ニュージーランドの楽しい生活 ~NZの話サクセション~

ニュージーランドで楽しい生活を送る、オークランド留学センター・経営者Toshiの生活ブログ。


テーマ:
久しぶりにニュージーランドらしさ満載の映画を見て、とても面白かったので紹介します。


Hunt for the Wilderpeople




予告編


身寄りのないもの同士のカップルが、やはり孤児を養子に向え入れるのですが、奥さんが急死し、残された子供が納屋に火をつけて家出をしてしまいます。それをおいかけたお父さん(映画ではUncleと呼ばれてましたが)が、なぜか誘拐犯と間違われてしまい、山中を何ヶ月も逃げ回るというストーリー。追いかける側の女性は施設の人ですが、銭形警部みたいな味を出してました。



お話的には「それはありえないでしょ」という展開だらけなので、理屈ぽく見ないほうがいいのですが、何が面白いってあちこちに散りばめられたニュージーランドishなネタ。


まず、主人公の男の子の生い立ちがそう。

若くして子供を生んでしまったお母さんが育児放棄して行方不明になり、子供は施設に入っても立派にぐれてしまう。


単一民族ではないニュージーランドに住んでいると、マオリやパシフィック系などで高校生くらいで親になるケースをとてもたくさん見ます。パシフィック系には敬虔なクリスチャンが多く、堕胎をしないのもその理由でしょうが、避妊という常識の観点がずれてるようにも思います。



そして山の中で狩りをして生計を立てる夫婦なのですが、つかまえる動物が豚なんですね。日本でいうところの野生のイノシシですが、こちらではPigと呼ばれます。
狩猟の標的になるのはたいていこのPigですが、聞いた話ではヨーロッパから殖民するためにやってきた人が連れてきた豚が逃げ出して野生化しているそうです。
この豚は家畜を襲ったり田畑を荒らすので、ニュージーランドの農家にとっては厄介な生き物。



山中ではこの豚に襲われるシーンもありますが、犬がいい演技していました。





それと出てくる人たちの人種構成が面白い。
主演のサム・ニールのようなヨーロッパ系白人ニュージーランド人もいれば、マオリ系もいるし、パシフィック系も出てきます。その人たちが喋るKiwi Englishと呼ばれる独特の発音が、耳に心地よくて、アメリカ映画よりも分かりやすかったです。

また、それぞれの個性や台詞が、「イージーゴーイング」に描かれているように感じたのは、小さいことを気にしないニュージーランドならでは?と。。身びいきかな。





さらに有名なテレビレポーターが出てきたり、反政府で山にこもっている世捨て人、無能っぽく描かれる警官、などなど、ニュージーランドに住んでいると、「ああ~、あれなあ~」というシーンが数多く出てきます。



また、小道具で「出前一丁」が出てきて、山の中にまでアジア文化が浸透していることを、ちくりとシニカルに描かれています。




映画はニュージーランドの原生林を舞台にしたロードムービーですが、最後はきっちりほのぼのと終わらせてくれるので、暖かい気持ちで映画館を出ることが出来ました。






この映画の原作は、「Wild Pork and Watercress」


Watercressはどこにでも野生しているクレソンの一種。





AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ひと月ほど前ですが、New MarketのRialto Cinemaで日本映画の「あん」。英語タイトルは「AN」を見ました。


ライ病患者を扱った映画でしたが、日本の季節感、食べ物への愛情、ひとの心をとても丁寧に撮った作品で、エンドロールが流れるのを見ながら、じわーっと感動が体にしみ込んでいるのを感じました。


お客さんは私たち夫婦以外は全員ニュージーランド人の中高年カップルでしたが、私たちが笑うところ、泣くところ、同じ場面に反応していたようです。

河瀬さんという監督は、海外でも評価が高く、カンヌの常連さんのようですが、国境の関係のない心に響くいい映画を作るのですね。 

他の作品も見てみたいと思いました。



主演の樹木希林が地のおもしろさを出しつつ、いい具合に老人を演じていました。
この老人役をしている樹木希林の容姿が、うちのおばあちゃんに似ていたので、余計に泣けてきました。


今やベッドの上で寝たきりになっているおばあちゃんですが、元気な頃は焼酎が好きで毎晩一人で晩酌していました。20代の頃の僕はかなりの回数おばあちゃんと酒を酌み交わしていたのですが、酔うと「なかなかなぁ~」が口癖でした。

自分の夫、そして自分の娘(私の母親)が先に死に、娘の亭主(私の父)も再婚し、孫たちはどんどん独立して家を出て行き、おばあちゃんひとりで過ごす時間が増え、夜はお酒に酔って「なかなかなぁ~」(なかなかうまくいかないなぁ~)。。。



その一言を聞くと、「あ、はじまった。早いとこお開きにしよ」といつも思っていましたが、おばあちゃんの寂しさや悔恨やいろんな思いがつまった「なかなかなぁ~」は、ここ数年私にも引き継がれてしまったようで、仕事がうまく行ってないときは、「なかなかなぁ~」と言ってはおばあちゃんを思い出しています。


まあ、そんなに頻繫に言うわけではないですよ。


年に1,2度です。



AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
例年どおり、2月と3月は怒涛のごとく仕事していました。



今日の朝、春休み渡航最後の学生が帰国したので、ほっと一息。





また時間を作って、ブログを更新していきたいと思いますが、



久しぶりの更新で報告したいことはやっぱりこれ!



犬、はじめました。





2月の初旬から下旬にかけて、DIYでフェンスの張替え作業をコツコツとやってましたが、その理由がこれだったのです。




犬種はグレイハウンド。




そう、レース犬で有名なあれです。



アメリカの長距離バスもこれですね。



日本にはいないグレイハウンド。(いるのはもう少し小柄のイタリアングレイハウンド)






レース犬として仕事を全うした後は、養子縁組が出来ないと殺傷処分されてしまうことから、どうせ犬を飼うなら少しでも余生を楽しませてあげたい。そういう気持ちでグレイハウンドを選びました。。。。と決めたのは、私の妻で、私は当初は、「え~!そんなでっかい犬なんか飼えるわけないやん」「誰が散歩させるねん?すごい運動量ちゃうの?」「それに獰猛じゃないのか?」と、とにかくモー反対していました。


(実際のところは、散歩は1日に20分程度でOK,食べるのにあまり興味がない、抜け毛が少ない、皮膚に犬特有の脂分がない、においがない、性格が穏やか、寝るのが大好き、、、と非常に飼いやすい犬種。)




しかし昨年の6月、新装開店したペットショップにグレイハウンドたちがやってくる、というイベントに連れて行かれた途端に、開眼してしまいました。


そこに集まっていたグレイハウンドたちは、みんなとてもおとなしく、犬怖い(犬嫌いではなく、怖かった)の私がおそるおそる触ってもうんともすんとも言わないではないか! しかも、その立ち姿の美しいこと。



は~。。。とため息が出るほど。



「グレイハウンド」っていいかも。。



と思うようになりました。



その後、Manukauでやっているレースを時々見に行っては、駐車場の車の中で待機する犬たちを見て、「いいなあ、欲しいなあ」という気持ちを強めていきました。



そして、キャンディの喪が明けた1月にいよいよ計画を実行に移すことに。




まずは70センチしかないフェンスの高さを、1.8メートルにする作業。



DIYでやることを決めていたので、何度もフェンスを測り、何度もホームセンターを訪れ、シュミレーションを繰り返しました。




そして炎天下の2月。 



汗をかきかき、たまに金槌で指を打ったり、色々苦労しながらもなんとかフェンスを張替え、迎えいれる準備バッチリ!




しかし、仕事&仕事の3月は犬のいの字が出ることもなく、昼間は仕事、家には寝に帰る状態が1ヶ月以上続きました。



そして、春休み渡航者がほぼ帰国して、落ち着いた4月のはじめにようやく犬に会いに行ってきました。





私が登録していたのは、Greyhound As a Pet (通称GAP)という団体で、リタイアした犬を養子縁組させる機関。ニュージーランドには4箇所ほどあるようです。



12月頃、この機関に飼いたいという申し出のメールを送ると、最初にボランティアの人が会いに来てくれて、なぜ飼いたいのか、フェンスはどうなっているのか?、どんな犬が飼いたいか?というインタビューがありました。




そのときにお願いしたのは

・男の子がいい (うちの家は女子ばかりだから)

・猫や子犬に対してもフレンドリーな犬がいい。

・穏やかな性格がいい

という3つでした。






そして、フェンスの張替えが終わった頃に、「そろそろ出来た?」と見に来てくれて、受入体制に関してOKをもらえます。



あとは、犬を預かっているKennelから連絡を待つばかりなのですが、私は毎日GAPのFBやホームページをチェックしていたので、「これは!?」と思う犬がいた時に自分から連絡をしてみました。



返ってきた返事は、「多分あなたたちには元気が良すぎるかも」「でも、他の犬にもあわせるね」という内容でした。




そして、いよいよ当日。



6つほど並んだ犬小屋の前に立たされて、一匹づつオス犬を紹介してくれました。



だっ、だっ、だっ、、、と



最初の犬が飛び出して来た途端、腰が抜けそうに驚きました。





でかい!




鹿くらいでかい。




遊んで!と体当たりしてくるその衝撃が、恐怖にすら感じました。




その後に出てきたのも、さらにその後に出てきたのも、



インストラクターの肩に手をかけて立つと、人間よりもでかいではないですか!!



でっかいオス犬相手に猫なで声を出してる妻を横目に、




「こら、あかん。。 こんなにでっかいなんて不可能。無理無理、もう帰る。」




と瞬時に家に戻ろうと思いました。






が、次に出てきた犬が、かなりサイズが小さく、しかもとてもおとなしい黒い犬。




聞けば女の子で、実は一度adoptされたのだが、飼い主の都合で戻ってきたレース経験のない2歳犬らしい。






「一緒に散歩してみる?」



と勧められ、おずおずとリードを持って歩いてみると、これがすっとうまく歩いてくれる。




僕が触ると、さらに体を寄せてくる。




「あれれ、これはどうして? やばいぞ、いいんちゃうの?」




一度出戻りしているだけに、今度は幸せにならなきゃ、とでも思っているのだろうか?




あちこち体をなでてやると、無口にじっとしている。




レース未経験ということは、それだけ闘争本能に欠ける、ということらしい。




養子縁組が出来なければ殺傷処分にされる運命。




この穏やかな性格であれば、大丈夫かな?




そう思い、結局はこの黒いグレイハウンドにしました。



家に連れて帰って今日でまだ3日目。



初めて飼う犬の扱いに、家族みんながあたふたしています。



犬のほうもまだまだ大人しいので、地を見せてないのかもしれないけど、僕がソファに座ると全身をくたっと預けてきて、うるんだ瞳で見つめてくるので、「ああ、俺もう駄目」と、早くもお父さんと化して、変な犬なで声を出してしまったりしています。



他の犬の飼い主たちを見て、「よくあんな声出すよ」と思っていたのに。。




新しい命が家族に加わり、私たちも新しい日々が始まりました。











僕の名前の一部をとって、名前は「ユキ」にしました。



漢字は「幸」なので、ここにいてハッピーな人生を過ごしてもらいたいものです。




もちろん僕たちはすでにハッピーですが。



AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サンドイッチとお菓子とフルーツの3点セットのランチボックスはもう古い!
オーストラリアでは既に流行っている日本スタイルのBENTOがニュージーランドでも流行りそうです。お母さんたちはヘルシーな食事とちょっとしたアイデアで子供たちに楽しいランチタイムを提供するのがこれからのスタイルになると想像すると、ニュージーランドも変わってきたなぁと思いますね。


いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
訳あって自力でフェンスの改装を始めました。


古いピケットをハンマーを使ってはがすと、さび付いた古い釘が残るので、それをペンチを使ってぐいぐい引っこ抜き、途中で折れて頭だけ残った釘は金槌で中に打ち込みます。




週末の炎天下、麦藁帽をかぶり、日焼け防止に長袖を着て、サングラスをかけ、飛び散る木屑を避けるためにマスクをして、コツコツやっていると、ひゃ~、手が水ぶくれに!






ニュージーランドではフェンスの改装などDIYでやってしまう人が多いので、僕も感化を受け自分でやってみようと思い立ったのですが、今日に至るまでの間、どれだけ人の家のフェンスを凝視してきたことか。

散歩の最中も、車を運転しているときも、構造が似ているフェンスや素敵なフェンスを見つけると、頭の中でシュミレーションを繰り返してきました。

何度も計算しなおし、何度もホームセンターに通い、いかに効率的にいかに経済的にフェンスを張り替えることが出来るのか。



2月の週末は時間があれば、フェンス張替えの作業をやっていますので、お近くにお越しの際には陣中見舞いに覗いてやってください。



手の豆はすぐに破れて水が飛び出し、4日経った今はかさぶたになりました。
2日ほど動かすのも辛かった手首もようやく治りました。


さあ、次の週末はあそことあそこの張替え、と頭の中でシュミレーション。






フェンスを張り替えている訳にはついてはまた別の機会に。







いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バンコクとシンガポールでの留学説明会を終えてニュージーランドに戻ってきました。

今回の出張はジャスト1週間でしたが、日本に行くときは毎日に近いくらい移動を続けるので、2都市だけだと移動の数が少なく体が随分と楽でした。

たくさんの新しい出会いがありましたので、今後の仕事が益々楽しみです。







この出張で今更ながら気づいたことは今年の干支が申年であること。


仏教国のタイ、仏教を信仰する人も多いシンガポール。


どちらの国でもこのような表示を目にしました。







生まれた年も入れると人生で5度目の申年!



前回は36歳だったのか~。あの時はまだ独立してなかったのでサラリーマンでした。


その更に前の24歳のときは東京に住みながら、仕事で海外に行きまくってました。



12年に一度しかやってこない自分の干支。


これは意識すべきだし、きっといいことあるに違いない!!



と思っているとシンガポールで見かけたお寺にあったこの表。





ラッキーナンバーは1943だそうです。



宝くじは買わないけど、ちょっと意識してみようかな。















いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ニュージーランドに来ると、コーヒーがおいしい」という評判を仕事の関係者からよく聞きます。
確かに私自身、日本や東南アジアを訪問すると、コーヒーに困ることが多いです。
スターバックスのようなチェーンのお店でさえ、うーん?と眉を上げたりしてしまう。


ニュージーランドにはエスプレッソコーヒーを扱うカフェがたくさんあり、どこでも平均以上のコーヒーを煎れてくれます。


僕自身は以前はFlat Whiteやカプチーノという、牛乳を入れたエスプレッソコーヒーを飲んでいましたが、もともと牛乳が苦手だったので、あるとき思いついてLong Blackというエスプレッソコーヒーのお湯割りを頼んでみました。すると、こくもあって後味も良く、脳にもつーっと染み入るようなカフェイン感を味わうことが出来たので、それ以来、外で飲むときはLong Black. 家や会社で飲むときはフィルターコーヒーのブラックを楽しんでいます。


聞くところによると1980年代になり、ニュージーランドの人たちがどんどんヨーロッパ旅行に行くようになり、そこで初めてエスプレッソのおいしさに出会い、これをビジネスとして持ち込む人が増えて、あっという間に市民権を得たそうです。


Kiwi meets West in 1980'sといったところでしょうか。


カフェビジネスの人気も衰えることがなく、オークランドにはどんどん新しいカフェが出現していますし、カフェビジネスの売買も盛んです。


異国文化をビジネスとして持ち込むということの一端を垣間見ることが出来ますが、これからも多くのKiwiが世界からあたらしいビジネスを持ち込むのでしょうか。



先日の新聞にはニュージーランド人はいかに海外旅行が好きかという特集が出ていましたが、その中でも人気があるのはインドネシアだそうです。

1980年には472人しかいなかった渡航者が2015年は32,780人にも増えています。

やっぱりバリ島人気ですかね。

その他、タイや中国も人気です。



このところ、東南アジア諸国からの直行便も増えていますので、ますますニュージーランド人も外国に遊びに行けるし、それらの国からニュージーランドにも渡航者が増えそうです。










いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
好きな食べ物を1つだけ。


というお題で、あ~わ まで、家族とわいわい言いながらやってたので忘れないうちに。



あ: アイスクリーム! (Love Magunum)


い: いくら!


う: うどん!


え: えーっと、えーっと、エビフライ!


お: おにぎり!




以上。







いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます。


2016年が始まりましたね。今年もよろしくお願いします。



ニュージーランドは1月4日も祝日だったので、本日1月5日から仕事に戻りました。


12月25日から1月4日まで11日間。時々空港に出迎えに行ったりしましたが、実にゆっくりとした年末休暇でした。



年末は恒例行事のキャンプ。オークランドから1時間半ほどのThames。


初日はKarangahake Gorgeで金鉱跡のハイキング。2日目はCoromandel半島をめぐって、トロッコ列車に乗ったり、ミニファームを訪問。3日目はNgateaでブルーベリーピッキングを楽しみました。

キャンプ場ではテントを張っての宿泊。夜は炭火焼バーベキューに満点の夜空を満喫。

なかなか楽しい3日間でした。












年越しのタイミングあたりで、「来年はどんな年にすべきか?」と頭を悩ませ、


飲み会のときには書初めを行い、「自分を鼓舞する言葉は何だ?」と思考を思いめぐらせ、


仕事が始まる前日は、「年始の挨拶は何と言おうか?」


と自分にはっぱをかけるのがいつもの自分でしたが、今年はちょっと違います。



男47歳。この瞬間の人生の真ん中はやっぱり仕事です。(もちろん家族も真ん中だけど)


仕事のことを始終考えていますが、いつも自分の気持ちを乗せるつもりが、かえって焦らせてしまっている時があるので、最強のスタッフたちの力を最大限に引き出し、自分もやるべきことをしっかりやったら、時流がやってくるまで悠長に構えておこう、と思うようになりました。


迷わず行けよ、行けば分かるさ、の猪木節に乗って、どっしり構えて前傾姿勢で前進だ!



いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。