Archive Redo Blog

DBエンジニアのあれこれ備忘録



テーマ:

 

カタクリとギフチョウを楽しんだ後、葛城山だけでは少し物足りないので、ダイトレをたどって水越峠を挟んで対面にある金剛山を目指しました。

 

既に12時半を過ぎていたので少し急ぎ気味で。

 

 

 

5月中旬から下旬に葛城山の山肌を真っ赤に染めるツツジは今はまだ蕾。

 

しかし、足元にはいろんな花が咲いていました。

 

 

 

キジムシロ。

 

 

 

キランソウ。

 

 

 

ヘビイチゴ。

 

 

 

ヤマエンゴサク。

 

 

 

水越峠への下り坂。

 

少しずつ散りゆく桜の花びらがゆるやかに流れる風に舞うのを見るのもいいものですが、少々先を急ぎます。

 

 

 

水越峠を越えると、しばらくはまた林道歩きですが、意外と花が豊富。

 

いろんな花が群生していました。

 

こちらはクサイチゴ。

 

 

 

タチツボスミレもわんさか。

 

 

 

ヤマブキ。

 

 

 

スズシロソウ?

 

 

 

早くもニリンソウも咲いていました。

 

 

 

金剛山の方を見上げると、深い緑の針葉樹の間にまだらに顔を出す鮮やかな新緑、そして桜のピンク色。

 

この季節ならではの実にいい彩りです。

 

 

 

カヤンボというところからは杉林の中の急登。

 

ダイトレらしい丸太階段を黙々と一歩一歩登っていきます。

 

 

 

ここから先はミヤマカタバミがよく咲いていました。

 

 

 

途中、東側が望める場所から見た奈良盆地。

 

うん、下界の景色を楽しむなら、やっぱりこれくらいの高度感、距離感のほうがいいですね。

 
 

 

振り返って葛城山。

 

ツツジの時期には、金剛山から見ても、山頂付近が赤く染まっているのがよくわかります。

 

 

 

葛木山頂から3時間弱で葛木神社に到着。

 

金剛山の山頂はこの葛木神社の神域にあり、入ることはできません。

 

 

 

こちらは一般的に山頂として親しまれている山頂広場(国見城跡)。

 

登山者の間では、この金剛山頂の看板と時計を中央に捉えるライブカメラが設置されていること、そしてそのライブカメラが1時間ごとに静止画を撮影し、ホームページにアップすることが知られており、毎時0分前になると、写真に収まろうと人が集まってきてカメラに向かってポーズをとったりしています。

 

それを面白いと思ったのでしょう、ちょうど今週末、NHKの「ドキュメント72時間」という番組で、この金剛山のライブカメラを取り上げるようです。

 

見かけるとついつい見入ってしまうこの番組。

 

このライブカメラにどんな人たちがどんな思いで集って来るのか、是非見てみたいです。

 

 

下山は千早本道をスタスタ歩いて35分。17時前に登山口に着きました。

 

 

この時期、どれくらい歩けるものかと、葛城山と金剛山の二座を欲張ってみましたが、思ったほど疲れませんでしたし、回復も早かったですので、だいぶ地力がついてきたように思います。

 

不安なく歩けるのはうれしいですね。さらにどんどん歩きたくなってきます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「散策日記」 の記事

テーマ:

 

快晴の日曜日、カタクリとギフチョウを見たくて葛城山へ。

 

葛城山へは大阪側、奈良側から何本もの登山道がありますが、電車・バスを使ってなるだけ朝早く山頂部に行けるコースを検討した結果、弘川寺から登ることにしました。

 

 

 

ここ弘川寺は西行終焉の地としても知られるお寺で、境内奥には西行の墓、西行墳があります。

 

 

 

西行墳は江戸時代に西行を慕ってこの地を訪れた歌僧以雲法師が発見したものだそうで、その後、以雲法師は西行墳の周囲に桜を植え、自らの庵を建てて住み、この西行堂を建立するなど、生涯を西行追慕に捧げたそうです。

 

 

 

西行墳の奥には西行桜山周遊路という散策路があり、もう大部分は散っていましたが、少しだけ名残りの桜を見ることができました。

 

 

 

足元にはゼンマイがいっぱい。

 

 

 

弘川寺から葛城山へは大半が林道。

 

本来は寺の前の道を登って行くようですが、案内図に寺の奥の西行桜山周遊路から林道に抜けれそうに書いてあったので、そのまま押し通してみたのですが、道の分岐が多い割に案内が今一つ不明瞭で抜け出すのにずいぶん時間を要してしまいました。

 

林道に向かう途中、西側が開けた場所があり、大阪平野が一望できたところだけがよかったです。

 

PLの塔もはっきりわかる距離感がちょうどいいです。
 
葛城山の山頂まで登ってしまうと、遠すぎるんですよね。

 

 

 

目の前の斜面にはタラの芽がわんさか。

 

高枝切りばさみを貸してください...

 

 

 

林道には特に見どころはありませんでしたが、山頂に近づくとショウジョウバカマがたくさん咲いていました。

 
 

 

出発から2時間半でダイトレに合流し、山頂部に到着。

 

時刻はすでに10時45分。

 

登山者にロープウェイで上がってきた人も加わり、結構、賑やかでした。

 

 

 

山頂に行く前に、カタクリとギフチョウを見に自然研究路に向かうと、早速ギフチョウが舞っていました。

 

ギフチョウを見るのは今回が初めて。

 

見た目が普通のアゲハチョウに似ているので、それくらいの大きさをイメージしていたのですが、アゲハチョウより一回り小さいのですね。

 

 

 

道沿いに咲くスミレの花から花へと蜜を吸いながら飛び回っているのを、大勢の人がカメラで追っていまました。

 

 

 

自然研究路の斜面にはカタクリが満開でした。

 

 

 

カタクリの周りにも時々ギフチョウが飛んできました。

 

しかし、カタクリに止まって吸蜜するギフチョウの写真を狙ってしばらく待ってみたものの、なかなか止まってくれません。

 

 

 

カタクリに止まってくれと念じながらギフチョウを目で追っていると、近くの木に夏鳥のキビタキ♂が飛んできました。

 
喉から胸元にかけてのオレンジと黄色が鮮やか。
 
しばらく冬鳥ばかり見ていたので、新鮮です。

 

 

 

ギフチョウを置いといて、しばし、キビタキを観察。

 

そうしている間にカタクリに止まっていたかもしれません...

 

 

 

キビタキが去り、再びギフチョウに目を移すと、すぐ目の前の地面に降りてきました。

 

ほとんど地を這うように飛び、こうして地面に止まったりもするので、ぼんやり歩いていると踏みつけてしまいそうです。
 

 

 

カタクリに止まるギフチョウを諦めて、自然研究路から山頂へ。

 

途中、遠目ですがオオルリ♂を見ることができました。

 

 

 

焦って撮ったのでちょっとピンボケです。

 

キビタキにオオルリ。夏鳥の季節到来ですね。

 
 

 

白樺食堂テラスのコブシ。

 

もう終わりかけですが、青い空に白くて大ぶりな花がよく映えます。

 

 

 

山頂に向かう斜面にもカタクリがちらほらと咲いていました。

 

そんなカタクリを見ながら登っていると、自然研究路では待てども待てども止まってくれなかったギフチョウが、すぐそばのカタクリにあっさりと止まってくれました(笑)

 

自然ってそんなものですよね。自分の思うようにはなりません。

 

 

 

そして、葛城山頂に到着。

 

快晴で暑くも寒くもなく、ピクニック日和です。

 

 

(2)へつづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

平野部では桜も終わった週末、春の花を探しに藤原岳に登ってきました。

 

 

 

前回は表登山道(大貝戸道)をピストンしたので、今回は裏登山道(聖宝寺道)から登ってみました。

 

 

 

表ほどではありませんが、それほど歩きにくいところもなく十分に整備された道です。

 

 

 

まだあまり花は咲いていませんでしたが、六合目だったか七合目だったか、少し日当たりのいい開けた場所にニリンソウが少し咲いていました。

 

 

 

八合目で近くなると花はまだ先ですがバイケイソウが群生していました。

 

 

 

八合目で表登山道と合流すると、九合目前後では、おやおや、福寿草が真っ盛りでした。

 

 

 

前に来たときは3月末で福寿草が盛りで、今回は福寿草後の花を期待して来たのですが、

 

 

 

うーん、今年は少し遅いんですかねぇ、まだまだ福寿園でした。

 

 

 

藤原山荘近くまで来ると残雪がありましたが、アイゼンは不要。

 

でも、ぬかるんでるのでスパッツはほしいところ。

 

 

 

藤原山荘前を左に折れて山頂の展望台を目指します。前回来た時には建設中だったトイレが完成していました。

 

 

 

山頂の展望台。いい天気です。

 
 

 

 

南には竜ヶ岳とその向こうに御在所山、

 

 

 

北西には御池岳がよく見えます。

 

 

 

山頂は混んでたので、すぐ戻ります。

 

 

 

途中、馬酔木がたくさんありましたが、まだ咲いているのはごくわずかでした。

 

 

 

藤原山荘から天狗岳にも行ってみました。途中よく見かけたのはヒロハノアマナ。

 

 

 

わずかですが、キバナノアマナもありました。

 

 

 

そのほかには、ネコノメソウ。

 

 

 

アズマイチゲ。

 

 

 

キクザキイチゲ。

 

アズマイチゲとよく似ていますが、違いは葉が菊のようにギザギザしているところ。

 
 

 

セツブンソウも残ってました。

 

 

 

天狗岩。藤原岳山頂より標高高いんですね。

 

 

 

藤原山荘まで戻り、表登山道で下山します。

 

 

 

福寿草の群落を見ながら下ります。

 

 

 

今回はこれ目当てではなかったんですが、やっぱりいいですね。

 

 

 

帰りもあまり花は見つけられませんでしたが、ヒトリシズカや、

 

 

 

タチツボスミレなどがありました。

 

 

 

おまけで登山口のミツマタとアセビ。

 

 

今回は福寿草よりも時期の遅い花を目当てに登りましたが、一番楽しみにしていたミノコバイモは見つけられず。

 

どういうところにどういう風に咲くかがわかってないと、見逃しが多くなりますね。

 

まだまだ花を見つける能力が低いです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

桜が満開を迎えたものの、あいにくの天気の週末。

 

がっつり花見はあきらめて、今日から始まる特別展「快慶」でも観ようと奈良国立博物館へ出かけました。

 

 

 

と、その前に、奈良国立博物館の向かいにある桜の名所、氷室神社に立ち寄りました。

 

 

 

どんよりした空模様ですが、見事に満開です。

 

 

 

氷室神社の拝殿への入口、四脚門の前には奈良で最も早く咲く「奈良一番桜」として有名なしだれ桜があります。

 

 

 

このしだれ桜、樹齢100年とも言われる老木で、数年前に傷んだ枝を切除するなど、樹勢回復のための治療を行ったとのことで、上の方はだいぶ寂しくなっていますが、それでも頑張って花をつけていました。

 

 

 

そういう痛々しさもあって、このしだれ桜だけだと、受ける印象としては寂しさが勝るところですが、傷ついた老木を励ますかのように周りの桜も時を合わせて一斉に満開を迎えており、十分に華やかさを感じます。
 
 
 
こじんまりとした神社で、桜の木の下に敷物を敷いて花見を楽しむような場所でもなく、メインになる観光スポットでもありませんが、東大寺、興福寺、春日大社などに囲まれた場所にあり、周辺の散策がてら多くの人が立ち寄って写真を撮ったりして、なかなかの賑わいでした。
 
 

 
鹿も花見を楽しんでいます。
 
 
 
この氷室神社は氷の神を祀る神社で、冷凍・製氷などの業界の信仰を集めているそうですが、おみくじを氷に貼り付けて浮き出た文字を読むという「氷みくじ」という珍しいおみくじがあったり、「ひむろしらゆき祭」というかき氷のお祭りがあったりと、最近は一般の人にも親しまれている神社のようです。
 

 

 

さて、奈良国立博物館の「快慶」です。

 

初日ということでしたが、それほどの混雑はなく、比較的ゆっくりと観賞できました。

 

仏像に対してはまだそれほどの興味も知識も持っておらず、快慶といえば、運慶と並び称される大仏師で、東大寺南大門の金剛力士像が有名だということくらいしか知らなかったのですが、今回、だいぶイメージが変わりました。

 

快慶は自らを「(アン)阿弥陀仏」と称したように、仏師以前に熱心な阿弥陀信仰者で、様々な仏像を手掛ける中で、阿弥陀如来立像をとりわけ多く作成したそうです。

 

そして、彼が理想を追求し、確立した阿弥陀如来立像の形は後に「安阿弥様」と称され、来迎形阿弥陀の一つの典型として長く受け継がれていったとのこと。

 

確かに快慶作の数々の阿弥陀様を見ていると、これぞ阿弥陀様という安心感があるといいますか、何の知識もなく仏像を見ている私にも、快慶の作り出した形というものが受け継がれてきているのだなということを実感します。

 

いやいや、なかなか勉強になりました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今年2度目の神戸市立森林植物園。

 

日本野鳥の会主催の探鳥会があるということで参加してきました。

 

9時半スタートで北側のエリアから探鳥を開始し、早々にトラツグミに遭遇。

 

あまり動き回らない鳥で、かつ珍しいからということでかなり長い時間を割いていただいたこともあり、じっくりと観察できました。

 

尻尾をフリフリしながら、ノソノソと歩き回って地面をほじくり返している姿がとてもかわいらしい鳥です。

 

 

 

こちらはトラツグミを観察していた時に誰かが見つけてくれたイカル。

 

高い木の梢に止まって、とてもきれいな声でさえずっていました。

 

最近、この声を耳にして、姿を探してみるも見当たらずということが何度かあって気になっていたんですが、探鳥会のおかげでようやく正体がわかりました。
 

 

というように、こういう会に参加すると、自分一人で探すよりもずっと多くの鳥を見つけることができたり、いろんな話を聞けたりして、とても勉強になります。

 

ただ、この日はトラツグミに時間を費やし過ぎたこともあり、思っていたほど多くの鳥には出会えませんでした。

 

このあたりは大勢で動くことのデメリット。一長一短ですね。

 

うまく使い分けたいところです。

 

 

 

探鳥会の前後にも鳥を探してみましたが、この日よく見られたのは、ツグミ、シロハラ、ホオジロ、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリあたり。
 
ホオジロはさえずりも聞けました。
 
 
 
あとは、このコゲラや、アトリ、エナガ、シメ、ハクセキレイ、マヒワ、ノスリ、ルリビタキ♀、ジョウビタキ♀。
 
全体的に1月よりも鳥が少なかったような気がします。
 
 
 
帰り際に出てきたジョウビタキ♀。
 
スプリンクラー好きのなかなかの美人さんです。
 
 
 
さて、忘れてならないのは、ここは野鳥園ではなく植物園であるということ。
 
3月となり、早春を彩る花も咲き始めていました。
 
お日様を浴びてしっかり開いたフクジュソウ。
 
 
 
控えめに可愛らしく咲くセツブンソウ。
 
 
 
バイカオウレンは終わりかけ。
 
 
 
そして、一番華やかに咲いていたのはユキワリイチゲ。
 
 
 
朝は閉じていたんですが、昼に再び見てみると日光を浴びて純白の花びらが大きく開き、光輝くような美しさに変貌していて驚きました。
 
 
もう少しすると木々も芽吹き、花も続々と咲き始め、鳥の方も冬鳥が去り夏鳥が訪れるなど、変化が大きくなってきますので楽しみですね。
 
また山野を歩き回ってみようと思います。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。