前回までの配信では妊婦さんに効果があるというお話をしました

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの配信でまだまだお伝えしきれないことがあります

 

ロイテリ菌のさらにすごい効果をお話していきたいのですが

 

 

その前に知ってもらいたいことがあります!!

 

 

歯を失う原因の

 

第1位は歯周病(顎の骨が溶けるお口の病気)

第2位は虫歯(歯が溶けるお口の病気)

 

 

歯周病になる原因は歯周病菌です

 

 

では虫歯になる原因菌は?

 

 

虫歯菌です!!

 

名前のままですね(笑)

 

 

虫歯になる原因菌の代表的な細菌にミュータンス菌というのが存在します

 

このミュータンス菌は

 

 

歯の表面にネバネバしてくっついてきます

 

 

そしてプラークという塊を作って仲間を集めて歯に付着します

 

 

その後、お砂糖の糖を栄養にします

 

 

糖を栄養にして歯を溶かす酸を出します

 

 

 

酸によって歯が溶け続けたのが虫歯です

 

 

 

虫歯の原因は自分の口の中のミュータンス菌が原因なんです!

ご存知でしたか?

 

 

唾液中にミュータンス菌が多い虫歯になりやすくなり

ミュータンス菌が少ない虫歯になりにくくなります

 

 

このミュータンス菌の唾液中にいる量は3歳までに決まってしまいます

 

 

生後19か月から31か月の乳歯の奥歯が生える頃から生えそろうまでの時期があり、この時期のことを

感染の窓と言います

 

この時期に大人からミュータンス菌がたくさん唾液感染すると

一生涯虫歯になりやすいお口の環境になります

 

 

スウェーデン・イエテボリ大学(世界で有名な歯科大学の一つ)の研究では、2歳までに虫歯菌の感染がなかった子供が4歳になったときの虫歯の本数はわずか0.3本でした

一方、2歳までに虫歯菌の感染があった子供が4歳になった時には、虫歯の本数は5本ありました

虫歯のになりやすさに16倍の差があるという報告があります

 

 

 

アメリカ・ロンチェスター大学(ノーベル賞受賞者・小柴昌俊博士の出身大学)での研究では口の中の虫歯菌が少ない母親(10³CFU/ml以下)の母子感染率が6%だったのに対し、口の中の虫歯菌が多い母親(10⁵CFU/ml以上)の母子感染率は58%となりました

感染率は9.6倍もの差があるとう報告があります

 

 

 

 

 

 

ミュータンス菌は家族感染します!!

ミュータンス菌の保菌者による唾液感染です!!

 

 

 

もしミュータンス菌がお口の中に1匹もいなかったらどうなると思いますか?

 

一生涯、虫歯になりません!

 

しかし、人間は無菌状態で生きているわけではないので、しっかりとご自身での毎日のケアが必要になります

 

毎日のケアができなかったので、虫歯になってしまったわけです

 

 

 

これまでの話を聞くとなんだが怖くなってしまいますが、

自分自身も、次の世代にも辛い思いをさせないためにもまずは歯が悪くなる原因と感染時期を知ることです

 

 

次回は、

この唾液感染してしまったミュータンス菌の除菌の仕方を配信していきます

 

 

 

 

《《 診療時間 》》


平日 9:00~12:30/14:00~19:30
土曜日 8:30~12:30/ 13:30~17:30
日曜日 8:30~13:30(日曜日はお昼休みなし)
休診日/木曜日・祝日

 

共有駐車場48台(2時間まで無料)
天気の悪い日などはお車でご来院下さい

 

 

 

アーブル歯科クリニックホームページはこちらから

 

http://www.arbre-dc.com/index.html

 

 

歯のことでお困りなら24時間ネット予約

(初診の方のみ)

 

パソコンの方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=2964

 

携帯の方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=2964

 

 

 

 

 

地域の皆様のかかりつけ医

津 田 沼 ク リ ニ ッ ク モ ー ル

ア ク セ ス

 

 

習志野市JR津田沼駅南口より徒歩5分
南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

バクテリアセラピーを用いた歯周病治療はどんな効果があるの?

 

クリーニングの実施の有無にかかわらず

乳酸菌L.ロイテリ菌の摂取で歯周病菌を抗生物質と同レベルの

 

95%抑制

 

できることが確認されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※歯周病菌だけ減少するだけでなく歯の周りの歯石は除去しクリーニングすることをお勧めしています

 

 

現在、日本では、10に1人

低体重児や早産で生まれています

 

妊娠中は、女性ホルモンの関係やお口のお手入れを

怠りがちになるため、

約8割の妊婦さんが歯周病になっています

 

歯周病があると、歯周病菌が歯肉の血管に入って

血流とともに全身を周り、

羊水内に入り込み

歯周病菌が産生する毒素が胎児に悪影響を与えたり、

子宮の異常収縮を促すことで

低体重児や早産の原因になると考えられています

 

 

 

お腹の中の新しい命のためにも妊娠中は歯周病菌の減少させることが重要です

 

 

 

L.ロイテリ菌を継続的に摂取することでお口の中のネバネバするプラークが減少し

歯石の付きにくい口腔内環境を整えやすくなります

 

 

 

 

バクテリアセラピーで使用するロイテリ菌は妊婦さんと赤ちゃんの頼もしい味方です

 

乳酸菌 ロイテリ菌はこんなに活躍します!!!!

 

ロイテリ菌は、初乳ととのに赤ちゃんの体内に入って定住し、免疫システム、整腸、病原菌、ウィルスの駆除など非常に幅広い役割を担っている、人間の身体を守る基本の力となる特別なプロバイオティクスです

 

また、ロイテリ菌は国際特許を取得している乳酸菌

 

 

 

 

 

 

お母さんの初乳からアレルギー発生物質が出てきることをご存知ですか

 

出産4週間前の妊婦109名を対象にした研究では

母乳中からアレルギー発生物質が出ていた妊婦さんはロイテリ菌を摂取することで、母乳中からののアレルギー発生物質が減少することがわかりました

 

また炎症を改善するための免疫システムであるIL-10はロイテリ菌を摂取することで

増加し、免疫力が高まっていることがわかりました

 

 

青の棒グラフがアレルギー発生物質の量

紫の棒グラフが免疫力が高まるIL-10の量

 

 

 

バクテリアセラピーの世界

人間の身体は様々な菌によって守られています

 

バクテリアセラピーは体(は)に悪さをする菌(虫歯菌や歯周病菌)を減らし

健康な状態を取り戻すという予防方法です

 

 

 

 

次回は、まだまだあります ロイテリ菌のすごいところ!

 

を配信していきます

 

 

 

 

《《 診療時間 》》


平日 9:00~12:30/14:00~19:30
土曜日 8:30~12:30/ 13:30~17:30
日曜日 8:30~13:30(日曜日はお昼休みなし)
休診日/木曜日・祝日

 

共有駐車場48台(2時間まで無料)
天気の悪い日などはお車でご来院下さい

 

 

 

アーブル歯科クリニックホームページはこちらから

 

http://www.arbre-dc.com/index.html

 

 

歯のことでお困りなら24時間ネット予約

(初診の方のみ)

 

パソコンの方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=2964

 

携帯の方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=2964

 

 

 

 

 

地域の皆様のかかりつけ医

津 田 沼 ク リ ニ ッ ク モ ー ル

ア ク セ ス

 

 

習志野市JR津田沼駅南口より徒歩5分
南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

 

AD

スウェーデンで国際特許を取得した特別な乳酸菌を使用して歯周病菌を抑制する安心・安全な方法が見つかりました

 

 

アーブル歯科クリニックはすスウェーデンのバイオテクノロジーに基づいた母乳由来の乳酸菌を利用した画期的で新しい歯周病治療(バクテリアセラピー)を導入しています

 

 

バクテリアセラピーとは

善玉菌(有益菌)の力を利用して

病きの治療や予防を実践する新しい医療技術のことです

 

すでに世界80か国の医療機関で実践されています

 

このプログラムは抗生物質(薬)の代わりに特別な乳酸菌を使用して歯周病菌を抗生物質と同じレベルまで抑制する安心で安全な方法です

 

この特別な乳酸菌のことを

 

『 L.ロイテリ菌 』

 

と言います(以下 ロイテリ菌)

 

このロイテリ菌は実は、人間が初乳を通してはじめてお腹に入る乳酸菌です

 

ヒト母乳由来の乳酸菌で自ら天然の抗生物質であるロテイリンを産生し、ヒト免疫システムの調整を行いながら、様々な疾患の予防・治療に働きかけます

 

 

 

 

 

 

 

抗生物質で歯周病菌を改善する場合は身体に良い菌まで除菌してしまいますが、このロイテリ菌の場合は良い菌に影響を与えることがわかっています

 

 

 

 

 

 

ちょっと一息照れ

スウェーデンってどんなところ?

 

 

 

ノルウェーとフィンランドに挟まれた細長ーい国

 

 

 

 

 

私たちの身近なところにもスウェーデン発祥のものがあります

 

 

次回は、バクテリアセラピーを用いた歯周病治療はどんな効果があるの?

 

です

 

 

 

 

 

 

 

 

《《 診療時間 》》


平日 9:00~12:30/14:00~19:30
土曜日 8:30~12:30/ 13:30~17:30
日曜日 8:30~13:30(日曜日はお昼休みなし)
休診日/木曜日・祝日

 

共有駐車場48台(2時間まで無料)
天気の悪い日などはお車でご来院下さい

 

 

 

アーブル歯科クリニックホームページはこちらから

 

http://www.arbre-dc.com/index.html

 

 

歯のことでお困りなら24時間ネット予約

(初診の方のみ)

 

パソコンの方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=2964

 

携帯の方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=2964

 

 

 

 

 

地域の皆様のかかりつけ医

津 田 沼 ク リ ニ ッ ク モ ー ル

ア ク セ ス

 

 

習志野市JR津田沼駅南口より徒歩5分
南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

 

 

 

 

 

 

 

AD