2011年06月27日(月) 09時35分11秒

ひらがな、カタカナの練習、長女の場合と次女の場合

テーマ:書き
おはようございます!あられです。月曜日はTVでしまじろうがある日です♪

どうしても観たいTVがある日は子どもから私へ指示が飛びます。TVが始まる前には待機していたい様子。「お母さん、勉強やってる間にしっかり朝ごはん作ってよね!」とえらそうに言われます。たまにムカッとくることもありますが、朝、勉強をしないと好きなことは出来ないということは良く分かっているようです。

ひらがなとカタカナの練習方法、長女と次女ではまったく違います。同じ月齢のときの興味があるものがぜんぜん違ったからです。

3歳2ヶ月のときの長女は文字に興味がありすでにひらがなカタカナともスラスラ読めていましたが数字はまったく興味ナシ。練習方法も長女の場合はノートに私が書いたお手本をなぞりながら進めていました。とにかく字に関しては長女の場合市販のドリルを使わなくとも興味があったのでスムーズに作文までたどり着いたのでした。

数字、算数に関してはあまり好きじゃなかったのか公文の幼児ドリルなど兎に角楽しい、カラフルな教材を利用しました。現在では計算で自信がついたのか算数も好きなようです。


一方同じ月齢の次女の場合はひらがなカタカナにまったく興味を示さず、数字が大好きでした。ですのであまりカタカナひらがなの練習はノートでやりたがりませんでした。そこで公文や無料のカラフルな教材を多用し毎日楽しく出来るように心がけました。一方数字や計算は地味な教材で十分でした。

姉妹でも違う人間なんだから当たり前なんですが、親が同じように育てているつもりでもここまで変わるんだと驚きと同時に面白さを感じました。

この子に合わないな~と思えば教材を変えてみる勇気も必要ですね~。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

子供に勉強って面白い!と言わせるママ あられさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:参考になります

>発達障害と幼児早期教育パパ 医者@YASUさん

我が家も長女次女共に同じようにやる予定でしたが、気が付けばそれぞれ違うドリルを使っていました。

私が気に入って使っていた無料の知育教材サイトですが、ここだけでも幼児期に使える教材そろっちゃうんじゃ?と思うぐらい充実してます。

あとはその子に合った使い方ですよね~。そこが親を悩ませるんですよね^^;;

幼児の学習素材館
http://kotoba.littlestar.jp/kisetsu-sozai.html

コメントありがとうございました!

3 ■参考になります

大分違うのですね~。

いま我が家では、ほぼ一緒の道をなぞっていますが、妻が良くみているようで、最近教材を変えようと色々とみて回っています。

色使いも参考にしてみます。

2 ■Re:無題

>東大生レシピ@あすか黎(れい)さん

同じように育てているはずなのに?!上の子は天然ですし、下の子は狙って天然になれる子です。そんな性格の違う二人ですがAKB48だけはだけは一緒になって真似するほど大好きです!

コメントありがとうございました!

1 ■無題

同じご両親から生まれたお子さんでも、個性がずいぶん違うのですね。
息子は、一人子なので、そんな体験がなくて、さびしいです。今更、もう1人子供を産んでおけばよかったとしみじみ思います。(もう、高度医療をもってしても、不可能ですが、)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。