歴史OLアユのお城・神社・海外旅行・パワースポット大好き!ブログ

パワースポット/恋愛/歴史/城/神社/寺/海外旅行/国内旅行/
戦国/幕末/武将/観光/関東/東北/関西/北海道/四国/
九州/沖縄/東京/名古屋/大阪/京都/伊勢/古戦場/人物


テーマ:

* 上田城を尼ヶ淵から。 石垣エグくて好き♥ * わたしが立ってるところはかつては千曲川で、 その崖に造られたのが上田城。 当時は垂直の崖で、12mあったらしい * 現地に行ってみて一番驚いたのが、 真田の郷(武田方)と虚空蔵山城(上杉方)の近さ❗️ (真田丸で信繁と直江様が架空合戦やってましたね) 当時の感覚でいうと、すぐ目の前と言っていいほど 武田vs上杉の最前線に位置していたのが真田で、 これは常に戦時だったのだなと。 昌幸パパの常に策を巡らせてるのも、 この環境だからか❗️と1人納得でした⭐️ * 大河ドラマ「風林火山」でも 砥石城の重要性がしょっちゅう描かれてたけど、 虚空蔵山に手が届きそうな砥石城、そしてパパが徳川に建てさせた上田城の立地の 絶妙さを実感できてニヤリでした * 朝から城の配置について語ってますが、 非常に残念ながら会社に着いてしまったので 現代社会のOLに戻ります。。。

歴史好きOLアユさん(@rekishi_ayu)が投稿した写真 -

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご無沙汰しております。
9月・・・忙しい

仕事内容が変わり、引き継ぎの人が入ったので、
引き継ぎと新規の仕事で毎日いっぱいいっぱいでした

少し余裕がでてきたこの頃です

今年は大型連休ではなく飛び飛びでしたが、
もともと予定されていた祖母の米寿祝いに金沢に行ってきました
前回は北陸新幹線であっという間でしたが、
今回は途中で2泊して、3日目に金沢と、
3泊4日で行ってきました〜


まずは私がどハマリしている真田丸の舞台である長野県上田市





{66DE468D-4D13-4D2E-9B1D-12DAE36CF479}

{09244F62-5243-4D15-A390-0DB0755AE110}

昌幸パパがずっと帰りたがっていた真田の郷にある山家神社
(真田丸では草刈正雄さん)





{470DBFAB-90DE-4899-AB5B-2B280F67F492}

{F5DE07D5-E8D9-44FB-8E5E-D27F0F7EB945}

真田幸隆夫妻(信繁のおじいちゃん)、昌幸の墓がある長谷寺
(真田丸ではおばば様・草笛光子さん)






{3853A7BB-58D9-47CE-AD56-0E1AF9600B5D}

上田城に移る前の真田本城跡






{2EAA022E-0657-4A1D-98B3-065E98B41924}

平時のときの真田屋敷跡(皇大神宮)






{999B5F6C-F744-473F-AF52-78A7EC337A48}

{D58AEA15-E591-4BDD-A604-BC9AD615A83B}

{A3AD7E21-EB89-431D-A380-16F2CD415A40}

そしてそして〜上田城





{37174FF9-98A8-48C2-8A35-31F7D8440A7D}

{F03283B5-B71F-42DA-92B2-79F1E069B5CA}

上田城跡に建つ真田神社





{A424454F-84B6-45AB-BE6C-F25D69CF6BE1}

{42F0C35C-9F91-4770-8582-F47734B1CDC2}

大河ドラマ館もじっくり見てきました






{2C8A39E3-C19F-44AD-ACC2-1091760F3F9B}

生島足島神社





{F224977C-DC65-4269-B00D-1D0F63F57E20}

上田でお土産お土産買いすぎた
(写ってないけどもっと買ってます笑)






{0E7661DD-6CC3-4C29-9F2B-CC4272687A9D}

すっごい景色の中、ひとりでのんびり足湯につかり
(カッパ写ってるの見えますか笑)






{942302F1-9B27-44E1-87B4-97A236BE73A6}

{639C077C-D255-4F72-ADA7-91849E25F458}

{E2EB24ED-A514-4824-A15E-3F163C04B3CB}

{3C840B7B-367D-4E1A-AA2B-14EF1C3DD0E1}

世界遺産の五箇山へ






{37F3EDB9-8D3C-421C-AAE3-8C474D478F1A}

{EED98E4D-5803-41CC-96B4-68669781383C}

帰り道にたまたま通った城端で見かけた
ものすっごい寺院・善徳寺へ






{14603328-C7C7-4435-92B6-6F45F4EDE788}

今年の2月にも行った日本で唯一車が走れる砂浜の
羽咋・千里浜なぎさドライブウェイ





{050835D7-FAA1-44DC-85C8-8E03FCFDCF51}

世界一美しいというスタバがある
富山・環水公園のライトアップ





{7BE91C36-761E-4354-83F1-15C012990B6D}

{56E23450-E6A7-48A6-8AE3-A0D5B6F86C43}

{BB2F796C-5CB2-4471-8776-D4A4AC330091}

{DDD28F44-C43B-4402-A496-8B3DF7C00BAC}

{2DBA278E-CFE7-4706-8B84-AA2C09706407}

もちろん、北陸ならではの美味しいもの
いっぱい食べてまーす






{EB80D1F4-458B-4241-8488-C186C3226ACB}


お土産は富山といったらマスの寿司と、
この季節だけのブリの寿司
新潟でノドグロのお刺身
さらにブリ大量






写真、未加工なので、いまいちなトリミングのものもありますが、
先にアップしてみた
加筆修正するかもしれません



こんな感じで、わたしはのんびり旅してきました
元気ですよ〜

今回の旅行記は、仙台旅行記が終わってからになりますが、
しっかりアップしますね〜

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
>仙台旅行2からの続きです


P6240035.jpg


山門を入ると・・
空気が一気に変わりましたズキュンsei


山門外と全然空気が違います汗
感じていただけますかsss


P6240037.jpg

P6240038.jpg

IMG_3466.jpg


静かで誰もいない・・

雨上がりだから緑がキラキラ輝いて、深くて美しいです夏の木




P6240050.jpg


岩にたくさんの文字が掘ってありますライト
経文でしょうかクローバー



IMG_3463.jpg


時期的にさすがに早すぎるので蝉の声はしませんが、
鳥のさえずりがどこからか聞こえてくる・・花(マメルリハ)




IMG_3462.jpg

IMG_3459.jpg


う、美しい・・me
しばし立ち止まって見惚れてしまいましたsei



石段のつらさは、この美しい光景が忘れさせてくれましたよsei



P6240040.jpg

上姥堂


ここから下は地獄ここから上が極楽という浄土口にあたりますsao☆

本来ならば、そばにある岩清水で心身を清め、
新しい着物に着替えてから、極楽に上りますm.m*




P6240042.jpg


脱いだ古い衣服は、堂内の奪衣婆に奉納します(Θ_Θ)
この写真こわい・・汗



P6240041.jpg


上傘岩


立石寺の開祖である慈覚大師が雨宿りした大岩ですビックリ
すっごく大きいから、これなら雨宿りできる雨




P6240047.jpg

P6240049.jpg

上四寸道


山の自然のまま作られたこの参道は、昔から修行者の道でしたお坊さん

見ていただきたいのがこれびっくり

矢印

IMG_3461.jpg


大岩が突き出していて狭いっビックリびっくり

一番狭いところは、約14センチ汗
なので四寸道と呼ばれています電球

うまく工夫して通ってくださいねsei



慈覚大師の足跡を踏んで、たくさんの人々が登ることから、
親子道とも子孫道ともいわれていますsei





P6240051.jpg


上せみ塚


前回の記事に、山寺といったら松尾芭蕉の句
「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」と書きましたが、
芭蕉は予定では、山寺を訪れる予定はなかったそうですオランウータン

でも、尾花沢での句会などで山寺の情報をGETして、急遽計画を練ったとかグー



早朝に尾花沢を出立した芭蕉&曽良は、夕方に山寺に到着ペタ
宿坊に荷物を置いて、そのまま参道を登り、参拝しています!!!


夕方だったため、他の参拝者や僧侶たちもおらず、
御堂も門が閉められている静けさの中・・唯一、蝉の声だけが境内に鳴り響くきらきら




そこでこの「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」せみ




私も早朝の参拝でしたので、他の人がまったくいなくて、
自分の足音と鳥のさえずりしか聞こえない状態sei

下界から切り離された空間、というのが、写真からちょっとでも伝わるといいんですが、
芭蕉の当時も、きっと同じような別世界だったのだと思いますsei
ちょっと芭蕉の気持ちが分かる~気がするsei





このせみ塚は、芭蕉の句をしたためた短冊をこの地に埋めて、石の塚を建てたものです電球

ここまでで山門から約20分ニコニコ
まだまだ元気sei♡




P6240048.jpg






【仙台旅行

行ったところ一覧は>>こちらほし



◆◇パワースポット・神社の一覧ページを作りました◇◆
◆◇コチラから◇◆


 ランキング参加してみました矢印↓
よかったらポチお願いしますsei

 


歴史 ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ママからのプレゼントプレゼント


{F2C64DB9-3938-436F-B498-8E79BF6C3ABF}




パパからのプレゼントプレゼント




{402224B8-DBEB-4709-923F-B70556F52A25}



最近忙しかった私に届いたうれしいプレゼントですsei










先ほど、旅行で見られなかった真田丸2週分を続けて見ました

胸が苦しい・・
治部さま不器用すぎるよ。。
加藤清正がいい奴すぎて、泣ける。
だめだ、これから先の回を見るのがつらい。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
>仙台旅行1からの続きです




仙台まるごとパスで入場し、
いざ山寺へびっくり



ん・・!?


山寺って山形県・・ペロリン








「仙台に行きたい!!!」ってあれだけ行っておきながら、
向かっているのは山形顔

仙台旅行記の始まりは山形県です笑







なんで山寺に向かっているかというと、
この仙台まるごとパスで行ける一番遠くが山寺だったのですsss


image



一番遠いところまで行ってみようオランウータンっていう
それだけだったんですが、
気づけばこれで3年連続山形県に来てるビックリ


どんだけ山形好きなんだよっていうかお


えぇ、好きなんですはーと



1年目
蔵王、山形城、羽黒山など山形〜鶴岡


2年目
米沢城、上杉謙信霊廟など米沢
(すみません、まだ記事書いていません)


3年目 山寺いまここビックリ










IMG_3408.jpg


JR仙山線に乗って、山の大自然の中を見ながら1時間山
すっごい大自然の中を電車は走ります夏の木


山寺駅に到着~電車



P6240005.jpg


あっy’s
ホームから山寺が見える・・sei


P6240009.jpg


ズームme

駅のホームからもう見えるんですね~sss
山の上にお堂あるの見えますか!?




P6240003.jpg


山形といったらきてけろくんきてけろくん
>きてけろくんについての記事はコチラ




P6240007.jpg


駅の待合所はこんな田舎風な感じでのんびりできますねこ
ここにもきてけろくん発見きてけろくん



P6240008.jpg

上山寺駅


7時くらいだったので、朝早すぎて誰もいないよ~汗
お土産屋さんもどこも空いていませんkonatu






でも大丈夫グー

お店が開いてなくても、
こんな目キラキラの小坊主が看板を持って立っててくれます一休さん




IMG_3485.jpg


英語、韓国語、中国語とバイリンガルsei

この矢印どおりに進めばOKsei♡





P6240013.jpg



途中、日枝神社の門がありますが、
そちらはスルーして進んでくださいねsei
(階段上がってから、日枝神社に戻る形です)





P6240014.jpg



さぁ、ここから1050段の石段になりますびっくり
登山ですよ~aya


山寺って書いてますが、正式名称は「立石寺」きらきら

860年に、慈覚大師によって開基された霊場ですsei





P6240015.jpg



階段を登ると、まず見えてくるのが根本中堂電球




P6240016.jpg

上根本中堂 (重要文化財)



立石寺の本堂にあたるお堂です寺

1356年(延文元年)、初代山形城主・斯波兼頼が創建、
17世紀初めに、最上義光が大修理をして現在の姿になりましたsei☆


最上義光さまハート
さすが山形!!!





すごく大きいお堂なのですが、ブナ材の建築物では日本最古だそう(Θ_Θ)

ここで御朱印やお守りがいただけるのですが、
まだ開いていなかったで、下りのときにまた書きますねsao☆








そのまま左方向に歩いて日枝神社方向に向かいますペタ

日枝神社を通り過ぎ、山寺の山門に着くのですが、
こちらもまだ開いていなかったので、山寺の記事の後に書きますsei





P6240017.jpg



おぉ・・
空間が区切られてる星☆



P6240018.jpg


こういうの好きですsei



P6240029.jpg

上松尾芭蕉と曽良の像



1689年(元禄2年)、おくのほそ道をたどり、
現代だと7月13日にここ山寺を訪れましたクローバー



芭蕉の句の中でも、1,2番に有名なこの俳句筆

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」




これを詠んだ場所が、今いる立石寺ですニコニコ



P6240028.jpg



芭蕉と2ショットカメラ
一人旅だからねー、基本自撮りです~笑3





P6240023.jpg

P6240027.jpg

P6240032.jpg

P6240030.jpg



松尾芭蕉像を過ぎると
念仏堂や宝物館などいくつかの建物を通り過ぎますバフッ!




P6240033.jpg

上山寺立石寺山門



最後に鐘楼があり、その向かいにありますシロネコちゃん
300円の入山料を払ってさらに山へ入山ビックリ


パンフレットには8時からと書いてあるのですが、
私は7時半には着いちゃったんですねびっくり

でも、ちょうど寺務所のおばちゃんの出勤と一緒になり、
入れてもらえましたsei





次回から
「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の世界moon*
がっつり本気の山寺記事です!!




【仙台旅行

行ったところ一覧は>>こちらほし



◆◇パワースポット・神社の一覧ページを作りました◇◆
◆◇コチラから◇◆


 ランキング参加してみました矢印↓
よかったらポチお願いしますsei

 


歴史 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。