NHKが受信料の支払いを拒否していた札幌市中央区の男性に約12万円を請求した訴訟の判決が19日、札幌地裁であり、杉浦徳宏裁判官はNHK側の請求を棄却した。NHK広報局によると、受信料の督促を巡る訴訟で、NHKの訴えが認められなかったのは全国で初めて。

 判決によると、男性は妻が契約したことなどを理由として、03年12月から08年3月まで52カ月分の受信料約12万円を支払っていない。NHK側は「民法は日常家事について夫婦が連帯債務を負うと定めている」と主張していた。

 NHK広報局によると、受信料の督促を巡る訴訟でこれまでに全国で簡裁27件、地裁1件の判決が出ていたが、すべて受信料の支払いを命じるものだったという。【水戸健一】

【関連ニュース】
<NHKをめぐる訴訟>草薙氏に100万円払い和解 報道めぐる訴訟で
番組改編:あの手この手、4月の民放各局 NHKは朝ドラ15分繰り上げ
NHKの過去番組配信、月額1500円で情報番組中心に
質問なるほドリ:地デジ対応テレビは、どうやって見るの?
地デジ:難視聴地域対策 NHKが追加助成申請

<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相(毎日新聞)
機密費使途は全部記録=一定期間後に公開-鳩山首相(時事通信)
強風 関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
4月から転居確認強化=AKB48事件で郵便事業会社(時事通信)
<中大教授刺殺>「被告の責任能力は限定的」主張へ 弁護側(毎日新聞)
AD