「預かれませんので、持ってってください。」
といわれて、、、、


やむなく、ベルトコンベアから引きずりおろした
スーツケースを転がして、
手荷物を預けるカウンターから、外に出た私、、、

「しょうがない。一時預かりを探すか~。」

と、出発フロアをうろうろしたけれど
それらしきものが見当たりません。

(アバディーンの駅では、
見た目は、日本のロッカールームの小サイズと
それほど変わらないのに、奥行きがものすごく広くて
私のスーツケースがすっぽり入るようなロッカーのある
荷物預かり所があったのですよ~。
係りのお兄さんも優しくて、良い感じの人だったです。)

そこで、空港スタッフの腕章をしている人に
聞くことにしました。

私「すみません。バゲッジサービスはどこでしょうか?」

係員「あそこのカウンターでしょ?」

私「いえ、、。3時間前だと
ダメだって言われて、、。(´・ω・`)」

係員「ちょっと待って、、。」

なにやら、他の係員に相談しています。

係員「OK。じゃあこっちについて来て。」

え?あるんですか、、と、慌てて着いていくと

ずんずんと、係員しか入れないような
裏側につれていかれました。

ごんごん、大きなベルトコンベアが回っています。

あれ~?私はここに来て良いのでしょうか?
普通の預かり所を教えていただけるのでは???


と思っていたら、

「荷物を貸して。」

え?え?

そこにいた係員の人が
スーツケースのシールを確かめて、

ベルトコンベアの上に
どんと、置き、あっというまに
私のスーツケースは流れていってしまいました。

係員の人はニコニコして
「もう行っていいよ。」
と言っています。

私はわけがわかりません。

これって、一時預かりなの?

続きは明日に。

bana-

AD