2011年08月03日(水) 09時30分00秒

家庭内労働(お手伝い)

テーマ:ブログ
おはようございます!あられです。

先週は主人の実家(中国地方)に主人抜き!で子ども達と帰省してました~。いつも主人の両親には良くしていただいているので、とてもゆっくり息抜き出来ました。

さて、車でお出掛けしたときのじいじと長女の会話で計算の話が出てきました。

長女ちゃんは計算だいぶ出来るようになったか~?

毎日頑張ってやってるよ!

じゃあ問題だすぞ。100ー30=いくつだ?

いやいやまだ出来ません・・・w

じいちゃんはおかねの計算は幼稚園のときにはできたぞ。どうしてかっていうと、家が商売やっててら店番しないといかんやったから、ね。

なるほど、商売をやっていたら自然にそうなるな~と思いました。

先日主人が内田樹さんが書いた「下流志向」という本を買ってきて私も主人も読みました。その中に「家庭内労働の消滅」という部分があります。

一部引用しますね


社会的能力のない幼児が、成長していく過程で、社会的な承認を獲得するために何をしたかというと、まず家事労働をしたわけです。ご飯を食べたあと、お茶碗を台所まで持っていくとか、庭掃除をするとか、打ち水をするとか、犬を散歩に連れていくとか、父親の靴を磨くとか・・・・・・そういう母なり、父なりがしていた仕事のうちで、子どもでも部分的に代行できるものがあります。それを代わって行う。親からすれば自分たちの分担すべき家事労働がわずかなりとも軽減するわけれすから、当然「ありがとう」とか「よくやったね」とかほめてくれる。子どもはそれがうれしいし、誇らしい。

引用元:内田樹著「下流志向」第一章 学びからの逃走 家庭内労働の消滅より


今だと、洗濯機や食洗機、掃除機があるので意図的に作り出さないと出来ないこともありますが、そのあたりは工夫次第で何とかなりそうですよね。

私は特にこの「家庭内労働」という言葉が気に入りました!お手伝いという言葉はあまりしっくり来ないな~といつも思っていたので・・・。

わが子たちも最近、お風呂掃除などいろいろ積極的にやってくれるようになって、本当に私自身助かっています。

お手伝いっていろいろ学べることが多いです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

子供に勉強って面白い!と言わせるママ あられさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:その通りですよね

>マーフィーさん

うちの子達も認めてもらえるととても喜びます。私でも日ごろの家事に対する努力(大げさかしら・・・)を認めてもらえると嬉しいです!

この気持ちを子どもにどう伝えていくかは難しいことですよね。

コメントありがとうございました。

1 ■その通りですよね

息子 3歳 かなりやんちゃになり、言葉も普通に出来るようになり、認めてもらえたことを喜ぶようになり、私もそろそろ始めようと思った事がお手伝いです
人として、大切な事を教えなきゃならない難しく大事な時期に突入したなぁと日々、痛感しています

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。