BOSSの独り言5

Japan Visual.TV&World Net.TV運営会社代表の独り言/日々精進、日々感動、日々反省!


テーマ:
梅雨明けしたそうな。
昨日、今日と暑かったもんね(笑)

今日は一日、中野駅界隈で打ち合わせ。
北口が・・・様変わりしてて驚いた(笑)

今日も商店街を歩いてたら・・・
classの「夏の日の1993」が流れてた。

この曲を日常の中で耳にすると・・・
色々な想い出がフラッシュバックする。

92年~94年の沢山の場面がシンクロする。
当時、俺の友人のアーティスト3人が
同じ事務所所属でメジャーデビューした。

日浦孝則(再デビュー)
MITSUO
井上武英

92年、とあるプロダクションに作家として出入りするようになった。
呑み会で・・・その事務所A社長が故郷の先輩である事が発覚。

その事を切っ掛けに・・・
A社長とつるむ様になった(笑)

丁度、小野正利がドカンと売れて事務所もイケイケだった。

「なぁ、康記、良い新人はいないか?」

「良いアーティストが数組いますよ」

「歌上手いか?」

「勿論じゃないですか」

「いますぐ会わせろ」

こんな感じで・・・順次、紹介した(笑)

先発・・・日浦さん。
あっと言う間にclassとしてデビュー。

毎日のように楽曲・デモ創り、呑み会(笑)
そして・・・日本一の出稿量のCMをやりたいと
アサヒスーパードライのCM獲りに動き始めた頃。
我武者羅で・・・凄く濃厚で・・・激しく楽しい日々だった。

1992・・・あれから20年が経つ。

あの頃、音楽業界の未来はバラ色だった。
いや・・・正しくは・・・バラ色だと信じ切っていた(笑)

あと5年は頑張るつもり。
音楽業界の復活を夢見て(笑)


読者登録してね
いいね!した人
PR
同じテーマ 「ロックな日々」 の記事

[PR]気になるキーワード