一生懸命のんびりする

テーマ:
馬場は帰省を楽しんでいます。



6月に録画しておいて貰った「前略、西東さん」に出てた、同じ事務所のかっぽんかっぽん見たり、

{EA9EC103-C65E-4F6C-B88E-3D4B455043FC}



1人コロ助撮影会したり、


{E7EA7D32-6646-4BDE-821C-166EB878F83F}




多津子餃子を食わせて貰ったり、

{EF89B4EE-7F3B-404E-96A4-02D351037A74}



松坂屋で開催中の、藤子・F・不二雄展に行ったり、

{81B969B6-731C-4056-824D-1B62A787DE24}

{C3584866-DC37-4048-BAAA-4E4825F70683}

{4E08CDDB-8797-40C2-B0F0-D47E74FA9AD1}

{256EF72A-99AC-4C7C-97C0-8176C1C78C06}


知らん家族の撮影中を撮ったりしたのは、お一人様だったからです。勿論可能なら知らん家族を撮りたくはなかったですよ。

1番グッときたのは、著名人の色紙コーナー。水木しげる先生のがあって、3年前はまだご存命だったんだなーとしみじみ。




そして、母校を訪れてみたり。

{16A781FF-B779-4E85-A1D5-FC0AEFF94915}


♬ 向かいの丘にこだまして 
響くは皆の学ぶ声 元気溢れて遊ぶ声〜
という校歌だったな。


{0DE6911A-D649-4B05-8A87-9136EE46EE0C}


あざといドラえもん見つけたり。


{081C24CF-DA1E-4503-8659-9983C7A00333}

しかし、こいつら。
パラレル西遊記の先生のごとく、
「お前たち一体、 何 者 だ ぁ あ ぁ!」
って思いますよね。




そして。
はしゃぎ過ぎたのか微熱が出た。
幼児か。

AD

ほのぼのマンドレイク2日目

テーマ:
ほのぼのマンドレイクは、ほのぼのレイクからきていますが、内容は全く関係ありません。





{4C7CE3DE-CC46-4940-8116-E9A55087A486}

{AC49CE7A-3191-45F1-8F23-9FBA9C156C5B}

{118FC26C-5FAD-4AF2-9B75-B328034AD131}

{108079A3-9975-43EA-BB81-42261A683DBF}



絵って難しいですよね。



{73D5E50F-8D4B-4E38-AFEA-D902DA7BAABE}

{022C0189-B460-4162-A552-79A154CECE58}

{BD311F86-8AF8-42F7-8ACE-216D1603BB89}

{0565A80C-430F-4520-B274-06B8F4E61139}


本来ならマンドレイクの叫び声を聞いた人間は死にますが、このマンドレイクは一旦抜かれてるのでマンドレイクとしては最早マンドレイク機能は無くなった、とします。
マンドレイク・ゲシュタルト崩壊を狙っています。
AD

ほのぼのマンドレイク

テーマ:
{90115DA0-1EF9-4A86-BF95-CAD988FD49D5}

{8D48D974-C4D4-4F21-A3A1-02F071C492BD}

{FBA8097C-FFB3-417F-8D8C-1798B845C7C8}

{CE4CBFAC-56B2-4805-8489-1949CCD068D7}


凄く空いた時間があって、書いてみました。




{F4254A77-F13D-4F5F-B730-D3DE0501800C}

{DE595666-0A1A-4768-A783-17752BC25517}

{1D281BF9-358C-4598-8182-CB8DB5103B1C}

{BD9ADEAD-F86C-4106-B159-E2576D983B33}


4コマ目のマンドレイク見てたら可哀想になってきた。。



{5C4251BC-6B0A-4195-A233-5F709EAC735B}

{946FCD75-E8F8-4A97-8722-B9A189E406E0}

{58FC433D-088E-410F-833A-3E218268E22E}

{FBBF2D5E-FF71-4B22-A959-DB9A632A2898}



続くかもしれないし、続かないかもしれないww

AD

富山旅

テーマ:
{AC56A913-3758-4A02-8DEA-902499A50557}

私の心の柱である、藤子F不二雄先生。
の地元である富山県高岡市に行って参りました。
半分は、ドラえもんトークライブ「ドラいぶ」というライブの企画ではあるのですが。

旅行自体滅多に行かないし、F先生の地元ともなればテンション上がらぬ訳がない!

{304876DC-7130-4367-B336-AAE332D9339F}

出発前にドラ焼きを食う!




{1373C46A-6533-49D0-8606-D52C8215B794}

空き地が再現された所!





{B2E7F990-80FA-49EE-B7D5-2ABCBFC1CD1D}

ふるさとギャラリー!






{4A8559D2-99F4-47CB-9818-9B57F0BAB2FF}

生家跡地!



{89AC694C-30AB-4EBB-B8D5-9734CEB9ADFD}

F先生とA先生が出会った定塚小学校!


{DE2D02AC-A638-4870-95F1-7B78F70FF2A8}

何かムカつく顔のドラミちゃん!



などなど。
観光名所という訳でもないので、人が多い事もなく人間嫌いの馬場には有難い環境w

{37F6A5C3-1AC4-4974-BCF9-4661933630B1}

{4D70AF4C-C28F-4182-BCF4-5E40EEE9F64B}

楽しかったなー。。


今回の旅の模様は、次回7月30日のドラいぶに使ったりもしますので、お楽しみにー!





タメ口の話

テーマ:

母が店員さんに対して、
「袋いらないわ」「ありがとね」
「これってどういうものなの?」
といったようなタメ口なのを見ていて、
「ぼくにはとてもできない」
と思っていました。

母から見たら店員さんは年下で、年上の者は年下にタメ口をきいても良いとの慣習であろう事なので、特におかしな所は無い。
(三十路を越えた馬場ですが、年下の店員でもとてもタメ口きけない)

チキン馬場の事はどうでもよく、
「年上ならタメ口でも良い」という慣習に則るなら先ほど、とある路地で見掛けた、

「 車で入らないでね 」

という看板は、対象の運転手を何歳くらいと想定してのタメ口なのだろか。
書き手は100歳越えしてるんじゃなかろか。
それはそうと、タメ口って字面ずっと見てると割と早めにゲシュタルト崩壊起こる。