぱり会社のカラーというのがあります。
いい会社はいい人間がたくさん

仕事をしているのは人間です。
私もそういう、いい会社を築き上げたいと思います!

お札の秘密
ご存知でなかった皆さまは、ぜひ、お札を触ってみて下さい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今年の目標の合理化。

先週から合理化するため、書類をまとめておりましたが、ついに仕上がりました

いや~ 大変でした!

ついにやり遂げたぞ と、まとまったファイルを見ていて、ご満悦でコーヒー飲んでいたら、

気づいてしまいました・・・

ファイルが出来上がったことによって、これをまた合理化できることがあることに・・・。


すべてをデータ化させ、フィルタをつけキーワードで引っ張れるようにすれば、今の10倍以上の手間がはぶけます

始めの段階からこれに気がついていれば、これまでの手間は要らなかったのですが。。。

いやいや。

違います

出来上がったこのファイルを見ていて、閃いたのです!
きっと、その前の段階では考えもしなかったことです。

合理化しようと、行動して実行されたことが、また合理化を生む。

こういう結果なのです。

要するに、頭だけで考えているよりも、まず行動して動いて現状を変えることによって、新たな発想や新しいものが生まれてくるということです

今は、データ化するため、数日パソコンにかぶりつきです。

膨大な量ですが、今後、必ず役立つものなので がんばってやり遂げます
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)