先日の慶良間珊瑚の続き。

 

No.850-5.JPG

 

輪っかはペンダントに。

 

No.850-6.JPG

 

うんと小粒な珊瑚を使ったピアス。

 

No.850-8.JPG

 

形の良い珊瑚は海のしずくと合わせてブローチに。 珊瑚の白はガラスの青(海の色)と良く合います。

 

まだまだ現在進行形で珊瑚もの作ってます♪

 

 

■イベント出展のお知らせ

11/6(日)

うみたかハンドメイドマルシェin海鷹祭@東京海洋大学品川キャンパス

 

■ガラス作品の販売について


■工房について
 

■ブログ、ツイッター、問い合わせ先

AD

art16RR-5.JPG

 

赤い薔薇石けん。 ご依頼品です。

 

赤は単色だと(特に画像上では)平坦な印象になりがちなので ひと工夫してみました。

 

art16RR-1.JPG

 

クリアな赤とクランベリーピンクをブレンド 光沢のある赤とコーラルをブレンド この2種類の赤色素地をさらにブレンドして、奥行き感と ニュアンスのある赤を目指しました。

 

art16RR-2.JPG

 

画像では分かりにくいとは思いますが(^^;)

 

art16RR-6.JPG

 

香りはローズのフレグランスオイルとゼラニウム、ホーウッド、 ラベンダー・アングスティフォリア精油のブレンド。 甘く優しい香りです。

 

先日無事ご依頼主のお手元に届いたのでアップさせて頂きました。

 

 

AD

2016cream.JPG

 

急に涼しくなって着るものやお布団のチョイスに困る日々。 季節の変わり目はいつもそんな感じ(^^;)

 

周囲でも風邪が流行ってるなと思ったら先日通院した際 待合室にも風邪ひいてるひといっぱい。気を付けなくちゃと 思ってた矢先、喉の具合がアヤシクなってきた💦 やっぱ気候やらの変化に体がついていってないのかな。

 

とにかくひどくなる前に対処ということで、 いつもの喉クリーム作りました。

 

鎮咳作用のあるウィンターグリーン、ユーカリラディアータをはじめ、 ティートリー、ラベンダーアングスティフォリア、カモマイルローマン、 カモマイルジャーマン、イモーテルなどなどをブレンド。

 

「いつもの」だけどいつもより作用重視で香りは二の次に(^^;) それでもどんなブレンドでもちゃんと香りがまとまって 良い香りになるのが不思議です。

 

日常的に使うミストも抗菌・抗ウイルス仕様に。 オイルにはむくみ対策のジュニパーベリーも組み合わせて。。。。 などなど、こんな風にすぐ目的に合わせたレシピを作れるので 精油と基材を一通り常備していると何かと助かります。

 

「自分でできることがある」っていうのは精神衛生的にも 良い感じです。

 

あ、喉クリームは喉だけでなく足裏もに塗ってます(^^) もちろん普通にハンドクリームやボディクリームとしても使えます。 多用途なのも良いところです♪

 

 

AD

No.850-1.JPG

 

ブログへのアップがなかなかできずにいましたが、慶良間から 帰ってきてからこっち、慶良間で拾い集めてきた珊瑚の欠片や 微小貝を使って作品を作り続けています。

 

No.850-4.JPG

 

海粒ガラスと輪っかに。

 

No.850-3.JPG No.850-2.JPG

 

ピアスやイヤリングのパーツ。

 

No.850-7.JPG

 

加工するのすら勿体無くて小瓶に入れてみたり。

 

貴重な材料なので、試行錯誤しながら少しずつ大切に作ってます。

 

 

No.849-5.JPG

 

いつもしゃぼん玉シリーズで作っている輪っか、今度は水まんじゅう シリーズでも作ってしまいました。

 

丸とか輪とか球とかってなんか可愛いですよね。

 

No.849-7.jpg

 

ヘアゴムとブローチ。

 

写真が難しい。。。。へたくそでごめんなさい(;'∀')

 

輪っかのマイブームが続いてるけど、このまま定番になりそうな気配(^^;

 

 

夏の間お世話になった神楽坂temameさんでの委託期間が終了し、 先日作品の搬出に行ってきました。

 

20160729temame-3.JPG

(こちらは企画展時の画像)

 

その際にギャラリーさんからお客様の感想や反応など お伺いしたのですが、素敵な台紙がついてたり箱に入っていると ”作品が大事にされてるんだな”という印象を(お客様が) 受けるのだそうです。

 

「なるほど」というか「やっぱり」というか。 やっぱり見せ方って大事なんだなぁ~って改めて思いました。

 

No.811-4.JPG

 

No.836-1.JPG

 

うみかん(海缶)には”入れ物にまで手が込んでいますね” というご感想を頂いたそうで嬉しかったです。

 

改めましてギャラリーにお運びくださったみなさま、お買い上げ くださったみなさま、ありがとうございました。

 

No.809-1.JPG

 

これからも見せ方とか付加価値の部分にももっと力を入れないと~ って考えてます。もちろん良い作品を作ることが第一だけど、 作るだけで力尽きてちゃダメなんですよね(^^;

 

今年は春夏にイベントにたくさん出て色々と勉強になりました。 それを少しずつでも次に活かしていけたらと思います。


 

大瀬崎でシュノーケル

テーマ:

P9103811.JPG

 

1泊で伊豆の大瀬崎へ行ってきました。

 

たまたまTVで見て、お魚さんがいそうってことで。9月にしかも関東に近い静岡で泳ぐのって初めてかも。 天気水温その他も気になるところです。

 

P9103810.JPG

 

初日はお天気も良く、浅瀬の透明度はこんな感じ。

 

ブイで遊泳エリアも限られてるのでちょっと「あれ?」でしたが。 それ以外の場所で泳いでる人いないし、何よりダイバーさんだらけで 邪魔にならないようにおとなしく遊泳エリアで泳ぎました(^^;

 

少し泳ぎ進むと海の中はクリーミーで視界はイマイチ。 でも目が慣れてくるとお魚さん色々見つかりました。

 

P9103785.JPG

 

P9103809.JPG

 

P9103816.JPG

 

 P9103820.JPG

 

P9103825.JPG

 

P9103837.JPG

 

P9103852.JPG

 

P9103875.JPG

 

P9103878.JPG

 

P9103849.JPG

 

基本的に海底の砂利と保護色(笑) 沖縄みたいにはいかないよねって最初から思ってたけど、 それにしても海の中は地味~でございました(;^ω^)

 

P9103858.JPG

 

唯一南国っぽさを感じさせてくれたのがデバ&ルリ(ススメダイ)達。 結構たくさんいました。

 

P9103802.JPG

 

P9103801.JPG

 

P9103799.JPG

 

まぁそれでもイカの群れとか

 

P9103846.JPG

 

P9103880.JPG

 

P9113897.JPG

 

フグとか見付けると嬉しくなります。

 

水温はやっぱり晴れてても夕方になると水が冷たく感じられました。 その分透明度は若干増しましたが。

 

PC6233051.JPG

 

今年買ったタッパーウエア、正解でした。 相方はラッシュガードだけだったので寒くてダメだったようです。

 

お世話になったのはこの宿

 

ビーチの目の前じゃなくてちょっと坂を上ったところにあるけど、 充分水着のまま行き来できる距離。 海で冷えた身体を大浴場の湯船にゆっくりつかって温めました♪ 

 

P9113887.JPG

 

久しぶりにこんなスタンダードな朝食も食べた(笑)

 

コインランドリーはなかったので洗面台でゆすいで手絞りで 浴室に干し、翌日は生乾きで着ました(笑)

 

P9113903.JPG

 

2日目はどんより曇りだったので、前日の水の冷たさに懲りた 相方は泳がないというのでワタシだけひと泳ぎ。

 

水に入ると思ったよりも暖かく。でも濁ってて透明度は良くなかった。 やっぱり水が冷たい方が透明度あがるのかな? カワハギやフグちゃんたちと少しだけ戯れて大瀬でのシュノーケル終了。

 

P9113900.JPG

 

大瀬崎はダイビングの講習している人たちだらけでした。 ビーチの目の前にはマリンサービスや宿泊施設が並んでいます。 ビーチエントリーできるのでダイビング講習するのに条件が 良いからなのかな。ダイバーの為のビーチって印象でした。

 

ビーチには無料の水シャワーがあるし、ちょっと歩いたところに 公衆トイレもあるし、泳ぐ環境としては悪くないです。

 

でもシュノーケル的にはわざわざ1泊で行くわりには、コスパ的には 微妙かなぁって感じです。他にも面白いポイントがあればいいんだけど。

 

かといって日帰りもきつい距離。伊豆は1泊して温泉入って海の幸食べてちょっとドライブなども楽しみつつというホールパッケージで考えると 息抜きにちょうどいい場所なのかな~って感じ?

 

東京から(車なしでも)無理なく日帰りできてシュノーケルに適した 場所って見つけるの難しいです(;^ω^)

 

ああ、海の近くに住みたいよぅ。


 

No.845-2.JPG

ブルー系のブレスレット。

No.848-1.JPG

ピアス&ノンホールピアス。

海の青色はワタシのスタンダードカラー。 一番たくさん作っているし、何よりこれが作りたくて ガラス始めたんだし。

夏でも冬でもいつでも一番好きな色。

No.843-5.JPG

No.843-4.JPG

季節は秋に移行しつつあるけどワタシの作風は変わりません(笑) 海好きは一年中海のこと考えているものなのです(^^;

昨日は委託中の神楽坂のギャラリーさんにお友達が来てくれて。 彼女はサーファーさんなのですが、同じくサーファーのお友達にって ブルー系のピアスをお求め下さいました。

プレゼントしたらとても喜んでくださったとのこと。 こんな風に作品が海を愛する人と出会えるととっても嬉しい。

そういう出会いが1つでも多くなるよう秋冬も夏全開で頑張ります(笑)


心が痛い(T_T)

テーマ:
P801-22トカシクビーチ.jpg

酷暑に加え日本各地で台風の被害が甚大で心が痛いこの夏。 逆に沖縄では台風が来ないことにより海水温が上昇し、珊瑚の白化が 日に日に進んでおり、こちらもまた心痛む毎日。

そもそも珊瑚とは何か、白化とはどういうことか等は このようなサイトがありますのでご参考に。
「三菱商事珊瑚保全プロジェクト」 珊瑚礁Q&A

白化関連でこんな記事を見つけました。
「サンゴ白化、バクテリアが関与 静岡大が初解明」(沖縄タイムス+プラス)

珊瑚の天敵はいろいろあるのですが、自分でもできることは 何かと考えたとき、まずは人為的ダメージを与えないように 努力することだと思います。

人為的ダメージとは
①物理的に傷つけない
②海を汚さない

①は先日の旅行記にも書いたように珊瑚を傷つけないことです。
・珊瑚に乗らない
・珊瑚につかまったり触ったりしない
・泳ぐときフィンで珊瑚を蹴ったりしない
などなど。

②は生活排水などは常日頃から気を付けるべきことですが、海に行く時にも気を付けたいことがあります。

10年ほど前になるでしょうか、”紫外線吸収剤が珊瑚に良くない と考えられてる”って知って。ちょうどアロマ始めてた頃だったので それからはずっと自作の日焼け止めクリームを使っています。



まさにその珊瑚礁に行くのにわざわざ「良くないかも」って物 使いたくないですから(本当のところはどうなのかは別としても)。 それに肌にも負担らしいですし。

日焼け止めだけじゃなくて、ローションもジェルもクリームも 美容オイルも全部作れます。それも体調や気分に合わせてレシピ 変えたりできるし、1つのアイテムで2役も3役もこなしてくれます。

そもそも強い香りが苦手で肌もかぶれやすいワタシは、市販で好みの ものを見つけるのが難しかったのです。でも自分で作るようになって スキンケアも快適になりました。

そしてお肌の勉強をすればするほど、添加物を使わないナチュラルケアの 重要性や環境への配慮の必要性を実感するに至り。

PC6233051.JPG

そもそも日焼け対策にはまず服装等で物理的に紫外線をカットすること。海ではラッシュガード等のマリンウエア(長袖&フルレングス)を着ればいいのです。

浮力も得られ体温保持にもなりクラゲ避けにも岩場での怪我防止にもなります。自ら露出を多くしながら日焼け止めクリームでなんとかしようっていうのは 本末転倒のような気がします。

もちろんそれがベストって言うつもりはなく、ナチュラルケアにしても 100%オーガニックとかそこまで拘ってはできませんけど。 生活排水のこと考えたらもっともっとすべきことはありますが、まずは自分にできることは何か考え、無理なく続けられることを 信念をもってこつこつと続けていくしかないかなと思っています。

ワタシの場合はそれが手作りコスメとうまくマッチしただけで 人それぞれできることあると思います。

地球規模の異常気象、誰もが無関係ではいられません。

珊瑚の白化がこれ以上進みませんように。 1日も早く環境が改善されることを願って。

自然災害がもうこれ以上起きませんように。 被害を受けた地域では早く復旧の目途がたちますように。


No.849-1.JPG

輪っか作りのマイブーム、まだ続いています(笑)

No.849-3.JPG

揺れるタイプのヘアゴムとブローチ。

No.849-4.JPG

今回はブローチにもゆらゆら揺れるチャームをつけてみました。
ブルー系のブローチは先日のデザフェスでお嫁入り。

No.826-1.JPG

こちらの珊瑚モチーフを使った海のミニボトルブローチも 先日のデザフェスでお嫁入り。

No.826-3.JPG

海粒ドーム&光のしずくを使ったバージョンも作ってみました。

珊瑚モチーフを使ったブローチは春からちょいちょいと作って いるのですが更に追加作るかは未定。パーツ切らしていて(^^;

ブローチは色んな場所につけれるのがいいですよね。 ストール留め等の用途もあり、直接肌に触れるアクセが苦手な方でも 使って頂けるのではないかと思います。 サイズ関係ないのでご家族で共用したりもできそうです。

ワタシは羽織ものの前を留めるのに良く使っています。 ボタン代わりみたいな感じで。

次はどんなブローチ作ろうかな~。
ブローチ作りのマイブームは来るのか?(笑)