空っぽの時間

本の感想や日常の記憶

++迷い人のモノローグ


テーマ:
チワワが家にやってきた―犬初心者の予想外 (ダ・ヴィンチブックス)/ほしの ゆみ

¥924
Amazon.co.jp

エッセイ風のコミックです。
チワワを初めて飼う著者の体験をつづった本で、私もチワワを飼っているので共感できるかと思っていたのですが、予想外に違った奮闘ぶりになってました。
まぁ、犬種というより、その犬の性格でしょうね。チワワでもいろんなワンちゃんがいます。そう思って読むと、いろんな苦労があるんだなぁと思える一冊。
個人的には、「ちょっとお金かけすぎだなぁ」とか「甘やかしすぎだなぁ」って思ってしまったけど。あんなに食べ物に苦労するくらいデリケートな犬もいるのかとびっくりでした。まぁ、所詮は誰でも親ばか…ってことです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



福山 リョウコ
悩殺ジャンキー 8 (8)


モデルとして活動している中学生のナカちゃんは、笑顔が凶悪な顔になってしまうという欠点を持つ女の子。
同じモデルで、愛らしい笑顔をふりまくウミちゃんを尊敬しているが、ある日ウミの秘密を知ってしまって…という、かなりおきまりの展開で進む恋愛ストーリーです。
高校生でカメラマンの堤くんが三角関係に入ってきて、2人をかき回します。その辺りもお決まりですね(笑)。
いろいろと突っ込みどころは満載ですが、ファッションがセンスがあって良いし、時おり見せるナカちゃんのショットはとても可愛いです。
恋愛関係もじれったいところが可愛らしい…のだと思います(笑)。ウミがへたれなだけですが。

8巻は、頑張るナカが最後に見せた笑顔がとても良いです。これからライバルとして自立していくナカが楽しみになれる1冊。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


小林 よしのり
小林よしのり 目の玉日記

[出版社内容紹介]
世にも珍しいエンターテインメント闘病記
ある日、漫画家・小林よしのりの眼を白内障が襲った。徐々に見えなくなる日々、自己決定を理由に手術の先延ばしをする眼科医……。やがて右目が見えなくなった。それでも、漫画家にとって視力を失う恐怖に駆られながら、点眼薬で執筆を続ける日々。しかし、ついに両眼が見えなくなり、緊急入院することに……。手術は実はなんてことなかった。部分麻酔でレンズが入れられると突然視界が開ける。きっちりとした輪郭、原色で飛び込んでくる景色に作者が新しく見たものは何だったのか? ユーモア溢れる闘病記にして小林よしのり"新開眼"第一作。オール描き下ろしで発刊!


闘病記…なのに、なぜかかなり笑えた作品。すいません、身をよじるほど笑ってしまった。
すごくコミカルに書いてあるから、読みやすいです。
失明のおそれがあるまで深刻なのに、ナゼにあんなにユーモアを交えて表現できるのでしょう。また、ほとんど見えない中での病院生活でも、詳細な表現なのがすごい!
ペンに力を持つ人の、すばらしさを感じます。

あと、白内障に詳しくなります(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


立野 真琴
CUTE×GUY 4 (4)

スミちゃんの性別変身コメディー。完結です。
やっぱり困った時に助けてくれる相手が増えて、ハラハラ度が減った分、面白さも半減してしまったのですが、楽しくまとまって終わったなと思います。
みつるくん、意外と太っ腹でした(笑)。

それにしても、毎回この方の話は、彼女が最後に選ぶ相手が、私の思っていた人と違う…。
いい男を振るのが贅沢な感じがしていいのかな~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


仲村 佳樹
スキップ・ビート! (14)

[出版社あらすじ]
トラブルを共に乗り越え、キョーコへの気持ちを自覚した蓮だが、ひとつ気がかりなことが…。そしてその予感が的中するかのように、キョーコと尚が再会!? しかも尚は、明らかに自分を意識したバンドにセールストップを奪われ大ピンチ――!? 2006年10月刊。
-------------

ダークムーンが落ち着いて、ようやく不破っち登場。しかもピンチ。弱っている時にかけられる言葉って、胸に響きますよね。そんなわけで、蓮も気が気でない様子。三角関係に、面白さが増してきました。バンドのことも気になるし、次も楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



篠原 烏童
ファサード (14)

「その果てに愛はあるのでしょうか」完結。
雑誌でちょくちょく見ていて、内容は難しいなと思ったけど、まとめて読んでジーンとしてしまいました。
争いは人類の最大のテーマで、たいてい命の重さを感じさせられることが多いです。
ユニコーンの正体は、思わせぶりだったぶん、少し肩透かしかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



一条 ゆかり
プライド 6 (6)

どんどん深みに嵌っていくモエちゃん、怖いです…。
しかし、本当にオペラ好きなんで驚きます。
私にはこれしかないって思い込んでるけど、モエちゃんてその気になれば何でもできそうな良い性格してるのになぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



朔野 安子
姫君の条件 8 (8)

→終わりました。前回やっとのことで思いが結ばれたダリアン姫さんと従者キールくん。しかし、狙われた姫を守ることが出来ずに落ち込んだキールくんは、今度こそ彼女に精霊としての守護の与えようと、自らの剣で胸を刺す…。
いや、雑誌で読んでたときは「…この終わり方ってもしかして打ち切り?」ぐらいに酷かったけど、どうも紙面のページ数が足りなくて、今回はコミックの際に書き足したらしいです。おかげで矛盾点が、かなり説明口調になってましたが、まぁ無理やりまとめたかな?と。
それでもいまいちすっきりできないですね。結局、キールと闇の精霊の関係って何なのさ。そんなぷっつりと二つに分けれるものだったのか、理解できませんでした。残念。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


森永 あい
極楽青春ホッケー部 1 (1)


男子グランドホッケー部に入部させられた女の子、ハナちゃんと5人の部員のお話。
ホッケー部といっても、ルールも知らないメンバーが「遠征」と称して全国の温泉地を行脚していくコメディーでした。
作者が、さぞグルメ温泉旅行できていいだろうなぁ~などという思いはさておき(笑)。逆ハーレムものとしては王道かな。この方の漫画は他の話もそうだけど、男の子が母性本能をくすぐるような可愛い子が多いかも。んで、女の子は可愛いけど性格が…って感じが多いんだよね(^^;

それにしても、金持ちの理事長の孫だとか、双子だとか、めがねのインテリだとかの超カッコイイ男の子がメンバーとしてでてきますが…なんかアレに似ておりますね、ホストのアレに。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



久世 番子
暴れん坊本屋さん (1)

漫画家兼、本屋の店員である作者の、本屋の暴露話。

というわけで面白かったです。
一時期私も本屋ではアルバイトしたからね(笑)。本好きはたいてい本屋でバイトしているよね(笑)。
頷く部分や、知らなかった部分もあって楽しかった。

でもちょっと驚いたんですが、
従業員が、本は「一割引」って、いつからやってたんですか!!??
や、知らないんですけど!

もしかして、店長は内緒にしていた…?
もしそうだったらなんだか腹が立つな~。定期購読とかは勝手にやってたけど、定価で払ってましたよ(^^;しょぼん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。