しばらくすると

としお氏が帰って来た。

 

 

ばあちゃんは既にかめさんから帰って来ている。

 

 

そして

晩ごはんの支度も終わり

ちょうど

13番さんととしお氏を呼ぼうとした時だった。

 

 

今度はじいちゃんが

トイレに向かった様子。

 

 

介助をとしお氏に頼み

 

「立ってトイレに行けるなら大分落ち着いたのかな~」

なんて思いながら

二人分のお茶にトロミをつけていると

 

 

トイレの方向から

大きな物音。

 

反射的にトイレへすっ飛んで行った

 

・・・ら

 

腰砕けのようになったじいちゃんと

それを後ろで支えているとしお氏。

 

どうも用を足した後

介助しながらトイレを出たところで

崩れたらしい。

 

じいちゃんは顔色を失い

目は虚ろ

よだれを垂らして

意識を失ってる感じだ。

 

これはどう見ても尋常な状態ではない。

 

取りあえず

二人がかりで何とか

ばあちゃんの車いすに載せ

 

 

 

再び訪問看護ステーションに

 

電話をかけた。

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ


 

AD

コメント(9)