花の棟 七号室

テーマ:

今日の修善寺温泉は快晴。

 

三連休中日も暑い一日となっています。

 

今日は

 

昭和9年改装 登録文化財 花の棟

 

花七号室

 

をご紹介

 

 

正面の障子は、50年以上新井旅館の倉庫で寝かせていた杉を使っています。

 

障子を開けると、その先には 

 

 

桂川と竹林

  

 

暑いこの時期、桂川の清流がグッと気温を下げてくれます。

 
「花の棟」は、日本画家安田靫彦画伯の考証が多々入っています。
  
この写真の中にも、
 

 

ベランダの欄間のデザインは安田靫彦画伯のもの。

 

卍をかたどっています。

 

 

川との境の欄干のデザインも安田画伯。

 

部屋の中も、安田靫彦画伯の考証が沢山あります。

 

欄間の格子柄や

 

 

床の間横のデザイン。

   

 

そして長押に付けられた「釘隠し」
  




旅行の際、いろいろな周辺の見所を回るかと思いますが、

 

日本旅館にご宿泊の際は、日本建築の見所がいくつもあります。

 

どうぞお見逃しなく。

 







新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。

We look forward to your visit to our website.

           ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net









AD