水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)の約2100人が国と熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めている集団訴訟で、同県の蒲島郁夫知事は24日、記者会見し、熊本地裁が示した和解案(所見)の受け入れを正式に表明した。

 知事は「裁判所の所見を積極的に受け入れる。国や議会と連携し、被害者が早期に救済されるよう、すべての関係者の理解を求めたい」と述べた。

 和解案については、既に国が受け入れを表明。チッソも近く取締役会を開き受諾を決める方針。患者会は28日の原告団総会で最終的に決定することにしており、29日の和解協議では、原告・被告双方が合意し、和解が成立する見通し。

<雑記帳>「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)
九州の公共事業14%減 前年度比 港湾事業は25%増(西日本新聞)
青森沖の刺し網漁で転落?父子捜索打ち切り(読売新聞)
搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)
AD