税理士法人アクアのスタッフのブログ

新宿区の税理士法人アクアのスタッフのブログです☆

お客様の永続的な発展のために奮闘する、
スタッフの日常を紹介します☆

よろしくお願い致します☆

新宿区の税理士法人アクアのスタッフのブログです☆


お客様の永続的な発展のために奮闘する、

スタッフの日常を紹介します☆


よろしくお願い致します☆


■税理士法人アクア

 (総合案内)

http://www.aqua-tax.co.jp/


■税理士法人アクア

 (病院・クリニック向け)

http://www.aqua-tax.com/


■税理士法人アクア

 (歯科医院向け)

http://www.aqua-dentaltax.jp/


■お問合せ先

電話番号 0120-37-9643

(フリーダイヤル)


テーマ:

こんばんは、税理士法人アクアの金子です。

 

師走になりました。忘年会のシーズンです。

先日私も大変お世話になっているお客様の忘年会に

参加させていただきました。

 

忘年会では普段挨拶することのないスタッフさんや

取引業者の方とも会うことができたり、

その会社の雰囲気や、来年の目標等も知ることができるので

参加させていただいたら有意義な時間にするようにしています。

 

ゲーム等もあったりするのですが、会費制でない忘年会の場合

アクアも景品を提供させていただいてます。

当選した方には大変喜んでいただきました。

 

お酒を飲む機会も増え何かと忙しい時期ですが

皆さん体調に気を付けて、良い来年を迎えられるようにしましょう{E3C51782-562F-4974-8699-B7C990449DEE}

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

こんにちは。今年も残す所あと1ヶ月となりました。一年はあっという間ですね。
さて、最近出会った本を紹介したいと思います!

【日本一の変人経営者】宗次徳二著

著者である宗次徳二さんは、1948年石川県に産まれ、愛知県で高校時代を過ごし1970年に大和ハウス工業株式会社入社。1973年に独立し、岩倉沿線土地を開業。1974年、喫茶店バッカス開業。そして1978年にカレーハウスCOCO壱番屋を創業。現在は53歳という若さで引退し特別顧問として幅広く活躍なさっています。
カレーハウスCOCO壱番屋、通称ココイチは宗次社長が夫婦2人で作った小さなカレー専門店から始まりました。
当時、東京にカレーと牛丼のお店がオープンし始めた頃、第3店舗目であるお店はカレー専門店で行こうと決めたそうです。
周りのお店が個性的な味を売りにしている中、宗次社長は普通の家庭的な味を貫き、たちまち大ヒット店となりました。
ココイチの最大の特徴はライスの量やルウの辛さをお好みで選ぶことができ、様々なトッピングができるミックスメニューが豊富であることです。また、経営の面では店舗数増より失敗店を出さないことを優先、一店一店着実に伸ばして行く方針で、「大きな目標は持たず、1年必死でやれば届く目標を立て、それを繰り返す」がモットーだそうです。
私が何より驚いたのは、宗次社長みずからスタッフと同じ制服を着て、調理から洗い物、接客、掃除などを一緒にこなしながらスタッフに様々なアドバイスや注意をされていたという点でした。「私は商売を繁栄させるコツは、経営者自ら率先垂範して現場で働くことだと思う。」とある様に宗次社長は実際に1年で366日、5637時間の仕事をされたそうです!ただお客様のためだけに働き続け、日本一のカレー専門店に、さらには東証一部上場まで果たした創業者が語る飲食店サービスの本質や商売繁盛の秘訣が、たくさん詰まった一冊です!

しばっちでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

おはようございます。

 

税理士法人アクアの佐藤です。

 

毎日寒いですね。

 

なかなか風邪が治らず、

 

インフルエンザの予防接種ができずにいます。

 

 

そろそろ、年末調整の時期ですね。

 

所得税だけでなく、住民税等のことも考えておかないといけません。

 

最近はクレジットカードで支払できる税の種類が

 

自動車税、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)

 

固定資産税(償却資産)、不動産取得税、個人事業税

 

にまで広がっています。

 

お住まいの市役所に確認してみてください。


 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。税理士法人アクアの金子です。

 

11月も今日で終わりですね。

明日から師走です。

 

今年はふるさと納税がだいぶ一般的になったのか

お客様からの問い合わせが多かったです。

 

今年のふるさと納税は12月中に納税する必要があります。

今年の年収の予測がつくのを待っていた方、

忘れずに納税してください。

 

またせっかくだから正月休みに

家族でおいしいものを食べようと

考えているかたも急いでください

 

人気のところは今年中には

もう届かないのがありますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋をゆっくり感じることなく、

いきなり冬になってしまいました。

皆様体調管理にはお気をつけくださいね。

 

数日前に北極から低気圧が関東までやってきて、

観測史上初となる11月の雪となりました。

あの日私はとても体調が悪かった。

体がだるーく、重ーいのです。

いつも天気が悪いと何となく体調が悪くなってしまいます。

気分のせいかと思っていました。

人間はとても思い込みの激しい生き物で、

「晴れの日は楽しく、曇りや雨の日は憂鬱」

という考えがインプットされると、

「必ずそうである」

と自動的に思い込んでしまいます。

ですので、今まで気合で乗り越えていたのですが、

どうやらそうではないそうです。

低気圧になると気圧が下がり、

リンパ管や血管などが膨張。

流れが悪くなってしまいます。

それが原因でだるさや頭痛、ぜんそくの方は咳き込みなど

症状が出るそうです。

 

気のせいじゃなかった。

気分のせいじゃなかった。

物理的なものによることだった。

それだけで少し軽くなった気がします。

…結局は気持ちの問題??ニコニコ

 

しかしながら、「0」か「1」かでは大きな違いがあります。

それが起因となって反応が変わることもあるでしょう。

 

そう思うと、

自分でコントロールできることって

案外少ないのかもしれませんね。

 

iwaki

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはニコニコ

 

税理士法人アクアのコイケです。

 

今日はふるさと納税とマイナンバーについて皆様にお伝えしたいと思います。

 

2008年に始まったふるさと納税も、2015年度の税制改正に伴い、

寄付先が5自治体までは確定申告が不要となり、ずいぶん普及が

進んできたように感じます。

 

ふるさと納税は年末にビックリマークというものではないのですが、

11月くらいから、今年分はどこに寄付をしようかな?

(何をもらおうかなラブ)と考え始める方が多いように思います。

 

そして、2016年からはふるさと納税の手続きにもマイナンバーが必要となってきますガーン

 

寄付する自治体ごとに、寄付金税額控除に係る申告特例申請書の

郵送による提出が必要になります。

 

この寄付金税額控除に係る申告特例申請書には、

マイナンバーを含めた必要事項を記載します。

 

さらに、以下の書類の添付も必要となってくるのです。

 

① マイナンバーカードをお持ちの方

  → マイナンバーカードのコピー(両面)

 

② マイナンバーカードをお持ちでない方

  → 番号通知カードのコピーもしくは住民票(番号あり)のコピー

    プラス  運転免許証のコピーもしくはパスポートのコピー

 

寄付をした翌年1月10日まで(必着)に不備のない書類の提出が必要となってきます!!

 

贈答品が届いて、わーいおねがいと思って、美味しく食べて、手続きを忘れてしまっては

大変です。

どうぞ、くれぐれも手続きを忘れないようにして下さいね爆  笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

税理士法人アクアの松崎です。

 

先月もブログに少し書いた配偶者控除ですが、

 

政府与党の改正の方向が報道されました。

 

今まで、扶養控除の対象となる配偶者は収入が103万円まででした。

 

いわゆる103万の壁と呼ばれているものです。

 

この壁が女性の働き方を制限している部分があり、

多様な働き方で女性が活躍しやすくするために、

収入が150万円までの配偶者を扶養控除の対象にする

ことが検討されているようです。

 

確かに、限度額が150万円まで広がれば、

従来より働ける時間も長くなり、仕事も多くできます。

 

しかし、注意しないといけないのが社会保険料です。

 

社会保険(健康保険、年金)は収入が130万円までの家族を

扶養の対象とします。

130万円を超えると、自分で国民健康保険、国民年金を

支払わないといけません。

 

いわゆる130万円の壁です。

 

150万円はで働くと、税金上は配偶者控除の対象となりますが、

社会保険では扶養から外れてしまうため、手取りが少なくなってしまうため、

注意が必要です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

政府・与党は23日、パート主婦世帯向けの所得税の配偶者控除の対象を「年収103万円以下」から「年収150万円以下」に拡大する方向で最終調整に入っているようです。2018年1月にも実施する方針。働き方改革の一環としてパート主婦が年収103万円を超えても働きやすくし、女性の就労を促すそうです。
 12月8日にまとめる17年度与党税制改正大綱に盛り込むようです。配偶者控除は所得控除の一種です。妻(配偶者)の年収が103万円以下の場合、夫(世帯主)の給与所得から38万円を控除して所得税額を減らす仕組みです。政府・与党は年収103万円を超えたパート主婦世帯にも適用する配偶者特別控除の減税拡大を検討してきていました。
 150万円までは配偶者控除と同様に38万円の所得控除額が受けられるようにする。150万円超で控除がなくなれば世帯の手取り額が逆転するため、150万円を超えても徐々に控除額が減っていく仕組みにする。
 130万円案は妻の年収が130万円を超えると年金や医療の社会保険料負担が発生する「130万円の壁」と重なる。年収を抑えるため働く時間を減らす可能性が高い。
 財務省試算では150万円に引き上げる場合、360万世帯が減税になるが、130万円の場合は260万世帯にとどまる。
 政府・与党は、控除の対象を拡大する財源を確保するため、配偶者控除を受ける夫(世帯主)の年収には制限をかける方向だ。夫の年収が1120万円を超えると徐々に控除額が減って1220万円で適用外となる案と、1120万円を超えた時点で控除を受けられなくする案がある。約100万世帯が増税になる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。税理士法人アクアのWADAです。

 

今朝の地震、久しぶりに長くて怖かったですガーン

関東は震度3との事だったのですが、4に近いような気がしました。

 

皆さん地震保険は入られているでしょうか。

年末調整で所得控除の対象となりますので、お忘れなく目

 

事業をされている方も、工場や不動産をお持ちの方は企業向けの地震保険に

入られていると思います。

損保ジャパン日本興亜が来年2月に「企業向け地震保険」を大きく見直すようです。

 

現在は都道府県別に設定されている区分を地震のリスクに応じて

948地域に細分化するそうです。

建物の構造による違いも保険料率に加味され、立地・構造を反映すると

4割の企業では保険料が上昇し、6割が低下すると見込まれているそうです。

 

家庭向けの地震保険は損害保険各社で共通の基準価格があるのですが

企業向けは共通基準がないので、加入する保険会社による違いが大きくなりそうです。

 

これまで対象外だった1970年以前建築の工場や事業所、生産中の商品・製品、

噴火の被害も補償対象として追加されるとの事です。

古い建物をお持ちの企業や噴火の被害を受ける可能性のある企業は

検討する価値があるのではないでしょうか合格合格合格

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日の日経では、

公認会計士監査にAIが用いられるとの

ニュースがありました。

 

いわゆる、「AIの発達によって10年後になくなる職業」に

会計士や税理士があげられているわけですが、

現実にその波がきていることがわかります。

 

弊事務所でも、銀行信販データをネットバンクから

会計ソフトに取り込むという機能の拡張を、

お客様にすすめております。

 

自動化によって、日々の入力が楽になり、

そこに向けていたコストを削減できることが期待できます。

 

では、本当に我々の仕事がなくなるのかというと、

そう簡単にはいえないものと考えております。

 

なぜならば、入力の自動化によって浮いた時間を、

経営助言や相談のお時間にあてることができるからです。

 

今後、AIの活用によってお客様との関係が

どう変わっていくのか、考えつつ業務にあたる毎日です。

 

ケンジでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。