子供たちと遊ぶ三連休

テーマ:
AD

新島キンメ釣行

テーマ:

3/16(木) 静岡県下田市 手石漁港 恵丸 

 

最近釣果が芳しくない、下田キンメでしたが

 

大型が混じるようになってきたので、3キロ超えの大型を求め

 

淡い期待を胸に行って来ました。

 

この時期は4時に集合、6時投入開始です。

 

我々2名、他お客様1名、合計3名での出船です。

 

ポイントに到着すると、予想以上の凪です。

 

仕掛けは20本針、エサはスルメイカを主体に

 

下側はクロムツを意識してカツオのハラモの短冊を使います。

 

オモリは2キロの鉄筋オモリ、船宿が用意してくれます。

 

1投目から水深500mを狙います。

 

船長の指示は『張り伸ばし』です。

 

つまり、着底したらオモリを動かさず、糸を張り気味にして送っていく事です。

 

潮が早いと小走りくらいの速さで糸出てゆきますが、

 

今日の潮はゆっくりで、ポイントが動いてゆきません。

 

15分ほど流し、船長の合図でミヨシから巻き上げ開始します。

 

竿がクンクンしてるので、何匹付いてるのか楽しみでしたが1枚のみ

 

でしたが、1.2kgほどの良型でした。

 

同行の○中さんはいきなり良型3点掛け!

 

相模湾の中深場のスペシャリストですが、

 

今回、本場下田の地キンメの大きさに感激されてました。

 

2投目は潮が更に効かなくなりスカ!

 

少し場所を移動し、水深550mで3投目を行います。

 

着底し直ぐに糸を送り出して行くので、竿のアタリは取辛く

 

魚が掛かってるのか否か回収を始めるまで解りません。

 

潮はいい感じに動いているので期待できます。

 

そして運命の回収、竿がクンクン言ってる上に、竿の曲がりも重量感があります。

 

回収すると3匹の良型が掛かっていました。

 

しかし、この時が一番潮がよく、その後1枚を追加したのみで

 

パッタリと釣れなくなってしまいました。

 

最終結果6匹!!

 

良型主体でしたので、納得の釣りできました。

 

ミヨシからお客さん4匹、同行の○中さん10匹、私6匹の釣果となりました。

我々には大型のメガキンメ釣れませんでしたが、

 

ミヨシの方が3.5キロの特大サイズ上がってました。

 

今年は数伸びてませんが、大型多く満足度は例年の2倍増しです。

船の軌跡はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

AD

横浜港 大さん橋 ~釣り場開放~

テーマ:

3/11(土) 横浜港 大さん橋

 

大型国際船、旅客船が入港する横浜港はセキュリティーが高く、

 

テロ対策などの観点から、ソーラス条約で厳しく管理され。

 

大さん橋で釣りができるなど考えもよりませんでした。

 

今回、大さん橋の指定管理者、日刊スポーツ、各釣り業界の方のご尽力で

 

100名の限定ですが、釣り場開放が行われました。

 

大さん橋 フィッシングチャレンジ

 

僕はボランティアとしてお手伝いに参加させてもらいました。

 

100年以上前に作られたこのさん橋で釣りが公認で認められたことは無く

 

今回初めて釣りが認められました。

 

驚くことに募集100名に対し申し込み800名以上

 

8倍の倍率です、皆さん爆釣を夢見てしまうのでしょう。

 

10時受付開始されました。

 

注意事項、スケジュールの確認後、

 

今までサンクチュアリだったエプロンに入場します。 

 

使用できたのは、北向き200mノエプロンと東向き400mのエプロンです。 

 

一時間ほど、誰一人当たり無く、

 

水温12.5度の真冬の水温では場荒れしていない場所でも厳しいかと

 

諦めかけたとき、周りで5cmほどのハゼがポツポツあがり始めました。

 

『ハゼ釣れました~!』

大声でボランティアが叫ぶと、

 

主催者、メディアが押し寄せ、20人規模の撮影会となってました。

 

3時間の釣りもあっという間に終わり、

 

全体として釣果渋く、ハゼ20匹ほどギンポ1匹、海タナゴ1匹でしたが

 

1匹の価値はマグロよりも高く、釣った方は最高の笑顔でした。

 

3月とはいえ北風吹きつけ、体感温度は5度以下。

 

苦労して釣った魚はプライスレスでした。

 

今後も大さん橋の釣り場開放、年間4度ほど予定していくそうです。

 

興味のある方、大さん橋のホームページ随時チェックしてみてて下さい。

 

釣り場の開放の流れ、拡大してほしいなぁーと心底思ったイベントでした。

 

しかし、安全対するハードルは高く。

 

釣り場のフェンス設置、全員の救命具の着用、救命浮輪の設置、ハシゴ、

 

何よりも驚いたのは、沖合いに警戒船の待機。

 

ここまでやらないと、港湾局、横浜市から許可が下りないようです。

 

参加費は1500円ですが、安全と引き換えに運営費で消えてしまいます。

 

このイベントが開催されるには、多くのご尽力があったのだと思います。

 

関係者の皆様、本当にお疲れ様、ありがとうございました。

 

 

AD

3/3(金) カマス引掛け釣り 神奈川平塚港 庄治郎丸

 

2月から休みの度に大時化!春一、二、三番と、もろ被りでした。

スミイカも終わりかけのようなので、安定しているカマスの引掛けに行ってきました。

 

6時に船宿到着、受付をすると予約乗り合いなので座席は決められていました。

 

北風強い予報でしたが、ほぼ無風のベタ凪、

富士山もくっきり姿を見せてくれ、すがすがしい朝となりました。

釣り人は8人、私は右舷トモ2番に入ります。

 

30分ほどでポイントの瀬ノ海に到着です。

 

タックルはシーボーグ300MJ、水深深いので最低でもPEライン300mは必要です。

また、スルメイカ釣り同様、リールに高負荷掛かるので故障の発生も高く。

予備リールもあったほうが良いです。

終始電動リールを駆使するのでマイバッテリーは5時間ほどしか持ちません

船電源を使用するので電源コードは持参必要です。

 

僕の竿はヤリイカ竿、9:1の先調子です。

胴が硬く合わせが効くから好んで使ってますが、

魚が掛かってから置き竿で巻き上げるとバレてしまい

手持ちが絶対条件となりますので、

7:3のシャクリ竿、アジビシ竿ならばロッドキーパーに掛けたまま取り込みが出来ます。

真鯛のような胴調子の竿では貫通力弱く、魚が掛かりません。

 

オモリは150号指定です。

 

船長のアナウンスで釣り開始

『はいどうぞ、棚170m~190m』

指示棚まで仕掛を落とし指示棚の上限まで仕掛を上げ

再び指示棚の下限まで落とし込み作業の繰り返しです。

 

一投目から両隣さん大型カマスを釣り上げ、気持ちが焦ります。

すぐに私も釣れました。

釣れない時は指示棚深く230m以上の時もありますが、

今日は200m以下、期待が持てそうです。

しかし、連荘で掛かるほど甘くなく、ポツポツ掛かる程度ですが、

10時の時点で11匹のペースです。

 

しかし、海の中も春めいてきたようで、サバもゲストで掛かってきます。

サバが原因で反対側の右舷の方とオマツリしてしまい。

私の仕掛全損、新しい仕掛にチェンジしました。

 

しかし、ここから一気にペースが落ちてしまい。

3時間何も当たらない魔の時間となってしまいました。

逆に大トモの常連さんは調子が上がり13時には逆転されてしまいました。

 

残り30分、この常連さんが私の事を見かねて、

蛍光パイプを分けてくれました。

 

そこから30分で4匹追加!蛍光パイプの効果覿面です。

 

パイプを付ける事で針と糸が一直線になり

力が針先に伝わり、魚に掛かりやすくなります。

左の針では首が振られてしまうのでしょう。

大事なのは蛍光パイプを針に合体させずれないようにする事です。

 

最終的には15匹、サバ3匹の釣果で次頭、竿頭はお隣の大トモの常連さんが18匹でした。

 

しかし、釣果以上に

仕掛のパイプの重要性が解ったのは大きな収穫でした。

後半、南風強くなってきましたが

終始ベタ凪、ようやく良い日に釣りでしました。

 

近場の釣りは、夕食に食することも可能です。

炙りでいただきましたが、ヒラメのような淡白な身に

うまみが詰まった脂が乗り、夏場のカマスとは違い

桁外れの美味さでした。

残りは全て干物にし当分は魚尽くしです。

江戸前スミイカ-テンヤ釣り-

テーマ:
2/14(火) 横浜市磯子区 根岸丸

お恥ずかしながら、2年振りのスミイカです。


出船1時間前の6時に到着、

今年は好調なので既に札は7枚取られており

僕は左、胴の間に釣り座取りました。


スミイカ釣りは、エギ釣りとテンヤ釣りの2通りありますが

12月以降の中盤以降はここ根岸丸は活きエサのシャコを使った

テンヤ釣り限定になります。

年々エサのシャコが入手困難になり、冷凍のシャコで営業する船宿も多いのですが

根岸丸は遠方より取り寄せ、生きたシャコが使えます。社長の努力に感謝です。

とりあえず5匹配られました。


出船前に2個シャコをテンヤにセットしておきます。

テンヤは自作の3本針仕様、掛かりも良いですが手にも良く刺さります(汗)


ポイントは竹岡沖、水深26-27mを狙いました。

なかなか乗り渋く、最初の一杯目は釣り始めてから1時間以上してからでした

足元をひつこく丁寧にしゃくっていると、突然ズシーーンッ

根掛かりのような衝撃でした、竿にイカの重みが乗り、

スミイカこんなに重たかったっけ~?

必死に巻き上げてくると、途中からジェット噴射するでは有りませんか!!

一瞬アオリイカと思いましたが、水面に上がってきたのは1.3キロの

カミナリイカ、スミイカとそっくりですが、巨大化するのが特徴です。

大型になるとジェット噴射強力でアオリと間違えてしまいました。

コレを皮切りにポツポツスミイカも乗るようになって来ましたが

10時の時点でまだ3杯、目標のツ抜けはまだまだ先です。

それでも久し振りのスミイカ釣りはやっぱり楽しいです。

しゃくった時に乗る、衝撃は他の釣りでは味わえません。

竿もガチガチの先調子の竿なので、ダイレクト感はものすごいのです。

掛かった瞬間は頭の中が真っ白になり、脳内麻薬が放出され

中毒者が続出してしまうのです。

そんなこんなで、14時。

残り1時間の時点で9杯が3名、両トモと僕です。

なんとトップの死闘を繰り広げていました。

下げ潮が上げ潮に代わり、胴の間ですが状況はトモよりも有利です。

しかし、焦ればあせるほどリズムは崩れ、

終には左トモに3杯立て続けに釣り上げられてしまい心折れました。

しかし、逆に自分のリズムが取り戻せ2杯釣れてしまい。

結局、トップまで1ハイまで追いつきましたが、

上げ潮効いてくれぬまま、納竿の15時となってしまいました。

胴の間で竿頭だったら自分自身で快挙だったのですが、

次頭に甘んじてしまいました。

結局左トモが12杯で竿頭、僕は次頭で11杯

大型のカミナリイカも3杯交じり、つ抜けの目標達成できました!!



まだまだ300g程の小型も交じり、

例年だとシーズン終盤ですが今年は長く楽しめそうです。

深夜のオイル交換

テーマ:
恒例の深夜のオイル交換!

真冬の夜空の下での作業は寒さとの戦いですが

作業を先延ばしにしてしまうと、気持ちの緩みから航続距離伸ばしてしまい

2500kmの距離でオイル交換しています。

会社から22時に帰宅、エンジン熱々のうちに古いオイル抜きとります。


新しいオイルも冬場は硬くなってるのでファンヒーターで温め

柔らかくすると注ぎしやすくなります。


来期からの新車バイクはコンビブレーキもしくはABSの搭載義務付けられ

価格も跳ね上がってしまいます。

まだまだこのアドレスV125Sには頑張ってもらうしかなさそうです。

2017.2.6オドメーター85998.0km


 

下田キンメ釣り

テーマ:

1/17(火) 静岡県賀茂郡東伊豆町 稲取漁港 山吉丸

 

正月空けてから時化続き、ようやく初釣りに行ってきました。

 

我々3名と他お客さん1人を乗せ5時前に港を出船しました。

 

連日続いた時化も収まり、一週間ぶりの出船のようで

 

魚も温存され、期待度マックスです。

 

90分の航程でポイントに到着

 

伊豆大島に近い浅場のポイントです。

 

12月、1月は投入時間が6時20分と協定で決められています

 

定刻になり、期待の一投目。

 

水深は280m、着底後棚を取り直し、仕掛を張りながら糸を送ってゆきます。

 

しばらくすると、竿先に魚のアタリを捕らえました。

 

竿先に振動は良い感じで激しさを増しています。

 

船長の合図でミヨシより仕掛を巻き上げます。

 

竿は大きくしなり、興奮高まります。

約20分ほどで巻き上がってきた仕掛には

 

小振りですが7匹のキンメが付いていました。

 

やはり、魚が温存されていたせいか、活性高めです。

 

二投目、三投目…

 

 

 

期待を裏切られ、まさかの空振り、いやな雰囲気です。

 

 

四投目

 

良型も混じり、8点掛けに成功!!

 

しかも珍しく底付近ではなく、上側の針に食っていました。

 

五投目、

 

激しく竿が暴れ、10匹以上期待しましたが、

 

隣とオマツリ、2人で10匹、オモリ2個分重量感たっぷりなはずです(汗)

 

取り込みの際、お隣のPEラインと私の仕掛が15本分絡み

 

ハサミで1本1本仕掛けを切りながら取り込むしかないのですが

 

時間がかかってしまい、次々と魚が針からはずれ、泳いで逃げてゆきます。

 

結局取り込めた魚は3匹だけ

 

オマツリしなければ、プラス7匹でした。

 

しかし、コレは不可抗力なので仕方ありません。

 

この時点で10時を過ぎ、浅場での魚の反応悪くなってきました。

 

ここで深場へ移動することになりました。

 

30分ほど船を利島へ向かわせます。

 

 

6投目、7投目、8投目

 

根の頂上から掛下がりのポイント

 

着底後直ぐに糸を送ってゆく釣り方を船長より指示されます。

 

仕掛が根から離れないようにする為ですが、

 

魚がかかってもアタリは解り辛く、面白さは半減しますが

 

深場は大型がかかる希望があります。

 

しかし、この深場の三投で釣れたのは1匹だけ

 

しかも800gほどの小型、残念!!

 

12時30分沖上がりとなりました。

 

本日の最終結果!19匹  まずますです。

 

ミヨシの同行者は25匹、ミヨシ2番目は15匹でした。

 

この日は潮早く、2枚潮で思ったように流せなかったようです。

 

でもコレだけ釣れれば、満足です。

 

 

 

 

【お食事編】

稲取の中華料理店『長太』が今回も休業

 

船宿の女将さんにオススメのラーメン屋を尋ねると、伊豆高原の

 

福○家(フクワウチ)を教えてもらいました。

 

静岡県伊東市富戸911-102

TEL0557-51-2667

 

女将さんのオススメは盛り合わせ麺

 

要するに全部乗せ、ボリューム満点です。

 

鶏がらのあっさりスープにパーコーとチャーシューこれで1000円はお得です。

 

調子に乗って餃子まで注文してしまいました。これもマイウーでした。

 

船から上がって15時にもかかわらず営業してくれてるありがたいお店。

 

オーナーご夫妻の人柄も良く、気持ちよくお食事できました。

健康診断

テーマ:

11月に行った健康診断の結果が到着しました。

中性脂肪237上矢印、尿酸7.4上矢印 ドクロドクロドクロ

 

昨年の結果が悪かったので、本格的に運動してました。

4月以降の消費カロリー 67,202kcal

ランニングの総距離246km、自転車1,815km、スイミング16km

さらに結構お高いエゴマ油も毎日摂取してました。

しかし、結果は更に悪くなってしまいました。

 

食事制限無しで運動だけでダイエットするのがポリシーでしたが

糖質制限始めないといけないかもしれません(涙)

お菓子、アイス大好きなんです。

 

また来年の健康診断に向け頑張ります!!

 

 

 

痛風は、過度の運動で尿酸値上昇する傾向があるようで

ストイックに運動しすぎてました(汗)

それともキンメの食べ過ぎ…?

 

 

 

 

 

下田キンメ釣行

テーマ:

12/22(木)静岡県下田市 手石漁港 恵丸

 

今シーズン初キンメ、前回は荒天で中止になってしまい。

 

今回も予報は南風10m以上、半ば諦めてましたが、

 

船長は天気午前中は大丈夫との判断、本当に大丈夫か~?

 

っと思いながら、4時に港に到着しました。

 

船に乗り込み、準備を済ませ、出船を待つだけ…

 

 

 

 

なにやら怪しい行動が

 

船長が船底の機関室でヒソヒソと電話で話しています。

 

その後15分、エンジンがかかる様子ありません。

 

しばらくすると軽トラがやってきて、作業服を着た整備士登場!!

 

ここで、ようやく状況掴めました。

 

エンジン始動できないようで

 

リレーの不具合で部品交換が必要なようです。

 

他のキンメ船は既に出船してしまい、我々はポツンと取り残されてしまいました。

 

待つ事30分、弱々しいセルの音が回り、無事エンジンかかりました。

 

ちょっと不安残りますが、ようやく出船です。

 

今年の春、恵丸はエンジンをに載せ換え、同時にキャビンも作り直し

 

胴の間でも座れるつくりになりました。

 

でもいつも少人数で申し訳ありません(汗)

 

今回も使用する錘は2キロの鉄筋棒、今回は細く長く60cmくらい有りました

 

ゴロゴロ転がりにくくて使いやすかったです。

 

全速で船を走らせ、ポイントのトンガリに到着

 

協定で決められた投入時間に5分間に合いませんでした(涙)

 

しかし予報に反し、波風無く海はベタナギ、

 

期待膨らむ第一投は残念ながら、全員空振りでした。

 

2投目、平場にポイントを移し

2キロ以上の大型2匹を含む3匹が釣れました!

 

仕掛は20本針、全長30m以上あります。

 

普通は8回の投入分の8組仕掛用意しますが、

 

仕掛を作る手間、時間、コストは馬鹿になりません。

 

仕掛再利用できれば、かなりコスパ上がります。

 

そこで私はマグネットを使い、再利用しています。

 

しかし、今日の海は潮が効かず、魚の食いもいまひとつ

 

ポツポツ程度の追加で、6匹の釣果となりました。

 

下田は遠いですが、その分大型主体で数主体の稲取とは違い

 

大型でしか味わえない極上のキンメが魅力なんです。