2010年04月12日(月)

むやみに頑張らないこと

テーマ:見積
 

誰かに仕事をお願いするときに、「頑張ります」という返事をされるのは好きではない。頑張らないとできないのかと思うと、不安だからだ。できれば、頑張らずに涼しい顔で遂行してくれる人を探したい。


頑張るための余力は何かトラブルがあったときなど、いざという時にとっておいて欲しいのである。もし、依頼した「100 の仕事」に対して、110、120 の結果を出すために頑張ってくれるというのなら嬉しいが、それなら黙って頑張って欲しい。


「頑張ります」という言葉を使うとしたら、「100 の仕事は無理ですが、なるべく 100 に近づけるように頑張ります」といった文脈になるだろう。「95 までの完了は約束しますが、98 を目標に頑張ります」など、具体的な達成内容まで明確にできれば理想的だ。



「あいつはいつも頑張っている」という言葉は、「100以上」を目指して頑張っているのなら褒め言葉である(「仲間の仕事まで手伝っている」とか「自己のスキルアップに取り組んでいる」とか)。しかし、常に 100 を目指していつも頑張っているのだとすると、その人は常にトラブルを抱えているか、スケジュールの立て方がおかしいのだろう。


いつも頑張っていると、「頑張っている状態」を基準にしてスケジュールを立てるようになってしまう。普通は1週間かかる仕事でも、3日でできると自分自身が勘違いしてしまっている。実際、残業などして頑張ってやるので、何事もなければ3日でできるのだろう。しかし、そのような「もともと頑張る前提」のスケジュールでは、それ以上頑張れる余地がないため、トラブルが起きるとどうにもならなくなる。


これは個人だけでなく、組織でも同じだ。スタッフがいつも残業したり休日出勤したりして「慢性的に頑張っている組織」は、無理な仕事をどんどん受けてしまう危険性がある。そのうちのいくつかはトラブルが原因で、納期が守れなかったり、品質を落としたりしてしまうだろう。



悪いことに、いつも頑張っている人が、頑張らなくなると、手を抜いているように思われやすい(普通の状態に戻っただけなのに)。それが嫌で、ずっと頑張り続けることになるという悪循環。


そんなことにならないためには、「とりあえず頑張ろう」と考えるのではなく、「頑張らずに仕事をするにはどうすればよいか」、「頑張らずにできる範囲はどこまでか」といったことを考える方がよい。


もちろん、トラブルが起こったときなど、本当に頑張るべき時に頑張るのは当然である。そのためにも、「頑張るための余力」を残したスケジュールを立てるようにしたいものである。





■関連記事
できること、できないこと
どうして仕事を断らないのだろうか
どのくらいでできる?
簡単に見える時ほど注意せよ
たとえトラックにはねられても




ストーリーで考える「見積り」の勘所 (開発の現場セレクション)
中村 秀剛
翔泳社
売り上げランキング: 363251
おすすめ度の平均: 4.0
4 内容がわかりやすい
5 非常に判り易い
4 経験談は説得力がある
4 ストーリー仕立てはわかりやすい

がんばらないで成果を出す37の法則ーアライアンス人間関係術ー
平野敦士カール
ビジネス社
売り上げランキング: 30918
おすすめ度の平均: 5.0
4 著者の考え方の柱がさらりと書かれている
5 見開き102ページだから、読みやすかったです
5 日々、職場やセミナーで教わっている大事な事が満載
5 大事なことがさくっとわかります
5 デキル社員になりたかったら……
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

argvさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■無題

はじめまして。

そうですよね。

頑張って頑張って、そんな理想高く掲げていたら、いずれ体(か心が)悲鳴を上げてしまって、元も子もなくなりますしね。

私は「この日数で出来そうだな、の日数」×3、でスケジュール組むようにしていますw

9 ■なるほどです

>悪いことに、いつも頑張っている人が、頑張らなくなると、手を抜いているように思われやすい

非常に納得できました! 思わず 「そうそう」と頷いてしまいました^^

>「頑張らずに仕事をするにはどうすればよいか」、「頑張らずにできる範囲はどこまでか」といったことを考える方がよい。

この発想は目からウロコで、しかも気分がスーッとしました、なるほどですね♪

頑張るのをやめて、プロとして、受けた仕事をきっちりと仕上げていくという考えにつながり共感できました。

素晴らしい記事をありがとうございます!!

8 ■『話題のスマートフォンアプリを開発してみたい人、興味のある人大募集!!』

この度、巷で盛り上げリをみせているスマートフォンアプリの開発者支援プロジェクトを開催させて頂きます!iPhoneアプリからAndroidアプリまで、スマートフォンアプリを造りたい、スマートフォンアプリ開発事業に参加したい方々を募り、最大限に支援するプロジェクト:『スマートフォンアプリ開発者支援プロジェクト:SmartPhone-Apps Developer Support』です。


現在、スマートフォン市場は急激な成長を遂げています。将来的にスマートフォンアプリの成長が予測されると共に開発者がこれまでに無い形で活躍できる可能性を秘めております。しかしながら実際のアプリ制作・開発の現状として、「ヒト・モノ・カネ」がないため、制作・開発を諦めたり、企画内容が実現できなかったりするケースが少なからずあり、志の高い開発者・技術者の間で閉塞感が見受けられます。


こういった背景を受け、この度、開発者支援プロジェクト第4弾として、スマートフォンアプリの開発者・技術者を対象とした支援プロジェクト『スマートフォンアプリ開発者支援プロジェクト:SDS』を開催させて頂きます!独自のスマートフォンアプリを開発したい、スマートフォンアプリ事業に参加したい方々を募り、当社が最大限に支援致します。

詳細は、以下をご覧下さい。
http://www.alito.co.jp/sds.html


お問合わせ
住所:〒103-0004 東京都中央区東日本橋3丁目9番8号
ALITO株式会社 『ソーシャルアプリ開発支援プロジェクト事務局』
Mail:sds@alito.co.jp

7 ■納得

すごい参考になりました

6 ■自分と家族のために頑張ります

本業(仕事)はもう頑張れません。(周りに迷惑を掛けない程度にやっています)
副業は頑張っています。

若い方のパワーが頂けそうなので読者登録させていただきます。

5 ■私も頑張りません

興味があることに対しては詳細に調べますが、興味がないことはさらっとすませます。

この温度差を指摘されましたのでこう言いました。

「全てに対して100%はできません」

4 ■Re:共感します

niさん、こんにちは。

最初から無理そうな時には無理と言うことが大事ですね。
特に立場の上の人ほどそうだと思います。下の者がいくら言っても理解してくれないというケースもあるようで、悲しい限りです。
せめて説得力をもった話し方ができればと思います。

3 ■共感します

考えさせられる記事です。

短期的に結果を出すため、100%を目指して働くことにより身体を壊した経験が僕にはあります。今から振り返ると、本当によい結果になっていたのか、無理して精神的にハイになって空回りしていただけなのです、と思います。

2 ■Re:私も頑張るという言葉は好きじゃないです

yasuhoさん お久しぶりです。

がんばっている人に「がんばれ」というと、心の健康からしてもよくない、という話も聞きますしね。

このブログもがんばらないように更新してます (^^;

1 ■私も頑張るという言葉は好きじゃないです

人にもなるべく「がんばるな」って言うことにしてます。「がんばれよ」っていうのはなんか曖昧で、無責任な気がするので。それよりも、優先事項は何か、レベル分けしてくれる、してあげる方が優しさなんだと思っています。

P.S.

ご無沙汰しております。久々のエントリ、嬉しく思っております。
どうか頑張らず、マイペースで。:)


コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。