空っぽの時間

本の感想や日常の記憶

++迷い人のモノローグ


テーマ:
忙しい時期が終わったので、羽を伸ばそうと、さなさんに付き合ってもらって神戸で食べ歩き♪
最初に決まっていたのが、三宮のパトリーのケーキが食べたいってことだったので、先に元町まで歩いてランチをしてきた。
フルーツが自慢のお店で、神戸元町店限定のコースをいただいた。

「ベニマンの昼食」1575円

・食前の手絞りグレープフルーツジュース
・野菜たっぷりミネストローネ(福豆入り)
・新鮮野菜の一皿
(パパイヤの生ハムのせ、グリーンサラダ、季節のゆで野菜
と自家製ポテトサラダ)
・自家製フルーツジャム3種とオリーブオイル
(3種は、いちじく、ブルーベリー、キウイでした)
・パンの盛り合わせ
・プレーンヨーグルト
・本日のデザート
(ケーキか、ミルクプリンか、甲斐路という葡萄と、幸水梨から)
・コーヒー又は紅茶(ポットサービス)

フルーツメインのランチなのに、なかなかボリュームがあって美味しかったです。全部おいしくいただきました♪
コーヒーもポットで来たけど、いっぱい飲んでしまった(笑)。
こんどはここのパフェが食べたい!!
どれも美味しそうだったです。

[お店情報]
http://www.beniman.com/

神戸市中央区栄町通4丁目3番5号
毎日新聞神戸ビル1F
TEL 078-360-3943   FAX 078-360-3944
「フルーツショップ」 11:00-20:00
「パーラー」 11:00-20:00
定休日:水曜日


ランチが終わってから、元町まで来てたので、もちろんノジェスもチェック。やっぱりここは可愛いのぅ。しかし、買ったばかりであることと、もうすぐクリスマス限定が出るのを知っていたので、見るだけに留めました。

それからブラブラと大丸のバーゲンコーナーなどをめぐっていたら、ちょうどお茶時間に。急いで目当てのケーキやへ向かう。
住所を頼りにしながら、ホテルの1階にあるお店を探して、見つけました、ミルクジャムで有名なホテルピエナの中にあるというパトリーというお菓子屋さん。

さすが、ホテルに入っているだけあって、ラウンジという感じで喫茶店になっていましたね。

060930cake1

食べたのは、季節のフルーツタルト。ちょっと写真は暗いけど、鮮やかなフルーツがのっています。いちじく、ラズベリー、パイナップルからブルーべりーもあったかな。タルト生地がかなりかたくてクッキーのような歯ごたえ。サクサクとおいしかったです。

060930cake2

こっちは…ミルクチョコのケーキ。中にガナッシュが入ってて、柚子が練りこんであるとか。

ここのお店はですね、何度か行きたいという候補に挙がってはいたのだけど、なかなか行けずにいて、今回ようやく行ったのでした。
うーん、そのせいかな。期待が高すぎて、なんか普通だなぁ~って感想になっちゃった。
ちょうど3時前後に行ったのに、ショーケースにはあまり商品がならんでなくて、淋しかったしねぇ。それは照明がホテルらしく暗かったせいかな(^^;
やっぱ今度はミルクジャムを買って帰ろうっと。

[お店情報]
『菓子s パトリー』
http://www.piena.co.jp/kashis/index.html

神戸市中央区二宮町4-20-5(ホテルピエナ神戸1F)
TEL.078-272-3366
10:00~19:30ラストオーダー


買おうと思っていたCDを探しに行く。
センター街のタワレコに行こうと思って、ビルのエレベーターに乗るが、止まる階のボタンを押した時に、ふと、店の名前が載っていないことに気がつく。
…あれ、つぶれた?(^^;
エレベーターはそのまま上がり、目当ての階に。
降りてみるとやはりシャッターが閉まっていた。がーん。
張り紙を読んだところ、移転するらしい。そこには移転先を書いてなかったけど、あとで知るところによると、4日オープンのミント神戸に県内最大級の店としてオープンするらしい。…一足遅かった。
仕方がないので、TUTAYAへ寄ったが、目当ては見つからず。撃退されてしまった。ま、安いゲーム見つけたから良しとするか(笑)。

夜は、友達御用達のお店を連れて行ってもらう。
名前は知ってたけど、いつも混んでいるほどの人気で、なかなか入れない居酒屋さん『めばえ』。
創作家庭料理を作ってて、カウンターにずらりと一品料理が並んでいたのだけど、どれも美味しそうでした。
とても選びきれないので、少しずついただけるコース料理をチョイス。
私はですねぇ、ここの最後に出てきたご飯に乗ってたジャコとシソのふりかけが美味しかったんですよ。ジャコのパリパリとした食感に喜んでしまった。あれはジャコを揚げているのかなぁ。今度家で挑戦してみたいです(笑)。

[お店情報]
『めばえ』
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目11-5
ザ・ビー神戸 地下
078-391-7688
営業時間 17:00~22:30
定休日 不定休
予算の目安 3,000円以上~5,000円未満
客席数 20席


いっぱい食べたところで、今日は早め(?)に帰宅。
目当てのものはぜんぜん買えなかったけど(^^;
いろいろお話もできて、楽しかったです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ダイアナ・ウィン ジョーンズ, Diana Wynne Jones, 西村 醇子
魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉


普通に不思議な物や魔法使いが存在する国、インガリー。3人姉妹の長女ソフィーは、昔からのいいつたえで「長女は成功しない」という言葉をその通りだと思い込み、帽子屋の仕事や生活に悩む日々を送っていたが、ある日荒地の魔女の呪いを受けて、おばあさんへと姿を変えられてしまう。旅に出たソフィーは、若い女の心臓を食べると話に聞くおそろしい魔法使いハウルの住む動く居城へ出くわし、寒さをしのぎに乗り込むが、そこでハウルの使役する火の悪魔、カルシファーから呪いを解くという交換条件でハウルとカルシファーの間で契約された内容を見破って欲しいと持ちかけられた。
ハウルの城での、掃除に明け暮れる騒がしい生活が始まる…。

-------------------

あの、宮崎アニメ『ハウルの動く城』の原作です。
実は私は洋書が大の苦手。
そんなわけで読み始めてからすぐに、思い切り躓いたのだが、まぁ、私も大人になった(笑)。中盤まで読んでみたら、その後はスムーズに読めました。伏線がしっかりと張ってある割には、唐突な展開が多かったりして、ちょっと驚いたけど、面白く読めました。よかった。
アニメは、設定と、話の最初と最後が同じなだけで、あとはずいぶんとアレンジされてたんですね。でも、アニメに足りない説明も補足してあったように思えたので、すっきりできました。ソフィーの呪いとか、火の悪魔の正体も、小説ならわかりやすい(笑)。
そして、ハウルはやっぱりタラシだった(^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


乙一
銃とチョコレート

ある国で多発する怪盗【GODIVA】の犯行。そして対決すべく立ち上がった探偵ロイズとの活劇は、街中の大人から子供までを巻き込んで連日のニュースになっていた。
少年リンツも当然その中の1人で、探偵ロイズをヒーローとして尊敬していた。ある日、リンツは父の形見の聖書から、手書きの地図を見つける。それが、怪盗の残すカードと似ていることを知り、貧しい中で育った彼は賞金を貰える期待を多少胸に秘めながら、ロイズに情報提供をするのだが…。


児童向けのミステリーランドの一冊です。
怪盗と探偵。かの有名な二人を彷彿とさせるような小道具仕立てで、リンツ少年も探偵にあこがれる小林少年のような純朴さ。
地図に眠ったお宝に期待しながら、怪盗を探すべく、正当にお話が進んでいきます。
…中盤までは。

いやすごいですね、中盤で、リンツ少年の信じていた世界が一気に逆転。
とても乙一らしい作品です。
おおっっと思うような発想の逆転に感心しているうちに、乙一さん全開のダークなパワーがみなぎってきます。
児童書なんだから、できれば中盤のお話までで進めて欲しかったかも…とも、思わずにはいられないのですが、はやりこれがなければ乙作品でもないわけで(^^;
正義と悪が見方によってずいぶんと変わるものだなぁと、思ったのでした。

チョコレートの名前はどれも美味しそうです。ゴディバにロイズ、リンツの他にも町の名前になっていたり、いろんなチョコメーカーが出てきます。それを探して楽しむのも良い作品。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スクウェア・エニックス
ファイナルファンタジーIII


連休最後ということで、未開封のまま放置していたゲーム、FFⅢを手にとってみました。
いやいやオープニングがすばらしいですね~うっとり。
やはりファンタジーといえば、森があって、動物がいて、そして神殿があるものですよね♪ ね?←誰に言ってるんだ。
あと、このタイトルの名物はクリスタルだと思いますので、「元祖」って感じがして嬉しくなりました。
久々に聴く音楽も、昔のを少しアレンジしてあったけど、良かったです。

ゲームもですね、カメラワークがカッコイイし、操作がしやすいです。多少、画面の影響もあってか、文字が小さかったり、誰に向かって魔法かけてるんだから分からないところもありましたが、それほど気にはならないでしょう。
ストーリー…は、昔のを一度プレイしているので、多少は覚えてるんだけど、いろいろ突っ込み要素も満載でした。いきなり光の戦士に選ばれて、村人から「旅立て~」とか言われて、ホイホイ出て行ったけど…、そんなに軽かったかな(笑)。
いまは「すっぴん」からようやくジョブチェンジできるようになったところ。なかなか楽しめそうです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


三浦 しをん
しをんのしおり

最近直木賞を取った作家、三浦しをんさんの日常を綴ったエッセイ。友達が好きだと言っていたのを覚えていて、読んでみたわけですが。
なるほど! sympathyですね!!(共感とか共鳴とかいう意味で)。
思わずにやりとしてしまいました。
いや~漫画オタクで、ライブ追っかけとくれば…ははは。わが身を振り返ること多数。それに確かに多いですね共感が。道をよく聞かれるとか、恋愛における考えとか、1人で京都観光してカップルばかりの場所に来てしまったとか…ああ私もやったな~って(^^;細かいことでも納得。
それにしても、彼女の妄想突っ込みモードがすごいです。さすが作家さんといったところか。いたる日常で1人の人から勝手にドラマが始まってます。しをんさんの中でだけですが(笑)。主にBL系へ突き進むのもすごいけど。




三浦 しをん
人生激場



三浦 しをん
夢のような幸福

上の2作品も読みました。
白泉系の少女マンガにおける恋愛論は身につまされました…。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サイズのお直しに出していたノジェスの指輪が出来上がったとのことで、連絡を受けました。じゃあ、来週にでも取りに行こうと思っていたら。
今日、ちょうど店の隣のビルに仕事で行くことに!
らっきー。

指輪を取りに行ってきた。
サイズもちょうどぴったりで、もう失くすことはない…かもしれない(笑)。

060625ring


060904nojess

んで、これは指輪じゃないやーん。
ええ、ええ、買っちゃったんです(爆)。
取りに行ったら、ちょうど9月1日から入っていた秋の新商品を見せてくれてね。なんか熱心に勧められて、買ってしまったよ。

天然石は最初、新商品だろうか、希少品だろうが、あまり興味がなかったんだけど、何の気のなしに月のチャームと並べてもらったら、かなりハマってしまって「今の季節に合う」と盛り上がってしまった。
…冷静になって「あぁ、散財」。値段をあまりきちんと見てなくて、会計したら思ったより高くてびっくり。そういえば、月に小さなダイヤが入っていたか。まぁ、月はどのチャームと合わせても良さそうだし、なにより気に入ったので良しとしましょう♪
先月忙しかったご褒美(笑)。

ついでに、キャンペーン中ということで、非売品のバッグチャームをもらいました。

060904nojess2

タイミングが良かったね。カバンもキラキラしたものに変わっていた。ゴージャスで確かに目立つけど、ちょっと持ちにくいかなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



篠原 烏童
ファサード (14)

「その果てに愛はあるのでしょうか」完結。
雑誌でちょくちょく見ていて、内容は難しいなと思ったけど、まとめて読んでジーンとしてしまいました。
争いは人類の最大のテーマで、たいてい命の重さを感じさせられることが多いです。
ユニコーンの正体は、思わせぶりだったぶん、少し肩透かしかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
060903hamu

久々にビーズを使って作ろうと思っていたら、材料がそろってなくて以前に作ったものを再生産(笑)。前のは友達にあげちゃったからいいかなぁと思って。
また足りない材料を仕入れにいかなきゃね。いつもそう思って買うんだけど、たいてい間違って買ってたり、やっぱり不足があったりして、手元にはたくさんあるように見えて作りたいものが作れないビーズ。で、見つめるだけで結局何も作らないことが多い(爆)。

そういえば、以前はユーロが高騰中ということで単価が上がっていたスワロビーズですが、今はどうなんでしょう。落ち着いてるかな…。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


アルゼ
シャドウハーツ2

面白かった。私が初めてサブゲームを全制覇したかも。かなり難易度が低かったので、楽しみやすかった。
キャラクターも個性的で遊びやすかったしね。いろんなパロディーが盛り込んであって笑えたです。途中、メンバーの中の狼くんの声を担当しているのがシャアの人だと気がついて驚いたが、セリフもガンダムからパロっていたらしい。…ガンダムはあまり詳しくないので気がつかなかったけど、そういえば狼らしくないセリフが多かった(笑)。

ストーリーもところどころでお笑い要素があって、私が一番ウケたのは、出だしの教会での主人公のセリフと、あとはロシアでのボス戦の前の主人公のセリフかな。絶妙なつっこみに、黙り込むボス。超面白かったです。


それにしてもこれ、エンディングがハッピーエンドとバッドエンドとあるらしいのですが、ムービーを最後まで見ていて、私の見ている画像がハッピーなのかバッドなのか判断がつかなかった…。仕方なしにネットで調べたところ、ハッピーであることが判明。あれがハッピー!? いや、驚いたさ。まぁ、主人公的にOKならハッピーなのかな(いや、泣いてたぞ)。そしてヒロインが哀しいのでした。次はバッドエンドを確認してみようと思います。あれよりひどいって、どんなのだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。