絶対音感女性社長 堀口直子の音楽ブログ

アリア ミュージックオフィス社長のブログです。


テーマ:
22e7b726.jpg

 今日は、久しぶりに音大時代の友達3人と、仕事の話を含め 食事をしました。
私の家で飲んだのですが、夕方から飲んでいた4人は 大学1年の頃からよく知っている仲だったので、みんなくつろぎ、気分よく楽しんでいました。

 だいぶお酒が入ったところで、一人がピアノを弾き始めました♪ 楽譜もなく、ただ、話題になった曲をその場でアレンジをし、弾いています。 クラシックだと思われがちですが、意外と松田聖子の曲だったりするのです(^^;)

 そのうち、弾いている子が「ちょっと誰かメロディー弾いて~」と言い出して、他の子がメロディーを弾き、その子は伴奏。
 私はその間「つまみ」を作っていたのですが、とてもいいものですね!料理をし、お酒を飲みながら 素晴らしい即興音楽が聞こえてくるとは、なんと贅沢なものでしょう。
 
お酒を飲んでいても、ピアノを弾く手はちゃんと動くんですね。おもしろいもんですね~。
今日は音楽も楽しく、食事も楽しい日でした。 卒業してもこういう仲間と一緒に変わらずいられるということは、とても幸せなことだなぁ、と、とても暖かい気持ちになれました。


Naoko

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 数ヶ月前、日本を訪れたケニアの副環境相ワンガリ・マータイさんが、しばしば口にした日本語は、「もったいない」だったそうです。
去年のノーベル平和賞の受賞者であるマータイさんは、各地で講演などを通じて多くの日本人にメッセージを伝えています。
彼女自身は、一言ですべてを言い尽くす「もったいない」という言葉に心を動かされたといいます。
地球環境の大切さを訴えるのにこれ以上の言葉はないと。「ぜひ、世界にこの言葉を広げたい」と嬉しいことをおっしゃっていました。

 日本では、毎年2千万トンも食糧が捨てられています。賞味期限が近づいた弁当などには見向きもされません。

「もったいない」という言葉を、たまに自分で使うことがありますが、もったいないことをしているのが現状です。

英語には、単語で「もったいない」という言葉はないそうです。
地球の環境を守るには、民族や文化を超え、共通の視点から取り組むことが、いかに大切か。そんな当たり前のことを、日本語を知らないケニアのマータイさんに教わりました。

世界の合い言葉になるような、「もったいない」という言葉と行動を少し気をつければ、いろんな効果があるに違いありません。

無駄なものをなくしていく。生活や食べ物だけではなく、いろんなことに当てはまるんじゃないかな、と いろんな意味で反省させられた、彼女の言葉でした。


Naoko
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
27日、28日と「24時間テレビ」を放送していました。
見ていた方はおられるでしょうか?
私も、雑務をしながら見ておりました。
たくさんの感動をもらいましたが、一番感動したのは丸山弁護士の完走です!
ゴールをして、 アナウンサーの「感動しました!今の感想は?」
という問い掛けに、「ありがとうと言いたい。真夜中の沿道に、途切れることなく応援の人々の姿があった。
その中に、お年寄りが勇気と感動を頂いて本当にありがとう、と言ってくれた」
「その言葉にも感動したし、周りの人に感動をもらった。」
と、おっしゃっていました。
何千、何万の人間が彼に感動を頂いたでしょうか・・・その彼がまた感動をする。
『感動を与えた人間が感動する』
これが本当の感動かもしれないなぁ、と、涙でぐちゃぐちゃになりながら思いました。
毎日、犯罪や事件が起こっている毎日ですが、それと同時に、心が豊かになる事柄もおこっていて、捨てたもんじゃないな!と、とても大きな希望をもらいました☆
史上初の視聴率40%を超えた数字が出たそうです!
募金も3億集まったとか。
素敵な人々がたくさんいる国です。
もっとそういう場面を増やしていきたいですね。


Naoko

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 子供の話つながりですが・・・
うつ症状のある子供が小中学生の1割以上いると考えられることが、北海道大学の伝田助教授(児童精神医学)らのグループの調査でわかったそうです。
自殺願望のある小中学生は、2割近くいたとか。
「子供のうつを見逃さないで」と研究者は訴えているそうです。

昨年56の小中学校に通う2万人余に質問紙を配ったそうです。
うち、本人と保護者の同意を得られた有効回答は、3231人。数千人規模の調査は世界的にも珍しいことです。

抑うつ傾向があると判定されたのは、小学生7.8%、中学生22.8%で全体でならすと13%にもなります。

昔は「うつ」という言葉は全く聞きませんでした。大人だけの病気ではなく、子供達にまで及んでいるのが現状です。

やはり、親だけではなく、いろんな大人が子供達にたくさんのことを教え、子供が思いやりのある豊かな気持ちになれるような環境を作っていってあげないといけないと思います。

殺伐としたこの世の中に、笑顔をもっと増やしていけたら素晴らしいことですよね!


Naoko
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
西田小学校 

私のAria music officeとしての仕事の中に、学校への演奏講演というものがあります。
幼、小、中、高校に演奏に行きます。
ステージの上からのコンサートだけではなく、なるべく生徒達とコミュニケーションを取るようにし、話もしながら、生徒も参加できる音楽作りをしていきます。

この小学校でのテーマは、「花」。
花にちなんだ曲を選び、曲のタイトルの花の写真を載せた資料を用意し、花のイメージをどういう風に感じたかを考えさせる。

自分の心で考える力というのは、音楽によって手助けできると思います。

また、自分の夢の話、叶えるために努力した話等を、ステージから降りて話します。
その後は、子供達と一緒にリズム運動をしたり、指導をしながら歌います。

個々の学校の要望に合わせ、演奏講演の内容は変化しますが、どの学校に行っても、始まってすぐは「誰だろ?この人たち?」という不審な顔なのですが、5分もすれば、身を乗り出し、正座までする子も出てきます。

今の子供達には、「本物」を体験させることがとても大事です。
低年齢化した犯罪問題、コミュニケーションを取るのが下手な子の増加・・・・音楽によって心の教育をして行きたいと思っています。

今の文部科学省の授業形態では、時間を取るのが難しいそうですが、決してマイナスにはならないと信じていますので、これからも、多くの子供達に本物の音楽を間近で感じさせる機会を作って行きたいと思います!


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 現在の学校教育では、2学期制という制度になった地域がとても多くなっているそうで、明日から2学期が始まる学校がたくさんあるそうです。
2学期制のメリットとデメリットは、100年近く続いた3学期制を打ち破るほどのものだったのかな、と思います。

 個人的な意見ですが、一年を二つに分けることにより、まとまった試験の回数が減り、振り返る勉強の多さに生徒達は混乱はしないのでしょうか。
 週休二日制というのは、私は今でも反対なのですが、ゆとり教育と言われたこの形態に影響があったのではないかと思います。
学力低下の実態を夏休みを減らすことにより、授業を増やし改善しようとしているとか、生徒とのコミュニケーションを取り「心のケア」をするとか・・・。

 人間暑さにはどうやっても勝てません。 暑い時には、涼しいところで涼み、体を守る。まだまだ発育途中の子供に無理矢理真夏の暑い日、集中して授業を受けるのは酷だと思います。
エアコンがない学校は全国にまだまだたくさんあるはずです。
北の地域は夏休みが少なく、南の地域は冬休みが少ない。という自然の摂理に合った休みが一番いいと思います。授業をただ行っただけでは学力向上につながるとは思えないのですが・・・。

授業を増やすのは大事かもしれませんが、もっとコミュニケーションを取り、心の教育に力を入れて欲しいものです。
もっともっと、五感で体験したことを自分で感じ、感動し、悩み、切磋琢磨し合い、意思(意志)を持つことが大事だと思います。

私ができることといったら、ホンモノの音楽を子供達に近くで感じさせること。
これしかできませんが、きっと大事なことだと思います。

今日は個人的な意見になってしまいまして、すみません!
台風が来ています。東海、関東の方はお気をつけて!


Naoko

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
和田裕美さん

 先日、和田裕美さんという方の講演会を聞きに行きました。
彼女はブリタニカ株式会社で世界第二位の営業成績をもつセールスウーマン。今はご自分の会社を起こされています。

 「陽転思考」
物事の考え方をいい方に考え、自分が幸せである方を選ぶこと。だそうです。
嫌なこと、辛いことを寝るまで持ち越さず、なるべく今日の最後は「よかった」で終わらせるようにする。とおっしゃいます。

どうしようもない事は別として、次の日まで嫌なことを持ち越さないことにより、切り替えができる人間になっていく。
明日はよくなる!と信じる力は、運を呼んでくるそうです。

「事実は一つ。考え方は二つ。」

事実は変えられませんが、考え方は変えらます。自分が幸せである方の考え方を思いつく人間は、向上し、前進できる。

陽転思考、単純思考、を持てるようになりましょう! という素晴らしい講演会でした。 とても勉強になりました。

和田裕美さんはとても素敵な方でした☆
パワーと華やかなオーラをいただきたい!と思いました。


Naoko


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は、一日中パソコンと書類と五線譜とにらめっこでした。
ずっとパソコンに向かっていると、目がチカチカしてくるので、目が疲れてきたら、五線譜に・・・。
 お盆前にあった編曲の課題は一つ終え、新しい曲に取り組んでいるのですが、これがまた難しく、今日はその曲を30回くらいは聴き続けたでしょうか。。。

もともと楽譜がない曲なので、音源から音を拾うしかないのです。
音楽大学では「ソルフェージュ」という音を聞いて譜面に書き取るという授業があります。
これは、ピアノの音で訓練をされるのですが、今私がやっている書き取りは、CDから流れてくる音を拾っているので、機械音や、音として判別が難しいコンピューターの音があって、何度も同じところを繰り返し聞いて、楽譜におこしていきます。
う~ん・・・難しい・・・

初めは真っ白な楽譜なのですが、2時間もすれば、黒くうまっていきます♪
もう少し、もう少しと書いていって、できあがると、とても嬉しくなります。

それを、パソコンでまたちゃんとした楽譜に揃えていきます。
私の手書きだと見辛くてしょうがないので・・・。

でも、やはり1曲目は時間がかかりましたが、2曲目はすんなりと進んで行っています。3曲目はもっと早く出来上がるかなぁ!
と、思うと 何だか楽しくなってきました♪ やはり人間、慣れと継続で、必ず力になるものなのだな、と、実感しました!

もう少しがんばろう!


Naoko
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
351e7ffd.jpg昨日は2000人ホールでの コンサートでした!
所沢ミューズというホールで。ピアノソロ、トランペット、ソプラノ歌手のコンサートです♪
24時間テレビが少しからんだ「真夏の夜のコンサート」
読売新聞主催の、読者のための無料コンサートでした。ほとんど、今までコンサートに行ったことがない方、クラシック音楽をほとんど生で聴いたことがない方が多いということでした。
演奏の間にトークも入り、最後には24時間テレビテーマ曲「サライ」を出演者と共に全員合唱! 
私も客席のほうに向かい、歌ったのですが、思えば、ピアノを弾く私はお客様に横顔を見せる形でしか演奏をしません。
20年ピアノをやってきて、初めて正面向いて演奏しました!(歌ですが♪)

お客様の顔を見ながら歌っていると、とても楽しそうに、笑顔の方ばかりでした。

音楽というものは、一瞬で人を笑顔に変えることができる素晴らしいものなんだなぁ、と、すぐそばで感じられました。
 
今回はコンサート初体験という方が多かったということで、もっともっと、このような機会を増やし、もっともっといろんな人に音楽の素晴らしさを知ってもらいたいなぁ!
と、思いました!

写真はリハーサルの時にステージから撮ったものです♪ この空間はとても気持ちがいいです。
今回のコンサートで今日からの目標をもらいました!
頑張ろう!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 夏負け、暑気あたりとも言われる夏バテ。みなさんは夏バテはされていませんか?
私は夏バテという症状はまったくございません^^ 元気にピンピンしています!

ここで、夏バテ予防の豆知識を!

夏は、大量の発汗や食欲不振などが原因で、ビタミン、ミネラルが不足しがちになります。
夏バテの大きな原因といわれるのが【ビタミンB1】不足。糖質をエネルギーに変える際に必要なビタミンB1が不足すると、疲労感や脱力感を感じやすくなるそうです。
胃腸の働きにも悪い影響を与えるとか・・・。
これが夏バテの症状を悪化させてしまうことにつながります。
また、暑さは身体にとって大きなストレスとなります。 そう言われてみれば、寒くてイライラするということはあまりないですよね。。。
暑くてイライラするというのはしばしばです(>_<)

こうしたストレスに負けない身体づくりに必要なのが、ビタミンC☆
ビタミンCはオレンジなどの果物や、イモ類などに、ビタミンB1は、豚肉やうなぎ、レバーなどに多く含まれます。胃腸の動きを活発にするためにも、スパイシーな料理や酢もいいそうです。
ご家庭での料理の一品に、ビールのお供に一品これらを食べるようにすると、夏バテを予防になるでしょう!

私も、夏は野菜をたくさん摂るように心がけています♪
明日はコンサート本番。しっかり演奏できるように、がんばってきます♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)