早稲田大学の投資サークルOBらのデートレーダーグループによる株価操縦事件で、証券取引法(現金融商品取引法)違反(相場操縦)の罪に問われたリーダーの無職、松村直亮被告(28)ら3人の初公判が19日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。被告はいずれも「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 ほかに起訴されたのは松村被告の実弟で無職、孝弘被告(25)と会社役員、三浦幹二被告(28)。

 検察側は冒頭陳述で、被告らが早大のサークルに参加する中で相場操縦の手法を習得。平成15年2月ごろから本格的に株取引を行うようになり、次第に相場操縦で利益を上げていったと指摘した。また、15年11月ころからは、証券会社から再三警告されたが、複数の口座を使い分けるなどして不正を続けたとした。

 起訴状によると、松村被告らは平成18年6月、東証1部上場の2社の株について、複数の証券会社を通じて、買う意思がないのに大量の買い注文を出し、取引が成立する直前に注文を取り消す「見せ玉(ぎよく)」と呼ばれる手口で、両社の株価をつり上げた。その後、事前に購入していた計約240万株を高値で売り抜けたとされる。

【関連記事】
ネット仕手筋に警鐘 早大OBらの株価操縦
40億円を荒稼ぎした早大OBらの豪遊ぶり
結構うまい? 早大OB経営「油そば店」の評判
ユニオンHD株価操縦事件、自称社主を起訴
所得隠し14億円「梁山泊」元代表ら逮捕 株価操縦などで有罪

「メトトレキサート」添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
<年金業務監視委>「14年まで活動」で合意(毎日新聞)
<太陽の塔>目が光ります 3月27日から大阪・万博公園(毎日新聞)
看護師の業務拡大「大きく動き出した」―医福労部会(医療介護CBニュース)
<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)
AD