POICウォーターってなあに?

 

POIC (ポイック)
Professional Oral Infection Control 

(専門的口腔感染症予防)を意味します。

 

タンパク分解型除菌水とも言います

 

 

POICウォーターは

次亜塩素酸(HCLO)という人体に元来備わっている除菌成分が含まれています

 

次亜塩素酸は白血球の持つ除菌能力の本質です

 

・人間の体内で白血球(好中球)が細菌を死滅させる過程において、主に作用しているのは「次亜塩素酸」(HCLO)と言われています

 

・次亜塩素酸を用いた除菌方法は、その除菌力と安全性に着目した点にあります

 

・口腔内約20秒で治療する場所を除菌できます

 

 

 

POICウォーター(タンパク分解型除菌水)の特徴

 

今までの除菌水ではできなかった、タンパク分解洗浄をしながら除菌を同時に行うことができます。

 

タンパク分解の際の酸性物質により、それ自身が次亜塩素酸イオンから次亜塩素酸に形を変え、結果として強力な除菌水に変化していくところに大きな特徴があります。

 

生成直後は、タンパク分解洗浄の主役である次亜塩素酸イオン(OCL‾)が約480ppm、消毒の主役である次亜塩素酸(HCLO)が約20ppmに設定されており、食品添加物の規定である次亜塩素酸の上限80ppmよりもはるかに低い濃度で、安心して外用にてご利用できます。

 

また、口に含んで約10秒間でpH9.0から7.0に急降下し、20秒間でpHが6.5になります。

 

その時点でHCLOが20ppmから80ppmに上昇し、OCL‾は洗浄に消費され、ほとんど「0」ppmになります。

 

いかなる消毒滅菌行程においてもアルカリ洗浄後に酸性消毒液を用い滅菌するという、当たり前の行程を同時にできる機能を持った画期的なタンパク分解型除菌水が誕生しました。

 

 

プラークは虫歯菌・歯周病菌の塊で、歯の表面に付着します。歯の表面のネバネバは食べ物がカスだと思っている方が多いですが、自分の口の中の細菌の塊です。

虫歯菌・歯周病菌はプラークという集合体で守られているため、プラークを分解しないと殺菌できません。POICウォーターはまず、歯の表面のプラークを分解します。

その後に細菌を殺菌する仕組みで除菌していきます

 

市販の洗口液は、プラーク分解能力が低いため、同時に殺菌力も低いと言えます。

 

 

 

 

歯科治療に使用する除菌水をPOICウォーター(タンパク分解型除菌水)言いますが、

企業ではピュアスター水として、POICウォーターと同様に企業でも同じ成分で食品や生産ラインを殺菌しています

東京ディズニーランドでは微酸性電解水という名前で使用しています

 

 

 

 

 

 

 

 

POICウォーターって

聞いたことないけど安全なの?

 

POICウォーターは、不純物を極限まで取り除いた「超純水」と純度99.9%の「塩」を混合し「電気分解」した薬品を全く使用しない、殺菌水です。

市販されている洗口液は、薬品を使用し殺菌力を高めています。
また、薬品を使用していますが効果・安全性はPOICウォーター半分程度しかありません
なぜなら、市販の洗口液はプラーク(タンパク質汚れ)を分解する能力が少ないからです

POICウォーターは洗口の中にプラーク(タンパク質汚れ)を分解してから、プラークの下にある悪い細菌を殺菌する2つの効果があるため、虫歯菌・歯周病菌を殺菌してくれます
薬品を一切使用していないため、間違って飲んでも安全です
子供から妊婦さん、ご高齢の方でもホームケアに安心してご使用頂けます

 

 

POICウォーターは
また、次亜塩素酸(HCLO)という成分が含まれています

次亜塩素酸は人体由来の免疫成分(白血球が体に入ったウィルスを死滅させる時に出す成分)であり、とても安全性が高いことで知られていますが、食品添加物の規定上限が80ppmと決められております。
このPOICウオーター(エピオス水)(タンパク分解型除菌水)は20ppmとその基準にも合致しております。また、食品分析センターにおける安全性試験においてもその安全性は認められております。

 

 

 

 

 

市販の洗口液とPOICウォーターの違い

 

 

 

 

市販されている洗口液は、薬品を使用し殺菌力を高めています。


また、薬品を使用していますが効果・安全性はPOICウォーター半分程度しかありません
なぜなら、市販の洗口液はプラーク(タンパク質汚れ)やウィルスを分解する能力が少ないからです

 

 

薬品を一切使用していませんがノロウィルスや様々な細菌に効果を発揮することが証明されています

 

 

 

 

 

 
 
 

《POICウォーターの使い方》

 



使い方はとっても簡単、

キャップのメモリで5~10ccを、

原液のまま口に含んで
強めにブクブクと20秒ほどうがいをしてください

 

 

 

この段階でプラークが分解されはがれやすくなります

 

その後、POICウォーターを口に入れたまま(お口に入れたままにできる量)、

歯ブラシで、歯と歯茎の間にいれこむように細かく全体的に磨くとプラークが除去しやくなります

 

 

 

 

 

Q,うがいの途中に感じるプールのような匂いはなんですか

 

A,口腔内のタンパク汚れが分解するときの気体臭で、「クロラミン」と言います。汚れが多いほど臭いを強く感じますが、継続して使用し綺麗になると薄れてきます。刺激が強いと感じたら、ポットのお湯で半分くらいに薄めてご利用下さい。

 

 

 

Q,人体に対して安全性なのでしょうか

 

タンパク分解型除菌水は、超純水と塩(塩化ナトリウム・局方品)を用いて生成されているため、人体に害を与えません。また、次亜塩素酸(HCLO)は人体の免疫成分であり、とても安全性が高いことが知られていますが、食品添加物の規定により上限が80ppmと決められています。タンパク分解除菌水は20ppmとその基準にも合致しており、食品分析センターにおける安全性試験においてもその安全性は認められています。

 
Q,妊娠中でも影響はないのでしょうか
 
A,次亜塩素酸は人体の免疫成分のため、問題ありません。妊娠初期はつわりなどでブラッシングがきちんとブラッシングができない場合もあります。食べつわりなど酸っぱいものを好む場合には、お口の中が酸性状態が続き虫歯になりやすくなります。POICウォーターがお口に合うのであれば毎日の使用をお勧めしています。
また、妊娠中は女性ホルモンの影響で歯周病菌(嫌気性菌)が増殖し、歯周病の悪化や口臭の原因にもなりますので、積極的に使用して下さい。
 
 
 
妊娠中の歯周病による早期低体重児出産のリスク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Q,次亜塩素酸ナトリウムとどこが違うのですか
 
A,精製方法が大きく違います。次亜塩素酸ナトリウムは苛性ソーダ(NaOH)に塩素ガス(CL2)を封入し、その化学変化によって精製されます。その際、すぐに塩素ガスが抜け出し、不安定になるため、数パーセントの苛性ソーダ(NaOH)が残されます。よって常に、NaOCL,CL2,NaOHが化学反応をしながら安定性を保っています。しかしpHが強アルカリであるため、とても口腔内粘膜に使用することは困難です。タンパク分解型除菌水は純粋と塩のみで電気分解をゆっくり行いながら生成されます。強制的に塩素ガスなどを封入することなど危険なことを行っていません。
 
 
 
Q,高濃度電解次亜塩素酸水 パーフェクトペリオ水(P.P水)とどこが違うのですか
 
A,P.P水はpHが7.5、HCLO230ppm、OCL‾270ppmの電解次亜塩素酸水です。しかし口腔内において使用する場合、タンパク分解力が大きな要因になるため、OCL‾のタンパク分解はpH8以上にて発揮されること考慮すると、タンパク分解力が無く実践的とは言えません。また、P.P水は次亜塩素酸を230ppmと多く含むため殺菌力には優れていてもタンパク洗浄ではなく脂肪酸に変える特性を併せ持ち、逆にプラークが取りにくくなりそのため殺菌できないケースが予想されます。
P.P水はタンパク質を分解能力がないまま殺菌力だけ強いため、プラークが取り除けなければ除菌治療に効果を発揮にくくなります。
POICウォーターはまず表面のタンパク質を分解し取り除いてから、プラークの下の歯の表面に付着している細菌を殺菌する仕組みになっています。
歯科治療で考えなければならないことは徹底したプラーク除去です。
 
 
 
Q,オゾン水との違いを教えて下さい
 
A,オゾンの利用方法は空気殺菌と水処理の2種類があります。まず、空気殺菌は法律上0,1ppm以下にて使用することが義務付けられています。センサー連動型の製品を利用することが必要です。また、オゾンの発がん性に関する報告も多く、なるべく控えた方が望ましいと思われます。水処理に関しては、その半減期の短さから連続的に大量に利用する場合に有効と思われます。歯科治療のようにあまり水を使用しない場合、水中の溶存酸素が上昇し、好気性微生物の増殖が懸念されます。また、タンパク分解力はほとんどありません。
 
 
 
Q,口腔内の細菌を全て殺菌しても良いのでしょうか
 
A,POICウォーターをどんなに使用しても口腔内が無菌状態になることはありません
口腔内には500〜700種類の常在菌が存在し、口腔粘膜や咽頭、唾液中に存在しています。完全に除菌することはできません。
口臭がある場合、口腔内の細菌のバランスが崩れ、嫌気性菌が多く存在し、硫化水素系のガスを出していることが多く、健康な状態と思われません。よって口臭がある時は、嫌気性菌が存在できないような環境づくり(治療とメンテナンス)を行い、常にリセットすることが肝要と思われれます。
 
 
 
 
POICウォーターを9か月間使用しても口腔内細菌が減少していますが、なくなることはないと報告されています
むしろ、ブラッシングのみでは口腔内細菌の量は変化がないため、口腔内の細菌の質をPOICウォーターで変えることが本当の治療と言えます。
 
 
 
 
POICウォーターを毎日使用しプラークを除去しましょう!
 
 
 
 
Q,毎日プラークが取り除けなかったら歯はどうなりますか
 
A,プラークは虫歯菌と歯周病菌の塊です
しっかりプラークを除去しないと虫歯菌で歯が溶け、歯周病菌で顎の骨が溶けてしまいます。また虫歯菌と歯周病菌は唾液感染することがわかっています。生まれた時は、口腔内に虫歯菌と歯周病菌は存在しません。虫歯菌は1歳半〜3歳までに唾液感染し、その後、口腔内に常在菌として定着します。歯周病菌は年齢に関係なく唾液感染し、日本人の成人の80%が歯周病菌に感染していると言われています。日本臨床歯周病学会が出版した書籍には歯周病菌は犬にも唾液感染し、犬から人間に歯周病菌が移る可能性もあると記載されています。
口腔内には、虫歯菌と歯周病菌に対する免疫力(抗体)はありません。そのため、虫歯菌・歯周病菌を多く保有している人との唾液感染で、感染します。
 
 
 
 
 
 
Q,磨かなかった時はどこまでプラークが付着しますか
 
A,プラークの付着量は口腔内細菌の量に比例しますので人それぞれですが、口腔内細菌が多い人は食事のたびに多量のプラークが歯の表面に付着します
 
どちらの方も診療前に簡単に磨いてきたという方の口腔内です。口腔内に合わせたブラッシングテクニックが必要になります
ほとんどの人は自己流になっているため、磨き残しにより虫歯になってしまいます。
虫歯になりにくい人のプラークの付着がかなり多い人は1回のブラッシングとフロスを使用し10分は丁寧に磨かないとプラークを取り切ることはできません。それを1日3回することが理想です。まずそんなにブラッシングする時間がある人はなかなかいないはずです。夜寝る前だけでもしっかりと磨くことをお勧めしています。プラークが取れなければ、自分の口の中の虫歯菌で、自分の体の一部(歯)が溶けるということになります。
磨いているのに虫歯や歯周病が治らない方は口腔内細菌を改善するためにPOICウォーターを使用してください。溶けた歯は二度と元に戻りません。歯科治療は歯のかたちを再現することしかできません。
 
 
 
プラークが少ない人
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
 
 
 
プラークが多い人
↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
 
 
 
 
Q,POICウォーターを使用して磨くとどこまでプラークが取れますか
 
A,正しい使い方とブラッシング方法でどなたでもプラークを取り除くことができます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POICウォーターを購入ご希望の方は

当医院で歯のクリニーニングを受けていただくことが必要です

 

購入ご希望の方は

予約の際にPOICウォーターを購入したいとお伝えください

 

 

 

 

 

 

 

《《 診療時間 》》


平日 9:00~12:30/14:00~19:30
土曜日 8:30~12:30/ 13:30~17:30
日曜日 8:30~13:30(日曜日はお昼休みなし)
休診日/木曜日・祝日

 

共有駐車場48台(2時間まで無料)
天気の悪い日などはお車でご来院下さい

 

 

 

 

地域の皆様のかかりつけ医

津 田 沼 ク リ ニ ッ ク モ ー ル

ア ク セ ス

 

くすりの福太郎とコナミスポーツクラブが目印

 

 

 

キレイな受付

 

 

{C0160979-C162-4067-ADF2-DC9299555D0F}

 

 くつろげる待合室

 

多数の雑誌を用意しています

 

 

患者さん専用の通路

 

小さいお子さんでも退屈しない

楽しいキッズスペース完備

 

全室ベビーカーが入れる広い診療空間完備

お子さんが泣いてしまっても周りのことを

気にせず治療を受けられる個室完備

 

保護者の治療中は目の前の

見まもりWEBカメラで

お子さんの様子をチェック

 

 

 

習志野市で初めて

医療向け空気浄化装置を導入しています

(メディカルライトエアー)

 

 

 

医療向け空気浄化装置はたった10分で

ここまで院内の空気をきれいにできます

ベビーカーで連れてきた生後数ヶ月のお子さんでも

空気感染を軽減することができます

 

 

 

 

習志野市で初めて

歯科ユニットから出る治療水を殺菌水にする

エピオスエコシステムを導入しています

 

 

 

エピオスエコシステムの殺菌水で

歯をクリーニングをオススメしています

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/arbre-dc/entry-12208911045.html

 

飲んでも安心・安全な殺菌水だから

小さいお子さんから、妊婦さん、ご高齢の方まで

安心してお口をゆすぐことができます

 

 

 

 

アーブル歯科クリニックは

ご家族みんなが安心して通える歯医者さんを目指します

 

 

習志野市JR津田沼駅南口より徒歩5分
南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

 

 

 

アーブル歯科クリニックホームページはこちらから

 

http://www.arbre-dc.com/index.html

 

 

歯のことでお困りなら24時間ネット予約

(初診の方のみ)

 

パソコンの方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=2964

 

携帯の方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=2964

AD

 

虫歯になる原因は・・・

 

歯の表面にネバネバしてくっついてきます

 

 

そしてプラークという塊を作って仲間を集めて歯に付着します

 

 

その後、お砂糖の糖を栄養にします 

 

 

糖を栄養にして歯を溶かす酸を出します

 

 

 

酸によって歯が溶け続けたのが虫歯です

 

 

 

虫歯の原因は自分の口の中のミュータンス菌が原因なんです!

ご存知でしたか?

 

 

唾液中にミュータンス菌が多いと虫歯になりやすくなり

ミュータンス菌が少ないと虫歯になりにくくなります

 

 

歯の表面にプラークという細菌の塊が歯の表面に付着し、長く付着しているとプラークの中のミュータンス菌で歯が溶けてしまいます

 

 

プラークをわかりやすく染め出してみました

ほとんど磨けていないことがわかります

 

この状態が続くと歯が溶け続けます

 

 

プラークの中には1mgに10億個の細菌がいます

 

 

 

 

ミュータンス菌で歯が溶けてしまった症例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このミュータンス菌の唾液中にいる量は3歳までに決まってしまいます

 

 

生後19か月から31か月の乳歯の奥歯が生える頃から生えそろうまでの時期があり、この時期のことを

感染の窓と言います

 

この時期に大人からミュータンス菌がたくさん唾液感染すると

一生涯虫歯になりやすいお口の環境になります

 

 

ミュータンス菌は生まれた時は口腔内にいません

生活の中で口の中にミュータンス菌が唾液感染し定着します

 

 

 

 

スウェーデン・イエテボリ大学(世界で有名な歯科大学の一つ)の研究では、2歳までに虫歯菌の感染がなかった子供が4歳になったときの虫歯の本数はわずか0.3本でした

一方、2歳までに虫歯菌の感染があった子供が4歳になった時には、虫歯の本数は5本ありました

虫歯のになりやすさに16倍の差があるという報告があります

 

 

 

アメリカ・ロンチェスター大学(ノーベル賞受賞者・小柴昌俊博士の出身大学)での研究では口の中の虫歯菌が少ない母親(10³CFU/ml以下)の母子感染率が6%だったのに対し、口の中の虫歯菌が多い母親(10⁵CFU/ml以上)の母子感染率は58%となりました

感染率は9.6倍もの差があるとう報告があります

 

 

 

 

 

 

ミュータンス菌は家族感染します!!

ミュータンス菌の保菌者による唾液感染です!!

 

 

 

 

 

ミュータンス菌の感染経路はこれでわかったと思います

 

それではミュータンス菌はどうやって唾液中から取り除いた方が良いのでしょうか

 

ほとんどの方が毎日丁寧に歯ブラシしていると思います

 

しかし、歯ブラシはミュータンス菌の活動を抑えているだけで、虫歯菌の量は変わっていないんです

 

 

アーブル歯科クリニックはすスウェーデンのバイオテクノロジーに基づいた母乳由来の乳酸菌を利用した画期的で新しい歯周病治療(バクテリアセラピー)を導入しています

 

 

 

 

特別な乳酸菌(ロイテリ菌)のタブレット使用率が関東の歯科医院で
 
第2位 となりました

 

 

 

スウェーデンで国際特許を取得した特別な乳酸菌を使用して虫歯菌・歯周病菌を抑制する安心・安全な方法です

 

 

 

 

 

バクテリアセラピーとは

善玉菌(有益菌)の力を利用して

病きの治療や予防を実践する新しい医療技術のことです

 

すでに世界80か国の医療機関で実践されています

 

このプログラムは抗生物質(薬)の代わりに特別な乳酸菌を使用して歯周病菌を抗生物質と同じレベルまで抑制する安心で安全な方法です

 

この特別な乳酸菌のことを

 

『 L.ロイテリ菌 』

 

と言います(以下 ロイテリ菌)

 

このロイテリ菌は実は、人間が初乳を通してはじめてお腹に入る乳酸菌です

 

ヒト母乳由来の乳酸菌で自ら天然の抗生物質であるロテイリンを産生し、ヒト免疫システムの調整を行いながら、様々な疾患の予防・治療に働きかけます

 

 

 

 

 

 

ロイテリ菌を摂取した場合と摂取していない場合

こんな研究データがあります

 

 

 

広島大学歯学部において40名の歯科衛生士を対象にした研究です

 

グループ1にはロイテリ菌が入ったヨーグルトを14日間投与し

グループ2にはロイテリ菌が入っていないヨーグルトを14日間投与

 

 

14日後にミュータンス菌が減ったのはロイテリ菌を投与したグループ1でした

しかし、14日後に投与を止めると28日後には少しミュータンス菌が増加していました

 

ロイテリ菌を投与していないグループ2では、開始から14日後にミュータンス菌が増えていました

しかし、14日後からロイテリ菌を投与するとグループ1と同様にミュータンス菌が減少しました

 

 

上記のことからロイテリ菌を摂取すると、ミュータンス菌が減少することが証明されました

 

 

 

しかも

たった2週間で80%もミュータンス菌を減少させることができたのです

しかし、投与を止めると虫歯菌は再び再繁殖するということもわかっています

 

 

今まで歯科医師・歯科衛生士はミュータンス菌を取り除くことができないため、虫歯にならない方法は、簡単に言うと「歯ブラシ頑張ってくださいね」、「ここはこうやって磨くと磨き残しが少なくなりますよ」と何十年も説明してきました

 

もちろん、これからも同じ説明はしますが

本当の原因であるミュータンス菌を確実に安全に減らす方法について説明できませんでした

それは、このロイテリ菌のように効果があり、

そして何よりも乳児からご高齢の方、全身疾患を持っている方、寝たきりの方全ての人に100%安全な方法がなかったからです

 

 

 

ロイテリ菌について口腔内でどのような効果があるか様々な研究がされています

 

 

 

プロバイオティクスとは、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを調整し、人の身体に有益な働きをしてくれる生きた微生物のことです

 

ロイテリ菌が体にどのような効果があるかも研究されており

注目すべきは新生児から小児が摂取しても副作用が一切ないことが証明されています

 

 

 

 

 

 

別の研究データもあります

口腔内での虫歯菌(ミュータンス菌)の抑制データ

 

 

ロイテリ菌を摂取したグループ60人(上の円グラフ)

ロイテリ菌を摂取していないグループ60人(下の円グラフ)

 

ロイテリ菌を摂取したグループは21日後に明らかに虫歯菌(ミュータンス菌)が減少したことがわかります

赤い円グラフのところが21日後に劇的に減りました。たった21日でミュータンス菌が減ったことがわかります

 

ロイテリ菌を摂取していないグループは21日後の虫歯菌(ミュータンス菌)が減少していないことがわかります

 

つまり、このことからもミュータンス菌が唾液感染して定着すると

虫歯菌が多い人は一生涯虫歯になりやすい環境が続いてしまうということになります

 

この研究データから自分ではプラークがまったく付着していないように丁寧に磨くしか方法しかないことになります

 

それができない場合は、自分の口の中のミュータンス菌で歯が溶けてしまいます

 

 

 

 

 

アーブル歯科クリニックはスウェーデンのバイオテクノロジーに基づいた母乳由来の乳酸菌を利用した画期的で新しい歯周病治療(バクテリアセラピー)を導入しています

 

 

バクテリアセラピーとは

 

ノーベル生理学・医学賞の審査本部があるスウェーデンのカロリンスカ医科大学が中心となって開発した、優れた善玉菌を体内に補給し、悪玉菌の力を押さえ込もうという取り組みです。

 

スウェーデンで国際特許を取得した特別な乳酸菌を使用して虫歯菌・歯周病菌を抑制する安心・安全な方法です

 

 

世界80カ国の医療機関が認めた特別な乳酸菌を使用しながら

バクテリアセラピーを実施する歯科医院として

 

 

習志野市で初めて認定されました

 

 

バクテリアセラピーをおこなう専門をバクテリアセラピストと言いますが、アーブル歯科クリニックはバクテリアセラピスト常駐歯科医院として習志野市で初めて認定されました

 

このバクテリセラピストに認定されているのは千葉県で8名いますが、そのうちの4名が当医院に在中しています

 

 

バクテリアセラピーの世界

 

 

 

 

スウェーデンのバイオガイア社 最高経営責任者であるピーター・ロスチャイルドにお会いすることができ

ロイテリ菌について指導してもらいました

 

 

夜泣きは赤ちゃんのお腹の中が原因かも!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

こんなお悩みありませんか?

  • お口がベタベタする
  • 虫歯になりやすい
  • 歯肉から血が出る
  • 便秘や下痢が続く
  • 歯肉が腫れやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 歯が動く 口臭が気になる

 

それは、体内の菌のバランスが崩れているせいかもしれません。 
ヒト母乳由来の善玉菌を摂取することで、体質を改善してみませんか?

 
 

 

ロイテリ菌を使用したバクテリアセラピーを続けるとこんな効果があります

 

虫歯の原因菌を減らす

2週間連続摂取することで、虫歯原因菌が約80%減少

 

歯周病の原因菌を減らす
歯科医院での専門的なケアとの組み合わせで、効果は倍増。歯周病菌が約90%減少
 
口臭を減らす
1週間ほどの摂取で、起床時のお口の不快感の軽減、口臭が気にならなくなったと実感
 
便秘・下痢の便通を整える
便の量が増えた、臭いが減ったなどを実感
 
胃のピロリ菌を減らす
30日摂取後、胃炎の症状が軽減。約60%の方がピロリ菌の減少
 
アレルギー症状を軽減する
アトピー性皮膚炎や花粉症の症状が軽減。1年で約57%湿疹面積減少
 
 
 
 
ロイテリ菌(プロバイオティクス)と虫歯予防のキシリトールの虫歯菌(ミュータンス菌:SM)の効果の比較
 
歯ブラシを頑張ることは大切です。しかし、虫歯菌や歯周病菌の一時的な活動性を抑えても、歯ブラシを少し怠ると菌は元の量に戻ってしまいます。 
そこで、当院では虫歯菌や歯周病菌といった悪玉菌に変わって善玉菌であるL・ロイテリ菌を取り入れる事で、悪玉菌を抑え込む『バクテリアセラピー』を推奨しています。
 
 
 
特別な乳酸菌(ロイテリ菌)の
タブレット使用率が関東の歯科医院で
 
第2位 となりました
 

ProDentis
プロデンティス30錠(ミント味)
タブレットタイプ

母乳由来の天然プロバイオティクス 
1回1錠以上を目安にゆっくり舐めながらお召し上がりください。

1粒に1億以上のロイテリ菌が含まれています

1日1粒30日分 料金:3,000円(税込)

2箱目から 料金:2,800円(税込)

 

毎日摂取する方が効果的ですが

2箱目からは2〜3日に1回摂取することで

効果が持続しやすくなり経済的です

 

 

Child Health
チャイルドヘルス30錠(ストロベリー味)
タブレットタイプ

母乳由来の天然プロバイオティクス 

お子様の健康維持のために 
1回1錠以上を目安にゆっくり舐めながらお召し上がりください。

1粒に1億以上のロイテリ菌が含まれています

1日1粒30日分 料金:3,000円(税込)

2箱目から 料金:2,800円(税込)

 

毎日摂取する方が効果的ですが

2箱目からは2〜3日に1回摂取することで

効果が持続しやすくなり経済的です

 

image

 

グミやラムネが食べられるお子さんなら簡単に摂取することができます

摂取するタイミングは歯ブラシが終わった後に舐めるように溶かすと効果的です

虫歯になる成分は入っていないので、歯ブラシの後でも問題ありません

ストロベリー味で美味しく続けやすいため、歯ブラシが上手にできたご褒美にいかがですか?

 

 

 

Child Health
チャイルドヘルス リキッド(無味・無臭)

 

離乳食が始まって便秘気味の赤ちゃんにオススメです

口腔内の免疫力を高めて

虫歯菌・歯周病菌から歯を守ります

飲ませやすい液体タイプ 
1回当たり5滴以上をスプーンなどに滴下して摂取してください。

5滴に1億以上のロイテリ菌が含まれています
※生後0日から摂取できます。

1日1回以上50日分 料金:5,000円(税込)

2本目から 料金:4,500円(税込)

 

チェイルドヘルスリキッドタイプの使用方法

 

歯ブラシに5滴垂らして磨く方法もオススメです

寝たきりで固形物が飲み込みにくい方でも使用できます

 

 

当医院で購入できます

お気軽にご来院ください

 

アーブル歯科クリニックのHPで

ロイテリ菌について詳しく掲載しています

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.arbre-dc.com/treatment/bacteria.html

 

 

 

 

 

《《 診療時間 》》


平日 9:00~12:30/14:00~19:30
土曜日 8:30~12:30/ 13:30~17:30
日曜日 8:30~13:30(日曜日はお昼休みなし)
休診日/木曜日・祝日

 

共有駐車場48台(2時間まで無料)
天気の悪い日などはお車でご来院下さい

 

 

 

 

地域の皆様のかかりつけ医

津 田 沼 ク リ ニ ッ ク モ ー ル

ア ク セ ス

 

くすりの福太郎とコナミスポーツクラブが目印

 

キレイな受付

 

  

 くつろげる待合室

 

多数の雑誌・絵本を用意しています

 

 

患者さん専用の通路

 小さいお子さんでも退屈しない

楽しいキッズスペース完備

 

全室ベビーカーが入れる広い診療空間完備

お子さんが泣いてしまっても周りのことを

気にせず治療を受けられる個室完備

 

保護者の治療中は目の前の

見まもりWEBカメラで

お子さんの様子をチェック

 

 

 

習志野市で初めて

医療向け空気浄化装置を導入しています

(メディカルライトエアー)

 

 

 

医療向け空気浄化装置はたった10分で

ここまで院内の空気をきれいにできます

ベビーカーで連れてきた生後数ヶ月のお子さんでも

空気感染を軽減することができます

 

 

 

 

習志野市で初めて

歯科ユニットから出る治療水を殺菌水にする

エピオスエコシステムを導入しています

 

 

小さいお子さんから、妊婦さん、ご高齢の方まで

安心してお口をゆすぐことができます

 

 

 

 

アーブル歯科クリニックは

ご家族みんなが安心して通える歯医者さんを目指します

 

 

習志野市JR津田沼駅南口より徒歩5分
南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎・尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・コナミスポーツクラブ津田沼奏の杜

 

 

 

 

アーブル歯科クリニックホームページはこちらから

 

http://www.arbre-dc.com/index.html

 

 

歯のことでお困りなら24時間ネット予約

(初診の方のみ)

 

パソコンの方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=2964

 

携帯の方はこちらから

https://plus.dentamap.jp/apl/mobile/?id=2964

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

当院で販売しているフッ素ジェルの使い方 (チェックアップジェル使い方ガイド)

 
 
 
 
フッ素の効果をオフィシャルブログで配信しています
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
 
AD