水俣病未認定患者の救済問題で、法に基づく救済を目指す被害者団体「水俣病出水の会」(鹿児島県出水市、約3900人)の尾上利夫会長が1日、環境省を訪れ、国の救済策を受け入れると小沢鋭仁環境相に伝えた。

 救済策の柱は1人当たり210万円の一時金と療養手当(1人当たり月額1万2900~1万7700円)で、訴訟による決着を求めてきた「水俣病不知火(しらぬい)患者会」が国などと基本合意した熊本地裁の和解案と同額。会として20億円を求めている団体一時金の額については、環境相に一任する意向を伝えた。

 これにより、水俣病被害者救済特別措置法を支持する主要3団体がすべて救済受け入れを決めた。【足立旬子】

【関連ニュース】
水俣病:和解基本合意 熊本地裁で不知火患者会
水俣病:和解へ…闘いに苦渋の決着
水俣病:29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定
水俣病:未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ
水俣病損賠訴訟:和解案、チッソも受け入れ

10人の原爆症申請却下取り消し=甲状腺機能高進症を初認定-東京地裁(時事通信)
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
首相動静(3月26日)(時事通信)
「分析・新薬価制度」(中)―小野俊介氏(東大大学院薬学系研究科医薬品評価科学講座准教授)(医療介護CBニュース)
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
AD