空っぽの時間

本の感想や日常の記憶

++迷い人のモノローグ


テーマ:



三浦 しをん
三四郎はそれから門を出た

しをんさんの、雑誌に掲載されていたエッセイをまとめたもの。
半分以上は、その「読書好き」が滲み出た、愛の書評でした。
すごく面白く読めました。
なんとなく日常や、その考えに親近感を覚える身としては、とても読みやすくて楽しい!
そして笑わせてもらった…。


あとがきに、

「書評とは、愛の表明であるべきである」

と書かれていたのを見て、まったくその通りだと納得する反面、あまり実行できてないことにうろたえたのでした(^^; いや、愛はあるんだけどね。それがちゃんと伝わっているかは難しいかも。もっと精進すべきなのでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユズミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。