絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
 以前の記事で、親友の結婚式でピアノ演奏をプレゼントしたいから、と初めてピアノを習いにこられた生徒さんがいらっしゃるという話をしました。

あれから毎週欠かさず毎週少しずつ上達しながらレッスンに来ていました。
もう随分と上手になってくれました。もうすぐ、その結婚式があるそうです。

一曲だけ習いたいという動機でいらっしゃったのですが、昨日のレッスンで 結婚式でこの曲が終わったら、また別の曲を習いたいので引き続きレッスンを受けてもいいですか?
と、継続を希望されました。

教えている講師の身からすると、これほど嬉しいことはありません。
音楽の楽しみを見つけてくれて、また演奏したい!と思ってくれて・・・。

今度は基礎からしっかりと習いたいので、基本からお願いしますということです。

一人また音楽にハマった人が増えてくれました☆ 嬉しい出来事でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 カルメン
声楽家のピアノ伴奏をしている私にとって、オペラというものは 勉強材料であり、大好きな音楽です。
ピアノ科を卒業したにも関わらず、ピアノ曲を聴いていると眠くなってしまうのですが、オペラだと楽しんでしまい約3時間半の公演があっという間に過ぎます。

それなので、私の生活の中にいつもオペラがあります。
家でCDを聞くときは必ずクラシックが流れていて、オペラがほとんどです。
そして、最近のテーマはビゼー作曲『カルメン』

あまりにも有名なので、あらすじを知っていらっしゃる方もおられるかと思いますが♪

簡単に述べますと・・・

舞台は1820年頃スペインのセビリア。
タバコ工場の女工カルメンはどんな男からも言い寄られるようなモテモテ女性です。
カルメンは仲間とけんかをして捕らえられますが、彼女を護送した兵士ホセを誘惑します。
【ハバネラ】という有名な曲がここで歌われます。
~♪恋は野生の鳥のように飼い慣らせないもの。恋は急にやって来ては去り、またやってくる。私に好かれたらご用心♪~ (という内容の曲です)

初めは彼女に興味はありませんでしたが、誘惑に負けたホセはカルメンを逃がしてしまいます。
カルメンに心を寄せる隊長と、ホセは口論になり、カルメンの仲間の密輸業者が、隊長を追っ払ってしまいます。脱走兵となったホセは、密輸業者の仲間に加わります。
しかしカルメンはすでに闘牛士のエスカミーリョに心変わりをしてしまいました。
嫉妬に狂ったホセは闘牛場の前でカルメンを待ち伏せし、復縁を迫りますが聞き入れてもらえず、エスカミーリョのところに行こうとするカルメンを刺し殺してしまいます。

というストーリーです。

型にはまった幸福な家庭を欲しがった男と、自らを社会の規定に当てはめず、精神的にも肉体的にも自由で本能の赴くままに生きた女の悲劇の物語です。
最初は女を好きになってしまったゆえの些細な悪事だったのに、徐々にエスカレートし、やがてその女を殺め、遂には全てを破壊させてしまう・・・。

このオペラは人間の感情と音楽がとてもマッチしていて、心情が音楽に綺麗にあてはまっているのです♪
また、公演はフランス語ですが このフランス語がまた、カルメンの『女』な部分を十分に引き出す鍵となっているようで、最後まで目が離せないとてもおもしろいオペラです!!

オペラや音楽というのは、指揮者や演奏者によって全く違うものです。いろんなバージョンを楽しむのもまたいいものです♪

ぜひ、機会がありましたら『カルメン』を見てみてください☆




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 大学のときの仲間や先輩方が、最近たくさん留学したり留学が決まったりしています。
年齢だけで言うと、20代後半~30代です。
音楽をやっている人間は、死ぬまで勉強と思い、どんなに歳を取ってもレッスンに行くものです。

ゴールを決めず、邁進していく周りの仲間の姿を見ていると、私もとても励まされ 負けられない!とエネルギーが自然と湧いてきます。

頑張っている人間が回りにいてくれるというのはとてもありがたいことですね♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 最近携帯電話からの投稿しかしていなかったためか、全くブログがアップされませんでした・・・

久しぶりにパソコンから設定を行いましたら、すんなりと載りました。
たぶん世間を騒がせているライブドア事件とは関係がないと思いますが・・・

しかし、逮捕劇にはびっくりです。
このライブドアブログはちゃんと継続されるのでしょうか・・・ちょっと心配です・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
454474ce.jpg 昨日は、ワイン勉強会というかワインパーティに参加してきました!
ワイン研究所のワインマスターに招かれ、おいしいワイン15種類くらいを勉強しながら頂いてきました。

奥が深いです・・・ワインというものは!

産地や品種によって全く違うもので、それに合う料理というものもちゃんとこだわりがあり、相性というのはとても大事なもののようです。

この勉強会の参加者の半分の方はワインアドバイザー、ソムリエの方々で、たくさん教えて頂きました☆

そこで、ピアノも用意されてありましたので ちらっと私がピアノを弾くというちょっとした企画もありました。
少人数のパーティだったので、その都度 ちょっと遊びを入れつつリクエストにお答えして演奏するという、なかなかめずらしい企画でした。

ワインマスターも、ドイツの歌やカンツォーネを歌って頂き、とても盛り上がりました☆
音楽とワインという相性もなかなかいいものです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 モーツァルト
今年はモーツァルト生誕250年ということで、今年はモーツァルトの曲目コンサートが目白押しです。
私もモーツァルトの曲は大好きでピアノ曲やオペラをよく聞いています。
そういえば・・・大学3年の時の試験曲もモーツァルトのソナタだったなぁ♪

音楽療法という言葉を耳にされたことがあるかと思いますが、
モーツァルトの音楽はとても効果的だと言われています。

音楽は人の健康を支えている生体機能に刺激を与える高周波を含んでいるそうです。

多数ある音楽の中でも特にモーツァルトの音楽は3500ヘルツ以上の高周波を豊富に含んでいます。(一般的には周波数が高いほど音が高くなります)
この高周波音はせき髄から脳にかけての神経系を効果的に刺激し、その結果健康を支えている生体機能に良い影響を及ぼします。
そのため、あまたあるクラシック音楽の中でもモーツァルトの音楽が音楽療法として最も効果的なのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
b09f9a7a.jpg
 東京では雪が積もっています! 今日朝起きてびっくりしました!夜中から降りだしたみたいです。
今日はレッスンの仕事をし、夕方から久しぶりに会う親友達と食事に出かけています☆
九州育ちである私は、雪が積もるという現象がとても珍しくちょっと嬉しくなってしまいます。

音楽の仕事をしている親友の話を聞くのも楽しみです♪ もう一人は自分の意思を持った人間的にとても素敵な子☆

気が合う仲間との食事は精神安定剤になります(^^)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は、私が尊敬する社長さんとお会いしました。まず、移転された会社に遊びに行かせてもらいました。『いい空気』の事務所です!
何かわかりませんが、とにかく感じる『いいモノ』を、呼吸しながら吸い取らせてもらい、私の脳はアドレナリンが活発に放出しておりました。

そして、別の方と合流しいろんな話を聞かせて頂きました。
並大抵のことをしていては今の立場は勝ち得られないであろう苦労のお話は、真似すべきところだなぁと思いました。

そして、今日とても心に残ったのが

『少年老いやすく学なりがたし』

という言葉でした。

若いうちはまだ先があると思って勉強に必死になれないが、すぐに年月が過ぎて年をとり、何も学べないで終わってしまう、だから若いうちから勉学に励まなければならない、という意味で、まさに今、私に言われている言葉なんだろうなぁ・・・
と、聞き流してはいけない言葉のような気がしました。

月日がたつのは早いものです。
毎日、後悔せずに前進して成長して生きていけるといい人生が送れるのでしょうね。
がんばろう!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7af20cea.jpg↓一つ前のブログと同じ 祖父が作った大皿です。こちらはちょうど2000万円。
鷹の絵の大皿です。
この大皿を作れるのは、祖父が生きていた頃には祖父だけ。
今でも日本に数人しかいないと言われています。

この大皿の作り方は↓と同じで 白磁といいます。
有田焼は白磁がほとんどです。

今から約400年ほど前に、豊臣秀吉が韓国の陶芸家李参平を日本に連れて来て、有田の泉山という土地に陶磁器にいい石と発見し、そこから有田焼の歴史が始まったそうです。
有田焼の白磁は、陶器とは言わず磁器と言います。

陶器とは、粘土が原料で、磁器は石が原料です。

陶磁器は奥が深いです☆

小さい時から、轆轤(ろくろ)を回す祖父を見て、焼き物の中で育ってきたので 街を歩いていても、フラっと陶器屋さんに足がむいてしまいます。
陶器は心を穏やかにする不思議なものを持っています・・・☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1957b92c.jpgこれは、私の母方の祖父が作った日本一大きい大皿です。

祖父は 私が小さい時に64歳という若さで亡くなりましたが、もう少し永く生きていれば人間国宝になれたという、素晴らしい有田焼陶芸家でした。

この皿は、写真ではわかりづらいかもしれませんが、とても大きいのです。
(左下の赤い小さい物体は携帯電話です)
直径1m30cm程の大きさです。

小さい時からずっとこのお皿を見ていました☆
残念ながら、娘である母も、孫である私も、遺品となったこの作品を受け継ぐ権利はないのです・・・。
このお皿は 大きい陶磁器販売店に売られています。
祖父の形見である、この作品を 母や叔母はいつも人の手に渡っていないかどうか心配で見に行くのです・・・
私も実家に帰ると、見に行きます。

私が、「頑張って出世してたくさん稼げるようになりたい! そのためには、自分で何か、切り開くしかない!」
と思った理由の一つには、この大皿を手に入れたいという願いがあったからです。

これは定価が2650万円します・・・
並大抵の気持ちでは、この金額を作り出すことはできないでしょう・・・

今日、じっくり祖父の形見を見て、「絶対欲しい!」
と、強く思いました。
母や叔母やいとこや親戚も、自分達の手元にあると嬉しいでしょう。

いつの日になるかわかりませんが、一度決めたこの目標は叶えたいです!!!

祖父の存在は私の誇りです。 その祖父の形見が私にやる気と元気と希望をくれます☆
とてもかわいがってくれた優しい祖父でした。
いつも天国で見守ってくれていると思っています。
夢が叶うようがんばろう☆ と、今日またエネルギーをもらいました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)