Aqua Terraceの観賞魚情報ブログ

Aqua Terrace(アクアテラス)では、
アロワナ(古代魚)からメダカに至るまでの観賞魚や、ショップの情報を配信。ショップリストも掲載しています。
また、初心者むけの記事も随時掲載していきます。


テーマ:

どうも!


今回は、マシジミについて紹介します! 

 

 

  

上から、

広島県 さん

タイワンシジミ類調査ガイド さん

揖斐川の淡水シジミ さん/

 

応援のほど、宜しくお願いしますo(^▽^)o 

 

↓ポチッとお願いします><;






1.分類

マルスダレガイ目シジミ科シジミ属タイワンシジミ種


2.分布

中華人民共和国および中華民国(台湾)

 

3.えさ

水中の有機物を食べる


4.特徴

体長:30mm~35mm前後(センチではなくミリ)

マシジミ同様に水質浄化作用が高いことが特長です。

本種は外来種であり、昨今在来種のマシジミを脅かす存在として、
問題視されています。

もともと中国から食用として輸入されていましたが、放流等で増殖したものと考えます。
下水等でよく見かけられることから、食用ではあるが食さないほうがいいと思います。

詳細は上の写真のリンク先に詳しくかかれています。

しかし、一説にはマシジミとタイワンシジミは形態も似ており、
遺伝的にも似ていることから、同種と言われていることもあるようです。

5.最後に


マシジミの時も書きましたが、タイワンシジミは外来種です。

いっとき、水がきれいになったから、用水路にシジミが帰ってきた といわれていますが、
これはタイワンシジミの大量発生であり、タイワンシジミはマシジミが好まない、
比較的汚れた水を好みます。

したがって、水がきれいになったからシジミが帰ってきたわけではなく、
外来種が大量発生しているだけです。

このタイワンシジミは生命力が強く、
同一地域に両種がいるとマシジミが淘汰されてしまいます。

現在、県によっては絶滅状態に近くなっています。

絶対にタイワンシジミを購入し、放流することだけはやめてください。

では

AD
いいね!(36)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうも!


今回は、マシジミについて紹介します! 

 

 

  

上から、

広島県 さん

埼玉やぶえび さん

チャーム さん

 

応援のほど、宜しくお願いしますo(^▽^)o 

 

↓ポチッとお願いします><;






1.分類

マルスダレガイ目シジミ科シジミ属マシジミ種


2.分布

日本の河川の中流から上流域にかけて生息しています。

 

3.えさ

水中の有機物を食べる


4.特徴

体長:30mm~35mm前後(センチではなくミリ)

飼育水温は10~25℃が適温とされています。

水質はpHが6.5 – 8.0くらい。(中性~弱アルカリ性)

 水質浄化作用が高いことが特長です。

また、長期飼育が困難な種です。

5.繁殖

特長に書いたように、長期飼育が困難なために、繁殖も難しいと考えます。


6.最後に

このマシジミは日本国内に生息する種ですが、類似の種でタイワンシジミという
外来種がいます。

このタイワンシジミは繁殖力が強く、どういつ地域に両種がいるとマシジミが駆逐されてしまいます。

現在、県によっては絶滅状態に近くなっています。

絶対にタイワンシジミを購入し、放流することだけはやめてください。

では

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!


今回は、カバクチカノコ貝について紹介します!

  
 


 

 

 

 

 

 

 


 

上から、

チャーム さん

A Story of 25:00 私のビーシュリンプ水槽 さん

私の実験画像

 

 

応援のほど、宜しくお願いしますo(^▽^)o

 

↓ポチッとお願いします><;






1.分類

アマオブネガイ目アマオブネガイ科Neritininae 亜科カバクチカノコガイ属Neritina亜属カバクチカノコ


2.分布

熱帯地方の汽水域(日本~東南アジア)

 

3.えさ

主に藻類やバイオフィルム等を食べます。
ゆえに、コケ対策によく重宝されます。


4.特徴

体長:数mm~35mm前後(センチではなくミリ)

夜行性です。
殻がオレンジ色に色づく特徴があり、観賞価値が高いとされています。
また、水質への対応能力が高く、コケ取り能力もフネアマ貝の次に高いそうです。

脱走癖も低いとされていますが、我が家では一度脱走した前歴があります(笑)
また、見ている時は移動速度はさほど早く感じませんが、
気が付いたら驚く距離を移動しています。

飼育水温は20~28℃が適温とされています。

水質はpHが6.0 – 8.0くらい。(弱酸性~弱アルカリ性)

 

5.繁殖

汽水で繁殖する貝なので、淡水では水槽内で殖えすぎることはありません。
但し、水槽面へ卵(孵化しない)を産み付ける為、美観上は掃除が必要です。


7.病気

病気や寿命について、あまり記述がありませんでした。
比較的寿命が短いとされているフネアマ貝も、2年生きたといった方も
おられるようですので、おそらく2年前後と推測しています。


8.最後に

脱走に注意することと、ヒーターに直接張り付いて火傷による死亡に注意すること、
また貝食性のある魚(たとえばフグ)との混泳は注意して下さい。

また、裏返ってしまった場合自分で起き上がれませんので助けてあげて下さい(笑)


では!

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!


今回は、アベニーパファーについて紹介します! 


  

 上から、

アベニーパファーとは さん

√道草 さん

のほほん~フグDiary

アクアリウム工房 さん





応援のほど、宜しくお願いしますo(^▽^)o 



↓ポチッとお願いします><;






 




1.分類

フグ目フグ科カリノテトラオドン属アベニー・パファー種


2.分布

インドの川などの淡水域



3.えさ

赤虫や人工飼料等を食べます。
また、スネールキラーとも言われています。


4.特徴

体長:2.5~3.0cm前後

黄色の体色と、背中に黒い斑点があるのが特徴的です。
雄雌の判別は、黒い斑点の入り方の違いです。
雌は腹以外、雄は目の後方に入ります。

飼育水温は23~28℃が適温とされています。

水質はpHが6.0 – 8.0です。



5.繁殖

水槽内での繁殖が容易だそうです。
繁殖の兆候としては、雄は繁殖色がでます。


7.病気

平均寿命は3年前後だそうです。
病気の種類としては
・白点病
 →28~30度にあげ、メチレンブルーで薬浴してください。

・エロモナス病
 →水槽掃除を怠ると、なりやすいようです。
  エラまわりやお腹が赤くなると、エロモナス病の可能性があります。
  残念ながら、発症すると対処は難しいようです。

・尾ぐされ病
 →尾ひれが溶けたような症状です。
  早期発見で、別の水槽に移して薬浴しましょう。
  グリーンFゴールドは広い範囲の病原菌に対して抗菌力がありますが、
  水草等に影響があります。


8.最後に

アベニーパファーは、フグの仲間の中では温厚ではありますが、
やっぱりフグですw
狩りを楽しむように多種を追い回します。

混泳は難しい魚であるということを理解の上で、
飼うようにしましょう。

では!

AD
いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!


今回は、ブラックゴーストについて紹介します! 

  

 上から、

日々の撮り書き さん
ブラックゴースト

としとしWeb水族館 さん
ブラックゴースト

アクアランドまっかちん さん
ブラックゴースト

チャーム さん
ゴールデン ブラックゴースト





応援のほど、宜しくお願いしますo(^▽^)o 



↓ポチッとお願いします><;






 




1.分類

デンキウナギ目アプテロノトゥス科アプテロノトゥス属ブラックゴースト種
デンキウナギ目(6科31属147種)
アプテロノトゥス科(14属53種)
アプテロノトゥス属(20種)

たまにエレクトロフォルス科と記載されていることがありますが、
エレクトロフォルス科は1属1種で、デンキウナギ種のみです。


2.分布

アマゾン河流域



3.えさ

赤虫やイトメ、エビや人工飼料等なんでも食べます。
見た目によらず、大食感です



4.特徴

体長:30cm前後 最大で50cm前後

黒い体色と、独特なヒレが特徴的です。
目が退化しており、微弱な電流を流して餌を探して捕食しているそうです。

黒い幽霊というのも、この風体から納得できますねw
アマゾンでは、死者が川に入りこの魚になると言い伝えられています。

夜行性であることも、幽霊を意識させますねw

飼育水温は23~28℃が適温とされています。

水質はpHが6.0 – 8.0です。



5.繁殖

混泳が推奨されていない魚ですので、繁殖は難しいのではないかと思います。

また、混泳については同色同士の場合殺しあうまで喧嘩します。


7.病気

平均寿命は5年程度で、10年生きる個体もいるそうです。

急激な水替えや温度変化による白点病



8.最後に

深海魚ではないのに、深海魚をイメージさせて強そうに見える魚ですが、
水質や水温に敏感な印象があります。

しかし、個人的にとても興味のある魚です。

ゴールデンは結局何ゴーストになるんだろ?w

では!

いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。