荒井広幸 草の根 ブログ

荒井広幸(あらいひろゆき)参議院議員 オフィシャルブログ


テーマ:
福島県は広い(日本で三番目)。福島県は原発の立地する浜通り、中通り、会津といくつかの地域に分かれ、被災の度合いは地域ごとに大きく異なる。にもかかわらず「フクシマ」=「汚染地域」というイメージで、県全体がひとまとめにされる。これは長引く風評被害を助長し、観光客数の回復にとっても足かせとなる。抜本的かつ徹底的な対策が必要だ。

「安心だから来て下さい」「事実無根の風評被害だ」と主張するだけでは、安心の実感は得られない。

県に来ていただいた理解ある皆さんの、実感に基づく言葉が大きな助けになる。実測値を示して判断してもらうことが大切だ。

実際に福島県を訪れる方々に、個人線量計とWBC(ホールボディカウンター)でひばく線量を測ってもらうのである。そして観光地に滞在した方々の被ばく量がどの程度になるか、実際の値を知って判断してもらうのである。

つまり、放射線の影響を自ら測ってもらい、安全性を確認していただく工夫である。既に私は、国、県に提案してきた。

具体的には、代表の方に対して、福島県に入る際と出る際にWBCによる内部ひばく検査を行う。その時間約10分。また代表者にガラスバッチを貸与して、福島県滞在中の外部ひばく線量を把握してもらう。

そのためのインフラは次の通りだ。IC付近の道の駅、鉄道駅、空港などにWBCを設置する。それらの拠点で、個人線量計の貸し出しも行う。あらかじめツアー会社に配布してもよい。県全体で、根気よくこういった取り組みを続けることが大切だ。

参考例は水俣の取り組みだ。水俣市は、水俣病の被害からの風評被害に、長年苦しんできた。水俣市は、訪問者の髪の毛の水銀含有チェックを行っている。こうして「水俣は安全」と、分かってもらうための取り組みを続けている。このように、息の長い対策が必要になる。

福島県内を数日間旅行して、検査を受けた県産品を食べて頂いて、被ばく量が高くないことが分かれば、事実に基づく「安心」につながる。訪問者の方々にとって、福島県への安心感がきっと高まるはずだ。

このブログへのコメントは、こちらからお願いします手紙皆様からの、ご意見をお待ちしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
福島第一原発の廃炉作業が行われているなか、汚染水の流出や撤去作業に伴う放射性物質の飛散という、新たな課題が山積しています。

「原子力規制委員会」は、原発再稼働のための安全審査だけでなく、廃炉プロセスを監視する責任を、当然担うべきです。

既にこのブログでもお伝えしたとおり、平成26年5月21日(水)に、私達が発議者となり、『原子力規制委員会設置法の一部を改正する法律案』を改めて提出しました。


私が発案した本法案は、原子力規制委員会の目的規定に「廃炉(原子炉の廃止)」を明記し、福島第一原発事故に係る原子力規制委員会の責務についても、当然のこととして規定するものです。また同委員会には「原子炉安全専門審査会」「核燃料安全専門審査会」しかありませんが、この法律により「廃炉安全専門審査会」を設置させるものです。

福島第一原発の廃炉作業で危険事態が生ずれば、まず直接の被害を受けるのは福島県民です。

平成26年8月18日からは『原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律』の施行に伴い、原子力損害賠償支援機構が、「廃炉支援機構」の機能を兼ねるようになりました。「廃炉支援機構」は廃炉技術の研究開発、助言、指導、勧告などを担当しています。

しかし廃炉の監督は、賠償支援とは分野が全く異なります。この「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」では、厳しく安全性を監視する規制組織の役割を担うことは出来ません。この重大な役割を果たすためにも、法律改正により、廃炉に関わる全てのチェックを規制委員会の責務として、きちんと定めることが当然なのです。

このブログへのコメントは、こちらからお願いします手紙皆様からの、ご意見をお待ちしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この度183通常国会(2013年1月~6月)での活動が評価され、荒井広幸新党改革代表は、「特定非営利活動法人 万年野党」から「三ツ星議員」の認定を受けた。

【万年野党】は、野党やマスコミが果たすべき「政府の監視」の機能を補完する活動に取り組むNPO。
ジャーナリスト田原総一朗氏が会長を務め、著名な研究者や経済人がアドバイザリーボードに名を連ねる。
国会における質問回数、質問主意書の数、議員立法数等を基準に、国会議員の活動評価を行っている。

「三ツ星議員」認定を受け、荒井は「(三ツ星認定は)光栄だが、さらに中身のある活動につなげていきたい」と意欲を述べた。



このブログへのコメントは、こちらからお願いします手紙皆様からの、ご意見をお待ちしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み