荒井広幸 草の根 ブログ

荒井広幸(あらいひろゆき)参議院議員 オフィシャルブログ

NEW !
テーマ:
荒井代表の地元福島(郡山駅前)での第一声です。
東日本震災から5年、原発事故で避難を余儀なくされ避難した事が原因で亡くなられた方も、政府は未だに自然災害関連死の扱いである。
原発事故死と認めないこのまま、本当の災害復興はあるのか。
本当に福島だけ原発廃炉で良いのか。

『改革という選択』 今回の選挙が日本を変えるチャンスであることを訴える。

いいね!した人  |  リブログ(0)
荒井広幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
みなさん、こんにちは。
新党改革のスタッフです。この選挙に臨む前のスケジュール(6月14日火曜日)で一番評判が高かった集会の模様をご紹介します。
日本の国会の歩み、憲法の歴史等の重要な資料を展示してある憲政記念館において、十数名の若者と荒井広幸代表が大いに意見交換しています。
なかなか”深い”ものがありました。


いいね!した人  |  リブログ(0)
荒井広幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
・新党改革は『福島だけでなく全国の原発反対』を主張する、唯一の政党です。
・新党改革には、次のステージに入ったアベノミクスを成功させる知恵『家庭ノミスク』と実績『家電エコポイント』があります。
・新党改革は、自衛隊の海外派遣の前に国会の事前承認を制度化させましたが、皆様は『どう、考えますか』。
・この選挙だけで考え方の違う野党共闘に投票したら大変な事になる。私たち新党改革は『与党でもない。野党でもない』選択肢である。
『改革という選択 2016約束』を訴える。


いいね!した人  |  リブログ(0)
荒井広幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
6月27日毎日新聞(一面)は、英国のEU離脱を受けたNHK日曜討論などテレビ討論の内容をまとめ、各党の立場を比較した。私たちの訴えについては、ただ次のようにまとめただけであった。

『新党改革の荒井広幸代表も為替介入の必要性を指摘した』

「えっ!これだけ!?」とニコ生の中継を見ていた方々から、驚きの声が上がった。
選挙報道では、「改革」のような小政党の主張は、わずか一~二行でまとめられ、その重要な趣旨が伝えられない。
実際にNHKの日曜討論での荒井広幸代表の発言を見てもらいたい。

(動画の12分10秒からが荒井代表の発言)

英国のEU離脱決定を受けた緊急措置として、円高を防ぐための金融機関への「ドル」の確保、G7による緊急声明の必要性も訴えている。また「政権の維持を狙い、国民を分断するような問題を「国民投票」にかけた」キャメロン首相の政治的失策を批判し、EU離脱派の不満の一因が「格差」にあることを指摘。安倍政権にはもっと「家庭」に目を向けて、格差是正に取り組むことを求めた。

見てもらえばわかるとおり、テレビ討論でさえ少数政党には1分~2分程度の発言時間が、2~3回与えられるだけである。もともと発言時間が短い中で訴えていることを、新聞はさらに「為替介入の必要性を指摘した」の一行にしてしまう。

新党改革は、家庭に投資することで経済成長を軌道に乗せる「家庭ノミクス」を提案して来た。これは単なる給付政策ではなく、経済成長に向けた後押しであり格差対策だ。
以下の動画を見てもらっただけでもよくわかっていただける。


「成長と分配」を訴えアベノミクスの失敗を指摘する野党と、「道半ば」のアベノミクスを推し進める与党、という安易な対立図式が描かれている。「成長と分配」は安倍首相も別な言い回しで訴えている。新党改革の「家庭への投資」という提案を受け入れて、安倍首相は「分配」や生活者目線の政策をより積極的に打ち出すようになった。

新党改革はアベノミクスを全否定も全肯定もしない、「家庭ノミクス」だ。足りないところを補い、野党も求める「成長と分配」をより確実に実現することを目指す。

それが国民の生活をよくする近道だからだ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
荒井広幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
平成28年4月28日 参議院経済産業委員会

九州における震災被害を受けて、5月中にも組まれるという補正予算に注目している。

ある程度用途を定めて予算を確保すべきという指摘もあれば、現在進行形で二次被害も起こるなか、用途を自由に出来るよう予備費として確保すべきとの指摘もある。経済産業省としても、被害状況や求められる試作のニーズを調査中とのこと。

既に東日本大震災における被災者、被災事業者支援の経験やノウハウの蓄積があり、それを活かすべき。

宮城、岩手、福島の三県ではグループ補助金の仕組みが機能した。被災した資産のローンが足かせとなる事業者の事業再開を助けるための「二重ローン救済」制度も、与野党の協力でできた。
また長引く地域の風評被害対策には、いち早く自治体が「復旧・復興」の状況を対外発信する取組が求められる。

これだけ頻繁に大地震が起こる日本では、年金、健康保険に継ぐ、国民皆保険制度としての「地震保険」が必要ではないか。国民全体が保険に入れば、分母が広く、掛け金も少なく済むはず。

掛け金と保障のバランスを工夫し、新たな仕組みをつくるよう提案する。



このブログへのコメントは、こちらからお願いします手紙皆様からの、ご意見をお待ちしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
荒井広幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み