空っぽの時間

本の感想や日常の記憶

++迷い人のモノローグ


テーマ:


小林 よしのり
小林よしのり 目の玉日記

[出版社内容紹介]
世にも珍しいエンターテインメント闘病記
ある日、漫画家・小林よしのりの眼を白内障が襲った。徐々に見えなくなる日々、自己決定を理由に手術の先延ばしをする眼科医……。やがて右目が見えなくなった。それでも、漫画家にとって視力を失う恐怖に駆られながら、点眼薬で執筆を続ける日々。しかし、ついに両眼が見えなくなり、緊急入院することに……。手術は実はなんてことなかった。部分麻酔でレンズが入れられると突然視界が開ける。きっちりとした輪郭、原色で飛び込んでくる景色に作者が新しく見たものは何だったのか? ユーモア溢れる闘病記にして小林よしのり"新開眼"第一作。オール描き下ろしで発刊!


闘病記…なのに、なぜかかなり笑えた作品。すいません、身をよじるほど笑ってしまった。
すごくコミカルに書いてあるから、読みやすいです。
失明のおそれがあるまで深刻なのに、ナゼにあんなにユーモアを交えて表現できるのでしょう。また、ほとんど見えない中での病院生活でも、詳細な表現なのがすごい!
ペンに力を持つ人の、すばらしさを感じます。

あと、白内障に詳しくなります(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユズミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。