大阪・道頓堀のたこ焼き店「道頓堀くくる」の名物のタコ看板が、口から墨に見立てた霧を噴射する装置が加わるなどリニューアルされ、26日、お披露目式が開かれた。

 新看板は高さ約3メートル、幅約4メートル。道頓堀を運航する遊覧船から乗船客がレーザー光線を当てると、音楽とともに口から霧を吐き、目から光線が出る仕組みになっている。

 新看板のタコはオスで、店の表にあるメスの看板は、中国・上海万博に出品される予定。たこ焼き店の運営会社は「道頓堀の新しい名物になってくれれば」と期待している。

【関連記事】
“世界一”のトイレやサラリーマンロボも登場、上海万博「日本産業館」
食べてや!亀田3兄弟コラボの「タコヤキバー」開店
七転八起「命あればこそ」 話題のたこ焼き屋さん
アレンジたこ焼きで新顧客獲得へ 酒場、家庭で大人気
「大たこ」ピンチ 大阪高裁が土地明け渡し命令

<抱っこひも>米製品で窒息の恐れで注意喚起 自主回収も(毎日新聞)
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診(産経新聞)
偽1万円使用で逮捕、似た偽札首都圏で150枚(読売新聞)
シー・シェパード 監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
普天間の継続使用も=有事限定を想定-鳩山首相(時事通信)
AD