昭和10年、日本画家安田靫彦画伯のデザイン・設計で造られました、

 

吉野の棟

 

東山文化の書院造りを模して造られています。

 

先日、二階の「吉野の間」を使って食事。

   

一階の「龍田の間」を使って立礼のお茶会が開催されました。

   

「吉野の間」は障子と襖を取り外して、

  

目の前に竹林と紅葉が見える形にセッティングしました。

  

  

すばらしい景色の中での食事でした。

 

 

そして、お茶会の「龍田の間」の様子はこんな感じ。

 

 

なかなか味わうことの出来ない景色の中でのお茶会でした。

  








新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館 www.arairyokan.net   









AD