ホセ・ドノーソ

テーマ:
ホセ・ドノソ(José Donoso、1924年10月5日 - 1996年12月7日)は、チリ・サンティアゴ出身の作家、小説家、教師、ジャーナリスト。ザ・グランジェ・スクール卒業。1955年に物語の編集Verano y otros cuentosで作家デビューした。彼の最初の小説、Coronacionはラテンアメリカとスペインで大ヒットし、2000年に映画化された。彼の作品は絶えず社会問題や同性愛などのテーマを扱った。1973年にアウグスト・ピノチェトのチリ・クーデターののち、迫害は彼にもおよび、スペインに亡命した。『限界のない場所』、『夜のみだらな鳥』、Casa de Campo(スペインの"Crítica de España"受賞作)やDesesperanzaなどの小説によって、彼は「ラテンアメリカ文学ブーム」の立役者のひとりであると考えられるようになった。1996年12月にチリで逝去した。2007年に生前未発表の小説Largatija sin colaが刊行された。本来のタイトルはLa cola de la lagartijaである。主な作品Verano y otros cuentos (1955年)Coronación (1957年)El charleston (1960年)Este domingo (1966年) ホセ・ドノソ/内田吉彦訳「この日曜日」『筑摩世界文学大系83』筑摩書房、鼓直、中川敏、内田吉彦、1973年。限界のない場所 El lugar sin límites (1966年)El obsceno pájaro de la noche (1970年) ドノソ/鼓直訳『夜のみだらな鳥』集英社〈ラテンアメリカの文学11〉、1984年7月。Historia personal del boom (1972年)Tres novelitas burguesas (1977年) ドノーソ/木村栄一訳『三つのブルジョワ物語』集英社〈集英社文庫〉、1994年9月。Casa de campo (1978年)La misteriosa desaparición de la marquesita de Loria (1980年)El jardín de al lado (1981年) ホセ・ドノソ/野谷文昭、野谷良子訳『隣りの庭』現代企画室〈ラテンアメリカ文学選集1

【党首討論】小沢氏らの証人喚問を要求、自民・谷垣氏(産経新聞)
【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 CIS脱退は実現したが…(産経新聞)
稲嶺氏当選、基地固定化も現実味…再編に影響(読売新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
<名古屋地検>難民申請のルワンダ人、起訴猶予に(毎日新聞)
AD