3000年前からの約束

テーマ:

おととい、ある方とお会いしました。


その方との出会いは2月。


とある貴重な資料を贈ってくださりました。


直接、お会いしてすぐにでもお礼をしたかったのですが、私は律儀な部分があり、変な部分で真面目で、内容をキチンと理解し、把握してからでないと失礼だと思い、なかなか、ご連絡できずにいました。


そして、ようやく時が来たので、ご連絡したところ、ごく近所にお住まいの方なので、翌日に駅前の喫茶店でお会いし、お話をした次第です。


元々、「アワの歌」と「ホツマ」つながりでもあるので、当然ながら、アワの歌の話となり、どのように歌っているかなどの話になりました。


詳細は省かせていただきますが、お店の中で二人で歌っていたため、たまに行く店ではありますが、お店の方も初めて見る光景に多少ビックリしていたのか、ひいていたのかという感じでした(笑)


当然ながら、全く、気にもなりません(笑)


話の流れで、その方に言われました。


ぜひ、「アワの歌の会」を作って、広げてほしいと。

特に、若い世代に伝えることにより、正しい日本語、日本人の感性などを、肌で感じて理解していただけるようになっていくと思います。


しばらくの間、普通の生活をし、冬眠生活をしてきましたが、ようやく、時が来たので、常立世を甦らせるため、微力ですが、できることをしていこうと、素直に流れに従うことにしました。


私は普通の人なので、特別なことはできませんが、できるところから始めていけたらと謙虚に思っております。


最初のうちは、会場の関係で、個人的に選んだ方のみにご案内をし、アワの歌の会をしていけたらと思っております。


その方とは、初めてお会いしましたが、初めてはないようで、どうも、3000年前の太古の時代から、今の地球を、日本を、本来の姿に甦らせるため、再会することになっていたようです。


AD