温泉放浪記

温泉を巡りながら、とりとめもなく考える様々なこと。
音楽、オカルト、金融、政治、パソコン、スマホ、携帯、etc
明日の仕事に、女子力アップに、役に立つかも!?

ジャンル分けしてますので、左サイドバーのメニューから
適当なジャンルを指定してお付合いください。


テーマ:
 最近書き込みをしていないので、一部では死んだのではないかと噂されていますが、日の当たらぬ地下で活動を続けておりまして、具体的には撮影した画像の編集なのですが、初の劇場公開作品、しかも4D版というとんでもない挑戦なもので、何日徹夜をしてもなかなか進まない、思ったクオリティに仕上がらない、で煮詰まって、焦げカスのようになっております(笑)

 全国公開で映画監督デビューを目指す日々に、突然RIPREさんからご連絡をいただきまして、映画の試写会に招待、しかも大先輩!山田洋次監督の舞台挨拶がある、というお話でしたので一も二もなくお受けしました・・・というのが先月のお話。 それから滋賀県や大分県の自衛隊駐屯地に撮影に行き、特殊効果用の素材を描いたり、忙しく作業をするうちにすっかり忘れていました(^_^;

 夕方5時過ぎに携帯電話に着信が。「私、リプレの○○と申しますが、本日のイベントにはご参加いただけますでしょうか・・・?」 ちなみにこのイベント、集合時間が午後5時。 時間は既に5時20分。 やばいです。 白金で別件の商談中でしたが、いきなりブッチしてタクシーを捕まえ、日比谷を目指します。 会場は丸の内ピカデリーなんですが、タクシードライバーさんが映画好きで、事情を話すと免許証無くなるの覚悟(笑)でご協力いただき、わずか12分で到着。

 ここに来るたびに思うのですが、日比谷というか有楽町マリオンにあるのに、名前が丸の内ピカデリー、映画館としては松竹のマークが付いているのですがエレベーターの表示はTOHOシネマズ。 不可解です。 初めて来たときは場所を間違えたのかと探し回った記憶があります。

 それはさておき、45分遅刻した私はリプレの方から入場券や資料をいただき、早速館内へ。 流石にJR東日本「大人の休日倶楽部」の特別試写会です。 入り口には吉永小百合様がお出迎えです。

 この大人の休日倶楽部、早めに入れる「ミドル」というのがあって、満50歳から入会できます。 このカード持っていると、連休の特別割引切符が買えたりするので、温泉巡りをするには必須。 50歳になるのを待ってすぐに入会しました。 JR東日本の長距離切符が5%引きになるのも有難いですが、この会員限定の特別割引が凄いんですよ。 内容は都度ポスターやサイトに公表されるので、見落とさないように注意してなきゃいけないんですけどね。

 というわけで、舞台挨拶が始まる直前に指定の2階席に。 司会の方の紹介で、JRの担当役員の方がカミカミのご挨拶。 初々しかったです(笑) 続いて主演の橋爪功さんと山田洋次監督のご挨拶。 喜劇を作るのは難しい、ぜひ笑っていただきたい、というお話が。 「男はつらいよ」から20年。 「家族はつらいよ」がどんな作品になっているのか興味津々です。

 学術的に考えても、喜劇、それも観客の共感を得られる喜劇というのは難しいのは分かります。 皮膚の感覚に例えると、命の危険に関る強い刺激は「痛い」と感じ、それより弱い刺激は「痒い」と感じ、生命には別状ないのが明らかな微弱な刺激は「くすぐったい」と感じます。 これが心理的には、強い刺激は「恐怖」か「怒り」を感じ、弱い刺激が「笑い」になるわけです。 難しいのは、心理的な弱い刺激というのは、自分が肉体的あるいは社会的にダメージを受けない、という事なので、観客の共感を得ながら笑わせるには、自分が体験したら困るけど、社会的には傷つかない、プライドが保てる、という微妙なシチュエーションを作らなければなりません。

 主人公が自分とは全く違う存在、例えば車寅次郎とかミスター・ビーンであれば、彼らがどんなに恥をかこうと、自分は傷つかないので安心して笑えるのですが、今回のように観客と同じような立場の家庭の人々が共感しながら見る作品の場合、主人公が困った状況になると身につまされてしまい、笑えなくなってしまう、という恐れがあるわけです。 だから、「家族はつらいよ」という設定自体、非常にチャレンジングであり、「監督はつらいよ」に違いないわけで・・・。

 さてさて、映画の内容は伏せておきますが、私の場合、身つまされてしまいました(笑) 体験したことのあるようなシチュエーションが出てきて、笑うどころじゃない(爆) 観客も全員が50代以上(大人の休日倶楽部会員ですからね)ですから、笑える人も落ち込む人も出るようで反応は色々。 それぞれに感じる所はあったのでしょう。 この映画、若い人にとっては第三者として見られるから、もっと素直に笑えるんだろうな、なんて思いながら劇場を後にしました。

 自分も映画作りを目指しているだけに、本当に勉強になったひと時でした。

PS Ripreの皆様、いつも会場に遅刻して申し訳ありません・・・。

大人の休日倶楽部のキャンペーンに参加中
AD
いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。