2009年03月22日(日)

ダーティなデータ

テーマ:専門用語

「データがダーティである」という言い方は一般的だと思うが、私の周囲では伝わらないことも多い。


何らかのデータを変更するプログラムにおいて、保存されているデータを直接書き換えるのではなく、データをコピーしてからそのコピーを変更し、最終的に元のデータに書き戻す、という方法をとることがある。このとき、「コピーの方は変更されているが、元データには反映されていない」という状態を「ダーティである」という。


たとえば、ユーザーが画面でデータを編集するようなソフトでは、既存のデータを編集してそのまま終了しようとすると、「変更されています。保存しますか?」といったメッセージを表示するのが一般的だ。このような、データが「ダーティかどうか」という判定を「ダーティチェック」と呼んだりする。


また、データベースで「ダーティリード」という時の「ダーティ」も同じ意味だろう(「汚い」という英語の意味を考えるとこれが語源かも?)。



「ダーティ」という言葉を使わなくても、「データが変更されたかどうか」と言えば伝わるのだから、あえて使う必要もない、と思うかもしれない。


しかし、開発チームの中で、このような、「使わなくてもやっていけるが、使うと便利」というレベルの言葉がどれだけ共有されているか、ということは、円滑なプロジェクトの進行のための要素のひとつである。


また、言葉を共有することの効果は、コミュニケーション面の向上だけでなく、ものの考え方(システム開発であれば「設計思想」など)の共有にまで及ぶことも多く、侮れないものである。







■関連記事
曖昧言葉




2009-'10年版 [最新] パソコン・IT用語事典
堀本 勝久 大島 邦夫
技術評論社
売り上げランキング: 35830

IT英語のナゾ
IT英語のナゾ
posted with amazlet at 09.03.22
豊沢 聡 緒方 孝文
カットシステム
売り上げランキング: 261531
おすすめ度の平均: 4.0
4 実務英語に即した本です。
3 多少勉強になる
3 もっと収録語数をしぼってくれたほうが、個人的にはよかった。
5 この著者は語学もコンピュータも詳しい
5 IT業界人に限らず 中級以上の英語学習者にもお勧め!!
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

argvさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

12 ■やっぱりね

現実の話としてはおもしろいですよね

11 ■なるほど

コメントをさせていただきました

10 ■はじめまして

huangyuanyuanといいます。日記が面白かったのでコメント残させてもらいます。また寄らせてもらいますね^^

9 ■Re:無題

>まっつんさん

あまりに常識の前提で話されると、その場で意味を聞きづらかったりしますよね。自分からはそういう風にならないように気をつけたいものです。

8 ■無題

はじめまして。フリーのプログラマをしております。
現場常駐であちこちを回っておりましたが、
企業の系列ごとに、用語が違っていて、
結構戸惑うことが多かったのを思い出しました。

プロパーの方にとっては、常識レベルでも、
パートナーにとっては耳慣れない言葉であることもしばしば。

その言葉が通用する範囲を意識する必要もありますよね。

7 ■Re:無題

英語学習さんこんにちは。
私も英語の dirty の意味というより、そのまま「専門用語」として覚えました。

6 ■無題

英語と片仮名の日本語でニュアンスがちょっと違ってきたりするからわかりにくいのかも知れませんね。

5 ■はじめまして。

Rinko☆といいます。おもしろいブログですね!コメント残させてもらいます。また寄らせてもらいますね♪^^

4 ■RE: はじめまして。

nikkoru さん、はじめまして。
何かの参考になれば幸いです。

3 ■はじめまして。

はじめましてnikkoruといいます。
今年からいわゆるIT企業に就職をしました。

まだまだ新米ですので、勉強させて頂きます。
よろしくお願いします。

2 ■RE: 無題

kensir0u さん、こんにちは。

テクニックとして使っていない、というわけではなくて、それに名前が付いているということを知らないだけ、という領域なんですけどね。
こういうちょっとしたテクニックに名前をつけるということが、教育とかコミュニケーションにとって重要なんですよね。
そのことを教えてくれる好例が「デザインパターン」だと思います。

1 ■無題

メッセージの観点から考えると、他のオブジェクトにメッセージとして渡したデータは参照が残ったままになるため、渡されたデータを変更すると渡したデータも変更されてしまいます。俗に言う参照渡しなのですが、これに対して参照先でのデータ変更を参照元に影響を与えないためにメッセージとして渡されたデータのコピーを作成することがあります。これをディフェンシブコピーとか言ったりします。

専門用語が伝わらない環境のレベルが低いと考えるか、日本のレベルが低いと考えるか、教育体制が不十分だと考えるかいろいろあるのですが、なんだかなぁ・・・・と思ってしまいます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。