1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-23 07:00:00

リノベーションはパートナー選定を慎重に!

テーマ:ブログ

昨日、とある家創りの打合せへ行ってきました。

 

こちらの家。

建て替えという選択肢がなく、現状の大きさを変えず、

使い勝手を変えるため、間取りを変えてしまう、

リノベーションを計画しています。

 

昨日は、ちょうど、見積もりが出て、その予算調整でした。

 

減額案も提示させていただいたので、

次回までに、御家族でじっくり考えていただいて、

今後の方針を出していただく予定です。

 

こちらの家ではないのですが、

リノベーションを選択される方もふえてきています。

 

例えば。

 

昭和50年代くらいに建てられた、和風な家。

メンテナンスはされていたので、外部はとってもいい状態です。

 

こちらの家を中古で購入されて、リノベーションされた

若い御夫婦がいらっしゃいます。

 

よくありますが、こちらは、リノベーション前。

 

内装が痛んでいたり、汚れているのは当然として、

気になるのは、リビングとダイニングを分けてしまっている

間仕切りと引き戸ですよね。

 

もう少し開放的にしたいところ。

 

壁を抜いていいのか。

柱を抜いていいのか。

 

勘を頼りにするのもよいのですが、

しっかりと骨組みを見ながら進めたいところです。

 

 

実は。。。。

リノベーションは、増築がなければ、法的なチェックが入りません。

なので、工事する者の裁量で、どんな工事も出来てしまいます。

 

少し変ないい方なのですが、

熟練の大工さんだからといって、構造に詳しいわけではありません。

 

大工さんの力量や技術は頼りになりますが、

こと構造のついてだけは、それが全てではないと思っています。

 

これは、新築を工事しているから大丈夫ということでもありません。

 

しっかりと構造の専門家に相談しながら、

耐震改修をしていくことが大事なんだと思います。

 

 

あと。

断熱について。

 

この時代は、断熱という考え方がないため、

リノベーションする機会に、しっかりと断熱改修しておきたいですよね。

 

以前、こんなことがありました。

 

改修するか、新築するかを迷ってらしたお客様。

私は新築をお勧めしました。

 

ただ、最終的には改修を選択。

 

工務店?に依頼して改修してもらったようです。

 

数年したら、メールをいただきました。

別の箇所を改修したいので、相談に乗ってほしいと。。

 

いろいろ話を聞いてみると、断熱材をしっかり充填したのですが、

改修しなかったところには断熱をせず。。

そこは、結露がひどくて、収納として機能しないそうです。

 

私からすれば、「結露して当たり前」な工事。。。

 

基礎的な知識のない施工者が工事をすると

こんな感じなんだなと痛感しました。

 

 

依頼者からすると、みなプロですよね。

しっかりと見極めていきたいですね。

 

 

そうそう。

最後に、前の写真がどうなったのか。

 

どうですか?

リノベーションは、とっても魅力あります。

 

でも。

パートナー選定は慎重に!!

 

 

 

さぁ。

 

今日も家創り愉しんできます!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-22 07:00:00

目隠しルーバーにもいろいろあります!

テーマ:ブログ

昨日、このところ、採用する機会に恵まれている

目隠しルーバーについて、整理してみました。

 

 

こちらの事例。

 

ついつい、ガレージに目が行ってしまいますが、

ポイントは、右手上にある目隠しルーバー。

 

この写真のアングルで見ると、中が結構透けて

いますよね。

 

角型の部材を、並べて取り付けると

当然ですが、この透け感になります。

 

ただし、全面道路があまり広くないことと、

2階を隠していることから、

全面道路を通行する人の視点からは、

ほとんど中を見通せません。

 

少しでも多く風通しを実現したかったので、

こちらの家では、この角型のルーバーを採用しました。

 

こちらの家の目隠しルーバー。

隣の駐車場から見ていますが。。。

 

中の様子は伺えませんね。

 

先ほどの事例は、見上げるカタチなので、

角型でよかったのですが、

こんな状況の中ですと、中は丸見えになってしまいます。

 

しっかりと隠すために、少し工夫された

形状になったルーバーを採用しています。

 

ちょうど、L型のような形状ですかね。

 

ちょっとした工夫なのですが、このおかげで、

見通しにくいのですが、風通しは確保できているんですよね。

 

ただ、通常の角型よりは、少々風通しが少なそうです。

 

こちらの場合は、2階で採用しているので、

角型でもよかったのですが、前面道路からのプライバシーを

しっかり確保するため、L型のタイプを採用しています。

 

夜であっても、ほとんど中の様子を伺い知ることはできません。

 

 

現段階では、形状としては、この二種類くらいでしょうか。

 

敷地の状況によって、上手に使い分けるといいと

思いますよ。

 

 

 

そうそう。

もうひとつ大事なポイント。

 

ルーバーに、木材を採用する建築家さんも多いのですが。。。

 

もちろん、本物の良さはあります。はい。

でも。。

 

木材を屋外で使用する場合は、メンテナンスが必要です。

 

平屋での採用でしたら問題ないのですが

2階以上での採用では、数年に一度は塗装が必要ですので、

ご注意くださいね。

 

ちなみに、私は、基本的にアルミ製のルーバーを採用します。

 

 

私は、しっかりとメンテナンスも考えて

家創りはご提案したいので。

 

 

さぁ。

今日も家創り愉しんできます!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-21 07:00:00

間接照明を採用する時の注意点って?

テーマ:ブログ

宮崎のマンゴー。

「太陽のタマゴ」ですね。

 

ビックリするほどの甘さらしいのですが、

あまり口にしたことはありません。

 

しかし。

この時期、こういったフルーツを見ると、

何だか癒されます。

 

きれいな、自然の色だからでしょうかね。

 

自然の力って、すごいなと想います。

 

さてさて。

 

昨日は、とっても暑かったのですが、

一昨日に続いて、現場を見てきました。

 

こちらは、ちょうど基礎を打ち終えて、型枠を解体中。

コンクリートは、とてもきれいに打てていました。

 

出来上がりをみながら、中を歩いてきたのですが、

やはり、すごく大きい。

 

実は、この現場の前に、別の家創りで

同じくらいのプロセスで、基礎を見てきたから余計に

感じたのかもしれませんね。

 

建築あるあるなのですが、

お客様に、基礎をご覧いただくと、

「こんなに小さかったっけ?」とおっしゃる機会が多いです。

 

建て方過ぎると、その感覚も和らいできますが(笑)

 

 

同じくらいのタイミングで、建て方予定。

すんごく愉しみですね。

 

夕方からは、とある家創りで、お客様の最終検査でした。

一部残工事があったため、それをメインで確認でした。

 

こちら。

玄関ホールから階段へつながる箇所なのですが、

壁際の間接照明が、以前ついていませんでした。

 

玄関ホールの明るさはどうかと思っていましたが、

全然大丈夫になりました。

 

間接照明は、雰囲気創りだけではないんですよ。

 

しっかりと明るさ感を出すこともできるので、

普段つけておくのであれば、主照明の一部として

採用するのもよいと思います。

 

そうそう。

このショットから。

 

写真の具合で、明るいところが飛んでしまっていますが。。

 

ツヤのある壁仕上げにする場合は、間接照明の取り付けには

注意が必要です。

 

照明器具自体が、反射して、丸見えになってしまいます。。

 

ちょっとしたことなのですが、

間接照明を採用する際は、注意しましょう!

 

検査はしっかり完了。

 

いよいよ引き渡しになりそうです。

 

 

さぁ。

今日も家創りしてきます!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。